「グランプリ」とは?

関連ニュース

有吉がミルクボーイを「ますます好きに」 その理由に総ツッコミ - 01月22日(水)11:54 

タレントの有吉弘行さん(45)が2020年1月21日、ツイッターを更新して「M-1グランプリ2019」優勝のお笑いコンビ・ミルクボーイについて言及した。
カテゴリー:

羽子板サイズの大根おろし!特大の鬼おろしが新登場です - 01月22日(水)10:30 

鬼の歯を連想させる竹の刃を持つおろし器である、竹の鬼おろし。その粗い歯で大根などをふんわかシャキシャキとおろせることから人気のキッチン道具に、羽子板のような大きさの特大サイズが新たに登場しました。鬼おろしでつくる大根おろしには、大きく3つのおすすめポイントがあります。1つ目は、粗い歯により生み出される独特のシャキシャキとした食感。竹の熱の伝導率の低さから食物をおろす際に熱を持たず、水分や食物繊維が逃げにくくなっているのが2つ目です。そして3つ目、一般的なおろし器では大根の細胞を細かく潰してしまうので辛み成分が多く出てきてしまいますが、鬼おろしで粗くすることによって辛み成分をおさえた、美味しい大根おろしができるのです。そんな鬼おろしの特大サイズは、やはりその歯も大迫力。孟宗竹を極太に取った鬼歯部分は先端になるに従って幅も薄く加工されてるので、より丈夫によりスムーズに大根おろしをする事ができます。孟宗竹の鬼歯をはめ込む細かい溝の入った木部部分に使っているのは、粘りのある赤松。同じく赤松でできた大きな持ち手部分はしっかりと握りやすく、使用後には簡単に吊るせるよう穴を空けています。驚きのサイズの特大鬼おろしなら、プロの方や業務用にも便利にお使いいただけそうです。大きな鬼おろしでザクザクと食材をおろし、お料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。<2020年1月7日(火)より販売開始> 特大鬼お...more
カテゴリー:

【女優】つみきみほ離婚! - 01月21日(火)19:56  mnewsplus

女優・つみきみほ「実は、昨年離婚しました」生放送で結婚発表、“逆プロポーズ”も振り返る 1985年、中学校在学中に「The Audition‘85-吉川晃司主演映画 第3弾ヒロイン募集」で10万人のなかからグランプリを獲得し、映画『テイク・イット・イージー』(1986年)でデビューしたつみきみほさん。 ボーイッシュで目ヂカラの強い美少女としてブレークし、映画やドラマに多数出演。歌手としても活躍。子育てのため、一時期休業していたが、本格的に女優復帰を果たし、2017年には26年ぶりとなる主演映画『話す犬を、放す』に出演。現在、映...
»続きを読む
カテゴリー:

M-1決勝進出も「解散しそうなコンビ1位」に…ギャロップ毛利、ナルシスト過ぎて仕事に支障 - 01月21日(火)19:33 

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。©テレビ朝日1月20日(月)の放送には、お笑いコンビ・ギャロップが登場。「相方が自分をキムタクだと勘違いして解散寸前に追い込まれた先生」として、“自分が好きすぎて、周りが見えなくならないための授業”を行った。◆ギャロップ・毛利、自分をキムタクだと思い込む…ギャロップは、林健と毛利大亮からなるコンビ。同期にはNON STYLE、南海キャンディーズ、ピースなど錚々たるメンバーがおり、生徒役でレギュラー出演している平成ノブシコブシの吉村崇も同期にあたる。“ラストイヤー”でもあった2018年のM-1グランプリでは、決勝に進出。しかしその裏で、“よしもと芸人100人が選ぶ、解散しそうなコンビ”の第1位に選ばれていたことを明かした2人。そんな不名誉なトップに輝いた背景にあったのは、“毛利が自分のことを木村拓哉だと思っているから”という、衝撃の理由も告白。実は、毛利は関西一のナルシスト芸人として知られており、芸人でありながらなぜかスター気取り。林はそんな毛利のナルシストっぷりにどう対応したらよいかわからず、相方のことが嫌いになっていき、その結果、本業である漫才が超ヘタクソに。そして解散を決意するところにまで陥っていたと、打ち明け...more
カテゴリー:

関西ジャニーズJr.の古謝那伊留が緊急参戦!青学の箱根駅伝優勝メンバーと対決『炎の体育会TVSP』 - 01月21日(火)19:03 

1月25日(土)19時から放送される『炎の体育会TVSP』(TBS系)に、青山学院大学陸上競技部の箱根駅伝優勝メンバーが出演。「赤坂5丁目 TBS外周500m対決」「ブレスハイランニング」「監督車伝言クイズ」で体育会TV軍と3番勝負を繰り広げる。「赤坂5丁目 TBS外周500m対決」は番組史上最も長い全長500m走で対決する。体育会TV軍には、昨年の『M‐1グランプリ』で3位に輝いた今注目のお笑い芸人・ぺこぱが初参戦。全国高校サッカー選手権大会に神奈川県代表として2年連続で出場した経験を持つシュウペイと、自転車で鍛えた脚力が自慢だという松陰寺太勇は、持ち前の運動神経を発揮できるのか!? さらに、KAT-TUNの上田竜也率いるジャニーズ陸上部のエース・関西ジャニーズJr.の古謝那伊留も緊急参戦する。続いて、駅伝に必要不可欠な“肺活量”がポイントとなる「ブレスハイランニング」。ルームランナーを走りながらパイプに息を吹き込み、中にセットされた針を動かしてパイプの先の風船を早く割ったチームが勝利となる。走りながら息を吹かねばならず、相当の肺活量を求められるが……。青学スター軍の驚異の肺活量が明らかに!?最後は箱根駅伝でお馴染みの、走る選手の後方から監督が指示を出す監督車を使った「監督車伝言クイズ」。ある単語をお題として出題。ルームランナーを走る解答者が、後方の監督車にいる仲間からヒントをも...more
カテゴリー:

中丸雄一が「家庭レベルじゃない」とうなる!売れない“バイトしすぎ芸人”の料理 - 01月22日(水)10:49 

これまで家事に向き合うことをしてこなかった、家事ド素人の男性3人――バカリズム、中丸雄一(KAT-TUN)、カズレーザー(メイプル超合金)が、家事をゼロから学ぶドキュメントバラエティー『家事ヤロウ!!!』。1月22日(水)の同番組では、番組史上初の“芸人バイトしすぎ王No.1決定戦=BS-1グランプリ”が放送される。©テレビ朝日この“BS-1グランプリ”は、本業では生活できない売れない芸人たちが、アルバイトをしすぎた末に身につけてしまった料理の腕を競い合う大会。記念すべき第1弾の今回は、各芸能事務所に協力してもらい、オーディションの末、“バイトしすぎ芸人”3名を選出。それぞれの自宅で1食500円以内の得意料理を披露してもらい、バカリズム、中丸、カズレーザーの3人が手際の良さと味で審査する。◆バカリズム、中丸、カズレーザーも驚く技が満載©テレビ朝日まずエントリーしたのは、芸歴8年、お笑いコンビ“アクシデンタル”のツッコミ担当・西村光佑(28歳)。芸人としての給料はほぼ0円で、飲食店のアルバイト経験は、トータル10年以上。現在は居酒屋チェーンにてアルバイト中で、その居酒屋で最も難しい“刺し場(刺身を作るポジション)”を任されているスゴ腕だ。彼が作るのは、メインの洋食と付け合わせ。バイトのしすぎで習得したテクニックは凄まじく、「この番組がバラエティーってことは、伝わってる?」とバカリズム...more
カテゴリー:

【朗報】M-1グランプリ2019の和牛のネタ、今見ると面白い - 01月21日(火)23:04  livejupiter

終盤の「いいね!」連発が寒いだけでその前までは普通に面白い ...
»続きを読む
カテゴリー:

女優・つみきみほ「実は、昨年離婚しました」生放送で結婚発表、“逆プロポーズ”も振り返る - 01月21日(火)19:37 

©テレビ朝日1985年、中学校在学中に「The Audition‘85-吉川晃司主演映画 第3弾ヒロイン募集」で10万人のなかからグランプリを獲得し、映画『テイク・イット・イージー』(1986年)でデビューしたつみきみほさん。ボーイッシュで目ヂカラの強い美少女としてブレークし、映画やドラマに多数出演。歌手としても活躍。子育てのため、一時期休業していたが、本格的に女優復帰を果たし、2017年には26年ぶりとなる主演映画『話す犬を、放す』に出演。現在、映画『明日、キミのいない世界で』と映画『花と雨』が公開中のつみきみほさんにインタビュー。©テレビ朝日◆ショートカットにしたのは「小泉今日子さんに憧れて」幼い頃から早く働きたいなど自立心が強く、雑誌に漫画を投稿したりしていたと話すつみきさん。オーディションに応募したときは、まだ14歳だったという。「早くから仕事がしたいと思っていて、姉がたまたまオーディションの応募用紙を持っていたので、自分で応募させていただきました。大きなオーディションだということは全然知りませんでした。でも、何かやりたかったんですよね。働きたくて」-吉川晃司さんの相手役に10万人のなかから選ばれたということで話題になりましたが、自信はありました?-「全然ありませんでした。ゼロでした。オーディションは第三オーディションまでありました。自分で応募したのに、いざとなったら怖くな...more
カテゴリー:

令和初の『ミス日本』 憧れは『アナウンサー』 - 01月21日(火)19:24 

令和初の『ミス日本』 憧れは『アナウンサー』😀肩出しの純白ドレスでグランプリ! 動画はこちら🔻 #小田安珠 #ミス日本 #めざましテレビ
カテゴリー:

【芸能】「引退しようと思ってた」キンコン梶原が明かしたユーチューバー進出の理由 - 01月21日(火)14:37  mnewsplus

お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が1月15日放送の「関ジャニ∞のジャニ勉」(関西テレビ)に出演し、ユーチューバーの“カジサック”として活動を始めたキッカケを明かしている。 かつて、あまりの芸能生活の忙しさ故に身体がついていかず、2カ月半もの間失踪し、大きな話題となった梶原だが、復帰後に相方の西野亮廣による活躍と人気を目の当たりにした際、さらなる心労が押し寄せ、芸能界からの引退を決意したという。 しかし、そうした状況の中、「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)では梶原をレギュラーに抜擢した上沼恵美...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「グランプリ」の画像

もっと見る

「グランプリ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる