「準決勝」とは?

関連ニュース

【芸能】ABC社長が『M-1』審査員に上沼推薦 局まで懇願する理由とは - 01月17日(木)21:50  mnewsplus

大阪のABC(朝日放送)の山本晋也社長が1月16日に新春の社長会見を行い、『M-1グランプリ』の審査員の候補者に上沼恵美子の名前を挙げた。 山本社長は「この番組は国民的番組になった」とし、「制作現場が考えること」としながらも、「もちろん上沼さんは候補に入る」と挙げた。 上沼は『M-1グランプリ2018』終了後にラジオ番組で、「審査員は頼まれて仕方なくやっているので、そろそろ降りたい」といった発言をしていた。 さらに、同時期にとろサーモンの久保田かずのぶと、スーパーマラドーナの武智が上沼批判のネット動画を配信し...
»続きを読む
カテゴリー:

連載「王座奪還/青森山田サッカー部」下 花形3年生がけん引 - 01月17日(木)12:08 

準決勝の青森山田-尚志(福島)戦は、全国高校サッカー選手権の4強以上で、58年ぶりの東北勢対決となった。尚志は東福岡、前橋育英(群馬)という優勝候補を次々と撃破した。秋田商も強豪を退けて8強入りし、今大会は東北勢の躍進が目立った。青森山田の黒田剛監督が「東北のレベルが上がったんだという試合を全国に見せたい」と語った通り、準決勝は今大会屈指の好ゲームとなった。尚志の2年生FW染野唯月にハットトリックを許した青森山田の守備陣が不調だったわけではなく、「攻撃がとても良かったことに尽きる」と、元J1柏…
カテゴリー:

FリーグPOチケット19日発売、ユニーク放送も - 01月16日(水)19:33 

日本フットサル連盟は16日、男女のFリーグのプレーオフのチケットを19日から発売すると発表した。 男女とも、準決勝は2月16、17日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で、決勝は同23、24日に愛知・武田テバオーシャンアリーナで行…
カテゴリー:

卓球全日本選手権 森薗伊藤ペアと張本長崎ペアが準決勝へ - 01月16日(水)14:07 

大阪市で開かれている卓球の全日本選手権は大会3日目の16日、ミックスダブルスの準々決勝が行われ、2連覇を目指す森薗政崇選手と伊藤美誠選手のペアと、この大会で初めてペアを組む張本智和選手と長崎美柚選手のペアがそれぞれ勝って、17日の準決勝に進みました。
カテゴリー:

【サッカー】<日本代表>移動面はグループ2位通過が断然有利 それでも“1位突破”を狙う理由は? - 01月15日(火)20:08  mnewsplus

1位と2位通過で異なる日程と会場、日程面では“しわ寄せ”のタイミングに大きな違い 日本代表は13日のアジアカップ・グループリーグ第2戦でオマーンに1-0と勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。 現在グループ2位の日本は、17日の第3戦でグループ突破の順位を懸けて1位のウズベキスタンと激突する。1位通過と2位通過で状況が大きく変わるなか、選手たちは一様に1位通過を狙うと宣言した。 現状を整理しよう。初戦トルクメニスタン戦(3-2)、第2戦オマーン戦(1-0)と連勝の日本は勝ち点6、得失点差+2でグループFの2位。対するウズ...
»続きを読む
カテゴリー:

早大ラグビー佐藤主将が区切り、商社で春から再出発 - 01月17日(木)19:07 

全国大学選手権準決勝で敗退し、大学生活を振り返る佐藤真吾主将(撮影・峯岸佑樹) ラグビーの伝統校の主将が、競技に区切りをつけた。全国大学選手権で最多15回の優勝を誇る早大(関東対抗戦1位、2位枠)のフランカー佐藤真吾主将(4年)が第一線…
カテゴリー:

張本の妹・美和、美宇以来の小4で2勝!3回戦敗退も大器の片鱗見せた/卓球 - 01月17日(木)10:06 

 卓球・全日本選手権第3日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)女子シングルスなどが行われ、今大会最年少10歳で張本智和(15)=エリートアカデミー=の妹、美和(木下グループ)が2回戦で勝利し、2011年に平野美宇(18)=日本生命=が記録した小4での最多2勝に並んだ。3回戦で敗れて更新はならなかった。兄・智和は長崎美柚(16)=エリートアカデミー=との混合ダブルスで準決勝に駒を進めた。
カテゴリー:

スケボ世界女王の西村碧莉ら帰国、監督「良い経験」 - 01月16日(水)19:12 

スケートボード・ストリートの第1回世界選手権に出場した日本代表選手らが16日、ブラジル・リオデジャネイロから帰国した。 日本ローラースポーツ連盟からの派遣選手として出場した日本代表は、女子で織田夢海(12)が準決勝12位に入ったのが最高…
カテゴリー:

【将棋】羽生善治九段、竜王挑戦へ再スタート 現在対局中 - 01月16日(水)11:13  mnewsplus

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00010004-abema-soci 竜王位を目指して再スタートを切った羽生善治九段(左) 将棋界の羽生善治九段(48)が1月16日、竜王戦1組ランキング戦で阿部健治郎七段(29)と現在対局中だ。 羽生九段は、昨年12月に竜王位を失い、27年ぶりに無冠に。 あと1勝で逃した通算8期目の竜王位、タイトル通算100期を目指しての再スタートとなる。 対局は羽生九段の先手番。 過去の対戦成績は1勝1敗。 1組は16人で構成され、トーナメントを実施。 準決勝進出者の4人と、それまでに敗れた棋士に...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<青森山田>県外出身選手集め批判の葛藤を乗り超えて2年ぶり高校サッカーV「別に関係ないと思う」★2 - 01月15日(火)15:26  mnewsplus

平成最後の王者誕生を告げる主審のホイッスルが、晴れわたった真冬の空に鳴り響く。次の瞬間、埼玉スタジアムのピッチに倒れ込んだのは、前回大会に続いて準優勝に終わった流通経済大柏(千葉)ではなく、2年ぶり2度目の全国制覇を成就させた青森山田(青森)のイレブンだった。  切れ味鋭いドリブルで右タッチライン際を支配したMFバスケス・バイロン(3年)が、最終ラインにそびえ立った身長192cmのDF三國ケネディエブス(3年)が、そして同点と逆転の2ゴールを決めたMF檀崎竜孔(3年)が突っ伏し、あるいは仰向けになって涙腺を決...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「準決勝」の画像

もっと見る

「準決勝」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる