「脚本家」とは?

関連ニュース

Netflixが「チャーリーとチョコレート工場」などで知られるロアルド・ダール作品の管理会社と作品を買収 - 09月23日(木)09:45 

Netflix(ネットフリックス)は、Roald Dahl Story Company (ロアルド・ダール・ストーリー・カンパニー、RDSC)ならびに「Charlie and The Chocolate Factory(チャーリーとチョコレート工場)」「Matilda(マチルダは小さな大天才)」「James and the Giant Peach(おばけ桃が行く)」といったクラシック作品を含むロアルド・ダール氏の全作品の権利を買収すると発表した。買収条件は明らかにされなかった(買収は当局の承認次第だ)が、The Hollywood Reporterによると、Netflixは3年前にダール氏の16の作品の権利に「9桁」の額を支払っている。いずれにせよ、同社にとって過去最大の買収の1つになりそうだ。 買収のニュースはBloombergの報道で米国時間9月21日に表面化した。Netflixはダール氏の作品に関して大きな計画を持っていて、ここには「アニメーション、実写版の映画、テレビ、出版、ゲーム、没入型体験、劇場、消費者向けプロダクトなど」でのユニークな世界の構築が含まれていると同社CEOのTed Sarandos(テッド・サランドス)氏、RDSCのマネージングディレクターでダール氏の孫であるLuke Kelly(ルーク・ケリー)氏は声明で述べた。 Excited to announc...more
カテゴリー:

【ドラマ】『北の国から』40周年記念 現代人に響く名セリフをまとめた書籍「『北の国から』黒板五郎の言葉」発売 - 09月20日(月)17:58  mnewsplus

https://amass.jp/151015/ ドラマ『北の国から』放送40周年記念。現代人に響く黒板五郎(田中邦衛)の名セリフをまとめた書籍「『北の国から』黒板五郎の言葉」が幻冬舎から10月8日発売。黒板五郎が過ごした20年の日々を、名場面と名セリフで追体験する1冊。 ■「『北の国から』黒板五郎の言葉」 倉本 聰 (著), 碓井 広義 (編集) <内容> 金なんか望むな。倖せだけを見ろ。 そして謙虚に、つつましく生きろ。 我々が生きるべき“座標軸"を示した奇跡のドラマ『北の国から』放送40周年記念。 田中邦衛氏演じる黒板五郎が...
»続きを読む
カテゴリー:

『MIU404』のドラマP・新井順子「人からの誘いは断らない」 その理由は? | ananweb - マガジンハウス - 09月18日(土)20:10 

時代をときめく方のエピソードを通して、“今、私に必要な自己投資は一体どんなことなのか”一緒に考えてみませんか? ここでは、TBS SPARKLE エンタテインメント本部 ドラマ映画部 プロデューサー・新井順子さんにお話を伺いました。『アンナチュラル』『中学聖日記』『着飾る恋には理由があって』など、話題のドラマを次々に手掛けるプロデューサー・新井さんにとって「自らの人生が、ドラマを作る上でのベース」となる。「全く経験したことのないところから想像するのが苦手で、主人公の行動ひとつとっても、自分ならどうするか、イメージがわかないドラマは作れないんです。なので、一つでも多く、経験値を増やしておきたいんですよね」興味を持ったら、即行動! 陶芸、ビリヤード、ボウリング、英会話、ランニング…さまざまなことに挑戦してきた。「突然始めては、すぐやめるんですけどね(笑)。過去最短記録は、イラストの通信教育。ドラマに活かせそうという動機ではなく、イラストを通信で教えるとは一体どういうことなのか、知りたくなったんです。常々、疑問を持ったことは実際にやってみて、経験として知っておいて損はないと思うのでイラストを始めたんですが、テキストに『線をなぞってください』とあり、ひたすら線をなぞるという作業に飽きて、早々にやめました(笑)」人との会話はネタの宝庫だそう。だからこそ「人からの誘いは断らない」というのが人付...more
カテゴリー:

【映画】『ボディガード』リメイク版制作へ ワーナーが発表 - 09月16日(木)22:34  mnewsplus

2021年9月16日 19時04分 https://www.cinematoday.jp/news/N0126005 [15日 ロイター] - 米歌手故ホイットニー・ヒューストンさんがケヴィン・コスナーと共演した映画『ボディガード』(1992年公開)のリメイクが制作されることになった。映画会社ワーナー・ブラザースが15日発表した。  脚本はマシュー・ロペス氏が担当する。同氏は1980年代のエイズ流行後にニューヨークで暮らす同性愛者を描き、2019年にブロードウェイで上演された演劇「ザ・インヘリタンス」の脚本家として知られる。  出演者やストーリー、公開予定日...
»続きを読む
カテゴリー:

ポール・シュレイダー新作、ジョエル・エドガートン&シガニー・ウィーバー主演 - 09月15日(水)23:00 

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」の脚本家で、「アメリカン・ジゴロ」「魂のゆくえ」の監督を手がけたポール・シュレイダーの新作クライムスリラー「Master Gardener(原題)」に、...
カテゴリー:

森崎ウィン、ブレイクまでの11年間…「僕以上に悔しがってくれる人がいた」 | ananweb - マガジンハウス - 09月20日(月)20:10 

ハリウッドの超大作への出演を契機として、映画やドラマ、ミュージカルに音楽活動とその実力をいかんなく発揮し続ける森崎ウィンさん。10月にも主演最新作『僕と彼女とラリーと』の公開が控える今、彼の真摯な姿勢に迫ります。元々自分自身がやりたいこと。頑張るのは当たり前なんです。10歳の時に両親とともにミャンマーから日本にやってきた森崎ウィンさん。その後、スカウトを経て芸能界入りし、’18年に公開された世界的巨匠スティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』で主要キャストのひとりに選ばれ、一躍注目を集めるようになった。「自分のターニングポイントといったら、確実に、両親に日本に連れてこられたことと『レディ・プレイヤー1』に出演したことですね。そうじゃなければ、今こうして取材を受けている僕はいなかったので」そう言って屈託のない笑顔を向けた。とはいえ、来日当初はまったく話せない日本語に苦戦したりと、ここまで順調だったわけではない。「たぶん人に恵まれたんだと思います。悔しいなと思うことがなかったわけじゃないけれど、身近には僕以上に悔しがってくれる人がいてくれたりもして、それで救われていたことはすごく多いと思います」スカウトされたのは14歳。『レディ・プレイヤー1』への出演が決まったのは25歳だ。その間のことを尋ねると、「目立った動きはなかったですね」と。しかし、その言葉に悲壮感も自虐も感...more
カテゴリー:

バカリズム、脚本家の苦労を吐露「台本にいろいろ言ってくる人とか…」 - 09月19日(日)11:22 

お笑い芸人のバカリズムが、19日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、脚本家としての苦労を語った。
カテゴリー:

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の脚本家であ.. - 09月18日(土)18:00 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の脚本家であるボブ・ゲイルが、イギリスのロンドンでスタートした「ミュージカル版」は4作目を待つファンも楽しめるものだとコメント!
カテゴリー:

斎藤工、リリー・フランキーに背中を押してもらう 「全裸で登場するのは…」 | ananweb - マガジンハウス - 09月16日(木)19:10 

役者、監督、プロデューサー…と様々な顔を持つ、斎藤工さん。作品に真摯に向き合い続ける斎藤さんの心を動かしたターニングポイントについて伺いました。役者新しい風が吹いた、と感じた役にこそ挑戦していきます。色っぽくて危うい。『昼顔』は、斎藤さんの一つのカラーを確立した作品に。「思いも寄らない流れでしたが、身を任せました。達成感を得たら終わるという恐怖を常に感じているので、今までとは違う風が吹いた時こそ、ぐっと手を伸ばしてつかむんです」。ドラマ『漂着者』でも新境地を切り開いた。「出演にあたり、その嗅覚を信頼するリリー・フランキーさんに相談し、背中を押してもらいました。『全裸で登場するのは、ターミネーターか工くんくらいだよ』と(笑)」ターニングポイント作品『昼顔』(2017年)大ヒットテレビドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の劇場版。主婦だった木下紗和(上戸彩)と、大学の非常勤講師・北野裕一郎(斎藤)の再会と道ならぬ恋を描く。DVD¥4,180 Blu‐ray¥5,170 発売元:フジテレビジョン 販売元:ポニーキャニオン ©2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社『漂着者』(2021年)海岸に全裸で漂着した正体不明の男(斎藤)は、日本中の注目を集め、「ヘミングウェイ」と呼ばれるように。次第に予言する力を発揮し、崇拝される存在となっていく。金曜ナイトドラマ『漂着者』テレビ朝日系・...more
カテゴリー:

「占い師の助言」で脚本家の道へ…ヒット作連発の脚本家・中園ミホが語る、これまでの経歴、「ドクターX」新シーズンの見どころ - 09月15日(水)19:00 

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。“頑張るプロフェッショナルの女性の素顔に迫る”をテーマに、各界で活躍されている素敵な女性をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。9月13日(月)のゲストは、脚本家・中園ミホさん。“占い師”の顔も持つ中園さんが9月2日(木)に出版した占い本「相性で運命が変わる 福寿縁うらない」(マガジンハウス)や、中園さんが脚本を手掛けるドラマ「Doctor-X 外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)の新シーズンについて語ってくれました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる