「不具合」とは?

関連ニュース

病巣を生む口呼吸から鼻呼吸へ。「あいうべ体操」考案者の今井一彰先生が指導するマスターコースの 1日分(半分)を学べる「あいうべ体操 入門講座」を「zen place」が特別価格で提供! - 03月26日(火)09:30 

全国100店舗以上を展開するヨガ・ピラティス専門スタジオ「zen place」が、「あいうべ体操」の講座2019年4月から開催します。あいうべ体操とは、「あ」「い」「う」「べ」の口の動きで舌を鍛えることで自然に口が閉じ、鼻呼吸を促してくれる顔周りのエクササイズです。通常、舌の位置は口蓋に接しているのが理想的と言われています。しかし、口を閉じたり、すぼめたりする口輪筋や、舌を動かす舌筋が衰えると口が開きやすく、口呼吸をまねきます。特に舌筋が衰えると舌が下がり、口を閉じた状態が維持しにくくなるため、口が自然に開いてきます。■口呼吸をしている人の主な特徴下記の特徴がある方は、長年口呼吸をしている可能性があります。・口を軽く閉じただけで顎に梅干しのようなシワができる・下唇が分厚い・前歯が飛び出している・いびきや歯軋りが激しい・口角が下がっている・まぶたが腫れている・常に唇が乾いてカサカサ・左右の目の大きさが違う■口呼吸になる原因口呼吸になる理由は様々です。原因は、一つずつというわけでなく、複数の原因が絡み合っている場合もあります。今までは加齢による筋肉の衰えが原因とされていました。しかし近年、食生活の変化やデジタル化によるライフスタイルの変化などさまざまな要因が考えられます。<原因>・軟らか食による口の周りの筋肉の未発達および衰え・言葉の変化(メールなどで会話をしなくても意志を伝えられる)...more
カテゴリー:

【IT】フリーのオフィス環境「LibreOffice 6.2.2」が公開 ~50件を超える不具合が修正 - 03月26日(火)01:13  newsplus

フリーのオフィス環境「LibreOffice 6.2.2」が公開 ~50件を超える不具合が修正 The Document Foundation(TDF)は3月21日(中央ヨーロッパ時間)、「LibreOffice 6.2.2」を公開した。 「LibreOffice 6.2」系統では3番目のリリースとなる。 (中略) 「LibreOffice 6.2.2」は、新機能を積極的に盛り込んだ「LibreOffice 6.2」系統の最新版。 パワーユーザーやテクノロジー愛好者、組織への導入をテストしているユーザーが対象となっている。 (中略) なお、「LibreOffice 6.2」系統はまだエンタープライズ向けに展開できる...
»続きを読む
カテゴリー:

【軍事】日本海軍が潜高型潜水艦、ドイツ海軍がUボートXXI型を最初から量産してたら勝てた? - 03月25日(月)12:12  news

太平洋戦争の中盤以降、アメリカ軍の対潜水艦能力が向上し、日本の潜水艦の損害が増えていきます。そこで1943(昭和18)年に、日本海軍は水中速力25ノットという潜水艦「潜高型」を構想します。これが実現できれば、敵からも上手く逃げおおせられるはずです。 こうして期待の高速潜水艦、潜高型は1945(昭和20)年6月までに、伊二百一、伊二百二、伊二百三の3隻が完成し、早速、訓練が開始されました。 ところが、水中での20ノット近い速度は不安定で、操艦は難しかったようです。また積み重ねて配置された2000個以上もある電池は、...
»続きを読む
カテゴリー:

グーグルマップの不具合で注目、ゼンリンの地図がすごい理由 1日約1000人の調査員が歩いて街の変化を確認する地道な仕事ぶり - 03月24日(日)22:57  liveplus

グーグルマップに不具合が生じているという指摘が、3月21日頃からネットで相次いでいる。グーグルは6日、数週間以内のマップの変更を予告していて、今回の変化はこの影響と見られる。 ネットでは、「林道がない」「バス停がない」「災害などで長期的に不通となっている路線が削除されている」などの報告が出ている。地図からは、地図情報を提供していたゼンリンのコピーライトが消えているため、「独自の地図データに移行したのでは」という憶測も広がっている。 ゼンリン広報部はグーグルとの契約状況について「コメントを差し控...
»続きを読む
カテゴリー:

Google マップ、日本の地図をリニューアル ゼンリンと契約解除か - 03月24日(日)08:37 

Googleは、日本での新しいGoogle マップの提供を開始した。 Googleによれば、「日本におけるGoogle マップの次のステップは、より柔軟かつ包括的なマップを皆さまに提供すること」として、ストリートビュー画像、交通機関を含む信頼のおける第三者機関から提供される情報、最新の機械学習技術、地域のユーザーからのフィードバックなどを活用し、新しい地図を開発した。 なお、最新のGoogle マップでは、日本の地域を表示した際に、コピーライト表記からゼンリン(ZENRIN)の表記が消えており、2005年のサービス開始当初から提携していたゼンリンとの契約を解除し、新たな地図データを参照している可能性が高い。 Googleは、新たな地図データの不具合について、「Googleはテクノロジーを得意としますが、それぞれの場所を一番熟知している各地のユーザーから提供される情報は地図を作る上で欠かすことができません。新しい地図では、ユーザーの皆さまがより簡単にフィードバックを送れるようになり、いただいた情報を元にGoogleは地図を最新の情報にアップデートすることができます。情報の更新や修正が必要な場合、ぜひマップの『フィードバックの送信』ツールからお知らせください」としている。 投稿 Google マップ、日本の地図をリニューアル ゼンリンと契約解除か は トラベルメディア「Traicy(ト...more
カテゴリー:

Nokiaブランドの複数端末でユーザーに無断で中国への端末情報を送信が行われていたことが判明 - 03月26日(火)06:00 

Nokiaブランドの複数のスマートフォンが、端末の状況やユーザーの位置情報などを利用者に無断で送信しているとの指摘が出ている。送信先は「vnet.cn」というcn(中国)のドメインなどになっているとのことで、フィンランド当局がGDPR違反の疑いで捜査を行う状況になっているようだ(iPhone Mania、Engadget日本版、AFP)。 vnet.cnはChina Telecomが保有しているドメインで、また別の送信先として挙げられているaps.c2dms.comも中国企業が管理しているようだ。これら端末を製造しているHMD Globalはこれについて、中国向けのソフトウェアを誤ってほかの国向けの端末に導入してしまったと説明している。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | YRO | 中国 | 関連ストーリー: Androidアプリ「ES File Explorer」がバックグラウンドでHTTPサーバーを立ち上げていたことが見つかる 2019年01月22日 米大統領の決定により全米の携帯電話に緊急警報メッセージを送信するシステム、初のテスト実施へ 2018年09月17日 Google、アプリで位置情報をオフにしても位置情報を保存していたとの...more
カテゴリー:

グーグルマップから乗り換えたい。オススメの地図アプリ教えろください - 03月25日(月)20:54  news

米グーグルの地図アプリ「グーグルマップ」の日本向けサービス上で、道路が消えるなどの不具合が起きている。 地図大手ゼンリンから提供を受けるデータを減らす契約変更に踏み切ったためとみられる。 背景にあるのが、地図データ作成・更新の自動化技術の進化だ。 グーグルが不具合を起こしてまでサービスを更新するのは、膨大な位置情報を集められるデータ経済における「特別な地位」があるからだ。 「段差がある危険な細い裏道が 地図不具合にみるグーグルの「特別な地位」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42856910V2...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】小島秀夫のデスストの製作、順調そう - 03月25日(月)03:21  livejupiter

これは今年中に出ますわぁふぃ 小島秀夫 @Kojima_Hideo DSはまだ難度調整やデバック段階ではなく、ツールや開発機上で出来たバラバラのパーツをひとつのゲームに組み上げていっているところ。 PS4の実機で毎日、実際に僕がゲームを直接プレイしながら、パーツを繋げ、操作感や演出、仕様、不具合を修正、肉付けと削ぎ落としをしている過程。 重要なフェーズ🌈 https://twitter.com/Kojima_Hideo/status/1109707754132791296 (deleted an unsolicited ad) ...
»続きを読む
カテゴリー:

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ(3) - 03月24日(日)10:17 

Y Combinator(YC)の企業を抱えた2019年の冬クラスは200社以上が参加し、これまでのYCで最大の規模になった。私たちはその場に参加し、それぞれのクラスの話を聞きながら、見たもののメモを持ち寄った。以下に紹介するのは米国時間3月18日にピッチが行われた85+のスタートアップのPart 2だ。 Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ ・Part 1:パイオニアステージ(1) ・Part 2:パイオニアステージ(2) ・Part 3:パイオニアステージ(3)※この記事 ・Part 4:パイオニアステージ(4) ・Part 5:ミッションステージ(1) ・Part 6:ミッションステージ(2) ・Part 7:ミッションステージ(3) ・Part 8:ミッションステージ(4) Loonify Space 小型の人工衛星を軌道に乗せるための、特製「打ち上げ」システム。気球がロケットを高度35kmまで運び、空中で発射を行う。彼らは155回分の衛星打ち上げの基本合意書を手にしており、その総額はおよそ7700万ドルに相当する。最初の「打ち上げ」は5月9日を予定している。 Supernova デザインのモックアップに基いたアプリケーションプログラミングは内製の場合は難しく、外注した場合には高価で保守しにくいものになる可能性がある。Sup...more
カテゴリー:

ディスガイア運営「不具合原因わからんから外部専門家呼んだ」 - 03月23日(土)14:20  livejupiter

開発チームで解決できないんか… ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「不具合」の画像

もっと見る

「不具合」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる