「新車販売」とは?

関連ニュース

新車販売が10カ月ぶり前年割れ 半導体不足で 7月 - 08月02日(月)18:00 

 7月に国内で売れた新車は、前年同月より4・8%少ない37万7448台で、10カ月ぶりに前年水準を下回った。コロナ禍のなか感染を避けようと車の人気が高まっていたが、半導体の不足で生産が遅れ、販売にも影…
カテゴリー:

7月国内新車販売数 去年同月比4%余減 半導体不足やコロナ影響 - 08月02日(月)16:55 

7月、国内で販売された新車の台数は、37万台余りで、去年の同じ月を4%余り下回りました。世界的な半導体不足に加え、新型コロナウイルスの感染が東南アジアで急拡大し、部品の調達できない工場が止まるなど、車の供給面に影響が出ました。
カテゴリー:

カローラクロス、発売日は9月14日?ヤリスクロスとRAV4の中間サイズで“鬼に金棒”のトヨタ - 07月29日(木)05:50 

いつも話を聞いている新車販売事情通によると、トヨタ自動車「カローラクロス」の発売は、半導体供給不足などの問題もあるので、あくまで予定となるが、9月14日とのこと。ちなみに、生産開始は8月30日が予定されているそうだ。昨年7月にタイでワールドデビューして以来、メディアではたびたび国...
カテゴリー:

水素ステーション整備・運営費補助を拡充 - 07月27日(火)17:03 

東京都は、2050年CO2排出実質ゼロに向けた「ゼロエミッション東京」の実現に向け、都内で新車販売される乗用車を2030年までに100%非ガソリン化することを目指しています。このたび、水素ステーションの整備・運営のための補助メニューを拡充するとともに、ガソリンスタンド等の環境に配慮したマルチエネルギーステーション化に向けた支援を図っていきますので、お知らせします。
カテゴリー:

6月の佐賀県内新車販売0・1%増 半導体不足影響、伸び率鈍化 - 07月26日(月)19:20 

佐賀県内の6月の新車販売台数(登録車と軽自動車)は、前年同月比0・1%増の2535台だった。世界的な半導体不足の影響で伸び率は鈍化したが、増加は7カ月連続。軽自動車は9カ月ぶりに前年同月比マイナスに転じた。 一昨年の同じ月と比べると21・2%減だった。登録車は前年同月比2・6%増の1247台。メーカー別にみると、日産が26・5%増加した一方で、トヨタは5・4%減、ホンダは13・1%減、マツダは20・9%減で推移した。軽自動車は前年同月と比べて2・2%減の1288台で、9カ月ぶりの減少となった。
カテゴリー:

7月国内新車販売数 去年同月比4%余減 半導体不足.. - 08月02日(月)16:56 

7月国内新車販売数 去年同月比4%余減 半導体不足やコロナ影響 #nhk_news
カテゴリー:

欧州のEV比率、5カ国で1割超え 1~6月新車販売 - 08月02日(月)08:23  newsplus

【フランクフルト=深尾幸生】欧州新車販売で電動化の勢いが止まらない。欧州自動車工業会(ACEA)が発表した主要18カ国の2021年1~6月の新車販売に占める電気自動車(EV)のシェアは8.2%と、前年同期に比べ3.5ポイント上昇した。購入補助金などの優遇策に加え、各社が品ぞろえを増やしているためだ。シェア1割を超えた国は前年同期の2カ国から5カ国に増え、ガソリン車の退潮に拍車がかかっている。...(以下有料版で,残り1375文字) NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞 2021年8月2日 2:00 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR23...
»続きを読む
カテゴリー:

三菱自動車、最終利益60億円で2年ぶり黒字 4~6月期 - 07月27日(火)19:51 

 三菱自動車が27日発表した令和3年4~6月期連結決算は、最終損益が60億円の黒字(前年同期は1761億円の赤字)だった。これまで実施した構造改革でコスト削減が進み、4~6月期として2年ぶりに黒字を確保。前年は新型コロナウイルス禍で落ち込んだ新車販売も一定程度回復したが、主力の東南アジア市場では感染が再拡大するなど厳しい経営環境が続いている。
カテゴリー:

車必須の田舎のガソリンは160円台、車いらない都会のガソリンは150円台 - 07月27日(火)07:33  poverty

EU、35年にガソリン車販売禁止 50年排出ゼロへ包括案 欧州連合(EU)の欧州委員会は14日、温暖化ガスの大幅削減に向けた包括案を公表した。 ハイブリッド車を含むガソリン車など内燃機関車の新車販売について2035年に事実上禁止する方針を打ち出した。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR13DST0T10C21A7000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【車】ホンダ社長「エンジンの時代は終わる。守りの姿勢では生き残れない」 新たなビジネスモデル構築に意欲 ★2 - 07月26日(月)13:49  newsplus

新車のガソリン車をゼロにする目標を国内の自動車メーカーの中で初めて掲げたホンダ。 日経ビジネスなどのインタビューに応じた三部敏宏社長は「電動化を新しいモビリティー産業と捉えれば、歓迎すべき環境だ」と自信を見せた。 「エンジニアもぼちぼちエンジンの終焉(しゅうえん)を迎えると分かっていた。その時期が早まり、いよいよきたか、と」 長年にわたりエンジン開発に携わってきた三部社長。 自身が掲げた「2040年に新車のガソリン車をゼロにする」という目標について聞かれると、エンジニア視点でも納得できるものであ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる