「殺人罪」とは?

関連ニュース

再審請求中の執行は適法、死刑囚の訴え退ける 大阪地裁 - 02月20日(木)17:37 

 京都府と滋賀県で平成2~3年、男女2人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、最高裁で死刑が確定した松本健次死刑囚(69)が、再審請求中に刑を執行するのは違法だとして、執行に応じる義務がないことの確認を求めていた訴訟で、大阪地裁(松永栄治裁判長)は20日、請求を棄却した。
カテゴリー:

「大麻長期使用で慢性の精神障害、心神喪失」弁護側、改めて無罪主張 相模原殺傷公判結審 - 02月19日(水)23:14 

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、利用者ら45人を殺傷したとして殺人罪などに問われた元同園職員の植松聖(さとし)被告(30)に対する横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判は19日、弁護側が最終弁論で「被告は大麻の長期使用で慢性の精神障害を発症し、心神喪失状態だった」と改めて無
カテゴリー:

拳銃の持ち方覚えてる? 証人43人、工藤会裁判の攻防 - 02月19日(水)20:00 

 四つの市民襲撃事件で殺人罪などに問われた特定危険指定暴力団「工藤会」トップの総裁野村悟(73)とナンバー2の会長田上(たのうえ)不美夫(63)の両被告の公判は、4事件で唯一の殺人事件である1998年…
カテゴリー:

産後うつで長女殺害「非難できない」 母に執行猶予判決 - 02月19日(水)18:45 

 昨年6月に生後3カ月の長女を殺害したとして殺人罪に問われた新潟県長岡市の市職員、伊藤法子被告(32)の裁判員裁判の判決公判が19日、新潟地裁であり、山崎威裁判長は懲役3年執行猶予5年(求刑懲役5年)…
カテゴリー:

【朗報】漢植松「どんな判決でも控訴しない」 - 02月19日(水)16:04  livejupiter

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判第16回公判が19日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。 弁護側は最終弁論で、争点となっている事件当時の刑事責任能力を否定。「精神障害による心神喪失状態で、無罪が言い渡されるべきだ」と主張した。  植松被告は最終意見陳述で「どんな判決でも控訴しない」と述べ、結審した。判決は3月16日に言い渡される予定。  弁護側は、被告が「大麻精神病に極めて強く支配され...
»続きを読む
カテゴリー:

夫殺害の妻に執行猶予つきの有罪判決 介護でうつ病と判断 大阪地裁 - 02月20日(木)17:22 

 大阪府吹田市の自宅で2019年、夫(当時73歳)の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた松宮千栄里(ちえり)被告(65)の裁判員裁判で、大阪地裁は20日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役6年)を言い渡した。中川綾子裁判長は、介護の負担で被告がうつ病を患っていたと判断。「献身的に介護し、かなり
カテゴリー:

相模原殺傷 植松被告、控訴しない理由は「裁判は長い 疲れる 負の感情が…」 - 02月19日(水)20:13 

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、利用者ら45人を殺傷したとして殺人罪などに問われた元同園職員の植松聖(さとし)被告(30)に対する横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判は19日、弁護側が最終弁論を行い、被告には責任能力がなかったとして無罪を求めた。続く最終意見陳述で被告は「
カテゴリー:

相模原殺傷 弁護側、無罪主張で結審 植松被告「控訴しない」 - 02月19日(水)19:42 

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判の第16回公判が19日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。弁護側は最終弁論で、大麻使用の影響で心神喪失状態にあったなどとして、植松被告の完全責任能力を否定、改めて無罪を主張した。
カテゴリー:

乳児殺害32歳母に猶予判決 心神耗弱を認定、新潟地裁 - 02月19日(水)17:33 

 新潟県長岡市で昨年6月、生後3カ月の長女を自宅の階段から落とし殺害したとして、殺人罪に問われた母親の市職員、伊藤法子被告(32)の裁判員裁判で、新潟地裁は19日、重度の産後うつで心神耗弱(こうじゃく)状態だったと認定し、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
カテゴリー:

植松被告「控訴しない」 相模原殺傷公判結審 - 02月19日(水)13:41 

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖被告(30)の裁判員裁判第16回公判が19日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。弁護側は最終弁論で、争点となっている事件当時の刑事責任能力を否定。「精神障害による心神喪失状態で、無罪が言い渡されるべきだ」と主張した。植松被告は最終意見陳述で「どんな判決でも控訴しない」と述べ、結審した。判決は3月16日に言い渡される予定。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「殺人罪」の画像

もっと見る

「殺人罪」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる