「ドル安」とは?

関連ニュース

NY円、115円前半 米長期金利低下で円買い優勢 - 01月29日(土)08:30 

 28日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比12銭円高ドル安の1ドル=115円19~29銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1142~52ドル、128円43~53銭。
カテゴリー:

自律反発の域は脱せず、決算を手掛かりとした個別対応に - 最新株式ニュース - 01月28日(金)08:49 

 28日の日本株市場は、前日の大幅な下落に対する自律反発が見込まれるものの、買い一巡後は引き続き不安定な相場展開になりそうだ。27日の米国市場はNYダウが7ドル安だった。10−12月期国内総生産(GDP)の予想以上の高成長を好感する格好から買い先行で始まったものの、米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅な利上げを警戒した状況のなか、終盤にかけて下落に転じた。 半導体株はテラダインが20%を超える下落
カテゴリー:

27日のNY市場は下落 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)06:45 

[NYDow・NasDaq・CME(表)]NYDOW;34160.78;-7.31Nasdaq;13352.79;-189.33CME225;26550;+330(大証比)[NY市場データ]27日のNY市場は下落。ダウ平均は7.31ドル安の34160.78ドル、ナスダック189.33ポイント安の13352.79で取引を終了した。10−12月期国内総生産(GDP)の予想以上の高成長を好感し、寄り付き
カテゴリー:

調整トレンド継続も、ひとまずFOMC通過によって値ごろ感からの買いは意識されやすい - 最新株式ニュース - 01月27日(木)08:30 

 27日の日本株市場は、売り一巡後の底堅さを見極める相場展開が見込まれる。26日の米国市場はNYダウが129ドル安となる一方で、ナスダックは小幅に上昇した。マイクロソフトの好決算などがけん引し買い先行で始まった。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え買戻しが先行し、NYダウは一時34800ドルを回復する場面もあった。 ただし、パウエルFRB議長の会見では、3月の利上げの可能性や各会
カテゴリー:

FRB、3月利上げ示唆 「まもなく引き上げるのが適切」 - 01月27日(木)08:05  newsplus

【ニューヨーク=斉藤雄太】米連邦準備理事会(FRB)は26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明文で、政策金利を「まもなく引き上げるのが適切だ」と表明した。パウエル議長は記者会見で「委員会は(次回の)3月会合で利上げに適切な条件が整うと想定している」と語った。保有資産の縮小も「利上げプロセスの開始後に取り組む」と述べ、インフレ抑制に向けて金融引き締めを進める考えを示した。 今回の会合ではゼロ金利政策の維持を決め、短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0~0.25%に据え置いた。 FR...
»続きを読む
カテゴリー:

日経平均は4日ぶり大幅反発、それでも不安定な展開が続きそう - 最新株式ニュース - 01月28日(金)12:21 

 日経平均は4日ぶり大幅反発。549.76円高の26720.06円(出来高概算6億6000万株)で前場の取引を終えている。 27日の米株式市場でNYダウは小幅に3日続落し、7ドル安となった。昨年10−12月期の国内総生産(GDP)成長率が市場予想を上回り、一時600ドルあまり上昇したが、連邦準備理事会(FRB)による急速な金融引き締めへの懸念から伸び悩んだ。テスラや半導体関連の下落が目立ち、ハイテ
カテゴリー:

NYダウ小幅続落、7ドル安 乱高下、米利上げを警戒 - 01月28日(金)06:54 

 27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅続落し、前日比7・31ドル安の3万4160・78ドルで取引を終えた。前日に続いて相場が乱高下。米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的に利上げすることを警戒した売りが優勢となり、マイナス圏に沈んだ。
カテゴリー:

日経平均は大幅に3日続落、米金融引き締め懸念はむしろ強まった - 最新株式ニュース - 01月27日(木)12:16 

 日経平均は大幅に3日続落。690.00円安の26321.33円(出来高概算6億8000万株)で前場の取引を終えている。 26日の米株式市場でNYダウは続落し、129ドル安となった。連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の会見は、3月以降全ての会合での利上げを否定せず、また利上げ実施後の量的引き締め(QT)の方針も示すなど、タカ派的な内容と受け止められた。短期の年限
カテゴリー:

NY株続落、129ドル安 金融引き締めに警戒、リスク回避売り - 01月27日(木)08:13 

 26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比129・64ドル安の3万4168・09ドルで取引を終えた。FRBのパウエル議長の発言に対して金融引き締めに前向きとの警戒感が広がり、リスク回避の売りが優勢となった。
カテゴリー:

26日のNY市場はまちまち - 最新株式ニュース - 01月27日(木)06:51 

[NYDow・NasDaq・CME(表)]NYDOW;34168.09;-129.64Nasdaq;13542.12;+2.83CME225;26920;-90(大証比)[NY市場データ]26日のNY市場はまちまち。ダウ平均は129.64ドル安の34168.09ドル、ナスダック2.83ポイント高の13542.12で取引を終了した。エネルギーセクターの上昇やITサービスのマイクロソフト(MSFT)の
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる