「連邦準備制度理事会」とは?

関連ニュース

節税効果があるって本当?アメリカ不動産投資のメリットとリスクを徹底解説 - 02月13日(水)19:35 

好景気が続くアメリカでは住宅価格の上昇も続いており、国内外を問わず不動産投資家から熱い視線を集めています。またアメリカ不動産は日本の物件と比べると土地に対する建物の価格比率が高く、また築古でも値段があまり下がらない傾向にあることから節税効果が高いため、富裕層を中心に人気があります。 しかし、株式や不動産価格が上昇しすぎたことで、一部では2019年からバブル崩壊が始まるのではとの声もささやかれています。そこで今回はアメリカの不動産投資を検討している方のために、メリットと今後注意したいリスクについてわかりやすく解説します。 目次 現在のアメリカ不動産投資市場 1-1.住宅需要が不動産相場を牽引 1-2.経済成長とドル高円安 アメリカ不動産投資の3つのメリット 2-1.不動産投資ローンが使える 2-2.節税効果が高い 2-3.中古市場が日本よりも成熟している アメリカ不動産投資で注意するべき5つのリスク 3-1.「学区」選びリスク 3-2.住宅診断リスク 3-3.物件のメンテナンスリスク 3-4.金利上昇リスク 3-5.減価償却費リスク まとめ 1 現在のアメリカ不動産投資市場 2007年からの住宅価格下落に伴うサブプライムローン問題と、翌年のリーマンブラザーズの破綻によりアメリカの住宅価格は大きく下落しましたが、2010年以降は世界経済の回復とともに上昇に転じました。米スタンダード...more
カテゴリー:

【日本の解き方】利上げ停止から再利下げ浮上… 米国の動向次第で円高進行も、日銀は「長短金利操作」見直しを - 02月08日(金)07:30 

 米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを一時停止する方針を打ち出した。トランプ米大統領の要求を受け入れた形となったが、その背景や影響、そして日銀はどうすべきかを考えてみたい。
カテゴリー:

【除霊屋も繁盛】景気よすぎて、“幽霊”ぞくぞく! - 02月08日(金)15:15  news

アメリカは好景気が続いています。そのせいで、なんといま、全米のあちこちで“幽霊”が続々と出現しているというのです。“ゴーストバスターズ=幽霊退治”に乗 り出す企業もでているとか…。いったいどういうこと?(ロサンゼルス支局長 飯田香織) ■出た!“幽霊” 驚きの報告が 幽霊なんてまさか!と思っているでしょうが、いるんです。アメリカの公的な文書でしっかり報告されています。 その文書は、アメリカの中央銀行・FRB(連邦準備制度理事会)が去年12月に公表した地域経済の報告書「ベージュブック」。 中西部シカゴで、...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】「不思議の国」からの脱却いまだ果たせず、日銀ゼロ金利導入から20年 - 02月07日(木)02:58  newsplus

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-05/PMFY7S6JTSEB01?srnd=cojp-v2 「不思議の国」からの脱却いまだ果たせず、日銀ゼロ金利導入から20年 日高正裕、藤岡徹 2019年2月6日 6:00 JST →1999年2月12日に速水総裁下で世界初のゼロ金利政策を決定 →景気刺激効果は強くなく特に物価には効かなかった-東短・加藤氏 日本銀行が世界初のゼロ金利政策を導入してから今月で20年が経過する。戦後最長の景気拡大局面が続く中でも、日銀は政策決定に関わった当事者が「不思議の国」と呼んだ世界からの脱却をいまだ果たせず...
»続きを読む
カテゴリー:

「連邦準備制度理事会」の画像

もっと見る

「連邦準備制度理事会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる