「法制化」とは?

関連ニュース

ベンチャー・中小企業もSTOで資金調達できる社会を。株式会社世界がFUNDIINNOで資金調達へ - 08月06日(木)18:38 

株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で152案件目となる「世界中の投資家が日本企業に投資!証券デジタル化で10億円超えの資金調達を可能にするフィンテック企業『世界』」の情報が公開された。株式発行者は株式会社世界。目標募集額1250万円、上限応募額5千万円。投資金額は10万円コース (5株)、30万円コース (15株)、50万円コース (25株)。申込期間は8月8日から8月10日。 同社はセキュリティトークン(ブロックチェーン技術で管理されたデジタル化した有価証券)を用いた資金調達「(セキュリティ・トークン・オファリング(STO)」のコンサルティングや送金プラットフォームの開発・運用を行っている。ファンディーノでの資金調達によって、同社は海外投資家から資産を取り込むことができるようなSTOスキームを構築し、比較的小・中規模の日本企業に新しい資金調達の方法として提供を目指す。 STOは米国を中心に世界各国で実績が出ており、今後巨大な市場になると予測されている。日本では2019年10月に大手証券会社6社による一般社団法人日本STO協会が発足、金融庁と実用的な法制化の調整を重ねている段階だが法の整備や実務の確立などの課題があり、STOによる資金調達を行えるようになるまで数年はかかると予測される。同社は18年...more
カテゴリー:

「尊厳ある生」のないところに「尊厳ある死」など.. - 08月04日(火)15:10 

「尊厳ある生」のないところに「尊厳ある死」などない――。 ALS患者の依頼を受け、2人の医師が殺害したとされる事件をきっかけに、安楽死の法制化について考えます。
カテゴリー:

ここ数年で女性のジム通いやランニングが激増してるが、何かキッカケとかあったっけ? - 08月01日(土)18:21  news

美しさに正解なんてない 海外の若者が「ヘルシー」にこだわる理由 美しさも多様性の時代になってきた。筆者が海外で出会った若者の美意識とは(Shutterstock) コロナウイルスが蔓延して以来、「コロナ太り」という言葉が流行するほど、多くの人が外出自粛による運動不足を懸念している。普段あまり積極的に運動をしない人たちもランニングや散歩に出かけるなど、世界中が改めて健康や体について考えるきっかけになったようだ。 近年は、ダイエットや体型についての話題は、かつてよりもセンシティブなものになったのではないだ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ALS安楽死事件】逮捕された元厚労省官僚の医師「ボランティアではやってられない。安楽死屋さんになろうか」 - 07月25日(土)18:53  newsplus

 全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市中京区の女性に薬物を投与して殺害したとして、京都府警が、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した事件で、大久保容疑者は、厚生労働省の医系技官として約7年半働いていたことが、関係者らへの取材で23日分かった。  また、医師2人のうち大久保容疑者は「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者は...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都】ALS安楽死事件、逮捕された医師は元厚労省官僚 「寝たきり高齢者は棄てるべき。社会資源の無駄」主張 ★14 - 07月25日(土)06:00  newsplus

 全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市の女性に薬物を投与して殺害したとして、京都府警が、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した事件で、大久保容疑者は、厚生労働省の元医系技官として約7年半働いていたことが、関係者らへの取材で23日分かった。  また、医師2人のうち一人は、「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄...
»続きを読む
カテゴリー:

【緊急座談会】パワハラ防止法が “届かない” 人たちを守るために。今やるべき3つのポイント - 08月05日(水)10:15 

校長にセクハラをされたのに、規定にある相談先が当の校長だった。ゲイを揶揄する発言に抗議をしたら謝ってはくれたけれど、上司がその話をあちこちに言ってしまったーー。職場のパワーハラスメント防止策が法制化され、6月から大企業に対策が義務付けられました。この法律(パワハラ防止法)が、地方公務員や公立学校の教職員にも適用されると考えている人は、実は多くはありません。地方公務員は国家公務員の勤務基準に合わせることが多いことから、ハラスメントについても、国家公務員向けの
カテゴリー:

豪州がフェイスブックとグーグルにニュース使用料支払いを義務付け - 08月03日(月)10:45 

オーストラリアは、アドテク大手のFacebook(フェイスブック)とGoogle(グーグル)に、自社のソーシャルメディアプラットフォームに表示したニュースコンテンツであげた収益をニュースコンテンツを所有するメディア機関に支払わせる、法的拘束力のあるフレームワークを導入する方向だ。 オーストラリア政府は、テック大企業とメディア機関に自主的な協議と合意を働きかけたが進展が見られず、テック大企業の広告売上高をメディア機関に分配することを義務付ける指針を作成すると4月に発表していた。 7月31日、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は記事使用料に関する草案を明らかにした(ACCCプレスリリース)。そこには「地元ニュース機関と2大アドテク大手のフェイスブックとグーーグルの間にある「深刻な交渉力の不均衡」を解決するものだ」とある。 「ACCCは幅広いオプションについてのフィードバックを反映させた構想を5月に発表し、協議を重ねて今回の草案に至っている。40件以上の具申があった」とACCCは述べた。 草案では、ACCCはプラットフォームが支払い交渉を長引かせようとするのを回避する方法として、拘束力のある「最終決定」の仲裁プロセスを盛り込んだ。3カ月間「交渉と調停」を行い、それでも結論が出ない場合は独立した仲裁人が、双方が出す支払い提案のどちらが「より合理的か」を45日以内に決める。 「これ...more
カテゴリー:

「テック企業大手は新型コロナ蔓延で利益を得ているので規制が必要」と米議員が主張 - 07月30日(木)13:00 

米国時間7月29日に開催されたテクノロジーに関する歴史的なヒアリングにおいて、その議長が開会声明で「さらに多くの米国人の生活をオンラインに追い込んだ現在進行中の新型コロナウイルスのパンデミックの最中においては、テクノロジー分野の最も優勢な大企業を規制することが重要不可欠」と主張した。 下院司法委員会独占禁止小委員会の議長David Cicilline(デビッド・シシリン)氏は「新型コロナウイルスのパンデミックの前から、これらの企業はすでに我々の経済における巨人として突出していた。そして、新型コロナウイルスの発生により彼らは、より広範な勢力を持つ強力な存在になろうとしている」。 新型コロナウイルスの危機がテクノロジーを利するという議論は、適確でもあり、時宜を得ていて反論は難しい。ほかの産業では多くの大企業が苦しみ、レイオフに直面し、倒産もしている。その中でテクノロジー分野の大企業の多くがこの経済の嵐を、有利にとは言えないまでも明らかに無傷で切り抜けようとしている(Washington Post記事)。 筆頭委員のJim Sensenbrenner(ジム・センセンブレナー)氏は彼自身の開会の挨拶で「米国人はかつてなかったほどオンラインに多くを依存しているので、パンデミックという側面からもテクノロジーの勢力を検証すべきだ」と述べた。そして「我々には、あなた方の市場支配を今まで以上に詳細に...more
カテゴリー:

【京都】ALS安楽死事件、逮捕された医師は元厚労省官僚 「寝たきり高齢者は棄てるべき。社会資源の無駄」主張 ★15 - 07月25日(土)15:49  newsplus

 全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市の女性に薬物を投与して殺害したとして、京都府警が、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した事件で、大久保容疑者は、厚生労働省の元医系技官として約7年半働いていたことが、関係者らへの取材で23日分かった。  また、医師2人のうち一人は、「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都】ALS安楽死事件、逮捕された医師は元厚労省官僚 「寝たきり高齢者は棄てるべき。社会資源の無駄」主張 ★13 - 07月24日(金)23:52  newsplus

 全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市の女性に薬物を投与して殺害したとして、京都府警が、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した事件で、大久保容疑者は、厚生労働省の元医系技官として約7年半働いていたことが、関係者らへの取材で23日分かった。  また、医師2人のうち一人は、「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「法制化」の画像

もっと見る

「法制化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる