「インフレ」とは?

関連ニュース

中国のインフレリスク「制御可能」、妥当な物価上.. - 10月16日(土)04:45 

中国のインフレリスク「制御可能」、妥当な物価上昇を予測-人民銀
カテゴリー:

【債券週間展望】長期金利に低下圧力、インフレ懸.. - 10月15日(金)19:52 

【債券週間展望】長期金利に低下圧力、インフレ懸念後退で押し目買い
カテゴリー:

ウェルスナビとTHEO+docomoどっちが良い?利回りや手数料、実績を徹底比較 - 10月15日(金)17:08 

将来の資産形成手段として、ロボアドバイザーを検討する方や利用し始めている方が増えています。 この記事では大手が提供するロボアドバイザーサービスのウェルスナビとTHEO+ docomoのどちらを選べばよいかについて、「利回り」「コスト」「最低投資額」などさまざまな視点から徹底的に比較します。ロボアド選びの参考としてぜひご活用ください。 ウェルスナビのウェブサイトを見る 目次 ウェルスナビとTHEO+docomoの概要 1-1.ウェルスナビとは 1-2.THEO+docomoとは ウェルスナビとTHEO+docomoを徹底比較 2-1.投資戦略の比較 2-2.ポートフォリオの比較 2-3.コスト面(手数料)の比較 2-4.利回りの比較 2-5.最低投資額の比較 2-6.節税機能の比較 どっちのロボアドを選べばいいの? 3-1.ウェルスナビが向いている人 3-2.THEO+docomoが向いている人 まとめ 1 ウェルスナビとTHEO+docomoの概要 まずは、ウェルスナビとTHEO+docomoのサービス概要、それぞれの運営企業について簡単にご紹介します。 1-1 ウェルスナビとは ウェルスナビは投資一任型のロボアドで、ウェルスナビ株式会社が提供しているサービスです。投資一任型とは、顧客の年収や資産額などの投資環境、投資を行う場合のリスク許容度を自動的に判定、個人に最適な運用プラ...more
カテゴリー:

欧州ガス高騰、インフレへの影響は #エネルギー #.. - 10月15日(金)16:40 

欧州ガス高騰、インフレへの影響は #エネルギー #インフレ
カテゴリー:

半導体関連主導の上昇で29000円を回復 - 最新株式ニュース - 10月15日(金)15:59 

 日経平均は大幅に続伸。517.70円高の29068.63円(出来高概算11億4000万株)と終値ベースでは9月末以来の29000円を回復して取引を終えた。米国の過度なインフレや景気減速懸念が後退し、主要株価指数が上昇したことから、半導体関連などの主力株を中心に買いが先行して始まった。買い一巡後はこう着感の強い値動きを見せていたものの、前引けにかけて上昇幅を広げた。その後は29000円の大台を目前
カテゴリー:

欧州ガス高騰、インフレへの影響は #エネルギー #.. - 10月15日(金)23:20 

欧州ガス高騰、インフレへの影響は #エネルギー #インフレ
カテゴリー:

欧州ガス高騰、インフレへの影響は #エネルギー #.. - 10月15日(金)19:15 

欧州ガス高騰、インフレへの影響は #エネルギー #インフレ
カテゴリー:

インフレは「明らかに一時的なものではない」-B.. - 10月15日(金)16:53 

インフレは「明らかに一時的なものではない」-BofAモイニハン氏
カテゴリー:

山本太郎 「全国民に 、10万円を、毎月くばる」 なんでこれが支持されないんだ?みんなお金欲しくないの? - 10月15日(金)16:17  poverty

山本太郎 コロナ収束まで全国民に一人当たり10万円を毎月給付 これをやると毎年144兆円かかるわけです、年間の国の予算を上回ってますよね そうなった場合に国は破綻するのか、実行可能なのかというのを試算してもらったという話なんです 参議院調査情報担当室に毎年144兆円配ったらインフレ率がどのくらいになるか試算してもらったんです なぜインフレ率かというと国がどれだけお金を刷れるかというのは金額じゃなくてインフレ率で決まるんですね、インフレ率2% 結果がこちらです 144兆円毎年配れるってことがはっきりし...
»続きを読む
カテゴリー:

【株価 10/15】東証大引け 続伸し517円高、2週ぶりに2万9000円台回復 円安追い風【前日比517円70銭(1.81%)高】 - 10月15日(金)15:57  bizplus

15日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比517円70銭(1.81%)高の2万9068円63銭で終えた。9月30日(2万9452円66銭)以来、約2週間ぶりの高値となった。前日の米株式市場で主要3指数がそろって上昇した流れを受け、東京市場でも運用リスクが取りやすくなったとみた投資家が幅広い銘柄に買いを入れた。外国為替市場で円安・ドル高が進み、採算改善への期待が自動車など輸出関連株の追い風となった。 14日発表の9月の米卸売物価指数(PPI)は市場予想を下回り、過度なインフレ懸念が後退した。同日の米株式市場では主要企業の好...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる