「芥川賞」とは?

関連ニュース

古市憲寿氏、芥川賞「まただめだった!!!」ワケ 推す選考委員も「なかなか援護がなかった…」 - 07月20日(土)21:33 

 「ちーーーん。」「まただめだった!!!」第161回芥川賞で、前回に続きあえなく受賞を逃した社会学者の古市憲寿氏(34)はツイッターで無念さをあらわにした。2回連続で候補入りし、今回は古市氏を推す選考委員もいたというが、なぜ落選したのか。
カテゴリー:

直木賞、史上初の候補者“全員女性”。受賞した大島真寿美さんの「たまたまそうだった」が意味するもの - 07月20日(土)11:00 

新進・中堅作家によるエンタテインメント作品の単行本から、最も優秀な作品に贈られる直木三十五賞。1935年の創設以来、戦後の一時中断を除き、毎年1月と7月の2回実施されている。7月17日に選考会が開かれた第161回では、候補者6人全員が女性となり、芥川賞含め、賞創設84年の歴史で初の事象にメディアは沸いた。6人の候補から、直木賞受賞を果たしたのは大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び(いもせやまおんなていきん たまむすび)』だった。1992年に作家デビューした大島にとって初となる時代小説で、江戸時代の大阪・道頓堀で人形浄瑠璃に身も心も捧げた男・近松半二の生涯が描かれる。選考委員からは「いつの間にか読者を渦のなかに引き込んでしまう、なだらかな大阪弁の軽妙な語り口がすばらしい」と評された『渦~』。それに対し、大島さんは受賞者会見で「あまり苦労しないで書けちゃったんですけど…。完全に関西弁にしちゃうと読みにくくなるので、そのバランスだけは気をつけました。間違ってると校閲の人が直してくれますし」と、おおらかな人柄がにじみ出る感想をもらした。「受賞の実感がわかない」と何度も口にした大島さんが直木賞の候補に挙がったのは、2014年の第152回以来2回目。それ以降、今回の161回に至るまでの過去5年を振り返ると、受賞者10人のうち男性の受賞者は6人で女性の受賞者は4人、候補者総...more
カテゴリー:

芥川賞・直木賞作品発表 受賞の2人が記者会見  - 07月18日(木)06:31 

芥川賞・直木賞作品発表 受賞の2人が記者会見 
カテゴリー:

第161回 芥川・直木賞の選考会が開かれ、#芥川賞 .. - 07月18日(木)05:20 

第161回 芥川・直木賞の選考会が開かれ、#芥川賞 には #今村夏子 さんの「むらさきのスカートの女」が選ばれました。#直木賞 では、#大島真寿美 さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」が受賞を決めました。 写真特集→
カテゴリー:

古市憲寿氏「まただめだった」 - 07月18日(木)00:40 

第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」に決...
カテゴリー:

古市憲寿氏、芥川賞「まただめだった!!!」ワケ 推す選考委員も「なかなか援護がなかった…」 - 07月20日(土)15:00 

 「ちーーーん。」「まただめだった!!!」第161回芥川賞で、前回に続きあえなく受賞を逃した社会学者の古市憲寿氏(34)はツイッターで無念さをあらわにした。2回連続で候補入りし、今回は古市氏を推す選考委員もいたというが、なぜ落選したのか。
カテゴリー:

芥川、直木賞はいずれも女性作家が受賞 古市憲寿さんは落選「まただめだった!」 - 07月18日(木)15:30 

 第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)が17日、発表された。80年超の歴史で初めて全候補者が女性だった直木賞に大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結(いもせやまおんなていきんたまむす)び」(文芸春秋)、芥川賞も今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」(「小説トリッパー」春号)が選ばれ、両賞とも女性作家が受賞した。
カテゴリー:

芥川賞・直木賞、受賞作品決まる - 07月18日(木)06:08 

 第161回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まり、受賞者が喜びを語りました。  芥川賞は、今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」に決まりました。この作品は、近所に住む「むらさきのスカートの女」はいったい何者なのか。他人の生活を観察し続ける主人公の日常を描いた物語です。今村さんは、芥川賞3回目のノミネートでの受賞となりました。 「書くのはつらいし嫌だと思うときの方が多いが、やっぱり楽しい」(今村夏子さん)  一方、直木賞に決まったのは、大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」です。江戸時代の大阪・道頓堀が舞台で、人形浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いた作品です。大島さんは、直木賞2回目のノミネートでの受賞となりました。 「文楽は本当にすばらしい芸術だと思う。次の世代に残していかなければならない。(この本が)それを広報する手助けができたらいい」(大島真寿美さん)  賞の贈呈式は、来月、都内で行われる予定です。(18日02:08)
カテゴリー:

芥川賞・直木賞 ともに女性作家の作品 受賞の2人.. - 07月18日(木)00:46 

芥川賞・直木賞 ともに女性作家の作品 受賞の2人が会見 
カテゴリー:

芥川賞・今村夏子さん「自分らしいものが書けたな」 - 07月17日(水)21:52 

 「むらさきのスカートの女」(「小説トリッパー」春号)で第161回芥川龍之介賞を射止めた今村夏子さん(39)は“3度目の正直”での受賞。17日夜、帝国ホテル(東京都千代田区)で行われた記者会見には、むらさきならぬ、ベージュのシャツワンピースに黒のカーディガンを羽織って登場。やや緊張した面持ちながら、飄々(ひょうひょう)と記者らの質問に応じた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「芥川賞」の画像

もっと見る

「芥川賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる