「タカ派」とは?

関連ニュース

韓国を襲う完全なる孤立。GSOMIA破棄とボルトン補佐官解任の余波 - 09月17日(火)05:00 

9月11日、トランプ大統領が自身の政権を支えてきたボルトン国家安全保障担当大統領補佐官を解任し、世界を驚かせました。これによって、イラン情勢、北朝鮮情勢の変化への期待と不安が囁かれていますが、元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さんは、一歩進んだ見方をメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で示しています。それは、韓国及び朝鮮半島の国際的孤立が進むとの見方です。さて、どういうことなのでしょうか? 韓国を襲う完全なる孤立:ボルトン氏解任の余波? 9月11日、驚くべきニュースが飛び込んできました。アメリカ・トランプ政権のタカ派路線を支えてきたともいえるボルトン国家安全保障担当大統領補佐官が突然解任されました。 それもまた、トランプ大統領お馴染みのTwitterでの更迭だったようです。これまでにも更迭・解任は多数ありましたが、ボルトン国家安全保障担当大統領補佐官の“このタイミング”での解任は、荒れ狂う国際情勢に対して大きな影響・変化を与えそうです。 その最大の矛先は、イラン問題や北朝鮮問題ではなく、実は韓国をめぐる国際情勢ではないかと考えています。それはなぜか。カギはボルトン補佐官解任で対話の機運が高まると予想される北朝鮮情勢の行方と日韓のGSOMIAの破棄の行方です。 対イランの強硬姿勢と並び、ボルトン補佐官は北朝鮮に対しても強硬姿勢を崩すべきでは...more
カテゴリー:

自民党きってのタカ派… 沖縄相の衛藤氏はどんな人? - 09月12日(木)11:34 

 沖縄担当相に就いた衛藤晟一氏は2012年の第2次安倍内閣発足以降、一貫して首相補佐官を務めた安倍晋三首相の側近だ。自民党憲法改正推進本部副本部長のほか、憲法改正を掲げる保守系団体「日本会議」と連携する国会議員懇談会の幹事長を務めるなど自民党きってのタカ派とされる。沖縄には選挙や沖縄国際映画祭などで度...
カテゴリー:

ボルトン氏の退場、安保政策で進むトランプ化 ボ.. - 09月11日(水)17:00 

ボルトン氏の退場、安保政策で進むトランプ化 ボルトン氏は冷戦時代の共和党タカ派の流れをくんでいた  #トランプ #キャピタルジャーナル
カテゴリー:

【米国】超タカ派で知られるボルトン大統領補佐官、クビ - 09月11日(水)07:11  newsplus

Trump fires John Bolton as national security adviser One official, speaking on the condition of anonymity, said Afghanistan “broke open the bottom of the bag” in a relationship that had been eroding. By Shannon Pettypiece, Carol E. Lee, Peter Alexander and Adam Edelman WASHINGTON — President Donald Trump said Tuesday that he had fired national security adviser John Bolton after a string of disagreements, removing one of the most hawkish voices in Trump's inner circle on a number of is...
»続きを読む
カテゴリー:

【ポスト鳩山】野党とマスコミに人気の石破(自民)、党内で孤立 要職に起用されず、ブログも反発を買う - 09月06日(金)00:40  news

孤立する石破氏、遠ざかる「ポスト安倍」への道 締め付け強まれば「石破離れ」の可能性も 2019/09/05 6:30 泉 宏 : 政治ジャーナリスト 「ポスト安倍」で総理総裁の座を目指す石破茂元幹事長が自民党内で孤立感を深めている。 昨年9月の総裁選で、安倍晋三首相にただ1人挑戦し、地方票で善戦したものの議員票では大差をつけられた 石破氏は、その後も反安倍の立場で臥薪嘗胆の日々を送っている。ただ、総裁選後も党内の「石破包囲網」が進み、 今のところ反転攻勢への突破口も見いだせない状況だ。 ケミストリーが合わない安倍氏...
»続きを読む
カテゴリー:

ECB包括的緩和、ワイトマン氏らタカ派が批判 「過度な刺激」 - 09月14日(土)02:44 

欧州中央銀行(ECB)が打ち出した金融緩和に対し、独連銀のワイトマン総裁やオランダ中銀のクノット総裁らのタカ派から批判の声が相次ぐ一方、スロベニア中銀のバスレ総裁は支持を示し、ECB理事会内の見解の相違が明確になった
カテゴリー:

ボルトン氏の退場、安保政策で進むトランプ化 ボ.. - 09月12日(木)06:30 

ボルトン氏の退場、安保政策で進むトランプ化 ボルトン氏は冷戦時代の共和党タカ派の流れをくんでいた  #トランプ #キャピタルジャーナル
カテゴリー:

最強硬派ボルトン氏更迭 北朝鮮・中東、トランプ氏と溝 - 09月11日(水)07:55 

 トランプ米大統領は10日、ジョン・ボルトン大統領補佐官(安全保障担当)を更迭したと、ツイッターで明らかにした。「彼の提案の多くについて、私は強く反対だった」と記した。ボルトン氏は強硬なタカ派として知…
カテゴリー:

公明・山口代表が在職10年 連立安定も党勢回復に課題 - 09月08日(日)14:41 

 公明党の山口那津男代表の在職が8日で10年となる。野党時代を含め自民党と歩調を合わせた党運営で連立の基盤を安定させた。一方で、「平和の党」として、タカ派色の強い安倍政権との距離感に腐心する場面も続く…
カテゴリー:

成果なしのG7でマクロン大統領が放った“場外”ホームランの真価 - 09月02日(月)20:16 

フランスでのG7サミットは、史上初めて首脳宣言が見送られ、目立った成果なく終わりました。しかし、G7の“外”で大きな成果があったかもしれないと分析するのは、数々の国際舞台で活躍する島田邦彦さんです。島田さんは、自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で、アメリカとイランの直接対話実現の可能性が高まり緊張緩和が期待できると解説。しかし同時に、まだまだ一触即発の危険はあると、武力衝突の要因となる2つの火種について言及しています。 動き出した「期待と不安が入り混じる」イラン情勢 フランス・ビアリッツでのG7サミットは、正直、成果が見いだせない会議で、おそらく失敗の部類に入るかと思われますが、そのような中で、議長国フランスのマクロン大統領は、G7の“外”で『大きな成果』を挙げたかもしれません。 それは、26日にイランのザリフ外相をビアリッツに招いたことです。狙っていたトランプ大統領との会談は実現しませんでしたが、このサプライズともいえるフランス・マクロン大統領の“仲介”を得て、トランプ大統領もロウハニ大統領も、そう遠くないうちに(条件が整えば)直接会談する可能性について発言するに至りました。 G7サミットは、フランスとしては最も進展を望んでいた気候変動問題をあきらめさせられるという“屈辱”をフランスに与えたかもしれませんが、その当事者で来年のG7議長...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「タカ派」の画像

もっと見る

「タカ派」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる