「追起訴」とは?

関連ニュース

女2人を傷害致死罪などで起訴 名古屋地検 - 06月14日(金)19:25 

 愛知県豊田市の山中で今年2月、犬飼幸子さん(当時31歳)=名古屋市天白区=の遺体が見つかった事件で、名古屋地検は14日、同県稲沢市、清掃作業員、門田典子(37)と名古屋市中区、無職、石川一代(34)=共に死体遺棄罪で既に起訴=の両被告を傷害致死と窃盗の罪で追起訴した。
カテゴリー:

米NSA事件から6年、スノーデンは大衆監視を防ぐことはできなかった - 06月06日(木)06:00 

米国家安全保障局 (NSA)の元局員エドワード・スノーデン氏がNSAによる国民監視を暴露してから6年が経過した。彼の予言した大衆監視社会は実現化しつつある。一方でスノーデンが公開した情報は風化しつつある。情報公開元の一つであったThe Interceptは3月、取締役会の決定によりスノーデン関連のアーカイブの公開を取りやめた。スノーデンの啓示によって歴史はまったく変わらなかった。告発対象となったアメリカ諜報機関はほとんど無傷だ。制度上の変化もなかった。2015年6月、愛国者法第215条の失効により、政府のメタデータの収集能力は喪失した。が、それも大衆の監視を抑えることにはつながらなかった。今でもプライバシーは広告収入、四半期ごとの収益というシリコンバレーのビジネスを継続させる一種の「希望」となり、そしてスパイたちへの対抗力として使われ続けている。むしろスノーデンの監視社会への警告は、テロリストに悪用されつつあるとも言える。ISISのリーダーであるアブー・バクル・アル=バグダーディーは、アメリカのOPSECを信奉し、それにより今でも生存している。彼はOPSECを参考にして自分の位置を特定するリスクのある電子機器を制限したり、ウサーマ・ビン・ラーディンが死亡する原因となった宅配便の利用を避けるようになった。スノーデンは強力な暗号化を推進していたが、より高いレベルのセキュリティを達成する...more
カテゴリー:

「追起訴」の画像

もっと見る

「追起訴」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる