「種平均」とは?

関連ニュース

NY株反発、564ドル高 上げ幅今年最大、ITに買い - 01月29日(土)08:16 

 28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4日ぶりに反発し、前日比564・69ドル高の3万4725・47ドルで取引を終えた。上げ幅は今年最大。米長期金利の低下を背景に、金利上昇時に割高感が意識されやすいIT銘柄を中心に買いが膨らんだ。
カテゴリー:

NYダウ、一時500ドル超高 米GDPを好感 - 01月28日(金)00:16 

 27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、前日からの上げ幅が一時500ドルを超えた。米国の2021年10~12月期の実質国内総生産(GDP)が市場予想を大幅に上回ったことが好感され、景気回復を期待した買いが膨らんだ。
カテゴリー:

FRB、3月利上げ示唆 「まもなく引き上げるのが適切」 - 01月27日(木)08:05  newsplus

【ニューヨーク=斉藤雄太】米連邦準備理事会(FRB)は26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明文で、政策金利を「まもなく引き上げるのが適切だ」と表明した。パウエル議長は記者会見で「委員会は(次回の)3月会合で利上げに適切な条件が整うと想定している」と語った。保有資産の縮小も「利上げプロセスの開始後に取り組む」と述べ、インフレ抑制に向けて金融引き締めを進める考えを示した。 今回の会合ではゼロ金利政策の維持を決め、短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0~0.25%に据え置いた。 FR...
»続きを読む
カテゴリー:

NY株反落、66ドル安 一時800ドル超下げ、乱高下 - 01月26日(水)08:29 

 25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比66・77ドル安の3万4297・73ドルで取引を終えた。下げ幅は一時800ドルを超え、前日に続いて乱高下した。米長期金利の上昇を背景に、金利上昇時に割高感が意識されやすいIT銘柄を中心に売りが優勢となった。
カテゴリー:

NY株、一時700ドル超安 IT中心に売り膨らむ - 01月26日(水)00:31 

 25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、前日からの下げ幅が一時700ドルを超えた。米長期金利の上昇を背景に、金利上昇時に割高感が意識されやすいIT株を中心に売りが膨らんだ。
カテゴリー:

NYダウ小幅続落、7ドル安 乱高下、米利上げを警戒 - 01月28日(金)06:54 

 27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅続落し、前日比7・31ドル安の3万4160・78ドルで取引を終えた。前日に続いて相場が乱高下。米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的に利上げすることを警戒した売りが優勢となり、マイナス圏に沈んだ。
カテゴリー:

NY株続落、129ドル安 金融引き締めに警戒、リスク回避売り - 01月27日(木)08:13 

 26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比129・64ドル安の3万4168・09ドルで取引を終えた。FRBのパウエル議長の発言に対して金融引き締めに前向きとの警戒感が広がり、リスク回避の売りが優勢となった。
カテゴリー:

【悲報】 日経平均続落スレ 1月27日 - 01月27日(木)06:03  poverty

どうも2万7000円割れから始まりそう アメ株は反発から始まったものの最後に尻すぼみ 「NY株、反発」 https://news.yahoo.co.jp/articles/20c611f26f5705558dd5ccdc26bca4ab6ed8bf38 26日のニューヨーク株式相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策決定発表を前に安値拾いの買いが先行し、反発して始まった。  優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前9時35分現在、前日終値比210.42ドル高の3万4508.15ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は282.84ポイント高の1万3822.13。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ダウ工業株30種平均】一時800ドル超下落 ウクライナ・引き締め警戒 - 01月26日(水)04:53  newsplus

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00034_W2A120C2000000/ NYダウ、一時800ドル超下落 ウクライナ・引き締め警戒 【NQNニューヨーク=川内資子】25日の米株式相場でダウ工業株30種平均は反落して始まり、午前10時5分現在は前日比788ドル72セント安の3万3575ドル78セントで推移している。下げ幅は一時800ドルを超えた。米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めへの懸念が強い。景気減速や株式市場への資金流入の減少につながりかねないとの見方から幅広い銘柄が売られている。緊迫するウクライナ情勢への警戒感も続い...
»続きを読む
カテゴリー:

ダウ平均反発、99ドル高 ウクライナ情勢で下落、その後持ち直す - 01月25日(火)08:03 

 週明け24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに反発し、前週末比99・13ドル高の3万4364・50ドルで取引を終えた。前週末までの6営業日の下落幅が2000ドルを超えたのを背景に割安感が出た銘柄が買われた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる