「大幅増」とは?

関連ニュース

株式会社サンゲツ「2020-2021 CLEAS 」を1/30 に発刊 - 01月24日(金)15:00 

2020年1月24日 株式会社サンゲツ 株式会社サンゲツ ガラスフィルム新作見本帳 「2020-2021 CLEAS クレアス」を1/30 に発刊 株式会社サンゲツ(本社︓愛知県名古屋市、代表取締役 社長執行役員︓安田正介)は、オフィスや商業施設、文教施設をはじめ住宅にも使用できるガラスフィルム見本帳「2020-2021CLEAS(クレアス)」を1 月30 日(木)に発刊します。  今回から、見本帳名を「CLEAS(クレアス)」とあらため、意匠性、機能性の両面から市場ニーズを取り入れた新たな発想で商品を開発。「商品の魅力を十分に伝え、印象に残る見本帳」を目指し、自然素材から着想を得た意匠性商品や、飛散防止や省エネ効果などの安全性・環境対応に配慮した機能性商品など、前作より大幅増点した全150 点のラインアップです。 「 2020-2021 CLEAS(クレアス) 」の特長 1. 透け感と意匠性の豊富なバリエーション 当社ガラスフィルム見本帳初となる巻頭企画「MATERIALS.」は、ストーン・ウッド・ファブリックなど自然素材から着想を得て開発。有機的でこれまでにないデザインは、ホテルや商業施設などのラグジュアリーな空間にも調和し、上質な雰囲気を演出します。また、目隠し効果を高める「マットPETベース」へプリントを施した新製法を採用し、透け感のバリエーションを拡充。視...more
カテゴリー:

KADOKAWA大幅増益 メディアミックスで営業利益2.2倍、株価は5年ぶり高値圏 おまえらまた負けたのか……w、w、w - 01月24日(金)05:17  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/marippe_face.gif KADOKAWA、メディアミックスの先駆者 営業利益2.2倍、株価は5年ぶり高値圏 https://zuuonline.com/archives/209910 ...
»続きを読む
カテゴリー:

世界経済「減速」53%、気候変動には「成長機会」 CEO調査 - 01月23日(木)10:38 

大手会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)の日本法人PwC Japanグループは1月21日、「第23回世界CEO(最高経営責任者)意識調査」の日本調査結果を発表した。PwCグローバルが同日に発表した調査から、日本企業のCEO139名の回答を世界全体や他地域と比較、日本企業が置かれている状況や今後の課題について考察したもの。それによると、世界経済に対して「減速」と回答したCEOの比率は29%から53%まで大幅に増え、「改善」は昨年の42%から22%と大幅に減少、警戒感が広がっている。中国だけは11ポイント伸ばし、84%が「改善する」と回答した。 今後12カ月間の自社の成長に対し「非常に自信がある」と回答した日本のCEOは、昨年の19%から11%に減少。今後12カ月の世界経済の成長が「減速する」と回答した日本のCEOは、昨年の27%から68%へ大幅増、反対に「改善する」という回答は12%で昨年の33%より21ポイント下がり、これは主要国の中で最も低い割合だ。総じて、日本のCEOは世界水準よりも悲観的な見方が強い。 日本のCEOが成長見通しの上での脅威として挙げるのは「鍵となる人材の獲得(53%)」、「技術変化のスピード(47%)」、「貿易摩擦(45%)」および「不透明な経済見通し(45%)」。貿易摩擦が自社に与える影響については「サプライチェーンと調達戦略を調整(32...more
カテゴリー:

ISID、19/12期上方修正 営業利益100億円←85.0億円 - 最新株式ニュース - 01月23日(木)06:21 

ISID<4812>は2019年12月期業績予想の修正を発表。営業利益は従来の85億円から100億円に上方修正した。コンセンサス(99億円程度)を若干上回る水準に修正した格好。官公庁や公共機関向け案件を含む「コミュニュケーションITセグメント」が大幅増収となったほか、金融機関向けのシステム開発も好調。【プラス評価】<4671>ファルコHD     修正 | <7048>ベルトラ   修正【マイナス
カテゴリー:

英就業者数、9─11月は1年ぶり大幅増 失業率は45年ぶり低水準 - 01月21日(火)20:16 

英国立統計局(ONS)によると、9━11月の英就業者数は20万8000人増の3290万人となり、2018年11月─2019年1月以来の大幅増を記録した。ロイター調査による予想(11万人増)を大きく上回った。労働市場の減速を巡るイングランド銀行(英中央銀行)の懸念が後退する可能性がある。
カテゴリー:

エイトレッド---急落、10-12月期収益成長鈍化で通期上振れ期待後退へ - 最新株式ニュース - 01月24日(金)10:39 

<3969>  エイトレッド  1593  -183急落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は4億円で前年同期比6.4%増益となった。上半期実績は2.7億円で同23.3%増と大幅増益であったが、10-12月期は1.3億円で同16.9%の減益に転じている。通期業績の上振れ期待などが低下する形になっているようだ。10-12月期は主力のパッケージソフトの売上がやや伸び悩む状況になっている。
カテゴリー:

システムサポート---大幅続伸、上半期上方修正で営業大幅増益に - 最新株式ニュース - 01月23日(木)10:41 

<4396>  システムサポート  2713  +161大幅続伸。前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の2.9億円から4.0億円に引き上げ、前年同期比47.1%増益となる。クラウドサービス利用支援分野の受注拡大、消費税率の改正に伴う機器・ライセンス販売の伸長、ソリューション事業における大型案件の前倒しなどが業績上振れの背景に。第1四半期実績から上振れ期待は高かったものの
カテゴリー:

ISID---19/12期業績予想を上方修正 - 最新株式ニュース - 01月23日(木)08:50 

<4812>  ISID  4775  02019年12月期業績予想の修正を発表。営業利益は従来の85億円から100億円に上方修正した。コンセンサス(99億円程度)を若干上回る水準に修正した格好であり、評価材料になりそう。官公庁や公共機関向け案件を含む「コミュニュケーションITセグメント」が大幅増収となったほか、金融機関向けのシステム開発も好調だった。株価は強いトレンドが継続しており、需給状況も良
カテゴリー:

【サッカー】<“久保効果”>「マジョルカ」日本での視聴者数が大幅増加! レアルやバルセロナに約10万の差をつける.. - 01月22日(水)13:31  mnewsplus

日本代表MF久保建英が加入したスペイン1部マジョルカは、日本人レフティーの加入で注目度が上昇中だ。日本での視聴者数はレアル・マドリードやバルセロナを大きく離してリーガ・エスパニョーラでトップ。スペイン地元紙「Diario de Mallorca」も、「最も動向を追われているチーム」と伝えている。  久保は今夏、FC東京から世界的な名門レアルへ移籍。その後、出場機会を求めて同じスペイン1部のマジョルカへの期限付き移籍を決断した。  元日本代表FW大久保嘉人(ジュビロ磐田)、元日本代表MF家長昭博(川崎フロンターレ)に次ぐ...
»続きを読む
カテゴリー:

エヌピーディー・ジャパン、最新スポーツシューズ・アパレル市場レポート「ランニングシューズ市場規模、2019年+5.8%増」を公表 - 01月21日(火)16:00 

スポーツシューズ・アパレル市場情報サービス『Japan Sports Tracker*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、ランニングシューズ*2市場動向分析レポートを2020年1月21日に公表します。本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。日本のフットウェア市場規模は、2018年12月~2019年11月に5390億円で前年同期比3.5%増、このうちランニングシューズ市場は、23.2%を占め、前年同期比5.8%増と大幅に成長しました。成長をけん引したのは、男性着用と、11,000円以上の高価格帯商品でした。2019年ランニングシューズ市場規模は、約5390億円で5.8%増2019年(2018年12月~2019年11月計)のフットウェア市場(0-12才除く)規模は、5390億円で前年同期比3.5%増でした(図表1)。市場規模の増加は2年連続で、前年の成長2.0%増でした。このうち、ランニングシューズ(中長距離陸上競技専用シューズを含む)は、23.2%を占め、2019年(同上期間)は、5.8%増とフットウェア市場の成長を大きく上回りました。ランニングシューズの2018年の成長率は1.7%増でしたので、2019年に急増していることが分かります。ランニングシューズ市場規模は1250億円で急成長、男性がけん引2019年(同上期間)のラ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「大幅増」の画像

もっと見る

「大幅増」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる