「世界選手権」とは?

関連ニュース

福島あゆみ、ブレイクダンス世界選手権初優勝 日本人対決制し - 12月05日(日)19:10 

 2024年パリ五輪で新採用が決まったブレイクダンスの世界選手権は4日、パリのシャトレ座で行われ、日本人同士の決勝となった女子は京都市出身で38歳の福島あゆみ(ダンサー名・AYUMI)が湯浅亜実に3―1で勝ち、初優勝を果たした。22歳の湯浅は2019年の第1回大会覇者で、日本勢が2大会連続で頂点に立
カテゴリー:

最後の福岡国際マラソン、ギザエが優勝 日本勢トップは2位細谷 - 12月05日(日)14:35 

 第75回福岡国際マラソンが5日、福岡市の平和台陸上競技場発着のコースで行われ、マイケル・ギザエ(スズキ)が2時間7分51秒で優勝した。日本勢トップは細谷恭平(黒崎播磨)で2時間8分16秒の2位だった。五輪や世界選手権の代表選考会となってきた大会は今回で歴史に幕を閉じる。
カテゴリー:

ブレイキン世界選手権 女子決勝 38歳の福島あゆみが初優勝 - 12月05日(日)13:09 

3年後のパリオリンピックで新競技として実施されるブレイキンの世界選手権がフランスで行われ、女子の決勝は日本選手どうしの対戦となり、福島あゆみ選手が湯浅亜実選手に勝って初優勝を果たしました。
カテゴリー:

田澤(八戸出身)1万メートル歴代2位 - 12月05日(日)10:20 

駒大3年の田澤廉(青森県八戸市出身、青森山田高出)が4日、日体大で行われた長距離競技会の男子1万メートルに出場し、日本歴代2位となる27分23秒44をマークした。来年7月に米国オレゴンで行われる世界選手権の参加標準記録(27分28秒00)を突破した第1号となり、同選手権出場に大きく前進した。日本記録は東京五輪代表の相沢晃(旭化成)の27分18秒75。高校時代に田澤の指導に当たった恩師の河野仁志監督は、横浜市の会場で観戦。「後半でもスピードが落ちなかった。この1年の練習の積み重ねが生きたと思う。…
カテゴリー:

福島あゆみ、日本人対決制しV ブレイクダンス世界選手権 - 12月05日(日)08:14 

2024年パリ五輪で新採用が決まった競技の世界選手権が開催され、日本人同士の決勝となった女子は福島あゆみが湯浅亜実に3-1で勝ち、優勝を果たした。 男子で2018年夏季ユース五輪銅メダルの半井重幸と俣野斗亜は8人による決勝トーナメント進…
カテゴリー:

スタイル貫き、パリで輝く 福島あゆみ、ブレイクダンス世界選手権V - 12月05日(日)19:08 

 2024年パリ五輪で新採用が決まったブレイクダンスの世界選手権は4日、パリのシャトレ座で行われ、日本人同士の決勝となった女子は京都市出身で38歳の福島あゆみ(ダンサー名・AYUMI)が湯浅亜実に3―1で勝ち、初優勝を果たした。
カテゴリー:

ブレイキン世界選手権 女子決勝 38歳の福島あゆみ.. - 12月05日(日)13:10 

ブレイキン世界選手権 女子決勝 38歳の福島あゆみが初優勝 #nhk_news
カテゴリー:

《世界選手権で2つの銀》「女子」も「混合」も得意種目! 卓球・早田ひながダブルスで力を発揮できるワケ - 12月05日(日)11:00 

世界選手権はダブルスこそ、早田の見せ場だった。張本智和と組んだ混合ダブルスでは決勝に進出。最後は中国の王楚欽、東京五輪シングルス銀メダルの孫穎莎組に0−3と屈したが、2019年の吉村真晴、石川佳純に続く銀メダルを獲得。伊藤と出場した女子ダブルスでは、準決勝で東京五輪シングルス金メダルの陳夢、銭天一組(中国)を撃破。決勝の孫穎莎、王曼昱組(中国)にストレートで敗れたが混合ダブルスに続く銀メダルを手にした。あらためて感じさせたのは早田のポテンシャル、特にダブルスにおける能力の高さだ。
カテゴリー:

日本、逆転負けで1勝1敗も2次L進出決定 ハンドボール世界選手権 - 12月05日(日)10:15 

1次リーグG組の日本は第2戦でブラジルに25-29で逆転負けし、1勝1敗となった。日本は同組で4チーム中3位以上が確定して2次リーグ進出が決まった。(共同)
カテゴリー:

17歳の葛西優奈8位「今の自分のスタイルが少しは出せた」W杯複合 - 12月05日(日)07:48 

個人第2戦が行われ、17歳の葛西優奈(北海道・東海大札幌高)が8位に入った。前半飛躍(ヒルサイズ=HS98メートル)で93メートルの5位につけ、後半距離(5キロ)は4位争いの集団で粘った。 昨季の世界選手権4位で21歳の中村安寿(東海大…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる