「法制化」とは?

関連ニュース

米上院でトランプ氏弾劾裁判開始、21日から審理 - 01月17日(金)10:52 

[ワシントン 16日 ロイター] - 米上院でトランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判が16日始まった。裁判長を務めるロバーツ最高裁判事が上院本会議場で宣誓したほか、陪審員役を務める上院議員が同意書に1人ずつ署名した。来週21日に冒頭陳述が行われ審理が開始される。 一方、米政府監査院(GAO)は同日公表した報告書で、ホワイトハウスによる昨年のウクライナ軍事支援凍結について、議会で法制化された
カテゴリー:

【自動車】危険運転に「停車」追加 通常国会に改正法提出へ 森法相、法制審に諮問 - 01月15日(水)23:31  newsplus

※夜の政治 森雅子法相は15日、自動車運転処罰法に規定する危険運転の構成要件の拡大を法制審議会に諮問した。他人の車の前に急に割り込み、自分の車を停止させる行為を罰せるよう法制化したい考えだ。答申を受け、改正案を20日召集の通常国会に提出する方針。 神奈川県大井町の東名高速道路で2017年6月、あおり運転を受け、追い越し車線上で停車させられたワゴン車が後続のトラックに追突され、夫婦が死亡した事故を受けた対応。森氏は法制審臨時総会で「あおり運転は悪質、危険な行為。厳罰化を求める声も高まっている」と述べた...
»続きを読む
カテゴリー:

危険運転に「停車」追加 通常国会に改正法提出へ - 01月15日(水)19:28 

 森雅子法相は15日、自動車運転処罰法に規定する危険運転の構成要件の拡大を法制審議会に諮問した。他人の車の前に急に割り込み、自分の車を停止させる行為を罰せるよう法制化したい考えだ。答申を受け、改正案を20日召集の通常国会に提出する方針。
カテゴリー:

「保護更生」から「人権擁護」へ。性被害女性を支援する新法が必要な理由 - 01月07日(火)15:39 

 厚生労働省の「困難な問題を抱える女性への支援のあり方に関する検討会」(座長=堀千鶴子・城西国際大教授)が10月11日、中間報告をまとめました。複合的な課題を抱える女性を包括的に支援する「法制度上の新たな枠組み」(新法)が必要だと提言しました。1956年制定の売春防止法に基づく婦人保護事業(同法第4章=保護更生)を廃止し、刷新しようというものです。女性支援をめぐる法制度がおよそ60年ぶりに改革されます。そこで、検討会座長の堀教授に解説していただきました。また、2016年に婦人保護事業の抜本的な見直しを提言した、与党「性犯罪・性暴力被害者の支援体制充実に関するPT」座長、上川陽子・元法務大臣に中間報告の受け止め、今後の法制化に向けた抱負を尋ねました。 ――なぜ新法が必要なのでしょうか。  現在、婦人保護事業の現場では、売春防止法(以下、売防法)制定時に想定されなかった多様な困難を抱えた女性を支援しています。 例えば、性暴力の被害女性はさまざまな生きづらさが生じ、中長期的支援が必要なことも少なくありません。 JKビジネス(女子高生による男性客への親密なサービス)やAV(アダルトビデオ)出演の強要といった新しい社会問題も浮上しました。 それに対し、被害女性を「福祉の問題」と捉えて支えようという視点は、薄かったと言わざるを得ません。――なぜいま、この時期なのでしょうか。...more
カテゴリー:

パワハラ法制化でリーフレット 厚労省【2019年下半期 よく読まれた記事】 - 01月04日(土)11:11 

労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2019年08月06日 【労働新聞】  厚生労働省は、パワーハラスメント対策の法制化を盛り込んだ改正労働施策総合推進法に関するリーフレットを作成した。今年6月5日の公布後1年(中小企業は3年)以内に設定される施行日以降、職場でのパワハラ防止のために必要な措置を……[続きを読む]
カテゴリー:

パワハラを「出来事」に追加 労災認定見直しへ 厚労省 - 01月16日(木)05:11 

防止対策の法制化考慮  厚生労働省は、精神障害に対する労災認定基準の見直しに着手した。令和元年6月にパワーハラスメント対策が法制化されたため、パワハラに基づく労災認定のあり方を検討する。現在、労災認定に用いている「業務による心理的負荷評価表」に新たにパワハラによる「出来事」を追加して、影響度などを決定していく。2年度に実施する出来事とストレス度に関する調査結果なども考慮し、3年度以降に認定基……[続きを読む]
カテゴリー:

危険運転に「停車」追加 通常国会に改正法提出へ - 01月15日(水)19:29 

 森雅子法相は15日、自動車運転処罰法に規定する危険運転の構成要件の拡大を法制審議会に諮問した。他人の車の前に急に割り込み、自分の車を停止させる行為を罰せるよう法制化したい考えだ。答申を受け、改正案を20日召集の通常国会に提出する方針。
カテゴリー:

【書評】死にたいのに。多くの日本人高齢者が幸せに死ねない理由 - 01月14日(火)18:20 

延命治療の是非についてはさまざまな議論がなされていますが、欧米にはその概念すらないという事実をご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが取り上げているのは、「自身の死に方と生き方を問う」という渾身の一冊。日本が「長生き地獄」と化してしまったのは、何が原因だったのでしょうか。 偏屈BOOK案内:松原惇子『長生き地獄』 『長生き地獄』松原惇子 著/SBクリエイティブ わたしの祖父と祖母は、自宅でなんとなく死んでいった。苦しむ様子もない自然死だった。床についている期間はわりと長かったような記憶があるが、それは日常だった。わたしには、両親が二組いた。その両親はいずれも、病院でそれぞれ数か月、眠ったきりで、苦しむこともなく亡くなった。ほとんど自然死に近い。わたしも両親のように死にたい。だが、もっと短期間で死にたい。 死を語ることは、今を充実して生きるための答え探しである、というのが著者の考え方だ。現代人は死を恐れるあまりに、死なないよう努力するが、それはまったくの逆効果である。かつて中村仁一先生の『大往生したけりゃ医療とかかわるな「自然死」のすすめ』を読んで啓発され、この欄でも書いたような記憶がある。我々は死について学ぶべきである。自分のため、家族のため。 長生きが幸せだった時代は過去のこと、現代は長生きがいろいろな問題を呼び...more
カテゴリー:

【朗報】ゲノム編集ベビーに法規制求める 厚労省専門委が報告書 - 01月07日(火)02:17  newsplus

1/7(火) 2:00配信 ゲノム編集技術を使って人の受精卵の遺伝子を改変し、子を誕生させる研究や治療について、法律で禁止するよう求めた報告書を厚生労働省の専門委員会がまとめたことが6日、分かった。現時点では望ましくない遺伝子改変が起こる可能性があるほか、倫理面でも課題があり「法規制が必要」と判断した。  ただ、技術の進展で実施が容認される可能性もあるため、同省内には法規制に慎重な意見もあり、今月召集予定の通常国会への法案提出はしない見通し。国は今後規制の詳しい内容を検討していくとしているが、具体的な法...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 日本人赤ちゃんの新たな供給源「内密出産」はじまる - 01月03日(金)15:20  poverty

熊本市西区の慈恵病院が今月初め、妊娠に悩む女性の出産を匿名でも受け付ける事実上の「内密出産」の運用を近く、独自ルールに基づいて始めると表明した。 国内現行法では匿名での出産は想定されておらず、行政や福祉、医療関係者らからは「法整備を経た上で内密出産に取り組むべきだ」との指摘が出ている。 「内密出産」は、妊婦が相談機関だけに身元を明かし、医療機関では匿名のまま出産する制度。一定の年齢になった子どもは親の情報を知ることができ、ドイツなどで法制化されている。 同病院は2017年12月、内密出産の...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「法制化」の画像

もっと見る

「法制化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる