「共和党」とは?

関連ニュース

「トランプ氏、対日交渉で強い態度も」 渡辺靖慶応大教授 - 01月17日(木)19:25 

2020年米大統領選挙に向けて、トランプ氏の共和党内の支持は底堅い。就任から2年間で最高裁判事に保守派を2人指名し、大幅減税を実行して経済はとりあえず順調だ。中…
カテゴリー:

コラム:20年米大統領選、共和党から「トランプ対抗馬」出るか - 01月17日(木)13:21 

米上院議員としての就任宣誓に臨む2日前の1月1日、ミット・ロムニー氏はワシントンポスト紙に、トランプ大統領が「大統領という重責にふさわしくない」との懸念を示す論説を寄稿した。
カテゴリー:

国内の韓国資産全面凍結も。文大統領の宣戦布告で終焉の日韓関係 - 01月17日(木)05:00 

いわゆる「徴用工問題」に関して、日本との条約を履行する意思がないことを明確化するような発言を行った韓国の文在寅大統領。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、韓国の行いは度が過ぎておりもはや穏便外交はないと断言、国交断絶もあり得るという厳しい論を展開しています。 次の世界の構図は? 日韓関係では、堪忍袋の緒が切れて、とうとう破局まで行きそうであり、日露平和条約交渉も失敗になりそうで、日本外交がうまくいっていない。今後はどうなるのか検討しよう。 NY株価 NYダウは、12月26日2万1,712ドルまで下がり、12月27日最後の1時間でPKOを行い戻して、12月28日2万3,381ドルにした。1月4日2万2,638まで下げたが、その後は上昇して、1月10日には2万4,014ドルまで上昇し、2万4,000ドルまで回復したが、1月11日2万3,995ドルと利益確定売りが出て若干下げた。 まず、12月27日に米政府がPKOを年金運用機関に依頼して6.6兆ドルを市場終了前1時間で買いを入れたことで急速に戻して、1月4日には、パウエルFRB議長が利上げを当分中止すると発言し、かつ米中貿易戦争緩和の方向であったことで、市場の要求が満額回答になり、NYダウは上昇に転じた。 株価は依然高い水準であるが、株価維持の政策をFRBと米政府が行ったので、価格を維持できている。雇用統計が...more
カテゴリー:

邀ウ莨∵・ュ縲∝ッセ荳ュ髢「遞主シ輔″荳翫£縺ェ繧蛾←逕ィ髯、螟悶?逕ウ隲句庄閭ス縺ォ?晢シオ?ウ?エ?イ莉」陦ィ - 01月16日(水)11:24 

[ワシントン 15日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は中国との通商交渉が不首尾に終わり、2000億ドル相当の中国製品への関税を25%に引き上げた場合、米企業は適用除外を申請することができるとの見解を示した。 自由貿易推進派のトゥーミー共和党上院議員に宛てた11日付の書簡の内容が明らかになった。 昨年9月以前に500億ドル相当の製品にかけられた25%の関税について米企業
カテゴリー:

「米国よ、アメリカの仮想通貨イノベーションを止めるな」=元米議会議員| 「SECは不明瞭」と批判 - 01月16日(水)09:07 

共和党出身の元米議会議員ジョージ・ネザーカット氏が、米政府は米国の仮想通貨イノベーションを守らなければいけないと主張し、SEC(米証券取引委員会)など規制機関のアプローチに苦言を呈した。
カテゴリー:

フランスのGilets Jaunes(黄色い蛍光ベスト)運動を考える - 01月17日(木)17:35 

今回は、Gilets jaunes運動が非難するマクロン大統領の政策について論考したい。結論から言えば、Gilets jaunes運動や極右や極左政党の思惑通りにマクロン大統領をすげ替えても、フランスにとって大きく効果の期待できる異なる他の経済政策の選択肢があるわけではないであろう。そもそも新自由主義者と非難されるマクロン大統領の経済政策は、マクロン氏に特異なものではなく、構造的な問題を長いこと解決できていないフランス経済(低投資、高失業、公務員天国による非効率など)を前提に行われてきた、共和党のサルコジ、社会党のオランド両大統領の企業向けの労働規制緩和と減税よる民間投資を喚起する経済政策(この政策自体は、イギリスなどを見るに間違ってはいない。イギリスはその後の問題に直面しているのだが、当初の問題は解決したと言える)の延長線にある。右派のサルコジ政権を否定した左派のオランド政権も、経済政策的には大きな相違はないのだが、左派であるので、公務員削減と国民の税負担の強化とバランスをとる為に、2013年に100万ユーロを超える年間所得のあるフランス人に75%の富裕税を課したが、個人や企業には国境を越えた移動の自由があるので、高所得者は当然フランスから逃避し、成果もあがらず、2015年に2年足らずで廃止されている。この富裕税の税収は、財政赤字を埋める上では、まったく役に立たず(この制度により...more
カテゴリー:

2019年米中貿易戦争はどう展開していくのか トランプ大統領と共和党では目的にズレも | 市場観測 | 東洋経済オンライン - 01月17日(木)05:40 

「金融市場はドナルド・トランプがアメリカ大統領である事実にようやく気づいた」。2008年の金融危機を的…
カテゴリー:

米司法長官候補、シリコンバレーの「巨大企業」に懸念 公聴会で証言 - 01月16日(水)15:53 

[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領が次期司法長官に指名したウィリアム・バー氏は15日、上院司法委員会の承認公聴会で、反トラスト法の執行を巡る議論の的となっているシリコンバレーの「巨大企業」に焦点を当てる考えを示した。 バー氏は司法委員会反トラスト小委員会のマイク・リー委員長(共和党)に対し「大きいということは必ずしも悪いわけではない」との見方を示した上で、「しかし、
カテゴリー:

米中協議、USTR代表は構造問題で進展ないと認識=共和党議員 - 01月16日(水)11:14 

[ワシントン 15日 ロイター] - 米共和党のグラスリー上院議員は15日、先週行われた米中通商協議について、通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が構造問題で進展は見られなかったと認識していると述べた。 1月末に閣僚級の協議が計画されていることも、関係筋の話で明らかになった。 グラスリー、ライトハイザー両氏は11日に会合。グラスリー議員によると、ライトハイザー代表は中国の米大豆購入について
カテゴリー:

米中協議、USTR代表は構造問題で進展ないと認識=共和党議員 - 01月16日(水)03:19 

米共和党のグラスリー上院議員は15日、先週行われた米中通商協議について、通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が構造問題で進展は見られなかったと認識していると述べた。
カテゴリー:

もっと見る

「共和党」の画像

もっと見る

「共和党」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる