「芥川賞」とは?

関連ニュース

沖縄タイムスと琉球新報「インターネット上のデマ・フェイクを沖縄の若者が信じている」 →具体的な若者の姿はほとんど出てこなかった - 01月25日(土)14:25  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/byline/yonahasatoko/20200125-00159434/  アメリカ大統領選挙が行われた2016年以降、沖縄の地元紙2紙である沖縄タイムスと琉球新報は、インターネット上のデマ・フェイクを沖縄の若者が信じている記事で指摘してきた。しかし、筆者が調査したところ、沖縄県知事選の投開票日の2018年9月30日まで、具体的な若者の姿はほとんど出てこなかった。フェイクニュースと若者を結びつける新聞言説はどのように広がっていったのか。 記事データベースから321件を抽出 筆者は、全国紙・地方紙の過去...
»続きを読む
カテゴリー:

芥川賞選考委員の宮本輝さんが辞任 直木賞では宮城谷昌光さんが退く - 01月22日(水)17:44 

 芥川賞・直木賞を主催する日本文学振興会は22日、芥川賞選考委員の作家、宮本輝さん(72)と、直木賞選考委員の作家、宮城谷昌光さん(74)の退任を発表した。
カテゴリー:

季刊『邪馬台国』 所在地論争を特集 創刊40周年記念 - 01月21日(火)10:15 

福岡市の梓書院が発行する季刊『邪馬台国』が創刊40周年を迎え、最新の第137号は邪馬台国論争を特集する。初代編集長で芥川賞作家の野呂邦暢氏が掲げた「専門家とアマチュア研究家の架け橋に」という理念どおり、古代史最大の謎に挑む多彩な顔ぶれが最新の論考や持論を展開している。 九州説と畿内説に分かれて江戸時代から続く邪馬台国論争。編集部は平成以降30年間で論争の行方に多大な影響を及ぼした遺跡として、吉野ケ里遺跡と奈良・纒向(まきむく)遺跡を挙げる。
カテゴリー:

芥川賞作家の町田町蔵が禁酒。「酒を止めてから草が生えたとか、雨の匂いとかに喜んだりするようになってきた」 - 01月19日(日)11:37  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/sii_new.gif 町田:脳の働きがスムーズになった気がします。毎日酒を飲んでいた頃は、飲んでない時間でも思考がいくらか寸断されていた気がするんですが、 今は、例えば文章を書いていて思いつくことや、本を読んで理解できることの領域が広がったり、深くなったんですね。思いつきや理解が線的ではなく、立体化したというか。 町田:酒を飲むと、楽しみや幸福感が底上げされるんですよ。同時に、「向き合う」ということがなくなります。 酒を飲むという義務がなくなると、それらが雑事ではなくなってき...
»続きを読む
カテゴリー:

「まったく想像できなかった」古川真人さんが大学中退から6年後に、“島の物語”で芥川賞作家になるまで - 01月18日(土)14:00 

 気負わず飾らぬ人、のようだ。 既報の通り、第162回芥川賞を受賞した古川真人さんである。1月15日夜の受賞会見に臨んだあと、会場のホテル内で選考委員らと顔合わせ。シャンパンで乾杯するとほどなく、近隣で…
カテゴリー:

#宮本輝さん が #芥川賞 選考委員を、#宮城谷昌光.. - 01月22日(水)17:50 

#宮本輝さん が #芥川賞 選考委員を、#宮城谷昌光さん が #直木賞 選考委員を退任しました。
カテゴリー:

宮本輝氏と宮城谷昌光氏、芥川賞・直木賞選考委員.. - 01月22日(水)16:00 

宮本輝氏と宮城谷昌光氏、芥川賞・直木賞選考委員退任へ 
カテゴリー:

田中裕子、蒼井優と2人1役! 沖田修一監督「おらおらでひとりいぐも」で初共演が実現 - 01月20日(月)07:00 

第54回文藝賞、第158回芥川賞をダブル受賞した若竹千佐子氏の小説「おらおらでひとりいぐも」が、沖田修一監督のメガホンで実写映画化されることが決定。田中裕子が「いつか読書する日」以来、15年ぶり...
カテゴリー:

古市憲寿さん、千葉雅也さん… 小説執筆に挑む、異分野の学者たち - 01月18日(土)17:00 

 15日に選考会が開かれた第162回芥川賞では、立命館大准教授で哲学者の千葉雅也さん(41)が初めて発表した小説で候補入りし、話題になった。今、文学界では、文学研究者ではない他分野の学者が小説を発表し、賞レースにも絡む例が増えている。なぜ学者たちは小説での表現に向かうのだろうか?【大原一城、須藤唯哉
カテゴリー:

古市憲寿さん新作「奈落」 芥川賞落選への「僕なりの返信」 - 01月17日(金)14:38 

 「創作とは何か、僕なりの考えを書いたつもり。それなりの自信作だと思っています」。社会学者の古市憲寿(のりとし)さん(34)の3冊目の小説「奈落」(新潮社)でつづられているのは、意識はあるが体は動かず、意思疎通ができなくなった女性の「叫び」だ。重く、読者の心に訴えかける物語を読めば、テレビで見る「空気を読まないコメンテーター」のイメージがひっくり返るかもしれない。昨年、芥川賞の選考委員らから厳しい批判を受けた古市さん。なぜ小説を書き続けるのか。メンタルの強さはどこからくるのか-を尋ねた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「芥川賞」の画像

もっと見る

「芥川賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる