「収穫期」とは?

関連ニュース

真っ赤な実おいしい♪ 「十文字さくらんぼまつり」来月10日まで - 06月18日(火)10:44 

 秋田県横手市十文字町で特産のサクランボが収穫期を迎え、家族連れらが地域の果樹園で摘み取り体験を楽しんでいる。地域では恒例の「十文字さくらんぼまつり」(十文字町桜桃生産者協議会主催)が15日に始まった…
カテゴリー:

dentsu Japan、広告の高度化を通じた需要創出と需給最適化を推進 - 06月13日(木)14:15 

2024年6月13日 dentsu Japan  電通グループの国内事業を統括・支援するdentsu Japan(ブランド:「dentsu Japan」、拠点:東京都港区、代表者:CEO 佐野 傑、以下「dentsu Japan」)の中核企業である株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:佐野 傑、以下「電通」)と、宇宙航空研究開発機構※1(本社:東京都調布市、理事長:山川 宏、以下、「JAXA」)、群馬県嬬恋村農業協同組合※2(所在地:群馬県吾妻郡嬬恋村、代表理事組合長:黒岩 宗久、以下、「JA嬬恋村」)は、JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)※3の下、人工衛星データ活用による広告の高度化を通じた需要創出と需給最適化を実現するための「事業共同実証」※4を開始しました。    今回、新たにJA嬬恋村が参画したことで、詳細な現地情報が加わり、定植期から収穫期までの現地の生育状況、および天候状況を正確に把握できるようになりました。電通は出荷時期、出荷量および市場価格の予測精度を上げ、関連広告の出稿タイミングをリアルタイムで最適化することができるようになります。   <2024年 事業共同実証体制>    電通は、2020年に、テレビ広告枠の組み換えを実現するシステムRICH FLOW※5を開発し、2022年...more
カテゴリー:

梅の収穫期なのに… “近年まれに見る不作” 催しに影響も - 06月06日(木)16:51 

6月6日は「梅の日」です。例年、梅が収穫の時期を迎えますが、ことしは状況が違います。全国各地で梅が不作となっていて、実の数がいつもの年の3割ほどに落ち込んでいる地域も。何が起きているのでしょうか。
カテゴリー:

青々と大粒の梅 収穫楽しんで 岡山・神崎梅園 6月2日イベント - 05月29日(水)20:02 

 岡山市東区神崎の神崎梅園(東区神崎町)で、梅が収穫期を迎えている。青々とした大粒の実がなっており、6月2日には収穫体験イベント「梅ちぎり」が現地で開かれる。 広さ約28アールの梅園は神崎緑地...
カテゴリー:

今が旬。「サクランボ」の好みの品種が一目でわかるチャート表。美味しさのポイントは甘味と酸味 - 06月15日(土)16:00 

ウェザーニュース2024/06/13 05:00 ウェザーニュース今、真っ赤な宝石のようなさくらんぼが旬を迎えています。さくらんぼは旬が短いものの、早生(わせ)から晩生(おくて)へと次々と品種が入れ替わりながら5月から7月まで楽しめる果物です。このさくらんぼ、品種によって味はもちろん、色や大きさなど個性がさまざまだそうです。詳しい話を、山形県天童市のさくらんぼ農家、ひろsmile農園の後藤広美さんに伺いました。早生から晩生まで個性さまざまさくらんぼというと、まっさきに『佐藤錦(さとうにしき)』を思い浮かべる方が多いと思います。「『佐藤錦』の名前の由来は東根市の佐藤栄助さんによって品種改良されたので、のちに『佐藤さんがつくった』、『砂糖のように甘い』という2つの意味から名づけられたそうです。姿が美しくて味も良く、まさにさくらんぼの王者の風格がありますね」(後藤さん)さくらんぼは「佐藤錦」以外にもたくさんの品種があります。「さくらんぼは品種ごとに姿形も味も違って、それぞれ個性があります。一番早い早生種が5月下旬〜6月上旬に収穫期を迎えます。代表的なものに『紅(べに)さやか』『香夏錦(こうかにしき)』などがあります。中生(なかて)種は6月中旬から下旬で『佐藤錦』『高砂(たかさご)』など、晩生種は7月上旬~中旬で『ナポレオン』『紅秀峰(べにしゅうほう)』『紅てまり』などがあります」(後藤さ...more
カテゴリー:

人工衛星データ活用による広告の高度化を通じた需給連携事業 JA嬬恋村参画による「事業共同実証」への移行 - 06月13日(木)14:15 

2024年6月13日 株式会社 電 通  株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:佐野 傑、以下、電通)と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(本社:東京都調布市、理事長:山川 宏、以下、JAXA)は、JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)(※1)のもと、2022年7月より、人工衛星データ活用による広告の高度化を通じた需要創出と需給最適化の実現に向けて、コンセプト共創活動を進めてまいりました。このたび、群馬県の嬬恋村農業協同組合(本所:群馬県吾妻郡嬬恋村、代表理事組合長:黒岩 宗久、以下、JA嬬恋村)が新たに加わり、三者の事業共同実証を始動します。これにより、当初の目標である広告の高度化を通じた需要創出と需給最適化の実現を目指すとともに、農業の生産現場のニーズを踏まえた価格の安定化、生産者の収入の安定化、農作物の廃棄ロス低減(※2)など、社会課題解決に貢献していくことを目指します。    電通とJAXAは、2022年度に、野菜(キャベツ)の供給が増えるタイミングに合わせて関連食品(調味料など)の広告出稿タイミングを最適化することを目指し、衛星データを用いてキャベツの生育状況を観測することで、その収穫時期を正確に予測する解析手法の検討を開始しました。2023年度には、JA嬬恋村において、衛星データの解析結果と、現地調査から得られ...more
カテゴリー:

カメムシ、今年はなぜ大量発生? 農家や家庭ができる対策は? - 06月02日(日)11:30 

 収穫期を迎えている南房総特産のビワなどの果実の汁を吸って大きな被害を与えかねないカメムシが、関東以西を中心に広域で大量発生している。千葉県は5月10日、10年ぶりに注意報を出した。なぜ今年増えているのか。県暖地園芸研究所(館山市)所長の大谷徹さん(57)と同研究所で「果樹カメムシ類」の研究に取り組
カテゴリー:

国産化に針路をとれ:国産小麦の可能性 地域連携図り製品開発で後押し - 05月29日(水)00:00 

 【関西】麦秋至(むぎのときいたる)。季節を72等分した七十二候では、小麦の収穫期となる5月31日~6月4日のころをそう呼んでいる。近年は品種改良や技術進歩を背景に、栽培に不向きとされていた地域でも黄金色に染まる小麦畑の […] 投稿 国産化に針路をとれ:国産小麦の可能性 地域連携図り製品開発で後押し は 日本食糧新聞電子版 に最初に表示されました。
カテゴリー:

こんなの見てる