「電動化」とは?

関連ニュース

【完全電動化を延期】メルセデス・ベンツ 2030年代までエンジン車販売へ… - 02月26日(月)19:20  newsplus

ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツAGは、2030年までに新車販売をすべてEV(電気自動車)するという計画を変更した。需要の変化に対応するため、「2030年代まで」内燃エンジン車の販売を継続するという。 メルセデス・ベンツは2021年に、2030年までに「市場環境が許す限り」ラインナップをすべて電動化する計画を発表した。同時期に内燃エンジン車を廃止する予定だったが、その寿命を延長することになった。 同社のオラ・ケレニウスCEOは2月22日に行われた決算説明会で、「市場に製品を押し付けることで、人為的にこの...
»続きを読む
カテゴリー:

Microchip社、mSiC(TM)ソリューションを拡充し、高電圧SiCパワーモジュールの採用を促進する3.3 kV XIFMプラグアンドプレイmSiCゲートドライバを発表 - 02月26日(月)11:30 

[NASDAQ: MCHP] - あらゆるモノの電動化が進む中、輸送機関、送配電網、重量車等の中/高電圧アプリケーションでSiC(シリコン カーバイド) テクノロジの採用が広がっています。SiCソリューションを導入する開発者を支援し、開発プロセスを迅速化するため、Microchip Technology Incorporated(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 櫟晴彦 以下Microchip社)は本日、特許取得済みのAugmented Switching(TM)技術を搭載し、設計と評価にかかる時間を大幅に短縮するために事前設定済みのモジュール設定を使ってすぐに動作するよう設計された3.3 kV XIFMプラグアンドプレイmSiC(TM)ゲートドライバ(https://www.microchip.com/en-us/product/XIFM?utm_source=pressrelease&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=xifmgatedriver&utm_bu=sic)を発表しました。市場投入期間を短縮するため、このプラグアンドプレイ ソリューションはゲートドライバの回路の設計、テスト、認定等の複雑な開発作業が既に完了しています。XIFMデジタル ゲートドライバはデジタル制御、内蔵電源、ノイズ耐性を高める堅牢な光ファイバ インターフェ...more
カテゴリー:

【自動車】EV車で躍進の中国 世界一の自動車輸出国に…首位から陥落した日本の生存戦略を考える - 02月25日(日)13:16  newsplus

※2/23(金) 17:02配信 FNNプライムオンライン 中国が日本を抜いて世界一の自動車輸出国となり、日中自動車戦争の様相を呈している。「BSフジLIVEプライムニュース」では識者を迎え、中国製EV(電気自動車)の実力と中国の世界戦略、そして日本の生き残り戦略について伺った。 中国の輸出車台数激増の背景は 新美有加キャスター: 中国の自動車輸出が2019年から5年で5倍近くの491万台に急増し、2016年以来トップだった日本を抜き世界1位に。急増の背景は。 湯進(たん・じん) みずほ銀行主任研究員: EV輸出が主なけん引役となっ...
»続きを読む
カテゴリー:

ポルシェ『911タルガ』60周年に向けた最新の進化、最強の「GTS」はNA搭載か電動化か(レスポンス) - 02月22日(木)12:11 

ポルシェ『911』シリーズの中でも独自の個性を放つのが『911タルガ』だ。オープンルーフの開放感と安全性を両立したモデルとして、形を変えながらもおよそ60年の歴史を歩んできた。その911タルガが、99
カテゴリー:

どんな人生歩むとマツダ、本田を選ぶ訳?日産とEV各車は論外だけど - 02月18日(日)10:36  news

日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)は2024年2月15日、 2024年のモータースポーツ活動概要を発表した。日産はモータースポーツに おいても電動化を推進、2018年からFIAフォーミュラE世界選手権に参戦。 この3月には初めての東京大会が開催され、日本のファンにフォーミュラEの 爽快で力強い走りを披露する。また、SUPER GTとGT4カテゴリーにおいては、 それぞれNissan Z NISMOをベースとした車両が開発され供給される。 NISMOにとって記念すべき2024年は、これまで以上に情熱と魅力に あふれたクルマ作りとモ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】メルセデス・ベンツ、ヘタレる「2030年までに全部EVにするの無理。2030年代はガソリン車売り続けるわ…」 - 02月26日(月)19:14  poverty

ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツAGは、2030年までに新車販売をすべてEV(電気自動車)するという計画を変更した。需要の変化に対応するため、「2030年代まで」内燃エンジン車の販売を継続するという。 メルセデス・ベンツは2021年に、2030年までに「市場環境が許す限り」ラインナップをすべて電動化する計画を発表した。同時期に内燃エンジン車を廃止する予定だったが、その寿命を延長することになった。 同社のオラ・ケレニウスCEOは2月22日に行われた決算説明会で、「市場に製品を押し付けることで、人為的にこ...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】EV車で躍進の中国 世界一の自動車輸出国に…首位から陥落した日本の生存戦略を考える ★2 - 02月26日(月)08:19  newsplus

※2/23(金) 17:02配信 FNNプライムオンライン 中国が日本を抜いて世界一の自動車輸出国となり、日中自動車戦争の様相を呈している。「BSフジLIVEプライムニュース」では識者を迎え、中国製EV(電気自動車)の実力と中国の世界戦略、そして日本の生き残り戦略について伺った。 中国の輸出車台数激増の背景は 新美有加キャスター: 中国の自動車輸出が2019年から5年で5倍近くの491万台に急増し、2016年以来トップだった日本を抜き世界1位に。急増の背景は。 湯進(たん・じん) みずほ銀行主任研究員: EV輸出が主なけん引役となっ...
»続きを読む
カテゴリー:

国交省/「商用車の電動化促進事業」補助対象車両登録受付開始 - 02月22日(木)16:09 

国土交通省は2月22日、環境省の2023年度補正予算「商用車の電動化促進事業」(国土交通省・経済産業省連携事業)の公募開始に先立ち、同日から、当該事業の執行団体である環境優良車普及機構及び日本自動車輸送技術協会が、補助の […] The post 国交省/「商用車の電動化促進事業」補助対象車両登録受付開始 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

マツダ、六本木にイノベーション拠点を開設 IT人材採用やスタートアップとの協業を促進(日刊自動車新聞) - 02月19日(月)08:16 

 マツダは16日、IT人材の採用やスタートアップとの協業を促す拠点「マツダイノベーションスペース東京」を六本木ヒルズ森タワー(東京都港区)に開設したと発表した。電動化やMaaS(サービスとしてのモビリ
カテゴリー:

マツダが東京・六本木に新拠点、協業加速とIT人材採用の場に - 02月16日(金)18:21  newsplus

Maki Shiraki [東京 16日 ロイター] - 広島に本社を構えるマツダは16日、東京・港区の六本木ヒルズに新たな拠点を開設した。インターンなどを通じてITなど多種多様な人材を採用するほか、電動化領域での新規パートナー企業との交流、新事業開拓などで共創する活動の場とし、さまざまな協業の加速を狙う。 滝村典之執行役員は取材会で、新拠点はスタートアップ企業の約65%が集中する東京に設けたと説明。「自動車産業の枠を超えて新しい価値創造に挑戦する仲間づくりの場」といい、マツダの強みに新たな価値創造を積み上...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる