「安全確保」とは?

関連ニュース

イラン、ホルムズ海峡で英タンカーを拿捕 - 07月20日(土)13:07 

 中東・ホルムズ海峡で、イラン革命防衛隊がイギリスのタンカーを拿捕(だほ)したと明らかにし、イランと西側諸国との間で緊張が高まっています。  イラン革命防衛隊は19日、国営テレビを通じてホルムズ海峡を航行していたイギリスのタンカーを拿捕し、イラン沿岸にえい航したと発表しました。イギリスのタンカー「ステナ・インペロ」が「国際的な航行規制に従っていなかったために拿捕した」としています。  イギリスのハント外相は「ステナ・インペロ」が4隻の船と一機のヘリコプターによって囲まれたと明らかにしたうえで、イランに対し警告しました。  「もし早期に解決されなければ、重大な結果を招くことをはっきりさせておく」(ハント外相)  ハント外相はこのように述べた上で、「軍事的な解決ではなく、外交的な解決を目指す」と述べました。このほか、リベリア船籍でイギリスの会社が運航する「メスダル」も一時、10隻のスピードボートに囲まれたということです。  今月4日にイギリス領ジブラルタルの警察がイランのタンカーを拿捕していて、イラン側がその報復に出た可能性があります。ホルムズ海峡ではタンカーへの相次ぐ攻撃もあり、緊張が高まっています。  こうしたなか、アメリカ政府は19日、日本を含む各国の外交団を国務省に招き、ホルムズ海峡周辺の安全確保に向けた有志連合構想に関する説明会を開催しました。  会合はおよそ1時間、非公開で...more
カテゴリー:

米、有志連合構想の説明会開催 - 07月20日(土)07:41 

 アメリカ政府は19日、日本を含む各国の外交団を国務省に招き、ホルムズ海峡周辺の安全確保に向けた有志連合構想に関する説明会を開催しました。  日本政府は、有志連合への参加の是非について慎重に検討する方針ですが、何らかの形で協力することになれば、イランから敵対勢力とみられる可能性もあり、難しい対応を迫られることになりそうです。(20日06:04)
カテゴリー:

【長崎】50年に一度の記録的大雨 すぐに逃げろ! - 07月20日(土)02:04  poverty

長崎 五島 50年に一度の記録的大雨 土砂災害など厳重に警戒 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190720/k10011999641000.html 大型の台風5号や前線の影響で、長崎県の五島列島で雨雲が発達していて、午前0時までの3時間におよそ200ミリの雨が降ったとみられ、 気象台は、「50年に一度の記録的な大雨となっている」という情報を発表しました。 気象台は、災害の危険性が差し迫っているとして、土砂災害や低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、早めに避難するなど、安全を確保するよう呼びかけています。 気象庁の観測に...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国vsイラン】米、対イラン有志連合急ぐ 外交団招き非公開会合 - 07月19日(金)18:15  newsplus

https://this.kiji.is/524867371672945761 米、対イラン有志連合急ぐ 外交団招き非公開会合 2019/7/19 17:35 (JST) ©一般社団法人共同通信社  【ワシントン共同】トランプ米政権は18日、中東のホルムズ海峡で「挑発的で敵対的な行為」(トランプ大統領)をしたとして、イランの無人機を攻撃し墜落させたと主張、同海峡の安全確保を目指す有志連合構想に各国の同調を促した。イランに対する国際圧力を早急に強めたい考えで、ワシントンで19日に外交団を招き有志連合に関する非公開会合を開く。  トランプ氏は18日、ホワ...
»続きを読む
カテゴリー:

ホルムズ海峡有志連合 米が日本などと会合へ - 07月19日(金)06:05 

中東のホルムズ海峡の安全確保に向けてアメリカが検討している同盟国などとの有志連合をめぐり、アメリカ政府は19日、日本を含む各国の外交関係者を招いて会合を開く予定で、参加国に求める役割などについて説明するものとみられます。
カテゴリー:

米が有志連合説明会 日本も出席、60カ国超招待 イラン包囲網 - 07月20日(土)12:22 

 米政府は19日、中東ホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連合構想についての説明会をワシントンで開催した。日本など60カ国超の外交関係者が招待された。イランが英国船籍タンカーの拿捕(だほ)を発表するなどホルムズ海峡周辺の緊張が高まる中、米主導の「対イラン包囲網」の性格の色濃い構想に対し、各国がどの程度
カテゴリー:

米 ホルムズ海峡の有志連合めぐり日本などと会合 - 07月20日(土)04:57 

中東のホルムズ海峡の安全確保に向けてアメリカが検討している同盟国などとの有志連合をめぐり、アメリカ政府は日本を含む各国の外交関係者を招いて会合を開き、有志連合の必要性や参加国に求める役割などについて説明したものとみられます。
カテゴリー:

ホルムズ海峡、“有志連合”説明会始まる - 07月20日(土)01:41 

 アメリカ政府は各国の外交団を招待し、イラン沖のホルムズ海峡周辺の安全確保に向けた有志連合構想に関する説明会を開催しています。  ホルムズ海峡周辺を航行する民間船舶の安全確保に向けた有志連合構想に関する説明会は、アメリカ国務省で始まりました。安全保障上の懸念を共有するヨーロッパ、アジア、中東地域のほか、湾岸地域と経済的なつながりを持つラテンアメリカやアフリカなど60か国以上の外交団が招待されていて、日本からもワシントンにある大使館の幹部らが参加する予定です。  日本政府はアメリカの構想を十分に把握した上で、有志連合への参加の是非について慎重に検討する方針ですが、何らかの形で協力することになれば、イランから敵対勢力とみられる可能性もあり、難しい対応を迫られることになりそうです。(20日00:36)
カテゴリー:

トランプ大統領「ホルムズ海峡アメリカ連合軍に加盟しない国の船舶は護衛しない。あたりまえだろ」 - 07月19日(金)10:52  news

米国防総省高官は18日、ホルムズ海峡近辺を航行する船舶の安全確保のための有志連合構想を巡り 「米国は他国の船を護衛しない」との原則を明らかにした。自国の船を護衛するかどうかは参加国の 判断に委ねるとの方針も示しながら、各国に応分の負担を求める姿勢を明確にした。 同省高官が日本経済新聞に明らかにした。 米国は19日に開く関係国を集めた会合でこうした方針を説明するとみられる。 有志連合の目的については「対イランの軍事連合ではない」と説明し、軍事的な緊張が高まるとの 懸念の払拭に努めた。 同高官によ...
»続きを読む
カテゴリー:

【開戦速報】米軍がイラン軍機を撃墜 米強襲揚陸艦に接近し警告無視したため - 07月19日(金)06:05  news

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は18日、中東のホルムズ海峡で米強襲揚陸艦「ボクサー」がイランの小型無人機を撃墜したことを明らかにした。 米側の警告をイランが無視したためだと説明し、防御的な対応だと主張した。イランが反発して中東情勢の緊張が一段と高まる恐れがある。 ホワイトハウスの会合で語った。米国防総省によると撃墜したのは現地時間18日午前10時頃(日本時間同日午後2時半頃)だった。 トランプ氏によると、ボクサーにイランのドローンが約900メートルの距離まで近づいたため、警告を複数回発したがイ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「安全確保」の画像

もっと見る

「安全確保」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる