「国際大会」とは?

関連ニュース

5Gで変わるスポーツ観戦 VR活用 ソフトバンクが実証実験 - 03月22日(金)05:00 

 第5世代(5G)移動通信方式が今秋に本格運用されるのを前に、携帯各社はスポーツ競技場などで実証実験を加速させている。大規模な国際大会を控え、スポーツ産業を収益化する狙いがある。一方、スポーツや音楽イベントで人が集まる競技場は、集中する通信への対応など、5Gの実用化に向けた課題の縮図でもある。スマートフォン決済などの導入で、新サービスの実験場となっており、スポーツ産業は大きな転換期を迎えている。
カテゴリー:

これがブレークダンス…「FISE広島大会」出場選手がPR - 03月21日(木)18:14 

 2020年東京五輪で初採用されるスケートボードをはじめとする都市型(アーバン)スポーツが集まる国際大会「FISE(フィセ)」が4月19~21日、昨年に続いて広島で開催される。21日、主な出場選手が発表され、東京都渋谷区で技を演じて盛り上げた。
カテゴリー:

「次は世界で金メダルを」 フェンシング・坪さん(むつ出身)、アジアU17制覇 - 03月21日(木)11:43 

185センチの長身を武器にフェンシングで世界の頂を狙う。日本オリンピック委員会の「エリートアカデミー」11期生で、青森県むつ市のむつ中学校から都内へ転校した坪颯登(はやと)さん(15)=東京・区立中3年=が、今月上旬までヨルダンで開かれたアジア選手権・カデ(U17=17歳未満)のサーブル種目で優勝した。県フェンシング協会によると県勢の優勝は初めてで、主要な国際大会を制した例も少ないという。坪さんは東奥日報紙取材に、初出場する4月のジュニア(U20)・カデ世代の世界選手権で「金メダルを目指す」と…
カテゴリー:

紀平SP7位 大差逆転へフリー3A「2本決める」 - 03月21日(木)08:02 

今季の国際大会6戦全勝で、世界選手権初出場優勝を目指す紀平梨花(16=関大KFSC)がSP7位と出遅れた。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を失敗し、1回転半とみなされ0点に。今季国際大会では最低の7位発進。グランプリ(GP)ファイナル…
カテゴリー:

【フィギュアスケート】坂本花織2位 紀平梨花7位 ザギトワ首位発進 世界選手権SP - 03月20日(水)23:40  mnewsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190320/k10011855371000.html 2019年3月20日 21時51分 フィギュアスケートの世界選手権は女子シングル前半のショートプログラムが行われ、坂本花織選手が2位につけた一方、紀平梨花選手はトリプルアクセルに失敗して7位スタートとなりました。 さいたま市で開かれている世界選手権の女子シングルには40人が出場し、20日は前半のショートプログラムが行われました。 去年の全日本選手権で優勝した坂本選手は冒頭の3回転の連続ジャンプなど3つのジャンプすべてに成功し、スピンやステップで...
»続きを読む
カテゴリー:

イチローの偉業を振り返る。振り子打法、メジャー年間最多安打、そしてWBCのあの一打。 - 03月21日(木)23:59 

現役引退を発表したイチロー。これまでにグラウンドに残してきた偉業と伝説の数々を振り返りたい。■ドラフト4位でプロ入り 振り子打法が話題にイチローは愛知県出身。地元の名門・愛工大名電高で投手として甲子園出場を果たすと、1991年のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブ(当時)から4位指名を受け入団する。背番号は「51」。イチローはルーキーイヤーから2軍で打率.366という驚異的な高打率を記録する。快調なデビューを支えたのがプロ入りから河村健一郎コーチと二人三脚で体得した「振り子打法」だ。右足を振り子のようにゆらりと動かしながらタイミングをとる独特の打ち方で、プロ2年目にはのちに「トルネード投法」でメジャーを席巻する野茂英雄投手からプロ初ホームランを放つ。しかし、1軍に上がるたびに首脳陣からフォームを矯正するよう言われてしまい、この時はすば抜けた活躍はできなかった。転機が訪れたのは3年目の1994年。この年、監督に就任した仰木彬氏にその才能を見初められ、抜擢される。仰木監督は「振り子打法」を容認しただけでなく、本名の「鈴木」だった登録名を「イチロー」に変えるよう本人に提案。半ば無理やりに変更させた。ここからイチローの快進撃が始まる。日本のプロ史上初となるシーズン200安打を達成(210安打)し、打率も.385を記録。MVPや首位打者など複数のタイトルに輝く。翌年の1995年には阪神・...more
カテゴリー:

都市型スポーツ国際大会FISE、20万人集客目標 - 03月21日(木)15:33 

4月19~21日に広島市民球場跡地などで開催されるアーバン(都市型)スポーツの総合国際大会「FISE(エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル)」の出場選手が21日、東京・渋谷に集結した。 昨年4月の第1回大会前は盛り上がりも心配され…
カテゴリー:

【フィギュアスケート】坂本花織2位 紀平梨花7位 ザギトワ首位発進 世界選手権SP★2 - 03月21日(木)10:41  mnewsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190320/k10011855371000.html 2019年3月20日 21時51分 フィギュアスケートの世界選手権は女子シングル前半のショートプログラムが行われ、坂本花織選手が2位につけた一方、紀平梨花選手はトリプルアクセルに失敗して7位スタートとなりました。 さいたま市で開かれている世界選手権の女子シングルには40人が出場し、20日は前半のショートプログラムが行われました。 去年の全日本選手権で優勝した坂本選手は冒頭の3回転の連続ジャンプなど3つのジャンプすべてに成功し、スピンやステップで...
»続きを読む
カテゴリー:

逆転の紀平 今季国際大会6戦全勝 4戦が逆転V - 03月21日(木)07:53 

今季の国際大会6戦全勝で、世界選手権初出場優勝を目指す紀平梨花(16=関大KFSC)がSP7位と出遅れた。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を失敗し、1回転半とみなされ0点に。今季国際大会では最低の7位発進となった。 ◆逆転の紀平 今季…
カテゴリー:

ブラサカ日本が逆転勝ち 主将川村怜2発で決める - 03月20日(水)22:19 

ブラインドサッカーの国際大会、ワールドグランプリ第2日が20日、東京・品川区立天王洲公園で行われ、1次リーグA組の日本(世界ランク9位)はコロンビア(同11位)に2-1で逆転勝ちし、1勝1分けで勝ち点4とした。 前半7分に先制されたが、…
カテゴリー:

もっと見る

「国際大会」の画像

もっと見る

「国際大会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる