「東京拘置所」とは?

関連ニュース

ゴルゴ松本さんが1日所長 東京拘置所 矯正展3年.. - 12月04日(日)01:42 

ゴルゴ松本さんが1日所長 東京拘置所 矯正展3年ぶり #FNNプライムオンライン #フジテレビジョン
カテゴリー:

3年ぶり東京拘置所「矯正展」 受刑者製作のバッ.. - 12月03日(土)15:11 

3年ぶり東京拘置所「矯正展」 受刑者製作のバッグや靴など展示・即売 #日テレNEWS
カテゴリー:

飯塚幸三 拘置所でトイレに行く際転倒、流血 過酷な状況に泣き崩れ打ちのめされる家族 - 11月26日(土)21:43  livejupiter

  拘置所側も先例がない高齢者90歳の収監  幸三が東京拘置所に収監されてから数日後、妻の下には夫から手紙が届いていた。 「あまりに悲惨な状況に、母は泣き崩れてしまって……」  長男も、手紙の内容に衝撃を受けていた。  車椅子がなければ歩けない状態になった幸三は、拘置所内でトイレに行こうとした際、転倒してしまい頭に怪我をしてしまったのだ。トイレは血だらけになり、拘置所内の規則として「始末書」を書かなければならなかったのだという。  拘置所側も先例がなく、対応に窮したようだった。壁に緩衝材として...
»続きを読む
カテゴリー:

飯塚幸三受刑者、拘置所でトイレに行く際手すりがないため転倒、流血 終いにおむつで対応 過酷な状況に泣き崩れ打ちのめされる家族★12 - 11月25日(金)18:28  newsplus

 家族が事件や事故に「巻き込まれる」ことをイメージする人はいるが、「加害者」になることまで想像する人は少ないであろう。しかし、あなたの大切な家族が他人の命を奪ってしまい、ある日突然、加害者家族になることは、特殊な人々だけが経験することではなく、日常に潜むリスクなのだ。  ここでは、2000件以上の加害者家族支援を行ってきた阿部恭子氏の著書『 家族が誰かを殺しても 』(イースト・プレス)から一部を抜粋。2019年4月19日に「東池袋自動車暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三受刑者(91)の受刑生活を紹介する。...
»続きを読む
カテゴリー:

飯塚幸三受刑者、拘置所でトイレに行く際手すりがないため転倒、流血 終いにおむつで対応 過酷な状況に泣き崩れ打ちのめされる家族★10 - 11月25日(金)09:54  newsplus

 家族が事件や事故に「巻き込まれる」ことをイメージする人はいるが、「加害者」になることまで想像する人は少ないであろう。しかし、あなたの大切な家族が他人の命を奪ってしまい、ある日突然、加害者家族になることは、特殊な人々だけが経験することではなく、日常に潜むリスクなのだ。  ここでは、2000件以上の加害者家族支援を行ってきた阿部恭子氏の著書『 家族が誰かを殺しても 』(イースト・プレス)から一部を抜粋。2019年4月19日に「東池袋自動車暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三受刑者(91)の受刑生活を紹介する。...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】拘置所で刑務官がわいせつ行為…「ここまで大事になるとは」と軽視した事件の顛末 - 12月03日(土)19:48  newsplus

12/2(金) 18:01配信 FINDERS ※編集部注:本連載は被告人の名前をすべて本名と関連しないアルファベット表記(Aから順に使用し、Zまで到達した際は再びAに戻して表記)で掲載しております 罪名 特別公務員暴行陵虐 K被告人 無職の男性(26) 起訴されたのは、2021年12月28日午後7時35分にK被告人が東京都足立区にある東京拘置所のB棟11階44室で、収容者である被害男性(32)に対して陰茎を出すように指示して、K被告人が被害男性の陰部を触ったという内容。 「刑務官の男性が収容者にわいせつ行為をして書類送検になった」と報...
»続きを読む
カテゴリー:

『虚ろな革命家たち 連合赤軍 森恒夫の足跡をたどって』〜あの事件がこの国に残した呪縛 - 12月01日(木)12:30 

安保法制/国会前で安保法案反対デモ=2015年09月18日今年も残すところあとわずかだ。 2022年は2月にロシアによるウクライナ侵攻が始まり、7月には参院選中に安倍元首相が銃撃されて命を落とし、そこから自民党と旧統一教会の関わりが次々と明らかになるなど、あまりにも不穏で怒涛な一年だった。そんな2022年はある凄惨な事件から半世紀という年でもあった。それは連合赤軍事件。「政治の季節」を経た1972年、過激化した学生たちが「世界同時革命」などを目指し、「革命戦士」となるために山岳ベースで共同生活をした果てに12人が仲間によって殺害された事件だ。死の入り口は「総括」。神聖な革命の拠点だというのに恋人といちゃついていた、指輪をつけていたなどの理由で「総括」が迫られる。その果てにある者は集団で殴られ、ある者は極寒の野外で縛られたまま放置され、次々と命を落としていく。凄惨な「仲間殺し」に世間はドン引きし、この事件がきっかけで、この国の若者からは「政治や社会にコミットする回路」がことごとく寸断されたように思う。例えば事件から3年後の75年に生まれた私は、小さな頃から政治や社会について目を塞がれ、社会に疑問を持とうものなら「社会のせいにするな」と牽制されるような空気の中で育ってきた。とにかく「若い奴らを政治に近づかせないこと」が「使命」とばかりに先回りして目隠しされるような感覚。しかし、あらかじ...more
カテゴリー:

飯塚幸三受刑者、拘置所でトイレに行く際手すりがないため転倒、流血 終いにおむつで対応 過酷な状況に泣き崩れ打ちのめされる家族★13 - 11月26日(土)09:48  newsplus

 家族が事件や事故に「巻き込まれる」ことをイメージする人はいるが、「加害者」になることまで想像する人は少ないであろう。しかし、あなたの大切な家族が他人の命を奪ってしまい、ある日突然、加害者家族になることは、特殊な人々だけが経験することではなく、日常に潜むリスクなのだ。  ここでは、2000件以上の加害者家族支援を行ってきた阿部恭子氏の著書『 家族が誰かを殺しても 』(イースト・プレス)から一部を抜粋。2019年4月19日に「東池袋自動車暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三受刑者(91)の受刑生活を紹介する。...
»続きを読む
カテゴリー:

飯塚幸三受刑者、拘置所でトイレに行く際手すりがないため転倒、流血 終いにおむつで対応 過酷な状況に泣き崩れ打ちのめされる家族★11 - 11月25日(金)13:55  newsplus

 家族が事件や事故に「巻き込まれる」ことをイメージする人はいるが、「加害者」になることまで想像する人は少ないであろう。しかし、あなたの大切な家族が他人の命を奪ってしまい、ある日突然、加害者家族になることは、特殊な人々だけが経験することではなく、日常に潜むリスクなのだ。  ここでは、2000件以上の加害者家族支援を行ってきた阿部恭子氏の著書『 家族が誰かを殺しても 』(イースト・プレス)から一部を抜粋。2019年4月19日に「東池袋自動車暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三受刑者(91)の受刑生活を紹介する。...
»続きを読む
カテゴリー:

飯塚幸三受刑者、拘置所でトイレに行く際手すりがないため転倒、流血 終いにおむつで対応 過酷な状況に泣き崩れ打ちのめされる家族★9 - 11月25日(金)02:42  newsplus

 家族が事件や事故に「巻き込まれる」ことをイメージする人はいるが、「加害者」になることまで想像する人は少ないであろう。しかし、あなたの大切な家族が他人の命を奪ってしまい、ある日突然、加害者家族になることは、特殊な人々だけが経験することではなく、日常に潜むリスクなのだ。  ここでは、2000件以上の加害者家族支援を行ってきた阿部恭子氏の著書『 家族が誰かを殺しても 』(イースト・プレス)から一部を抜粋。2019年4月19日に「東池袋自動車暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三受刑者(91)の受刑生活を紹介する。...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる