「芥川賞」とは?

関連ニュース

【芥川賞作家】#平野啓一郎氏 「半沢直樹」に快哉を叫ぶ人々にツイート - 09月28日(月)21:29  mnewsplus

9/28(月) 19:23 デイリースポーツ 平野啓一郎氏 「半沢直樹」に快哉を叫ぶ人々にツイート  平野啓一郎氏  芥川賞作家の平野啓一郎氏が27日にツイッターに投稿。TBSドラマ「半沢直樹」が同日に最終話の放送を終え、ネット上などで盛り上がっていることに冷静な視点で触れた。  平野氏は「半沢直樹に快哉を叫んで、戦後最悪の腐敗政権を『継承する』と宣う現実の政治を歓迎してるんじゃ、世話ないわ。。。」となかばあきれたように投稿した。  ドラマでは、柄本明演じる進政党の箕部幹事長が立場を利用して私腹を肥や...
»続きを読む
カテゴリー:

【書評】もはや脅迫。太宰治が借金依頼状に書いた「死にます」 - 09月24日(木)18:20 

文学史にその名を残す名文家たちは、言い訳や謝罪に関しても独特の才能を発揮していたようです。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介しているのは、『文豪たちのずるい謝罪文』というそのままズバリのタイトルがつけられた書籍。ある意味「代表作」に負けず劣らぬ、太宰治がしたためた借金依頼状も取り上げられています。 偏屈BOOK案内:山口謡司『文豪たちのずるい謝罪文』 『文豪たちのずるい謝罪文』 山口謡司 著/宝島社 帯がうまい。「『先生!それはないでしょう!?』借金、浮気、締め切りの言い訳に文豪の名文が冴える!」。 第1章:金!金をくれ! 第2章:〆切から逃げろ! 第3章:文豪VS文豪 第4章:不倫の言い訳 第5章:死ぬ理屈 という構成である。著者は大東文化大学文学部教授、専門は書誌学、音韻学、文献学。 原稿料前借りの常習犯ともいうべきなのが、あの文豪、太宰治。この本で公開された借金の依頼状が、あまりに情けなすぎてガックリくる。本人もまさか後世で公開されるとは思っていなかっただろう。わたしは太宰は数作読んで投げ出したから、こんな裏事情を読んでも、フン、恥知らずな男だねえとしか思わないが、本当の太宰の姿を知った太宰ファンは、そうとう落胆するに違いない。 著者はその前借り依頼状の、言葉遊びをみごとだと評する。「その二百円ではうばうの不義理支...more
カテゴリー:

高橋源一郎さんが「これ、絶対、芥川賞候補にする.. - 09月14日(月)17:00 

高橋源一郎さんが「これ、絶対、芥川賞候補にするべきでしょ」とうなる滝沢カレンさんの料理のレシピ本。どこかで読んだ覚えがあると思ったといいます。
カテゴリー:

遠野遥、デビュー2作めで芥川賞 女2人男1人の三角関係で驚愕のラスト! | ananweb - マガジンハウス - 09月09日(水)19:30 

「事務局からかかってきた電話の声が暗かったので、最初は『やっぱり落ちたんだな』と。受賞が、すぐにはピンとこなかったです」。デビュー2作めの「破局」で、芥川賞を射止めた遠野遥さん。20代での受賞は、2015年上半期、第153回芥川賞受賞者のひとりだった羽田圭介さん以来となる。好感度といびつさを併せ持つ主人公。独特な語りに搦めとられて一気読み。高校ラグビー部OBとして熱心にコーチをする傍ら、公務員試験の勉強に励む、大学4年生の陽介。恋人の麻衣子は政治家志望で、〈将来のためという理由で〉私生活や陽介のことは二の次。関係がぎくしゃくしているところに、陽介に好意を持つ灯が積極的に接近してきて…。緊張感のある三角関係が、陽介の考え方や生活などを浸食していく。「書いていて、特に麻衣子と灯には驚かされましたね。このふたりの女性が計算外に勝手に突っ走ってくれたというか、僕の手の届かない、コントロールできないところでやったり言ったりしてくれたことが物語を動かした。むしろ、作者である僕がやっとついていく感じでした」陽介は視点人物でもある。彼が見たものや思ったことの内面描写を軸に物語は進むが、その妙に冷めた語りに瞠目した読者も多かった。たとえば、陽介が灯に、衣服越しに鍛えた大胸筋を触らせるシーンでは、〈灯は嬉しそうに笑い、それを見た私も嬉しかったか?〉と自問自答。表向きは、女性への気配りもできる高スペック...more
カテゴリー:

青森県内観光に助言期待 県が作家ら招きツアー - 09月26日(土)10:08 

県は26、27の両日、青森県の観光需要回復に向け、情報発信力がある「青森ファン」のインフルエンサーを県内に招きツアーを実施する。ツアーを通し、観光の在り方やPR方法に関するアドバイスを受ける。参加するのは、ノンフィクション作家の吉永みち子さん(70)、芥川賞作家の大岡玲さん(61)、青森市出身で紀行作家の山内史子さん(54)。一行は26日に深浦町の十二湖、27日に八戸市の種差海岸などを巡る予定。25日、3人は県庁を訪ね、三村申吾知事と懇談した。大岡さんは「ねぶたがなくなって残念だった」と落胆。…
カテゴリー:

「平成を背負って立つつもりない。目指す作家はいない」29歳芥川賞作家の素顔。『進撃の巨人』と小説の共通点とは - 09月24日(木)05:30 

平成生まれ初の芥川賞作家・遠野遥さん。今、最も注目される作家のひとりである29歳の素顔とは?
カテゴリー:

阿波しらさぎ文学賞記念トーク 大賞受賞作に「衝撃」 芥川賞作家らが絶賛 - 09月13日(日)05:00 

全国公募の掌編小説コンクール「第3回阿波しらさぎ文学賞」(…
カテゴリー:

【ぴいぷる】はみ出す世界観…純文学の枠に収まりきらない作風 作家・藤野可織 - 09月09日(水)06:30 

 「作家になろうと思ったのはいつ頃か? もの心が付く前から物語を書く人になろう。なれるはず。そう信じていました」 7年前に芥川賞を受賞。コンスタントに新作を発表し続ける売れっ子作家は笑顔でこう振り返る。
カテゴリー:

「芥川賞」の画像

もっと見る

「芥川賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる