「東京株式市場」とは?

関連ニュース

東証続落、1週間ぶり安値 米中対立に懸念くすぶる - 05月24日(金)16:33 

 24日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。米中の技術覇権を巡る対立に伴って企業活動が滞るとの懸念がくすぶった。終値は前日比33円92銭安の2万1117円22銭で約1週間ぶりの安値を付けた。
カテゴリー:

日経平均は小幅続落、米株安と円高で心理悪化 朝安後は買い戻しも - 05月24日(金)15:31 

東京株式市場で日経平均は小幅続落した。前日の米国株安や円高進行が投資家心理を圧迫し、朝方から売りが先行。下げ幅は一時200円を超え、節目の2万1000円を割り込んだ。売り一巡後は個人投資家の押し目買いや売り方の先物買い戻しなどで下げ幅を縮小。後場は日銀によるETF(上場投信)買い観測も支えになったが、世界的な景況感の低迷や米中覇権争いの長期化などが懸念され、上値は重かった。
カテゴリー:

株式 東証=終値 2万1117円22銭 - 05月24日(金)15:06 

 24日の東京株式市場の日経平均株価は、前日の終値と比べ33円92銭安の2万1117円22銭で取引を終えた。
カテゴリー:

【株価】日経平均、一時2万1000円割れ 米中対立に警戒強める 悲観シナリオに傾斜 5月24日前場 - 05月24日(金)11:45  newsplus

21,004.47 (24日 11:35 前引) -146.67 (-0.69%) (単位:円) 始値(9:00) 20,980.79 高値(10:41) 21,074.46 安値(9:00) 20,922.00 前日終値 21,151.14 https://www.nikkei.com/markets/worldidx/chart/nk225/ 24日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、一時2万1000円を割れる場面があった。取引時間中に2万1000円を割るのは16日以来だ。米中貿易摩擦の長期化と世界景気の先行きへの不透明感が広がり、市場は悲観シナリオへの傾斜を強めている。 「マーケットは米中貿易協議が長引くことを真剣に覚悟し始めた」。JPモルガン・...
»続きを読む
カテゴリー:

東証、一時2万1千円割れ 米中対立の不透明感で続落 - 05月24日(金)11:05 

24日午前の東京株式市場は、米国と中国の技術覇権をめぐる対立の先行き不透明感から売り注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は続落した。下げ幅は一時200円を…
カテゴリー:

来週の日本株は弱含み、リスクオフの円高進行に警戒感 - 05月24日(金)16:00 

来週の東京株式市場は、弱含みの値動きとなりそうだ。米中貿易摩擦が世界の経済成長を減速させるとの懸念が強く、株式市場に資金が向かいにくい。投資家の不安心理が高まっている状況ではないが、米景気後退への懸念から米長期金利の低下が続き、リスクオフの円高進行につながれば日本株の下押し圧力も強くなる。一方、米中対立を緩和させる材料が出れば、戻りを試す展開になることも予想される。
カテゴリー:

【東証続落】終値33円安 米中の技術覇権巡る対立で懸念 - 05月24日(金)15:16  newsplus

https://this.kiji.is/504537410547827809 東証続落、終値33円安 米中の技術覇権巡る対立で懸念 2019/5/24 15:11 (JST) ©一般社団法人共同通信社  24日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。米中の技術覇権を巡る対立に伴い、企業活動が滞るとの懸念から売り注文が先行した。英政局の混乱も悪材料となった。  終値は前日比33円92銭安の2万1117円22銭。東証株価指数(TOPIX)は0.63ポイント高の1541.21。出来高は約12億4671万株だった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

前場の日経平均は続落、一時2万1000円割れ 下値では押し目買いも - 05月24日(金)12:26 

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比146円67銭安の2万1004円47銭となり、続落した。前日の米国株安や円高進行が投資家心理を圧迫し、朝方から売りが先行。下げ幅は一時200円を超え、節目の2万1000円を割り込んだ。その後、個人投資家の押し目買いや売り方の先物買い戻しなどで下げ幅を縮小したが、米中対立への懸念が残る中、戻りに勢いは出なかった。
カテゴリー:

【株式フジ】米中摩擦の最中…「それでも買われるのはどこか」 医療機器の「朝日インテック」 電鉄なら「京王電鉄」 - 05月24日(金)11:30 

 東京株式市場はさえない動きが続いています。トランプ米大統領は15日、国家安全保障上のリスクがあると見なされるIT企業との取引を禁止する大統領令を発表しました。名指しこそ避けたものの、中国のIT大手企業、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)や中興通訊(ZTE)を念頭に置いていることは明らかで、それはつまり中国政府による機密の盗聴を懸念したものと考えられます。「米中摩擦」は経済問題から安全保障の問題に急展開し、マーケットにも新たな不安が広がる格好となりました。
カテゴリー:

東証、203円安 午前9時15分現在 - 05月24日(金)09:50 

 24日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比203円42銭安の2万0947円72銭となった。(共同)
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「東京株式市場」の画像

もっと見る

「東京株式市場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる