「暗号資産」とは?

関連ニュース

TechCrunch Tokyo 2019スタートアップバトルのファイナル進出6社が決定 - 11月14日(木)22:53 

11月14日、15日に開催されるスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2019」。その中の目玉企画は、なんといってもスタートアップバトル。設立3年未満、正式ローンチが1年未満のプロダクト/サービスを持つスタートアップ企業が競うピッチコンテストだ。今年は過去最多となる約130社の応募があり、最終的に20社がファイナリストに決定。そして初日のファーストラウンドで6社が勝ち残った。 ファーストラウンド通過の順位はまだ明かせないが、実は審査員の総得点では、同得点で3位が3社、さらに同得点で6位が3社、そして2位から9位まで3点差というかなり熾烈な戦いだった。まず審査員の総得点でファイナル進出を決める5社は、1位、2位、3位3社の計5社で確定、残すは会場投票の1社。その会場投票でファイナル進出を勝ち取ったのは、同得点で6位に並んでいた3社の中の1社だった。結果的には、上位6社が選ばれたので順当な結果ともいえる。以下、ファイナルラウンド進出の6社を、ファイナルラウンドのピッチ順に紹介する。 チケット購入はこちらから Linc’well Linc’wellがプロデュースする診療所であるクリニックフォア田町では、オンライン予約システムやAIを取り入れた問診システムの活用、院内のオペレーションを効率化する電子カルテの導入などを通じて、患者の体験...more
カテゴリー:

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:11月14日更新【フィスコ・ビットコインニュース】 - 11月14日(木)10:13 

11月中旬~12月にかけての仮想通貨関連イベントをまとめている。12月9日には、ニューヨーク証券取引所を傘下とする米インターコンチネンタル取引所の仮想通貨関連子会社Bakktが、ビットコインの先物取引を基としたオプション取引の提供を開始する。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)も来年1月にビットコインのオプション取引を提供すると発表しており、12月以降に新サービスの提供が続く形となる。 【仮想通貨のイベントスケジュール:11月14日更新】 10月28日-11月15日:FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)の対日審査(開催地:日本) 11月7日-11月8日:リップル「SWELL2019」(開催地:シンガポール) 11月13日-11月14日:ブロックチェーン・エキスポ—ワールド・シリーズ(開催地:北米) 11月29日ロンドン時間午後4時:CMEのビットコイン先物11月物SQ(日本時間11月30日午前1時) 12月3日-12月4日:フィンテック・コネクト2019(開催地:イギリス) 12月4日前後:イーサリアム大型アップグレード「イスタンブール」メインネットでの起動 12月9日:Bakkt、ビットコイン先物を基としたオプション取引を提供開始(開催地:アメリカ) 12月27日ロンドン時間午後4時:CMEのビットコイン先物12月物SQ(日本時間12月28日午前1時)
カテゴリー:

市民税滞納で暗号資産差し押さえ(122円) 「金額は少額だが、暗号資産を悪用した資産隠しに抑止効果があると考えている」と寝屋川市 - 11月13日(水)21:35  newsplus

市民税滞納で暗号資産差し押さえ *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/20191113/2000022354.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 大阪・寝屋川市は、市民税など300万円余りを滞納している30代の男性に対し、 この男性の保有している暗号資産、いわゆる仮想通貨を差し押さえました。 市によりますと、税金の滞納で自治体が暗号資産を差し押さえるのは全国で初めてだということです。 寝屋川市によりますと、市内に住む30代前半の自称・自営業の男性は、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

仮想通貨差し押さえ122円分 全国初、大阪・寝屋川市 市税滞納で - 11月13日(水)20:29 

 大阪府寝屋川市は13日、市税を滞納している同市の30代の男性から仮想通貨(暗号資産)122円を差し押さえたと発表した。同市によると、自治体による仮想通貨差し押さえは全国初で、「今後も徴収手段の一つにしていきたい」としている。
カテゴリー:

GMOインターネットの19年1月-9月仮想通貨事業、営業利益は黒字転換【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 11月13日(水)14:24 

中小企業向けネットサービスを展開するGMOインターネット<9449>は12日、2019年12月第3四半期(19年1月-9月)の決算を発表した。累計売上高は前年同期比7.2%増の1470.13億円、営業利益は同15.1%増の199.30億円となった。マイニング事業や、暗号資産(仮想通貨)交換業を手がけるGMOコインの事業で構成される仮想通貨事業では、売上高が49.75億円と、前年(59.12億円)か
カテゴリー:

コインチェック、エアドロップで取得した仮想通貨「ステラルーメン」を付与へ【フィスコ・アルトコインニュース】 - 11月14日(木)10:20 

マネックスグループの子会社である大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは12日、新たに仮想通貨「ステラルーメン(XLM)」の取り扱いを開始した。これに伴い、ステラルーメンの発行元であるStellar Development Foundationから、同社が2017年6月に実施したエアドロップ(通貨発行元による仮想通貨の無料配布)にて受け取った約2800万XLM(約2億4000万円)を、当時のユーザーのビットコイン保有量に応じて配布することを明らかにした。 対象者は、『配布対象時点でコインチェックの「取引アカウント」「貸仮想通貨アカウント」「決済アカウント」において、ビットコインを保有している』、および『付与実施時点で同アカウントが通常通り利用できる状態となっている』、2つの条件に当てはまる者。また、貸仮想通貨アカウントにて貸出申請中、貸出中のビットコインも付与対象になるという。 約2800万XLMから手数料(付与に関して生じた費用等)を差し引いた後の数量を、付与対象者の配布対象時点のビットコイン保有量に応じて付与するとしており、2020年中に付与する予定と伝えている。 【関連URL】Coincheck 【関連記事】Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設
カテゴリー:

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:11月14日更新【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 11月14日(木)09:08 

11月中旬~12月にかけての仮想通貨関連イベントをまとめている。12月9日には、ニューヨーク証券取引所を傘下とする米インターコンチネンタル取引所の仮想通貨関連子会社Bakktが、ビットコインの先物取引を基としたオプション取引の提供を開始する。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)も来年1月にビットコインのオプション取引を提供すると発表しており、12月以降に新サービスの提供が続く形となる。【仮想通貨
カテゴリー:

市税滞納者の仮想通貨122円を差し押さえ 寝屋川市 - 11月13日(水)20:58 

 大阪府寝屋川市は13日、市税を滞納していた市内の30代の男性について、仮想通貨(暗号資産)122円相当を差し押さえた、と発表した。市は、自治体が仮想通貨を差し押さえるのは全国初と説明している。 滞納…
カテゴリー:

コインチェック、エアドロップで取得した仮想通貨「ステラルーメン」を付与へ【フィスコ・アルトコインニュース】 - 最新株式ニュース - 11月13日(水)16:07 

マネックスグループ<8698>の子会社である大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは12日、新たに仮想通貨「ステラルーメン(XLM)」の取り扱いを開始した。これに伴い、ステラルーメンの発行元であるStellar Development Foundationから、同社が2017年6月に実施したエアドロップ(通貨発行元による仮想通貨の無料配布)にて受け取った約2800万XLM(約2億4000万円
カテゴリー:

より簡便に、より安全に…加速するデジタル通貨研究 - 11月12日(火)17:00 

 デジタル通貨は、決済や送金が容易な上に、現金の管理コストを減らせるメリットがあり、世界的に利用が拡大している。ただし「ビットコイン」などの仮想通貨(暗号資産)は国家による価値の裏付けがないことから価格変動が激しい。世界に12億人以上のユーザーがいる中国の「アリペイ」のような電子決済は、多くが銀行口
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「暗号資産」の画像

もっと見る

「暗号資産」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる