「稽古場」とは?

関連ニュース

舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」のソロビジュアルとキャストコメントが公開 - 01月18日(金)20:09 

夢王国と眠れる100人の王子様 夢王国と眠れる100人の王子様配信元エイベックス・ピクチャーズ配信日2019/01/18<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>開演直前!! 1/31(木)より上演舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」最新情報解禁+稽古場の王子達からコメント到着!!新情報(1) キャラクターソロビジュアル解禁+キャストコメント到着!新情報(2) 来場…
カテゴリー:

稀勢の里「・・・ウだ」 記者「は?」 稀勢の里「俺はラオウだ」 記者「は??」 - 01月17日(木)20:07  news

稀勢の里 胸に貫いた「ラオウへの憧れ」 「我が土俵人生に一片の悔いなし」 “孤高の正々堂々”を貫いた横綱・稀勢の里が、土俵人生に幕を下ろした。 ラオウへの傾倒は、2011年11月7日に59歳で急逝した先代の鳴戸親方(元横綱・隆の里)の影響だった。 稽古場から日常生活に至るまで、常に「他の部屋の力士となれ合うな」「力士は孤独であれ」と叩き込まれてきた。  その教えが、『北斗の拳』で孤高を貫き、強さを誇示するラオウへの憧れに拍車をかけた。 横綱昇進時には三つ揃いの化粧回しを『北斗の拳』のキャラクターで...
»続きを読む
カテゴリー:

【相撲】稀勢の里、朝青龍らに感謝「モンゴルの横綱のおかげ」で成長 引退会見 - 01月16日(水)17:28  mnewsplus

1/16(水) 17:18配信  大相撲の横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が16日、都内で引退会見を開いた。若手時代に鍛えられた元横綱朝青龍(ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏)の名を挙げ、「横綱朝青龍関をはじめ、モンゴルの横綱のおかげだと思っています」と感謝した。以下、一問一答の要旨【その2】。  -先代の師匠(元横綱隆の里)の教えで心に残っていることは。  「そうですね…。稽古場というものは非常に大事に先代はしていましたので。稽古場というものを、今後、次世代の力士に、(その)大事さを教えていきたいです」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

乃木坂中村麗乃「楽しい舞台に」逆転裁判公開稽古 - 01月16日(水)13:39 

舞台「逆転裁判」(21日まで)の初日前公開稽古が16日、東京・北千住の1010シアターで行われた。人気ゲームの舞台化。綾里真宵役の乃木坂46中村麗乃(17)は「稽古場に(乃木坂の)メンバーが誰もいなくて、最初は緊張していましたが、みんな…
カテゴリー:

身長206センチのワイが来たけど質問ある? 満員電車乗ると胸チラ見放題だよ - 01月11日(金)08:24  poverty

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12199-143309/ 高身長元タカラジェンヌの苦労 身長を“逆サバ” 元宝塚歌劇団雪組トップスターの壮一帆が、宝塚歌劇団OGを始めエンターテイメント業界で活躍するゲストと多彩なトークをお届けする番組「壮一帆 気分SO快!」。 新放送サービスi-dioのチャンネル「TS ONE」でお届けしています。12月1週目のゲストは、元宝塚歌劇団宙組男役スターの悠未ひろさんです。今回は東京・銀座4丁目にある「nu dish Deli & Cafe」内のGINZA 4 STUDIOでの公開収録の模様をお送りしました。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍総理、中井貴一と一緒にしゃぶしゃぶを食う - 01月17日(木)23:01  news

午後5時34分、官邸発。 午後5時43分、東京・二番町の表千家東京稽古場着。 昭恵夫人、母親の洋子さん、岸信夫自民党衆院議員、斎藤十朗元参院議長らとともに初釜に出席。 午後6時18分、同所発。 午後6時32分、東京・六本木の日本料理店「しゃぶ禅 六本木店」着。俳優の中井貴一さんらと会食。 午後9時42分、同所発。 午後9時57分、私邸着。(2019/01/17-22:09) https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011700334&g=pol ...
»続きを読む
カテゴリー:

「稽古場が僕を強くしてくれた」稀勢の里一問一答 - 01月16日(水)19:47 

 横綱・稀勢の里の引退記者会見での一問一答は以下の通り。  ――心に残っているのは。  ◆やはり稽古(けいこ)場が僕を強くしてくれた。稽古場の思い出は今でも覚えている。
カテゴリー:

稀勢の里引退会見 引退に涙も「土俵人生に悔いなし」 - 01月16日(水)16:56 

 --今の心境は 「横綱として皆様の期待に沿えず、非常に悔いが残るが、私の土俵人生において一片の悔いもございません」 --現役に別れを告げる思いは 「たくさんの人に支えられ、一人一人の顔を思い出し、感謝の思いです」 --昨日の取り組みを終えて、引退を決意するまでの心の動きは 「やりきったという気持ちが最初に出た」 --17年の土俵人生を振り返って 「色々な人に支えられ、1人ではここまで来られなかった。感謝の気持ちでいっぱいです」 --心に残っていることは 「ありすぎて、なかなか思い出せないが、稽古場が僕を強くしてくれた」 --(途中休場した九州場所の後に)横綱審議委員会から「激励」の決議を受けて、どんな思いで臨んだか 「覚悟を持って、場所前からすごく稽古をした。自分の中では良い稽古をしていて、その結果、初日から3連敗した。自分の中では一片の悔いもありません」 --体の調子は 「自分の中では一番良い動きをしていたので、自信を持って臨んだ」 --左胸のけがの回復具合は 「自分の相撲が取れなくなっている。けがの前の自分に戻ることができなかった」 --横綱の地位はどういうものか 「自分自身を変えてくれました」 --土俵人生で貫いた信念は 「絶対に逃げない。その気持ちです」 
カテゴリー:

むつ市の奥内歌舞伎、1月20日に新春公演 - 01月13日(日)11:00 

地域に長く伝わる歌舞伎を継承している青森県むつ市の奥内歌舞伎保存会(井田昌則会長)は20日、第22回新春公演を行う。「子ども歌舞伎」に出演する奥内小学校1~6年生の児童たちは「本番を成功させたい」と、冬休みの間も懸命に稽古を重ねている。本番の会場で、稽古場にしている同小多目的活動室には10日、おなじみの演目「白浪五人男」に出演する10人と、「三番叟(さんばそう)」の舞い手2人の児童が集合した。五人男を演じる男女の児童たちは、「志ら浪」と書かれた傘を手に、次々と名乗りを上げる「稲瀬川勢揃(せいぞ…
カテゴリー:

あきた舞妓ら新年のあいさつ、秋田市で川反芸者と - 01月07日(月)22:00 

 あきた舞妓(まいこ)を通して地域の活性化を目指す「せん」(水野千夏代表)に所属する舞妓3人と、川反芸者2人が7日、秋田市大町の料亭や稽古場、楽器店など7カ所を訪れ、仕事始めに合わせた新年のあいさつを…
カテゴリー:

もっと見る

「稽古場」の画像

もっと見る

「稽古場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる