「国際大会」とは?

関連ニュース

<ベガルタ>椎橋、勝って代表戦へ「前半の45分間が鍵を握る」」 - 05月25日(土)09:23 

東京五輪世代となるU−22(22歳以下)日本代表に選ばれた椎橋が「前哨戦」で力を示す。清水戦を終えてチームを離れ、6月1日開幕のトゥーロン国際大会(フランス)に臨む。「チームを勝たせられる選手でないと
カテゴリー:

日本含む12チーム案を確認 ラグビーの新設国際大会 - 05月24日(金)21:26 

 日本ラグビー協会の坂本典幸専務理事は24日、国際統括団体のワールドラグビー(WR)が2022年からの新設を目指す国際大会「ネーションズ選手権」に関し、日本、フィジーを含めた12チームの参加を基本として議論を進める方針がWRの検討会議で確認されたと明らかにした。
カテゴリー:

【サッカー】本当に東京五輪優先か。コパ・アメリカ日本代表をめぐる違和感と苦しい台所事情 - 05月24日(金)16:41  mnewsplus

5/24(金) 16:36配信 本当に東京五輪優先か。コパ・アメリカ日本代表をめぐる違和感と苦しい台所事情  コパ・アメリカ2019(南米選手権)に挑む日本代表メンバーが24日、発表された。初選出選手は13人だが、前日のキリンカップに大迫敬介、中山雄太、久保建英が選ばれていたことから実質的には16人と言っていい。  これまで森保ジャパンで主力を担っていたのは冨安健洋、柴崎岳、中島翔哉の3人のみ。ベテランの川島永嗣と岡崎慎司が復帰したとはいえ、若手が中心で、真剣勝負の大会に挑むのは不安になるメンバー構成だ。  森保...
»続きを読む
カテゴリー:

森永さん(城東中)空手国際大会V 昨年3位の雪辱、副知事に報告 - 05月24日(金)08:00 

4月に東京で開かれた「第15回国際青少年空手道選手権大会」で佐賀市の城東中3年の森永楽(らく)さんが、中学2、3年生女子45キロ以上級で初優勝した。昨年は3位と涙をのみ、「今年は優勝しないといけないという思いだった。大きく前進できてうれしかった」とはにかんだ。 大会は国際空手道連盟極真会館が主催。第1シードの森永さんは初戦の2回戦で「いままで2度戦って2度とも負けた」と言う相手を3-0で破って勢いに乗ると、3回戦と準決勝は延長戦で技ありを奪った。
カテゴリー:

菅原、初の国際大会出場へ 障害者水泳、自己新狙う【動画】 - 05月23日(木)19:35 

 障害者競泳男子で来年の東京パラリンピック出場を目指す菅原紘汰(17)=秋田きらり支援学校高等部3年=が、来月初めての国際大会(ドイツ)に挑む。3月には記録会(静岡)で日本新を出すなど、めきめきと力を…
カテゴリー:

【サッカー】<伊藤達哉>ダブルブッキングに?コパ・アメリカ&トゥーロン「ほぼ日程被り」に懸念「鬼のように国際大会でるやんけ」 - 05月25日(土)07:56  mnewsplus

 サッカーの「南米選手権(コパ・アメリカ)」に挑む日本代表(A代表)メンバー23人が2019年5月24日発表された。若い世代の選手も数多く選出されたが、1人の選手をめぐって東京五輪世代代表の大会との「日程被り」が懸念される事態となった。  ハンブルガーSV(ドイツ)のMF伊藤達哉(21)だ。U-22(22歳以下)代表で戦う「トゥーロン国際大会」出場メンバーである一方、今回コパ・アメリカのA代表にも選出。前者は決勝が6月15日、後者は初戦が6月17日(いずれも現地時間)に行われるため、スケジュールに心配の声があがった。 ■「...
»続きを読む
カテゴリー:

【重量挙げ】三宅宏実(いちご)、試技で右足負傷で棄権 悔し涙の記録無し - 05月24日(金)20:09  mnewsplus

 重量挙げの全日本選手権が24日、岩手県奥州市の江刺中央体育館で開幕した。五輪2大会連続メダリストで女子49キロ級の三宅宏実(いちご)はジャークの試技で右足を負傷して棄権した。  スナッチで2位につけて臨んだジャークの1回目。100キロのバーベルを引き上げた瞬間、三宅の右足が悲鳴を上げた。「パチッという音がした。おそらく肉離れ」。しゃがみ込み、足を引きずってプラットホームを降りた。  直前練習で右太ももの外側に違和感を覚えた。「自分で(重量を下げる)判断ができなかった。記録なしは応援してくださった人た...
»続きを読む
カテゴリー:

日本の除外を却下 ラグビー新設ネーションズ選手権 - 05月24日(金)08:40 

ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)が22日、ダブリンで開いた理事会で、22年の新設を目指す国際大会「ネーションズ選手権」から日本を除外する案を却下したと英紙テレグラフが報じた。 当初の予定通り日本を含む12チームが参加する案…
カテゴリー:

富裕層の「ついで観光」特需に期待 関西ワールドマスターズゲームズ - 05月24日(金)06:50 

 4年に1度の生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)」の2021年5月の日本開催まで、今年5月であと2年となる。近畿を中心に2府8県にまたがり競技会場が置かれるため、観光を中心に経済的な波及効果に期待が高まる。なにしろ、これまでの大会参加者への分析では、半数以上が年収1千万円を超える富裕層だからだ。ただ、アジアで開催されたことのなかった大会だけに、日本での認知度は1割程度と低い。受け入れ準備はまだ本格化しておらず、早期の詳細な競技日程の公表を求める声も上がっている。
カテゴリー:

パラカヌー日本代表・瀬立(せりゅう)モニカ選手とスポンサー契約を締結 - 05月23日(木)15:00 

医療機器メーカーである株式会社ホーマーイオン研究所(本社:東京都渋谷区、代表者:秋本裕正)は、この度、パラカヌー日本代表選手・瀬立モニカ選手とスポンサー契約を締結いたしました。8月の世界選手権をはじめとした国際大会への出場、そしてメダル獲得へ向けて苦難を乗り越え立ち向かう瀬立モニカ選手を全力でサポートいたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184526/LL_img_184526_1.png 瀬立モニカ選手...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「国際大会」の画像

もっと見る

「国際大会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる