「テレビ小説」とは?

関連ニュース

朝ドラ「おちょやん」心優しいヨシヲにネット涙「胸がつまる」「朝から泣かすな」 - 12月03日(木)09:54 

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」の第4話が3日、放送され、主人公、竹井千代(毎田暖乃)の弟、ヨシヲを演じる子役、荒田陽向の芝居がネットで大きな話題となった。
カテゴリー:

おちょやん第5回・千代が出した答え - 12月03日(木)08:15 

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第5回(12月4日放送)では、家族のために千代がある決断をする。 子どもを授かった母・栗子(宮澤エマ)だが、千代(毎田暖乃)と弟のヨシヲ(荒田陽向 […] The post おちょやん第5回・千代が出した答え first appeared on Lmaga.jp.
カテゴリー:

【テレビ】宮澤エマ「栗子、ムカつく」メールが連日届く 朝ドラで悪妻役「私じゃないんだけど…」 - 12月02日(水)18:48  mnewsplus

12/2(水) 16:54配信 デイリースポーツ 宮澤エマ  女優の宮澤エマが2日、NHK「ごごナマ」に出演。11月30日から始まった連続テレビ小説「おちょやん」で、ヒロインの継母・栗子役で出演しているが、連日友人、親戚から「栗子、ムカつく」とうメールが届いていることを明かした。 【写真】千代と向き合う栗子 なくなったおはぎのことを聞いても…  番組では宮澤をゲストに迎え、スタートしたばかりの「おちょやん」についてトーク。宮澤演じる栗子は、初回に突然、テルヲ(トータス松本)が街から連れて帰ってきた後妻で...
»続きを読む
カテゴリー:

駿河太郎、川栄李奈“沙織”に足裏マッサージ!?「痛くも痒くもないと言われ…」『#リモラブ』オリジナルストーリー第2話 - 12月02日(水)17:50 

波瑠が主演を務める水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)のオリジナルストーリー「恋愛進化論」第2話が12月2日地上波放送後にHuluで独占配信される。『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』を手掛けたチームが贈る、恋愛弱者のラブコメ第3弾となる本作。脚本を務めるのは、『ホタルノヒカリ』『連続テレビ小説 スカーレット』などを手掛けた水橋文美江。面倒な恋愛より一人がいいと、悠々自適の人生を送っていた産業医・大桜美々(波瑠)が、こんな時代に「このままでは一生一人かも」と孤独と焦燥を感じ、そこから恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描く。「恋愛進化論」では、川栄李奈演じるヒロイン・我孫子沙織の「恋人とセフレは別」という恋愛観に至るまでの5年間に起きた3つの恋愛エピソードとそれぞれのキーアイテムを紹介。幸せと愛を求めるがゆえに、わかりにくくて重めな女になってゆくヒロインの内面、ヒロインがユニークな恋愛観に行き着くまでの驚きに満ちた道のりを愉快に、しかしディープに描く。第2話のタイトルは「スリッパ!足と心のリリーフ」。社会人1年目の沙織がふと立ち寄った足つぼマッサージ店で出会った足つぼ屋の男・吉村役で駿河太郎が出演する。沙織のユニークな恋愛観に、吉村はどんな影響を与えたのか?<駿河太郎 コメント>はじめて台本を読んだときに、自分が演じる吉村と我孫...more
カテゴリー:

朝ドラ「おちょやん」3日・第4話あらすじ ヨシヲを探して千代も行方不明に… - 12月02日(水)10:47 

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ竹井千代(杉咲花)の姿をフィクションとして描くNHK連続テレビ小説「おちょやん」(NHK総合など)の第4話が3日、放送される。
カテゴリー:

栗子を追い出したい千代/おちょやん4日あらすじ - 12月03日(木)08:15 

「エール」に代わり、NHK連続テレビ小説は「おちょやん」(月~土曜午前8時)がスタートします。女優の道を生き抜き「大阪のお母さん」と呼ばれた、女優浪花千栄子さんをモデルにした女性の物語で、主演は杉咲花(23)。大阪のど真ん中を舞台にした…
カテゴリー:

なじみ深い楽曲、戦後編で盛り返し NHK「エール」20%大台で大団円 - 12月03日(木)06:30 

 11月27日で放送を終えたNHK連続テレビ小説『エール』(全120回)は、期間平均の視聴率が関東地区で20・1%(ビデオリサーチ調べ)と大台を記録した。
カテゴリー:

NHK朝ドラ『おちょやん』出演の若葉竜也 『AWAKE』で天才棋士役 | ananweb - マガジンハウス - 12月02日(水)18:30 

夢を諦めた/諦められない人たちへ。実話の“世紀の一戦”を元に作られた、将棋を媒体とした青春ドキュメント『AWAKE』。出演する若葉竜也さんにお話を伺いました。棋士とAI将棋ソフトの対局を巡る実話がベース。プロを目指すも夢半ばで散り、ソフト開発者として再生する英一を吉沢亮さん、英一に刺激を与える若き天才棋士・陸を若葉さんが演じます。――台詞も動きも少ない棋士役は、演じるのが難しかったのでは?運やまぐれではなく、実力だけで勝ち負けが決まる世界で生きている棋士から漂う勝負師の緊張感は、勝ち負けのない俳優の世界で生きている僕の想像力だけでは、とうてい体現できないと感じました。自分の拙い想像力や感情だけで演じると役者の独りよがりになってしまう。それは絶対にやりたくなかった僕にとって偉大な存在だったのは、将棋指導の栗尾軍馬でした。栗尾は僕の幼なじみで、天才棋士という役に説得力を持たせるのに最も大切な所作である「指し手」も彼に徹底的に教わったんです。頭で考えなくても手が自然に動くように、常にポケットに歩の駒を入れて、時間があれば練習していました。自己満足的な役作りやアプローチは排除して、棋士の立ち居振る舞いを徹底的に体に落とし込みました。――もともと将棋はお好きなんですか?“歩は前に進む”くらいしかルールを知らないんです…。作品に入る前にやってみたんですけど、陸が戦っている盤上の勝負はレベルが高...more
カテゴリー:

篠笛奏者・佐藤和哉さん(唐津市出身)20日コンサート - 12月02日(水)13:30 

唐津市出身の篠笛奏者佐藤和哉さん(39)が20日午後3時半から、佐賀市の東与賀文化ホールでコンサートを開く。ゲストにギターとアコーディオン奏者を迎え、ノスタルジックな笛の音で心を癒やす。 佐藤さんは中学生の頃に唐津くんちの曳山囃子保存会で横笛に出合い、篠笛の演奏と作曲で活躍する。2013年には人気デュオ「ゆず」が演奏したNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の主題歌「雨のち晴レルヤ」の作曲に携わった。
カテゴリー:

杉咲花「おちょやん」新しい母親が家に17・2% - 12月02日(水)10:09 

NHK連続テレビ小説「おちょやん」(月~土曜、午前8時)の1日に放送された第2話の平均視聴率が17・2%(関東地区)だったことが2日、ビデオリサーチの調べで分かった。初回放送の視聴率は18・8%だった。  上方女優の浪花千栄子をモデルに…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「テレビ小説」の画像

もっと見る

「テレビ小説」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる