「欧州委員会」とは?

関連ニュース

EU、顔認識技術の「無差別利用」に規制を検討か - 08月23日(金)12:19 

Financial Timesによると、EUの欧州委員会は、公共の場における監視から市民を守る顔認識規制の全面的な改革を検討しているという。
カテゴリー:

抗悪性腫瘍剤 「ロンサーフ(R)」 胃がんの適応追加承認を取得 - 08月22日(木)15:00 

2019年8月22日 大鵬薬品工業株式会社 抗悪性腫瘍剤 「ロンサーフ(R)」 胃がんの適応追加承認を取得 大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之)は、抗悪性腫瘍剤「ロンサーフⓇ配合錠T15・T20」 (一般名:トリフルリジン・チピラシル塩酸塩、開発コード:TAS-102、以下「本剤」)について、本日、厚生労働省より「がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃癌」に対する適応追加が承認されたことをお知らせします。 今回の承認は、標準治療に不応または不耐となった切除不能進行・再発胃がん患者において本剤とプラセボを比較した第Ⅲ相臨床試験 (TAGS試験) の結果に基づいています。 本試験において本剤は主要評価項目の全生存期間(Overall Survival:OS)を有意に延長し、安全性にかかわる新たな所見は観察されませんでした。 大鵬薬品は、本剤が胃がん患者さんの治療の選択肢の一つとして、貢献できることを期待しています。 【TAGS試験について】TAGS試験(TAS-102 Gastric Study)は、大鵬が主導した無作為割付・二重盲検の国際共同第Ⅲ相臨床試験で、標準治療に不応または不耐となった切除不能進行・再発胃がん患者において本剤とベストサポーティブケア(BSC)、プラセボとBSCを比較した試験です。本試験の主要評価項...more
カテゴリー:

FBのリブラ、EUが反競争的行為を懸念【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 08月21日(水)02:08 

 世界最大のソーシャルネットワーキングサービスを供給しているフェイスブックのデジタル通貨「リブラ」プロジェクトは、欧州連合(EU)の独占禁止法審査に直面している。EUは「リブラ」プロジェクトの関連グループに質問書を送付。欧州委員会は現在、リブラアソーシエイションが提案している支払いシステムが不公平に他のライバルを締め出す可能性を懸念している。仮想通貨ビットコインは20日、続伸。1万ドル台で堅調な動
カテゴリー:

EU、合意なき離脱へ備えある 最大の損失負うのは英国=欧州委 - 08月20日(火)09:32 

欧州連合(EU)の欧州委員会は19日、英国の合意なき離脱にEUは備えができているとし、最大の損失を負うのは英国だとの見方を示した。
カテゴリー:

【日刊薬業】「フォシーガ」、心血管リスク低下を.. - 08月19日(月)18:10 

【日刊薬業】「フォシーガ」、心血管リスク低下を添文に追記  欧州委が承認:  SGLT2阻害剤「フォシーガ」の臨床第3相試験「DECLARE-TIMI58試験」で確認された心血管リスク低下のデータについて、欧州委員会が添付文書への追加を承認した。英アストラゼネカが19日までに...
カテゴリー:

EU、顔認識技術の「無差別利用」に規制を検討か - 08月23日(金)12:19 

Financial Timesによると、EUの欧州委員会は、公共の場における監視から市民を守る顔認識規制の全面的な改革を検討しているという。
カテゴリー:

EUの規制当局、仮想通貨リブラを独禁法違反で調査か - 08月21日(水)08:18 

欧州委員会がフェイスブックのリブラが独占禁止法に違反している可能性があるとして調査をしている。ブルムバーグが報道したEUのアンケート用紙から明らかになった。
カテゴリー:

EU、英首相の書簡に反対表明 バックストップ削除巡り=書簡 - 08月21日(水)00:33 

欧州連合(EU)加盟27カ国がアイルランド国境問題の解決策 「バックストップ(安全策)」削除を巡るジョンソン英首相の要求に反対する構えで一致していることが、ロイターが確認した欧州委員会の文書で明らかになった。
カテゴリー:

【ニュース】 AZのSGLT2阻害剤・フォシーガ EUで.. - 08月20日(火)03:54 

【ニュース】 AZのSGLT2阻害剤・フォシーガ EUで2型糖尿病に関する添付文書改...: アストラゼネカ(AZ)は8月19日、SGLT2阻害薬・フォシーガ(一般名:ダパグリフロジン)について、添付文書の改訂を欧州委員会が承認したと発表した。
カテゴリー:

こうして大手テック企業は、「AIの規制」に影響力を行使する - 08月19日(月)17:00 

欧州委員会(EC)がこのほど発表した人工知能(AI)に関する倫理ガイドラインには、禁じるべき活用方法を示した「レッドライン」が当初は盛り込まれるはずだった──。こうした文言が消えた背景には、テック企業の強い「影響力」があったとされている。欧米各地で起こりつつあるAI規制の動きをにらむテック企業各社は、どのような流れにもち込みたいと考えているのか。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「欧州委員会」の画像

もっと見る

「欧州委員会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる