「自動車業界」とは?

関連ニュース

パリモーターショー2022における主要なトレンド、各社の主な発表・展示の詳細など最新動向をまとめたレポート「パリモーターショー2022」をリリース - 12月02日(金)11:00 

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、フランス・パリで開催された「パリモーターショー2022」における最新動向をまとめたイベントレポート「パリモーターショー2022」を11月28日に発行しました。パリモーターショーは、世界最大級の自動車イベントであり、2022年に欧州で開催された唯一の国際モーターショーです。89回目の開催となる今回は、より没入感のある体験型のショーを目指し、世界中から出展された車両を見るだけでなく、実際に乗り込み試してみることを来訪者に促しました。1週間の会期中、ショーには40万人の来場者があり、3,000人のジャーナリストが訪れました。また、一般の来訪者が3,000台以上の車両に試乗しました。本書では同イベントでの主なトレンド、研究成果、製品、発表についてまとめています。https://insight.sbdautomotive.com/rs/164-IYW-366/images/IB_300b_Paris_Motor_Show_2022_JPN.pdf<本書の構成>はじめに: パリモーターショーと本レポートについて要旨: パリモーターショー2022の注目すべきトレンドカンファレンスとセッション: 会期中のプレゼンテーションとパネルディスカッションの概要および話題となったトレン...more
カテゴリー:

自動車向けアプリガイド【SBD調査レポート取扱開始のお知らせ】 - 12月02日(金)09:00 

株式会社データリソース(東京都港区)はSBD(Secured by Design Ltd)が出版した調査レポート「自動車向けアプリガイド」の最新版の販売を2022年11月30日に開始いたしました。最新版タイトル「自動車向けアプリガイド 2022年HY2版(Automotive App Guide 2022HY2)」レポート概要自動車業界はいま転換期にあり、車両はハードウェアではなく、使用/統合されているソフトウェアによって定義されるようになりつつあります。そのため、自動車業界と全体的なユーザーエクスペリエンス(UX)の2つの観点で自動車向けアプリの重要性が増しています。OEMやサードパーティデベロッパーが開発する自動車向けアプリは、家電製品と同じ機能や利便性を提供することを狙いとしています。SBDの提供する「自動車向けアプリガイド」レポートは、自動車向けアプリ市場に関する理解を深めることを目的とした、市場の動向を知るうえで必要なあらゆる情報を網羅した包括的な情報ガイドです。本書は、自動車向けアプリの最新動向と各地域におけるOEMやサードパーティプレーヤーの提供状況を分析し、得られた洞察に基づき今後の展望を示すものです。埋め込みアプリおよびモバイルアプリのエコシステムを詳細に分析し、従来型OEMと新興プレーヤーが提供する多彩なアプリをOEMグループ別にプロファイリングおよび比較します...more
カテゴリー:

中国における先進運転支援システムおよびそのベース技術普及の将来予測をまとめた最新レポート「ADASおよび自動運転車市場予測2022年 - 中国」をリリース - 12月01日(木)11:00 

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、この度中国市場における各種ADASシステムおよびそのベース技術の搭載率の将来予測をまとめたレポート「ADASおよび自動運転車市場予測 2022年 - 中国」を2022年11月25日に発行しました。OEM各社はADAS機能の車両への統合をさらに拡大し、生産を目的とした自動運転車のコンセプトを発表しています。自動運転車向けの技術開発を発表しているさまざまなサプライヤーやテクノロジー企業にも、その取り組みを推進する動きが見られます。こうした状況の中、自動運転レベル4の商業的な実現には、自動運転車を取り巻くガイドラインや法規制に加え、大規模に展開するうえで必要な消費者の信頼獲得など、多くの障壁があります。これらの要因から、OEMは最も高いレベルの自動化を実現させることから、より低いレベルの自動運転機能を提供することや独自のADASシステムの機能を拡大させることへと焦点を移してきました。本レポートは中国市場における各種ADASシステムおよびそのベース技術の搭載率の差異を地域レベルで検証し、OEM単位でのADASシステム別および技術別搭載率を分析したPDF/PPTファイルと、市場におけるADASの搭載率、販売量、ADAS機能、およびADASから得られる収益などのデータをま...more
カテゴリー:

自動車向けアプリの最新動向と各地域におけるOEMやサードパーティプレイヤーの提供状況を分析しまとめた「自動車向けアプリガイド 2022年HY2版」をリリース - 11月30日(水)11:00 

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、自動車向けアプリ市場の調査・分析を継続的に行っており、最新情報をまとめたレポート「自動車向けアプリガイド」を半期ごとに更新、その最新版を2022年11月25日に発行いたしました。自動車業界はいま転換期にあり、構成ハードウェアを中心とした自動車から、車で使用される/車に統合されたソフトウェアを中心に定義される自動車へと変化しています。そのため、自動車業界と全体的なユーザーエクスペリエンスの2つの観点で自動車向けアプリの重要性が増しています。OEMやサードパーティ開発者が開発する自動車向けアプリは、家電製品と同じ機能や利便性を提供することを狙いとしています。本書「自動車向けアプリガイド」は、自動車向けアプリ市場に関する理解を深めることを目的とした、市場の動向を知るうえで必要なあらゆる情報を網羅した包括的な情報ガイドです。本書は、自動車向けアプリの最新動向と各地域におけるOEMやサードパーティプレーヤーの提供状況を分析し、得られた洞察に基づき今後の展望を示すものです。埋め込みアプリおよびモバイルアプリのエコシステムを詳細に分析し、従来型OEMと新興プレーヤーが提供する多彩なアプリをOEMグループ別にプロファイリングおよび比較します。https://insight.s...more
カテゴリー:

トヨタ自動車のESG・サステナビリティの取り組みは?ESG格付けも - 11月29日(火)18:03 

大手機関投資家が投資対象の絞り込みをする際、ESGを考慮するようになり、企業も持続可能な社会のため、ESGなどを経営に取り入れるようになりました。その流れの中、多くの企業は、従来の財務データに加え、ESGの取り組み、目標など非財務データを加えた統合報告書を発行するようになりました。 企業のESGへの取り組みは、株価の形成に影響を与えるという論文も多く発表されています。そこで、各企業のサステナビリティやESGの取り組み、ESG格付けなどを解説していきます。初回はトヨタ自動車を取り上げました。 マネックス証券のウェブサイトを見る ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商銘柄への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 トヨタ自動車のサステナビリティ基本方針 トヨタ自動車のESGへの取り組み 2-1.環境(E:Environment) 2-2.社会(S:Social) 2-3.ガバナンス(G:Governance) トヨタ自動車のESG格付け まとめ 1 トヨタ自動車のサステナビリティ基本方針 トヨタ自動車は、サステナビリティに対する考え方やESGの取り組み方針を2020年から毎年公表しています。同社のサステナビリティの基本方針は、社会・地球の持続可能な発展への貢献です。それを実現するために、トヨタ...more
カテゴリー:

『バッテリー開発やエネルギー貯蔵技術』の最新市場動向に関する無料ウェビナーを、IDTechExが開催します。 - 12月02日(金)09:00 

IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)は、『電池、エネルギー貯蔵、水素の成長と課題』と題したウェビナーを、2022年12月7日(水)に開催します。この5年間で、バッテリーやエネルギー貯蔵の重要性がますます明らかになってきました。電気自動車業界は、新型コロナウイルス感染症や半導体不足、バッテリー用原料価格の上昇による逆風を受けながらも成長軌道を維持してきました。そのため、リチウムイオン業界への投資に衰えは見られません。そうしたなか、シリコン負極、負極のないセル設計、全固体電池、セル・ツー・パック構造の開発による性能の一段の向上が強く求められています。コスト削減に取り組むバッテリーメーカーや自動車メーカーにとって、リチウムイオン電池の価格も考慮すべき重要課題になりつつあります。例えば、バッテリーメーカーは、低コストなLFPやマンガン含有量の多い正極を採用し、よりコストのかかる高ニッケルNMC・NCAと置き換えようとしています。IDTechExがリチウムイオン電池の用途先として急成長すると予測する定置型セクターにとっても、エネルギー貯蔵コストの削減は重要な課題です。定置型エネルギー貯蔵セクターは、ナトリウムイオン電池、レドックスフロー電池といった別の貯蔵技術や、圧縮空気貯蔵、液化空気貯蔵といった非電気化学的選択肢の利用にも適しているでしょう。こうした技術は、資本コ...more
カテゴリー:

シェフラー、未来のモビリティをつくるイノベーションを日本へ - 12月01日(木)17:15 

「Energizing the Next Generation(次世代を動かす)」 をテーマに第12回シェフラーシンポジウムが日本で開催され、持続可能で効率的なモビリティのソリューションを披露 当シンポジウムでは、eモビリティ、エンジンおよびトランスミッションシステム、ベアリング、シャシーシステムにおけるシェフラーの革新的ソリューションに焦点 当シンポジウムは、ドイツ、米国、中国での姉妹イベントからなる世界規模の展示会   2022年12月1日|横浜|第12回シェフラーシンポジウムが、「シェフラーシンポジウムジャパン2022」として日本で開催され(日本では3度目の開催)、パワートレイン、シャシーシステム、新しいモビリティソリューション向けの革新的なコンポーネントとシステムに焦点を当て、効率性の向上と二酸化炭素排出の最小化を提案するソリューションの展示を行いました。シェフラーのオートモーティブ・テクノロジーズ事業部主催による4年に一度の当シンポジウムは常にイノベーション、お客様志向、モビリティの未来に向けた変革をテーマとしてきました。   シェフラージャパンの代表取締役マネージングディレクター田中昌一は、次のように述べています。「効率的で持続可能なモビリティの限界に挑戦し続ける当社の取り組みを紹介できることをうれしく思います。シェフラーシンポジウムの日本開催を通...more
カテゴリー:

7~9月 国内企業の経常利益の総額 この時期としては過去最大に - 12月01日(木)10:46 

財務省が発表した法人企業統計調査で、ことし7月から9月までの国内企業の経常利益の総額は、この時期としては過去最大となりました。自動車業界や宿泊などサービス業で利益が増加し、全体を押し上げた形です。
カテゴリー:

東芝テック/業務改善ソリューションセミナー、期間限定で再配信 - 11月30日(水)10:26 

東芝テックは、過去に開催して好評だったWebセミナー「先進技術が実現する自動車業界の自動化・効率化ソリューション」の見逃し配信を、12月16日までの期間限定で実施している。 セミナーは全6セッションで構成。自動車業界等で […] The post 東芝テック/業務改善ソリューションセミナー、期間限定で再配信 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

パナソニックのESG・サステナビリティの取り組みは?ESG格付けも - 11月29日(火)17:49 

多くの企業が、持続可能な社会のためにESG経営に取り組むようになりました。その一環として、従来の財務データに加え、ESGの取り組み、目標など非財務データを加えた統合報告書を発行するようになりました。 例えば日経BPは「第3回ESGブランド調査」の結果を2022年10月に発表。1位はトヨタ自動車で3年連続となりました。2位はスターバックス、3位がパナソニックです。パナソニックは前回の13位から3位に躍進しました。 そこで今回は、ESGブランド調査で大きな躍進をとげたパナソニックのサステナビリティやESGの取り組み、ESG格付けなどを解説します。 マネックス証券のウェブサイトを見る ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定銘柄への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 ※2022年10月31日時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は、ご自身でもご確認をお願い致します。 目次 パナソニックのサステナビリティ基本方針 パナソニックのESGへの取り組み 2-1.環境(E:Environment)への取り組み 2-2.長期目標 2-3.中期目標(2024年目標・2030年目標) 2-4.2021年度の実績 2-5.社会(S:Social)への取り組み 2-6.ガバナンス(G:Governance)への取り組...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる