「暗号資産」とは?

関連ニュース

少しづつでも暗号資産投資を始めたい方へ!少額購入・ポイントで入手できる暗号資産取引所とは - 09月28日(月)15:30 

2020年に入ってから投資への関心が高まったと世間では話題になりました。それは暗号資産でも酷似しておりコロナショック以降、暗号資産を購入したユーザーは47.9%という調査結果をCoincheckが発表しました。2020年3月13日にビットコインが一時45万円まで下落し、投資のチャンスと捉えたユーザーが多かったことが想定されました。 とはいうものの、暗号資産に対して懐疑的でなかなか投資に踏み切れない方もいらっしゃいます。暗号資産投資層は、約90%が他の金融商品への投資をしているとの報告もありますので、分散投資をするなど暗号資産が暴落したときでも影響が少なくなるようにしておくことは重要です。 ここでは、少しづつでも暗号資産投資を始めたい方に向けて、少額購入であったり、ポイントを活用して投資を気軽に始められるサービスを提供している暗号資産取引所をご紹介します。これから暗号資産投資を始めたい方はぜひ参考にしてみてください。 目次 貯めたTポイントをビットコインに交換できるbitFlyer 1-1. Tポイントをビットコインに交換できる 1-2. ふるさと納税にも対応!「ビットコインをもらう」サービス 公共料金の支払いでビットコインを獲得できるCoincheck 2-1. ビットコインが貯まる・使える「Coincheckでんき」 2-2. マクロミルポイントを暗号資産に交換できる 2-3....more
カテゴリー:

CryptoKittiesチームが手掛ける独自ブロックチェーンFlowはNFTをどのように進【フィスコ・暗号資産コラム】 - 最新株式ニュース - 09月28日(月)14:36 

以下は、フィスコ・マーケットレポーターのタマラ・ソイキナ(ツイッター@ crypto_russia)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。----※2020年9月28日に執筆最近日本の仮想通貨(暗号資産)取引所で新しく海外のブロックチェーンプロジェクトが上場する事例が増えてきました。日本ではあ
カテゴリー:

【元トレーダーが解説】移動平均線1本でビットコインのトレンドを把握する方法 - 09月28日(月)10:30 

これから暗号資産FXをしようと思っていても最初テクニカル分析の勉強で何からすればいいかわからない方も多いでしょう。ローソク足や移動平均線、RSIやストキャスティクス等のオシレーター等、基本的な知識をつけようと、勉強する方は多いと思います。 特に初心者にとって重要なポイントは「トレンドに沿ったトレードを行うこと」です。よく、「個人投資家は逆張りを好む」と言われますが、実は順張りトレードが一番心理的負担が少なく、資産運用として比較的利用しやすい手法です。 ここではトレンドに沿った順張りトレード手法の一つとして、移動平均線を1本だけ利用した方法をご紹介したいと思います。 目次 移動平均線とは 移動平均線を利用したトレンド判断 移動平均線を利用したシンプルな投資法 移動平均線はトレードに必須の判断材料 ①移動平均線とは 移動平均線とは設定した時間足における一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したものです。集計期間が長ければ長いほど移動平均線は緩やかな動きになります。逆に集計期間が短期なほど、直近のローソク足に沿って敏感な形になります。例として下記の移動平均線をご覧ください。 こちらは、ビットコインの日足チャートに移動平均線を表示したものです。黄色が「5日単純移動平均線」で、赤色は「25日単純移動平均線」です。 このように、5日単純移動平均線はより敏感に動いており、25日...more
カテゴリー:

マイニング可能な仮想通貨ビットコインは残り250万BTCに - 09月28日(月)07:30 

仮想通貨(暗号資産)ビットコインの全供給量2100万BTCのうち、マイニングできるビットコインの数が250万BTCを切ったことがわかった。
カテゴリー:

仮想通貨の上場投資商品(ETP)、9月に取引高が減少 | ビットコインの値動きが影響か - 09月26日(土)15:14 

デジタル資産データを手掛けるクリプトコンペア(CryptoCompare)による最近のレポートによると、仮想通貨(暗号資産)の上場投資商品(ETP)の総取引高が9月に大幅に減少した。
カテゴリー:

ビットコイン、海外の売りポジションは縮小【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 09月28日(月)15:04 

ビットコイン(BTC)は7月31日に120万円台に到達し、足元では110万円台で取引されている。もっとも取引量の多い米ドル建てでは10,000ドル台で推移している(コインマーケットキャップより)。一部国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(9月28日時点)では、前々週比で110万円台の買いが縮小した。一方、海外の大手取引所ビットフィネックスでは9月28日のショートポジ
カテゴリー:

仮想通貨ビットコインの強気の理由|23の要因から解説 - 09月28日(月)11:05 

偽名の仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)トレーダーが、ビットコインの中期的な強気を支える23の主要なテクニカルとファンダメンタル要因を解説した。
カテゴリー:

KuCoinのハッキング、取引所やプロジェクトが凍結や停止、リブートで続々対応|一部トークンはすでに売却か - 09月28日(月)08:26 

シンガポール拠点の大手仮想通貨(暗号資産)取引所KuCoinがハッキングされ、2億ドル(約210億円)以上の仮想通貨が流出したことを受けて、世界中の仮想通貨取引所や仮想通貨プロジェクトが、これらの仮想通貨が移動されることを防ぐ措置を講じている。
カテゴリー:

仮想通貨取引所KuCoinでハッキング、ホットウォレットからビットコインなどが流出 - 09月26日(土)16:13 

仮想通貨(暗号資産)取引所KuCoinでハッキング被害が発生した。KuCoinの公式発表によれば、同取引所のホットウォレットからビットコイン(BTC)、ERC-20トークンなどが外部に流出した。
カテゴリー:

インドの大手仮想通貨取引所、法廷枠組みを政府に提案 - 09月26日(土)08:00 

インドの大手仮想通貨(暗号資産)取引所BuyUCoinは、「インド国内すべてのステークホルダー」の指示を得たという、仮想通貨規制のフレームワークを提案すると明らかにした。このフレームワークは10月2日に公表されるという。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「暗号資産」の画像

もっと見る

「暗号資産」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる