「直木賞」とは?

関連ニュース

超人気マンガ「響~小説家になる方法~」が完結。5年の連載に幕 - 10月14日(月)13:57  poverty

響~小説家になる方法~:5年の連載に幕 欅坂46平手友梨奈主演の映画も話題に 2019年10月11日 アイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さん主演で実写映画化されたことも話題のマンガ「響~小説家になる方法~」が、10月11日発売の連載誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)21号で最終回を迎え、約5年の連載に幕を下ろした。 同作は、柳本光晴さんのマンガで、圧倒的な文才を持った現役女子高生の鮎喰響が、デビュー小説で芥川賞と直木賞を同時受賞し、世間を騒然とさせる……というストーリー。「マンガ大賞2017」で大賞に...
»続きを読む
カテゴリー:

ピース又吉、村上春樹氏ノーベル文学賞逃すも…「何かが損なわれることはない」 - 10月11日(金)07:40 

2015年に小説「火花」で直木賞を受賞したお笑いコンビ、ピースの又吉直樹(39)が10日、東京・神田神保町の出版クラブホールで最新刊「人間」(毎日新聞出版)の会…
カテゴリー:

【芸能】ビートたけし、新作映画撮る意向示す 実現なら独立以降初 - 10月09日(水)08:28  mnewsplus

タレントのビートたけし(72)が、新たに映画を監督する意向を示した。 8日、千葉県木更津市で行われたゴルフコンペで、報道陣に今後の展望を語ったもの。 実現すれば昨年3月に「オフィス北野」を退社し、独立して以降は初となる。 「北野武」名義で国際映画祭の常連となったが、独立に伴い映画ビジネスのノウハウを持っていたオフィス北野の森昌行前社長(66)と離れたことで監督業の行方が注目されていた。 たけしは独立や、6月の幹子前夫人(68)との離婚など波乱の一年を振り返り「今年はろくなことがなかった」と話しつつ、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

松山市応援特別団員に作家・天童荒太さん任命 「言葉や文化を体現」 - 10月07日(月)11:24 

 松山市は6日、同市出身の直木賞作家、天童荒太さんを同市をPRする「いい、加減。まつやま」応援団の特別団員に任命した。同日、天童さんの最新作・小説「巡礼の家」の舞台が松山・道後であることにちなみ、小説にも登場する道後温泉本館前で任命式が行われた。【遠藤龍】
カテゴリー:

松坂桃李×恩田陸、受賞の流れが『蜜蜂と遠雷』に集結!? 映画化で初対談 - 10月06日(日)09:00 

直木賞・本屋大賞を史上初めてW受賞した『蜜蜂と遠雷』が実写映画化され、現在公開中だ。今回は、原作者・恩田陸と、高島明石を演じた松坂桃李にインタビュー。原作者と俳優、それぞれの視点から見た同作の魅力や、表現者として向き合う"賞"について話を聞いた。
カテゴリー:

“新入社員”SKE大場美奈、初主演舞台「ハケンアニメ!」に自信 - 10月13日(日)07:57 

アイドルグループ、SKE48の大場美奈(27)が初主演する舞台「ハケンアニメ!」が12日、大阪市中央区のクールジャパンパーク大阪で開幕した。直木賞作家、辻村深月…
カテゴリー:

SKE48大場美奈、舞台初主演「食べる寝る以外は舞台のことしか考えてない。それぐらい懸けています」 - 10月11日(金)06:30 

SKE48の大場美奈が、直木賞作家・辻村深月原作「ハケンアニメ!」で舞台に初主演する。10月12日(土)から16日(水)に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール、10月31日(木)から11月14日(木)に東京・紀伊國屋・・・
カテゴリー:

松岡茉優&松坂桃李が明かす、役へと導くアプローチ法 - 10月07日(月)14:00 

史上初の快挙となる「直木賞」(第156回)と「本屋大賞」(2017年)をダブル受賞した恩田陸氏の小説を映画化した「蜜蜂と遠雷」(監督・石川慶、10月4日公開)は、天才たちが集う国際ピアノコンクー...
カテゴリー:

コンクール会場にいるかのような感覚/蜜蜂と遠雷(日) - 10月06日(日)10:00 

17年に直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸氏のベストセラー小説「蜜蜂と遠雷」を実写化。境遇もタイプも異なる4人のピアニストが若手の登竜門「芳ケ江国際ピアノコンクール」に出場し、刺激し合い、成長していく姿を描く。 恩田氏は「浜松国際ピ…
カテゴリー:

「キスシーンで劇場から悲鳴が…」人気アイドルが驚きの様子を語る - 写真・角戸菜摘(ティーラドン・スパパンピンヨー、チャープラン・アーリークン) | ananweb - マガジンハウス - 10月04日(金)20:40 

いまやエンタメ業界においても、多く見られるようになった「逆輸入」のフレーズ。そんななか今回ご紹介するのは、直木賞作家・森絵都さんの「カラフル」をタイで映画化した“逆輸入映画”ともいえる話題作『ホームステイ ボクと僕の100日間』です。そこで、主演を務めたこちらの方々にお話をうかがってきました。写真・角戸菜摘(ティーラドン・スパパンピンヨー、チャープラン・アーリークン)チャープランさん&スパパンピンヨーさん!【映画、ときどき私】 vol. 264本作は、死んだはずの“ボク”の魂が自殺した高校生のミンに“ホームステイ”し、ミンの自殺の原因を100日間以内に見つけ出さなければいけないというストーリー。今回、ティーラドン・スパパンピンヨーさん(写真・右)は、ボクであり、ミンでもある青年を演じています。タイでは俳優として高い人気を誇っていますが、ジェームズという愛称で歌手活動も始めたばかりという若手の注目株です(以下、ご本人の希望でジェームズさんとお呼びします)。そして、ミンが想いを寄せる優等生のパイを演じるのは、アイドルグループ「BNK48」でキャプテンを務め、第1回BNK48選抜総選挙で大差をつけて1位を獲得したチャープラン・アーリークンさん(写真・左)。アイドルとして活躍するだけでなく、タイ最難関の国立大学で化学を学び、研究助手として論文を共同発表する頭脳を持つまさに才色兼備の女子です...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「直木賞」の画像

もっと見る

「直木賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる