「トランプ政権」とは?

関連ニュース

【米国】「トランプ政権、韓日歴史問題に中立…オバマ政権とは違う」 - 11月13日(火)12:49  newsplus

2018年11月13日 7時52分 中央日報 韓日間の慰安婦問題に積極的に介入したオバマ政権とは違い、トランプ政権は強制徴用問題をめぐり「厳正中立・不介入」姿勢を維持しようとしていると、東京の外交筋が12日伝えた。 この外交筋は「オバマ大統領は表面上では中立を表明しながらも安倍政権の歴史修正主義に非常に批判的だったし、慰安婦問題の解決を強く要請した」とし「しかし現在、米国政府は一方の肩を持たないのはもちろん、韓日の過去の問題自体に積極的に介入しないという姿勢」と話した。また「米国政府の関係者らがこうした...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプの「中国バッシング」に日本が絶対に乗ってはいけない訳 - 11月13日(火)04:30 

11月6日、ニクソン大統領補佐官を務め、トランプ政権で最高顧問的存在を担ったキッシンジャー氏が「米中覇権戦争の行方を基本的に楽観視」との新概念を発表しました。これを受け、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、この大物親中派の言動と中間選挙の結果から「米国の分断」を指摘し、日本がそれらに惑わされない為の2つのポイントを記しています。 キッシンジャーは、米中覇権戦争をどう見る? 「米中貿易戦争」が「覇権争奪戦」に転化してきた。「アメリカで親中派は絶滅した!」ともいわれ、「日本もガンガン中国バッシングを開始しろ!」と勇ましい主張をする人もいます。 私は、「アメリカ国内の親中派が全滅した」という見方にとても懐疑的。中国で儲けているアメリカ企業は、全面戦争(戦闘はなくても)には反対でしょう。そして、6日に行われたアメリカ中間選挙。上院は共和党勝利、下院は民主党勝利だった。そして民主党内には親中派がとても多い。 共和党にも親中派はたくさんいます。代表的な「大物」は、キッシンジャー元国務長官でしょう。キッシンジャーは、95歳になった今も現役。彼がのぞめば、習近平にもプーチンにも会うことができる。そして、「トランプが勝てたのはキッシンジャーのおかげ」という人もいます。 そんなキッシンジャーは、今の「米中覇権戦争」についてどう考えているのでしょうか?...more
カテゴリー:

【米国】サウジ記者殺害 ポンペイオ国務長官「関与した全員に責任とらせる」 - 11月12日(月)15:06  newsplus

アメリカのトランプ政権は、サウジアラビア人ジャーナリストが殺害された事件で、ポンペイオ国務長官が、サウジアラビアのムハンマド皇太子と電話会談を行い、事件に関わったすべての人物に責任をとらせる考えを伝えたと明らかにし、事件の真相究明を求める姿勢を示す狙いがあるとみられます。 アメリカ国務省は11日、ポンペイオ国務長官がサウジアラビアのムハンマド皇太子と電話会談を行ったと発表しました。 ポンペイオ国務長官は、サウジアラビア人ジャーナリストの殺害に関わったすべての人物に責任をとらせる考えを強調し、サ...
»続きを読む
カテゴリー:

米民主党、AT&Tとアマゾンへの米政権の対応を調査へ - 11月12日(月)09:41 

先の米中間選挙で下院の多数派を奪還した民主党は、トランプ政権が通信大手AT&Tによるメディア大手タイム・ワーナー買収の阻止を目指していることに関して調査を実施する構えだ。幹部議員や側近が11日、明らかにした。
カテゴリー:

日曜経済講座 試される対中「注文外交」 中間選挙後の米中をにらんで 中部大特任教授 細川昌彦 - 11月11日(日)14:45 

 米国の中間選挙の結果を受けて、トランプ政権の対外政策にどのような影響があるかが注目されている。米中関係については、今月末からの20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせた首脳会談の可能性もあり、何らかの落としどころを探る動きがあるのか。
カテゴリー:

米のINF全廃条約破棄で“沈む”中国 - 11月13日(火)08:50 

 米トランプ政権がINF(中距離核戦力)全廃条約の破棄に動いている。米国とソ連(現ロシア)で結ばれた歴史的な核軍縮条約をいまさら破棄する理由について米専門家は、狙いは露ではなく、軍拡著しい中国を睨んだものだと指摘している。
カテゴリー:

トランプ政権、為替でも対日圧力警戒必要=三菱UFJ内田氏 - 11月12日(月)23:15 

三菱UFJ銀行の内田稔グローバルマーケットリサーチ チーフアナリストは12日のプレミアム・ニュースセミナー(リフィニティブ主催)に参加し、米中間選挙を受け、トランプ政権が通商や為替で対日圧力を強める可能性があると指摘した。
カテゴリー:

米民主党、AT&Tとアマゾンへの米政権の対応を調査へ - 11月12日(月)09:41 

先の米中間選挙で下院の多数派を奪還した民主党は、トランプ政権が通信大手AT&Tによるメディア大手タイム・ワーナー買収の阻止を目指していることに関して調査を実施する構えだ。幹部議員や側近が11日、明らかにした。
カテゴリー:

トランプよりヤバいアメリカ最高裁「保守化」 アメリカ人が本当に恐れているのはこっち | アメリカ | 東洋経済オンライン - 11月12日(月)06:00 

トランプ政権発足後、その政権の真価が問われると言われた中間選挙が終わった。結果は周知のとおり、上院…
カテゴリー:

【米国】中国主導の一帯一路に対抗、米がインド太平洋諸国、インフラ整備に6・8兆円の支援 APECで - 11月10日(土)22:15  newsplus

【ワシントン=黒見周平】ペンス米副大統領は、パプアニューギニアで17日から開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、インド太平洋諸国を中心とした社会基盤(インフラ)整備のため、最大600億ドル(約6兆8000億円)の支援を行うことを表明する。米政府関係筋が明らかにした。 ペンス氏は首脳会議で演説し、米中間選挙後のトランプ政権の対中国政策として、日本や豪州と連携し、中国主導の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する考えを打ち出す見通しだ。トランプ政権は中国に対し、南シナ海での米海軍によ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ政権」の画像

もっと見る

「トランプ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる