「トランプ政権」とは?

関連ニュース

東アジアの大型経済連携協定 交渉会合が始まる 東京 - 06月25日(月)11:39 

日本や中国など、16か国が参加する大型の経済連携協定、RCEP=東アジア地域包括的経済連携の交渉会合が、25日から東京で始まりました。アメリカのトランプ政権が保護主義的な政策を打ち出す中、自由貿易の推進に向け、どこまで交渉を進展させられるかが焦点です。
カテゴリー:

琉球新報「米国が国連人権理を離脱。弱腰日本よ復帰を促せ」 - 06月25日(月)08:58  news

<社説>米の国連人権理離脱 独善に日本は翻意促せ トランプ米政権の独善は、ここに極まれりと言えよう。 国際社会の協調主義に背を向け、孤立化を深める態度は、決して認められない。大国としての責任放棄である。 米国が国連人権理事会からの離脱を表明した。「イスラエルへの慢性的な偏見がある」というのが理由だ。 人権理はイスラエルによるパレスチナ自治区ガザでの軍事作戦を非難する決議を繰り返し採択してきた。 トランプ政権はこれを「北朝鮮やイラン、シリアを合わせたよりもイスラエルへの非難決議が多かった。政...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国】サンダース大統領報道官、反トランプ派のレストランから退店させられる 同性愛者従事の店主が不法移民対策を批判 - 06月24日(日)17:43  newsplus

サンダース米大統領報道官、反トランプ派のレストランから退店させられる サラ・サンダース米大統領報道官(2018年6月14日撮影)。(c)AFP PHOTO / NICHOLAS KAMM AFP 2018年6月24日 13:20 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ] http://www.afpbb.com/articles/-/3179750 【6月24日 AFP】米ホワイトハウス(White House)のサラ・サンダース(Sarah Sanders)氏がバージニア州のレストランを食事に訪れたところ、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の報道官だという理由で退店を求められる出来事があった。以降、こ...
»続きを読む
カテゴリー:

料理店が報道官を入店拒否 「トランプ政権で働いているから」 - 06月24日(日)14:40 

サンダース米大統領報道官は23日、米バージニア州レキシントンのレストランを前夜訪れた際、女性経営者がトランプ大統領の下で働いていることを理由に入店を断ったとの一幕を明かした。 同報道官はツイッター上で、拒まれた後、丁重に立ち去ったと述べた。「女性経営者の今回の行動は私自身より彼女自身についてはるかに多くのことを物語っている」とし、「意見が異なったにしても私は常に最善を尽くして人々に接しているし...
カテゴリー:

「不法移民親子分断」に非難殺到。トランプは不法移民が米国に向かわざるを得ない理由を知るべき - 06月23日(土)15:55 

 今年4月から広く行われるようになった不法移民の親子を別々に収容するトランプ政権の措置に国内を始め世界から「非人道的だ」として厳しい批判が集まっている。それを受けて、トランプ大統領はこの措置を撤回して親子が一緒に収容され […]
カテゴリー:

裁判抜きでの送還主張=不法移民対策で米大統領 - 06月25日(月)09:00 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は24日、ツイッターに「米国に侵入する連中は、誰であれ許さない。裁判抜きで即刻送り返さなければならない」と投稿した。米国への不法入国者に関し、司法手続きを省略して送還する考えを示したと解釈でき、難民申請の権利を無視するものだと批判の声が上がっている。 米国への不法入国者の多くは難民申請し、いったん釈放された後、裁判官の審理に出廷せず不法滞在を続けるケースが後を絶たなかった。これを問題視したトランプ政権は5月、不法入国した成人を釈放せず、難民申請の有無にかかわらず刑事裁判にかける政策を導入。その結果、親子が引き離される事態が増えた。 批判を浴びたトランプ氏は今月20日、親子を同じ施設に収容するよう命じる大統領令を出した。ただ、親子を一緒に収容した場合、未成年の長期拘束を禁じた司法判断に抵触する可能性が高い上、収容施設の不足が見込まれる。トランプ氏が主張する不法入国者の即時送還が実行されれば、そうした事態は防げる。 米国では、不法入国者が入国から2週間以内に国境から約161キロ以内で拘束された場合、当局は裁判手続きを省略して送還できる。ただし、その場合も難民申請すれば裁判官が審査しなければならず、即時送還は申請の権利の侵害と見なされる可能性がある。 【時事通信社】
カテゴリー:

トランプ和平案「ほぼ完成」=パレスチナ同意なく公表も-クシュナー氏 - 06月24日(日)19:09 

 【エルサレム時事】トランプ米大統領の娘婿で中東和平仲介を担当するクシュナー大統領上級顧問は、24日付のパレスチナ紙アルクッズのインタビューで、トランプ政権がまとめているイスラエルとパレスチナの和平案が「ほぼ完成した」と語った。内容など詳細は明かさなかった。 イスラエル寄りのトランプ政権に反発し、パレスチナ自治政府のアッバス議長は米国との協議に応じず、和平案拒絶を明言している。クシュナー氏は「議長に取引に乗り出す能力と意思がどれだけあるのか疑問だ。彼の論点は過去25年間変わっていない」と批判。「議長が交渉の席に戻らなければ、和平案を公に提示することになる」と述べ、パレスチナ側の同意なしに一方的に公表する可能性を示唆した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米国民6割、同盟国への関税に反対 CNN世論調査 - 06月24日(日)17:41 

トランプ政権が打ち出す輸入制限措置の問題で、米国民の60%が米国の親密な同盟国に対しては自国産業保護のための追加関税などを課すより友好関係の維持が好ましいと判断していることが最新世論調査結果で24日までにわかった。 追加関税や自国産業の保護を優先事項としたのは25%だった。今回調査はCNNの委託を受けた米世論調査企業「SSRS」が実施した。 トランプ大統領の外交政策の支持率は39%で、今年5月...
カテゴリー:

【朝鮮戦争】遺骨返還は「戦争の完全な幕引き」 米朝会談の成果と米国側は歓迎の声 - 06月23日(土)23:05  newsplus

https://www.sankei.com/smp/world/news/180623/wor1806230038-s1.html 遺骨返還は「戦争の完全な幕引き」 米朝会談の成果と米国側は歓迎の声  朝鮮戦争勃発68年2018.6.23 21:36  米国にとり、朝鮮戦争に関して現在も懸案となっているのが、戦場で行方不明となったり捕虜収容所で死亡したりした米兵の遺骨返還だ。シンガポールでの米朝首脳会談で北朝鮮が戦争捕虜や行方不明米兵の遺骨の返還を表明したのを受け、退役軍人などからは「戦争の完全な幕引き」につながるとして歓迎する声が広がっている。  トランプ米大統領が...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍世界撤退戦略が始まるかもしれないわけだが、在日米軍は残留か撤退かどっちがいい? - 06月23日(土)02:00  news

[21日 ロイター] - 北朝鮮との交渉の一環として、米韓合同軍事演習を中止するとのトランプ米大統領の予想外の発表は、国防総省と韓国政府を驚愕(きょうがく)させた。 しかしこの動きを最も警戒しているのは、アジアと欧州の主要米同盟国だろう。米国が同盟国の防衛にカネを使いすぎているとのトランプ大統領の発言にすでに神経質になっていたからだ。 米軍の訓練活動がどの程度中止されるかはまだはっきりしていないものの、その中には8月に予定されていたいくつかの大規模演習が含まれるようだ。 とりわけこの2年、米国は...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ政権」の画像

もっと見る

「トランプ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる