「芥川賞」とは?

関連ニュース

第3回仙台短編文学賞 応募477編、来春結果発表 - 11月19日(火)06:05 

仙台市の出版社「荒蝦夷(あらえみし)」とプレスアート、河北新報社の3者でつくる仙台短編文学賞実行委員会は18日、第3回公募に477編が集まったと発表した。前回を153編上回った。選考委員の芥川賞作家柳
カテゴリー:

「人から愛されたかった」太宰談義に花 - 11月16日(土)21:15 

青森県五所川原市金木町出身の作家・太宰治の生誕110周年を記念し、芥川賞作家・大岡玲さんらによるトークセッションが16日、太宰の生家「斜陽館」で行われた。テーマは「太宰と酒と津軽衆」。来場した約30人は、ハイボールを飲みながら太宰談義に聞き入った。津軽鉄道ハイボール列車実行委員会が主催した。大岡さんのほか、青森市出身で紀行作家の山内史子さん、斜陽館の伊藤一弘館長が参加した。大岡さんは「太宰という人は、人を笑わせて、人から愛されたかったのではないか」「人間ってどこか切なくて痛々しい。それが如実に…
カテゴリー:

福山雅治「伸びた爪も楽器」クラシックギタリスト役 - 11月13日(水)19:38 

俳優福山雅治(50)が13日、都内で、主演映画「マチネの終わりに」(西谷弘監督)公開記念舞台あいさつに出席した。 同作は東京、パリ、ニューヨークを舞台に、音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家平野啓一郎氏の同名ベストセラー小…
カテゴリー:

太宰治生誕110年記念秋のイベント - 11月08日(金)12:30 

作家・太宰治の生誕110年を記念した秋のイベントが16日から、地元五所川原市金木町などで相次いで開かれる。同日は芥川賞作家大岡玲(あきら)さんらを招き、斜陽館の米蔵で来場者と共にハイボールを傾けながら太宰を思い、語る。「太宰と酒と津軽衆」と題したイベントには大岡さんのほか、青森市出身で紀行作家の山内史子さん、斜陽館の伊藤一弘館長、東京・銀座のバー「ロックフィッシュ」店主の間口一就(かずなり)さんが参加。間口さんの手によるハイボールとつまみを味わいながら、太宰作品や津軽の風土などについて語り合う…
カテゴリー:

ピースの又吉直樹、どこか懐かしくて新しいバッグの中身を大公開。| In The Bag【VOGUE VIDEO】 - 11月06日(水)19:55 

「In The Bag」男性初のゲストとして登場するのは、お笑い芸人として、無類の文学好きとして作家としても活躍し芥川賞も受賞、さまざまな分野で独特な世界観を繰り広げる、お笑いコンビピースの又吉直樹。10月に自身3作目となる小説『人間』(毎日新聞出版)を刊行した彼の気になるバッグの中身とは?
カテゴリー:

デロンギの全自動コーヒーマシン買うと人生変わるよな 一日コーヒー、一杯分のお値段で自宅がカフェになっちまうんだ - 11月17日(日)00:44  poverty

私たちの生活に、今や欠かせないものとなっているコーヒー。 最近では産地、焙煎、粒度、淹れ方にこだわり、テイストの違いを楽しむサードウェーブコーヒー文化も定着してきており、コーヒーに対するニーズがますます多様化してきています。 コーヒーマシン売り上げ世界一を誇るデロンギは、自宅でも豆から挽きたての香り高い最高のコーヒーを楽しめる全自動のコーヒーを幅広くラインナップ。 10月1日には新製品も発売されています。 そんなデロンギと雑誌『BRUTUS』のスペシャルコラボにより、人気エッセイストの松浦弥太郎さん...
»続きを読む
カテゴリー:

石田ゆり子、ギター購入!福山雅治「えっ? 初耳」 - 11月13日(水)19:39 

芥川賞作家・平野啓一郎氏のベストセラー小説を映画化した「マチネの終わりに」の公開記念舞台挨拶が11月13日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演を務める福山雅治、石田ゆり子が出席した...
カテゴリー:

【十二国記に芥川賞】話題の本がもっと楽しめる、はてなブロガーの読書感想文を集めました - 週刊はてなブログ - 11月13日(水)17:23 

【十二国記に芥川賞】話題の本がもっと楽しめる、はてなブロガーの読書感想文を集めました - 週刊はてなブログ日々、映画や小説、漫画に舞台など、さまざまな作品に対する感想・考察が数多く集まるはてなブログ。今回は、本への愛がすごい人のブログを集めました! 「話題の本を読みたくなる、深い感想・考察記事」から、「読書好きブロガーさんのおすすめ本まとめ記事」まで、秋の夜長に読書がしたくなっちゃうブログをお楽しみく...
カテゴリー:

民放の地上波TV終焉か。Netflixの攻勢で加速する負のスパイラル - 11月07日(木)04:30 

全世界で1億人以上の有料会員数を誇る動画配信サービスNetflixが、日本への攻勢を強めています。日本語コンテンツの質も高く、目の肥えた視聴者をすでに虜にしつつありますが、この流れを「外資による二重の意味での日本侵略」とするのは、米国在住の作家・冷泉彰彦さん。冷泉さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、そのように判断せざるを得ない理由を記すとともに、動画配信サービスのみならず、今やあらゆる産業分野で進む外資の収奪により、日本人全体が「無駄な不幸」を深めるのは問題だと指摘しています。 改革の遅れにつけ込む外資の攻勢、やや過剰では? ここへ来て、ネットによるTV番組のストリーミング・サービスが拡大してきました。アメリカでは、ディズニーなどが猛烈な宣伝を行っていますが、やはり最初に大規模な成功を収めたNetflixに勢いがあるのは否定できないところです。 そのNetflixは、日本にも攻勢をかけています。アメリカ発のコンテンツを売り込むだけでなく、日本語によるコンテンツを制作して日本市場を席巻するだけでなく、良質な日本発のコンテンツについては、字幕や英語吹き替えを行ってアメリカをはじめとした世界市場に持っていくという方法です。 もっと言えば、日本発のコンテンツについてNetflixはビッグビジネスにしようとしている、そう評価しても過言ではないでしょう。例えば、「片付け評論家...more
カテゴリー:

【映画】『IT/イット』続編が1位!『マチネの終わりに』が3位に初登場 / 映画週末興行成績 - 11月05日(火)19:36  mnewsplus

 土日2日間(11月2日~11月3日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、ホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が初登場1位を獲得した。  同作はスティーヴン・キングの小説を実写化した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編にしてシリーズ完結編。スマッシュヒットを記録した前作から27年後の世界が舞台となり、子どもの命を狙うペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)との新たな戦いが描かれている。ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステインらが出演している。R15指定の...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「芥川賞」の画像

もっと見る

「芥川賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる