「殺人罪」とは?

関連ニュース

最高裁、経口中絶薬は合法、「中絶・オナニー・外出しは殺人罪で死刑」掲げるキリスト教団体が敗訴 - 06月14日(金)10:25  news

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-06-13/SF0V64T0AFB400 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【埼玉】障害者枠での就労を勧めた父親、息子に殺害…就労を巡って両親に反発、弁護側「幼少期から生きづらさ」 - 06月12日(水)11:49  newsplus

昨年6月、さいたま市南区の住宅で同居する父親=当時(60)=を包丁で殺害したとして、殺人罪に問われた無職の男(29)の裁判員裁判の初公判が11日、さいたま地裁(室橋雅仁裁判長)で開かれた。男は「間違いないです」と起訴内容を認めた。  冒頭陳述で検察側は、男に軽度の知的障害があり、就労を巡って両親に反発していたと説明。事件当日、男との口論により母親が「もう一緒に住めない」と出て行き、父親が障害者枠での就労を勧めたことに怒って、犯行に及んだと指摘した。 証拠調べでは、検察官が母親の調書を読み上げ、「約1...
»続きを読む
カテゴリー:

娘3人殺害の母親に懲役23年判決 名古屋地裁、育児の「うつ」考慮 - 06月11日(火)20:18 

 愛知県一宮市の民家で2022年、娘3人を殺害したとして、殺人罪に問われた同市の無職遠矢姫華被告(29)の裁判員裁判の判決が11日、名古屋地裁であった。吉田智宏裁判長は「最愛の母親の手で将来を絶たれた…
カテゴリー:

交際相手を窃盗容疑で再逮捕 大阪・枚方の女子大生殺害 - 06月11日(火)11:56 

 大阪府枚方市のマンションで5月、住人の女子大生(19)が殺害された事件で、女子大生の部屋から私物を盗んだとして、府警は11日、交際相手で無職の西光勝被告(26)=殺人罪で起訴=を窃盗容疑で再逮捕した。盗んだ物の一部を売り、事件後のホテル宿泊費に充てていたという。
カテゴリー:

大阪・羽曳野殺人事件 被告「やっていません」、起訴内容を否認 - 06月10日(月)18:33 

 大阪府羽曳野市の路上で2018年2月に男性(当時64歳)が刺殺された事件で、殺人罪に問われた無職の山本孝被告(48)の裁判員裁判の初公判が10日、大阪地裁(山田裕文裁判長)であった。山本被告は「私はやっていません。犯人ではありません」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。
カテゴリー:

被告、殺害認める・みちのく記念病院事件 - 06月13日(木)22:38 

2023年3月、青森県八戸市の「みちのく記念病院」で、入院患者の男性が殺害された事件で、殺人罪に問われた本籍五戸町、住所不定、無職の被告(58)は13日、青森地裁(藏本匡成裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で、起訴内容を認めた。弁護側は心神喪失状態だったとし、無罪を主張。一方、検察側は責任能力は認められるとし、動機について「病院から抜け出すためだった」と指摘した。判決は7月1日。起訴状によると、被告は同年3月12日午後10時45分ごろから同11時45分ごろまでの間、同病院の病室で、隣のベッドに…
カテゴリー:

愛知・一宮の3姉妹絞殺 母に懲役23年判決 地裁「殺意あった」 - 06月12日(水)09:53 

 愛知県一宮市の民家で姉妹3人が絞殺された事件で、殺人罪に問われた母親の無職、遠矢(とおや)姫華被告(29)に対する裁判員裁判の判決公判が11日、名古屋地裁であった。吉田智宏裁判長は「完全責任能力があり、殺意はあった」として、懲役23年(求刑・懲役25年)を言い渡した。
カテゴリー:

女割り・パンケーキ割りの複合で子供3人殺害の母親に懲役23年 - 06月11日(火)19:45  news

娘3人殺害、母に懲役23年 完全責任能力認定、名古屋 19:27 (最終更新: 19:36)  愛知県一宮市の自宅で2022年2月、0~5歳の娘3人を殺害したとして、殺人罪に問われた遠矢姫華被告(29)の裁判員裁判で、名古屋地裁は11日、懲役23年(求刑懲役25年)の判決を言い渡した。 吉田智宏裁判長は、争点だった被告の当時の精神状態について「抑うつ状態が犯行を決意する過程に一定の影響はしたが、完全責任能力があった」と判断した。  吉田裁判長は判決理由で、「子どもたちを自分のいない世界に置いて...
»続きを読む
カテゴリー:

ドラレコに「必ず刺さないと」 横浜・鶴見の女子大生殺害 初公判 - 06月10日(月)21:41 

 昨年6月、横浜市鶴見区で元交際相手の女子大生を殺害したとして殺人罪などに問われた配送業、伊藤龍稀被告(23)=横浜市鶴見区=の裁判員裁判の初公判が10日、横浜地裁(西野吾一裁判長)であった。伊藤被告は起訴内容を認めた。
カテゴリー:

父親「44歳の息子に絵の才能があれば…」 - 06月10日(月)16:02  poverty

44歳の長男殺害、元農水次官の公判で語ったこと 「もう少し息子に才能があれば、アニメの世界に進めたと思います……」 自宅で長男の英一郎さん(44=当時)をナイフで刺して殺害した殺人罪に問われ、 東京地裁で懲役6年の実刑判決を言い渡された元農林水産事務次官、熊沢英昭被告 高校卒業後、大学を退学、別の大学に編入させたのち、再度アニメーション学院への入学。 卒業後は先述の病院会長が経営する関連施設に就職させたが退職した。 以降は一人暮らしをしながら、ゲームを続ける毎日を送っていたという 「やはり何か...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる