「見物客」とは?

関連ニュース

世界の名車ずらり - 11月13日(火)08:00 

有田町のアリタセラ(有田焼卸団地)を発着点に、ビンテージカーやクラシックカーが街を駆け抜ける「ツール・ド・アリタ」が10、11日の両日、開かれた。全国各地から国内外の名車約40台が集い、規定時間での走行を競うラリーやパレードランで、見物客を楽しませた。 古いものでは1933年製の英国車、日本に1台だけのスポーツカーなどがエントリー。初日はアリタセラをスタート、武雄市や鹿島市、太良町などを経てアリタセラに戻る約100キロを走った。有田町の街中などを走るパレードランもあった。
カテゴリー:

<須賀川・松明あかし>火柱勇壮 熱気に圧倒 - 11月11日(日)06:05 

須賀川市で10日夜、420年以上続く伝統行事「松明(たいまつ)あかし」が行われた。大勢の見物客が勇壮な火柱に見入った。 午後6時半、太鼓の音とともに長さ約10メートル、重さ約3トンの「大松明」に着火。
カテゴリー:

日本一の大イチョウのライトアップ始まる - 11月07日(水)20:44 

日本一の大イチョウとして知られる青森県深浦町北金ケ沢の国指定天然記念物「北金ケ沢の大銀杏(おおいちょう)」の夜間ライトアップが7日始まった。黄金色に色づき始めた巨木が夕闇に浮かび上がり、訪れた見物客を魅了した。 大イチョウは樹齢千年以上。幹回り22メートルはイチョウの木として国内で最も太く、高さ31メートルは10階建てビルに相当する。幹から垂れ下がった「気根」に触れると母乳の出が良くなるとの言い伝えがあり、「垂乳根(たらちね)の公孫樹(いちょう)」とも呼ばれ信仰されてきた。
カテゴリー:

導火線不良で遅れて破裂か 茨城・土浦の花火事故 - 11月05日(月)16:28 

 茨城県土浦市で10月に開かれた「土浦全国花火競技大会」で、打ち上げ花火の一部が破裂し、見物客がけがをした事故で、市などで構成する大会実行委員会は5日、導火線の不良とみられる原因で不発となった花火が風にあおられて観覧場所に飛び、客の近くで遅れて破裂したとする、中間報告を公表した。
カテゴリー:

町廻りで曳き納め 平成最後の唐津くんち - 11月05日(月)08:07 

唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」は4日、曳山(やま)が旧城下町を巡行する「町廻(まわ)り」で幕を閉じた。日が落ちかけた唐津市西城内の曳山(ひきやま)展示場には、平成最後のくんちを見届けようと大勢の観客が詰め掛けた。 晴天に恵まれ、巡行路沿いには見物客が並んだ。14台の曳山は午後0時半ごろ米屋町通りに集結し、写真を撮ったり間近で見ようとしたりする人でごった返した。 巡行終盤の夕刻、最終地点の展示場前が近づくと囃子の音が高まり、曳(ひ)き子も「エンヤ」「ヨイサ」と飛び跳ねた。
カテゴリー:

紅葉「インスタ映え」SNSで人気  - 11月11日(日)09:11 

唐津市厳木町の紅葉の名所「環境芸術の森」に植えられた約1万本のモミジなどが色づき、深まる秋の風景を見ようと、連日多くの見物客でにぎわっている。園内の建屋内に据えられた漆塗り机の表面に反射する紅葉の様子が、会員制交流サイト(SNS)を通じ「インスタ映え」すると話題となり、若者を中心に人気が急上昇した。 環境芸術の森は、元造園業の鶴田正明さん(83)が約40年かけて、私有林を整備し、モミジなどを植えて完成させた。 10日も午前9時の開場直後から多くの客が来園。
カテゴリー:

小田原の「ざる菊」見頃、大勢の見物客でにぎわう - 11月10日(土)16:03 

 秋が深まり、神奈川県小田原市では「ざる菊」と呼ばれる菊が見頃を迎え、大勢の見物客でにぎわっています。
カテゴリー:

秋田市:小顔で脚長 アフリカゾウのリリーお披露目 - 11月06日(火)20:20 

 秋田市の大森山動物園で3日、仙台市の八木山動物公園からやってきた、メスのアフリカゾウ「リリー」のお披露目会があり、約300人の見物客が集まった。  リリーは1990年から八木山動物公園で飼育されてきたが、東北3園(両園と盛岡市動物公園)は繁殖のために協力しており、10月15日にオスの「だいすけ」が
カテゴリー:

関脇御嶽海関に挑戦 - 11月05日(月)11:05 

11日に始まる大相撲九州場所を前に、出羽海部屋の関脇御み嶽たけ海うみ関が3日、小城市芦刈町で市内の小学生14人とふれあった。子どもたちの突進を片足一本で受け止め、鍛え抜いた大きな体で会場を沸かせた。 御嶽海関と対面した子どもたちは「大きい」と声を上げ、土俵を囲んだ見物客も一斉にカメラやスマートフォンを向けた。交流後はサインや記念撮影を求める人たちで長い列ができた。 大いに盛り上がったのは御嶽海関との対戦。
カテゴリー:

古代から維新 歴史絵巻華麗 薩摩川内はんやまつり - 11月04日(日)22:00 

 薩摩川内はんやまつりが4日、薩摩川内市中心部の国道3号であった。総踊りや明治維新150周年を記念した行事などに74団体約4800人が参加。川内川を挟んだ約2キロを練り歩き、見物客を楽しませた。
カテゴリー:

もっと見る

「見物客」の画像

もっと見る

「見物客」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる