「毎年開催」とは?

関連ニュース

ドコモ子どもの創作絵画コンクール 三光幼稚園に学校賞を受賞 - 01月27日(月)20:50 

子どもの創作絵画コンクール「第18回ドコモ未来ミュージアム」で、佐賀市若宮の三光幼稚園(髙石次郎園長)が学校賞に輝いた。24日に同園に表彰状が届けられた。 コンクールはNTTドコモが未来をつくる子どもの夢を応援しようと、2002年から毎年開催している。「僕たち私たちの未来のくらし」をテーマに、2019年6月から約3カ月間、3歳から中学生までを対象に募集。全国から13万9957点、県内から775点が寄せられ、同園は68点と多くの作品を応募し、内容も考慮して学校賞に選ばれた。
カテゴリー:

「もっと知りたい、お米のこと」 - 01月27日(月)14:00 

2020年1月27日 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長  芳井敬一 大阪市北区梅田3‐3‐5 大和ハウス生活文化フォーラム 第6回 「もっと知りたい、お米のこと」  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。  当社は、今の日本人のあるべき姿と今後の指針について多彩なパネリストに語っていただく「石橋信夫記念館文化フォーラム」を2008年より毎年開催しております。2014年からは、第二弾のフォーラムとして、日本の「暮らし」をテーマとした「生活文化フォーラム」を開催しています。  6回目となる今回は、日本人の主食である“お米”をテーマに取り上げます。お米は、私たちの食生活に必要不可欠なもので、日本の伝統文化にも深く関わっています。しかし現在、日本のお米の消費量は減り続けるとともに、稲作農家の後継者不足も深刻化し、社会問題になりつつあります。  そこで、食に精通し各界で活躍されるパネリストに、お米の魅力や歴史について意見交換をしていただき、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。 1.フォーラムの概要 日  時:2020年5月30日(土)午後2時~5時 ...more
カテゴリー:

「OFUKU」海外富裕層向け日本旅行エージェント「TARO」のアンバサダーに就任。 - 01月26日(日)18:00 

昨年12月には仏カンヌで開催の富裕層旅行業界の一大イベント「ILTM」に3日間登場。セレブ相手のプロフェッショナルエージェントやホテルGMの間で大人気に!     笑顔と幸福の使者OFUKU、世界中のリッチな人々に日本の素晴らしさをアピール! 亡き母の面影を求めて360年以上前の江戸時代から現代日本に生き続けるOFUKUが、出版社「オータパブリケーションズ」(東京都中央区、太田進社長)が運営する海外富裕層向けの日本旅行エージェント「TARO」のアンバサダー(大使)に就任。昨年12月初旬にはフランスのカンヌで開催された富裕層旅行業界の一大イベント「International Luxury Travel Market(ILTM)Cannes 2019」に登場し、その艶姿は世界中から集まった関係者の高い関心を集めた。 TAROはホテル・レストラン業界唯一の専門誌『週刊ホテルレストラン』を刊行しているオータパブリケーションズが、「体験(コト)・モノ・ヒトと旅人を繋ぐ訪日富裕層向けオンライントラベルブッキング&コンシェルジュサービス」のエージェントとして立ち上げた、新しいラグジュアリーブランドである。 世界各国の一流ホテル経営者やオーナーらと太いパイプを持ち、富裕層マーケティングやホスピタリティに精通した経営チームが、東京、ロンドン、北京を拠点に、日本を訪れる富裕層に最...more
カテゴリー:

皇居の自然観察会、応募者が減少 周知不足が一因か - 01月25日(土)12:33 

 皇居内の吹上御苑で毎年開催されている自然観察会。普段は立ち入れない場所で、豊かな植物と触れあえる貴重な機会だが、近年、参加希望者が減少している。元々は上皇ご夫妻の意向を受けて始まったイベントで、宮内…
カテゴリー:

シティ・プライベートバンクがダカール・ラリーに初参戦したフェルナンド・アロンソの素晴らしい活躍を称賛 - 01月22日(水)22:31 

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- シティ・プライベートバンクがスポンサーを務めるモータースポーツの伝説的存在であるフェルナンド・アロンソは、最も過酷なモータースポーツ耐久競技と言われるダカール・ラリーのデビュー戦の成績でファンを魅了しました。 複数回世界チャンピオンに輝いているアロンソは、このレースの最終ステージで4位入賞を果たし、新参加者中では総合成績1位でした。週の前半に車輪とサスペンションが破損し、さらに車体が2回転する衝突事故に見舞われたにもかかわらず、困難から見事な復活を遂げました。 毎年開催され、今回で42回目となるダカール・ラリーは、極限的なオフロード耐久レースです。今年のレースは1日毎の12ステージから成り、合計距離は7500キロメートル(4600マイル)に及びました。ダカール・ラリーでは、世界のトップクラスのレーシング・ドライバーが互いに腕を競うばかりでなく、過酷な地形とも闘わなければなりません。2020年のラリーでは、一部の区間でコースに関する情報が前日ではなく当日の朝に通知され、ドライバーにとって一層困難なレースとなりま
カテゴリー:

豪で車椅子レース、鈴木朋樹選手が優勝 - 01月27日(月)15:17 

 オーストラリアのシドニーで26日、毎年恒例の車椅子10キロレースが行われ、陸上競技の東京パラリンピック日本代表に内定している鈴木朋樹選手が優勝しました。  オーストラリアの建国記念日にあたる「オーストラリア・デー」に毎年開催されているこのレース。今年は16か国から65人の選手が出場しました。  観光名所のハーバーブリッジを望むシドニー湾沿いを走るコースで、スタートから先頭でレースを引っ張ったのは、陸上競技の東京パラリンピック日本代表内定の鈴木朋樹選手。鈴木選手はそのままトップでゴールし、この大会3年連続の優勝を果たしました。  「こうやってオーストラリアの人たちに日本人の力をアピールすることができたので、いい日になったかと思います。単純に楽しめたレースだったかなと思います」(鈴木朋樹選手)  地元在住の日本人が駆けつけ、大きな声援を送った今回のレースでは、マスター部門でも2人の日本人選手が入賞しました。(27日13:44)
カテゴリー:

おパンツの色まで指定する校則の必要性をお前ら説明できる?できないよな?じゃあそんな校則は廃止だよ - 01月27日(月)10:18  news

sssp://img.5ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif 下着の色は指定・ポニーテール禁止…「ブラック校則」見直し促す  静岡県浜松市教育委員会は24日、市立全小中学校の生徒指導担当教諭らを対象に研修会を開き、 下着の色指定やポニーテール禁止など、不合理な「ブラック校則」を見直すよう促した。 児童生徒の人権への配慮を求めた格好だ。各校は、保護者の意見を聞くなどして、見直しを行うか判断する。  研修会は北区の市教育会館で非公開で行われた。冒頭で野秋愛美・市教委指導課長が 「集団生活には一定のルールは必要」...
»続きを読む
カテゴリー:

りんごちゃんも登場、十和田で雪像コンテスト - 01月25日(土)18:21 

十和田市馬事公苑(駒っこランド)で25日、市内の企業や団体手作りの雪像コンテストが始まった。訪れた家族らは、苑内に並ぶ雪像の写真撮影をしたり、そり滑りなどの雪遊びをしたりして楽しんだ。26日まで。同苑指定管理者の十和田馬主協会などでつくる実行委員会が、冬遊びを楽しんでもらおうと毎年開催している。主催者らのあいさつに続き、来場者にお菓子をまく「福まき」で開幕した。会場にはアニメキャラクターや同市出身の物まねタレントりんごちゃん、半年後に迫った東京五輪・パラリンピックにちなんだ聖火台などバラエティ…
カテゴリー:

東奥児童書道展 入賞489作品決まる - 01月24日(金)19:39 

東奥日報社などが主催する第9回東奥児童書道展の審査会が24日、青森市の東奥日報新町ビル3階New’sホールで行われ、入賞作品489点が決まった。同展は、子どもたちの書く力を伸ばし、書を通して感性を磨き豊かにしようと毎年開催。今年は県内各地の幼稚園や保育園、小・中学校、書道教室などから4516点の応募があった。審査会では、県書道振興会議会長の石澤桐雨さん(青森市)と対馬聖峰さん(弘前市)、宮古文雪さん(八戸市)の3審査員が真剣な表情で話し合いながら、机上に並べられた子どもたちの力作を審査。推奨1…
カテゴリー:

電通PR社長 畔柳一典 がPRO PRグローブアワードを受賞 - 01月22日(水)14:00 

2020年1月22日 株式会社電通パブリックリレーションズ 電通PR社長 畔柳一典 がPRO PRグローブアワードを受賞 ~日本のPRプロフェッショナルとして初受賞~ 株式会社電通パブリックリレーションズ(本社:東京都港区、以下、電通PR)の代表取締役社長執行役員畔柳一典は、このたびPRO PRアワーズのPRO PRグローブアワード2020を受賞することになりました。 PRO PRグローブアワードは、業務を通しPR業のより良いパーセプションとポジショニングの構築に貢献した個人を表彰するもので、今年はマドリッド プラド美術館コミュニケーションディレクターであるCarlos Chaguaceda氏やモンテネグロ政府PR長兼首相アドバイザーのOlivera Djukanovic氏など世界各国の24人が受賞しました。日本のPRプロフェッショナルとしてPRO PR グローブアワードを受賞するのは当社の畔柳一典が初めてとなります。 PRO PRアワーズはApriori World(本社:クロアチア ザグレブ)が主催する賞で、毎年開催されるPRO PRカンファレンスの10周年を記念し、2012年に設立されました。 PRO PRグローブアワードの過去の受賞者には、英チャールズ皇太子の元プレス・セクレタリー Patrick Harrison氏やEUのスポークスパーソン/エコノミック...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「毎年開催」の画像

もっと見る

「毎年開催」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる