「不合理」とは?

関連ニュース

世界的鳥類保護組織からの除名受け、中華民国野鳥学会が英語名を「Taiwan 」に - 09月26日(土)00:00 

台湾の鳥類保護団体・中華民国野鳥学会が25日、世界での識別度を高めるとして、団体の英語名を「Chinese Wild Bird Federation(CWBF)」から「Taiwan Wild Bird Federation(TWBF)」に改めることを決めた。   中華民国野鳥学会は1996年、世界最大の鳥類保護組織であるバードライフ・インターナショナルに加盟。その後、中華民国政府は長期にわたってバードライフ・インターナショナルの様々な活動に資金を提供してきた。英語名称は当初の「R.O.C.(Republic of China=中華民国)」から「Chinese」に改称、さらに中国と混同される問題があったため「Wild Bird Federation Taiwan」に変更した。しかし2008年、バードライフ・インターナショナルが再び名称問題を持ち出し、「Chinese」に戻された。中国から圧力をかけられた可能性がある。   中華民国野鳥学会の呂翊維副秘書長(副事務局長)によると、同会は一貫して野生動物の保護団体であり政治的立場を表明したことは一度も無い。しかしさきごろバードライフ・インターナショナルから一方的に不合理な政治的文書への署名を要求された。その文書は中華民国野鳥学会に、台湾独立を促進したり提唱したりしないことを約束するよう強いるもので同学会は署名を拒否。そ...more
カテゴリー:

「あなたは人間じゃない」にどう反論する?哲学者も悩む意識のハードプロブレム - 09月12日(土)17:00 

人間の脳は物理的な物体です。それなのになぜ、私たちには「心」や「意識」があるのでしょう。同じ物体にすぎないコンピュータにも魂は宿る?でも、ちょっと待って。そもそも自分の家族や友達に「意識」が存在している保証なんてどこにもないのかも――そんなことを真夜中にベッドの中で考えたことがある人は、哲学者としての素質があるかもしれません。これは現代でも哲学者や科学者を本気で悩ませる「超難問」なんです。先人たちはこれまでにどんな議論を繰り広げてきたのでしょうか。メルマガ『中野明のストリートで哲学を語ってみた』の発行者で作家の中野明さんが、あなたを哲学の迷宮にご案内します。 なぜ私には「意識」があるのか。人生の超難問 現在の科学の基礎になっているのは唯物論だと言ってよいと思います。これは物質を根本的なものとみなす立場です。 ただし唯物論を基礎にすると困ったことが生じます。それは人間が持つ意識をどう説明するかということです。 脳は物理的な物体です。この物理的な物体である脳から、いかにして私たちの意識が生み出されるのでしょうか。 この難問をオーストラリアの哲学者デイビッド・チャーマーズは「ハード・プロブレム」と呼びました。 image by: Zereshk / CC BY-SA チャーマーズはハード・プロブレムの思考実験として、「哲学的ゾンビ」を考案したことで有名です。 ここに人間と見分けがつかない...more
カテゴリー:

仕事は増える、ボーナスは出ない 秘書が訴えた「格差」 - 09月21日(月)07:30 

 正社員と非正社員の不合理な格差を禁じた労働契約法20条を巡る最高裁判決が10月、相次いで出されます。大学で秘書を務めた大阪府の女性が格差是正を求めている裁判では、ボーナスが焦点になっています。 「私…
カテゴリー:

【同一労働同一賃金について】 同一企業内におけ.. - 09月10日(木)11:56 

【同一労働同一賃金について】 同一企業内における正社員とパート社員、契約社員等との間で、基本給、賞与、手当、福利厚生等あらゆる待遇について、不合理な差を設けることは、法令で禁止されています。 #職場の悩みは高知県労働委員会
カテゴリー:

「不合理」の画像

もっと見る

「不合理」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる