「個人差」とは?

関連ニュース

【朗報】児童ポルノ所持に無罪 大阪地裁「写真では18歳未満か疑い残る」 - 04月19日(金)14:14  poverty

児童ポルノ所持に無罪 大阪地裁「写真では18歳未満か疑い残る」 児童の性的動画を持っていたなどとして児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪などに問われた男(53)の判決で、大阪地裁の松本英男裁判官は「被写体が18歳未満か合理的な疑いが残る」として、同罪を無罪(求刑・懲役8カ月)とした。  男は2022年3月、スマートフォンに児童ポルノの動画を保存していたなどとして起訴された。被写体が誰なのかは特定されておらず、「動画に映っている女性が18歳未満か」が争点だった。  捜査現場では児童ポルノかどうかを判断する場...
»続きを読む
カテゴリー:

<目安を知りたい>小学校中学年、朝の準備にどれくらい親が手を貸している?え、朝ごはんまで!? - 04月18日(木)13:25 

小学生になり毎日学校に登校するリズムができてくると、幼稚園や保育園の頃とちがって朝の身支度に時間がかからなくなるのではないでしょうか。さらに小学校中学年にもなると、子どもも朝の準備に慣れ、自分でできることは自分でするようになるかもしれません。なかには、徐々に親のサポートを減らす家庭もあるでしょう。ママスタコミュニティにもあるママからこんな投稿が寄せられました。 『小4くらいになると、大体一人で自分のことができるようになりますよね。朝ごはんも簡単な物なら自分で作れるし、水筒も自分で用意できるし、朝の支度や髪を整えるのも自分でやれます。どこまで親が手伝いますか? 朝ごはんと水筒の用意は親の役目だと思いますか?』 投稿者さんには小学4年生になる娘さんがいます。彼女は自分のことは自分でしたいタイプで、ときおり自分で食べたい朝ごはんは自ら作ることもあるようです。投稿者さんは自立していく娘さんを見て親がどこまでサポートすればいいかわからず、ママスタに質問したようです。投稿者さん自身は親がやりすぎてもよくないし、全部子どもにやらすのもよくないと考えているようですが、ママスタコミュニティのママたちはどうでしょうか。ママたちの声を紹介します。 朝ごはんの支度は主に親がするかな 『朝ごはん以外は自分でやっているかな。水筒は気が向いたらやってあげる』 『朝ごはんを作ってあげるのは当たり前』 『朝ごはん...more
カテゴリー:

<反抗期?>子どもが授業参観の手紙をわざと渡さないみたい。自主性を信じる?問いただす? - 04月16日(火)19:25 

子どもの授業参観は、親が学校での子どもの様子を見られる数少ない機会のひとつです。そのため参観を楽しみにしている親御さんもたくさんいることでしょう。しかし子どもからすれば、親が学校に来るのがイヤだと思うこともあるようです。ママスタコミュニティのあるママからこんな相談がありました。 『授業参観があることを、子どもが隠しています。先日、ほかのお母さんと話していて知りました。参観日の手紙を配られてすぐのタイミングだったので、たまたま子どもが出し忘れているだけかもしれないと思っていましたが、どうやらわざと渡していない気がします。日程は知っているので行くことは可能です。子どもから言い出すのを待っているのですが……』 学校からは授業参観の手紙が出ているようですが、子どもからそれを渡されていない投稿者さん。もしかしたら出し忘れているだけなのかもしれませんが、一方でわざと出していないのでは? という不安も抱えています。そのような投稿者さんの気持ちがわかるママもいて、コメントが寄せられました。 子どもの自主性を信じたいけれど…… 『子どもは来てほしくないのかな? と様子見をしたい投稿者さんの気持ちはわかるな。できれば自主的にプリント出して欲しいよね』 子どもが授業参観の手紙を出さないということは、親に来てほしくない気持ちがあるのではないか。そう考えてしまうものですね。これまでは手紙を出していたならば...more
カテゴリー:

長い夏と短い冬は常態化 服に求められるもの - 04月12日(金)08:59 

個人差がある体感だが、自分は暑さが苦手だ。コートをまったく着ない冬があるほど寒さに鈍感だが夏には大汗をかき、とある稽古事で先生から「あなたの周りに池ができる」と揶揄(やゆ)されたこともある。それだけに長くなった夏に辟易(へきえき)する。  温暖化に伴う気候変動は従来の季節MDを過去のものにした。来季は元に戻るかもしれないと、手をこまねいているうちに、春と秋は影が薄くなり、長い夏と短い冬は常... このコンテンツは FASHIONSNAP が配信しています。
カテゴリー:

《視点》基底 - 04月09日(火)06:23 

 個人差がある体感だが、自分は暑さが苦手だ。コートをまったく着ない冬があるほど寒さに鈍感だが夏には大汗をかき、とある稽古事で先生から「あなたの周りに池ができる」と揶揄(やゆ)されたこともある。それだけに長くなった夏...
カテゴリー:

<正社員からパートへ?>体調を崩しがちな子どもに寄り添うために働き方を変えるべき? - 04月19日(金)13:25 

仕事と家事育児を両立するのは簡単ではないでしょう。特に正社員の場合は、拘束時間が長かったり責任が重かったり、家庭とのバランスに葛藤するママも多いのではないでしょうか。今回ママスタコミュニティに寄せられたのは、正社員で事務職として働くママのお悩みです。 『下の子どもが小学生になりましたが、体調不良や学級閉鎖などで休みが続いています。今までは実家の母に体調不良時のサポートを頼んでいましたが、母も体調が悪くなりサポートをお願いできない環境になりました。旦那は週1の在宅勤務ができるので、そこで協力を得ています。これから学年があがれば、だんだんと心身ともに強くなるのは上の子のときで経験済ですが、今、自分が正社員からパートに変えて下の子に寄り添うべきなのか、とても悩んでいます。実際に正社員からパートに変えた方はいますか?』 投稿者さんのお子さんは、体調不良などが重なり小学校を休みがちとのことです。そうなると投稿者さんか旦那さんのどちらかが、仕事を休むことになるでしょう。旦那さんも一部協力はあるようですが、基本は投稿者さんが仕事の調整をしている様子です。 また職場では投稿者さん以外に子どもがいる人はいないとのこと。上司や同僚は気にしないでと言ってはくれるものの、ありがたい状況だけに投稿者さんはかえって悩みを深めているのかもしれません。周囲の目を気にして休んだり謝ったりすることにも疲弊していると...more
カテゴリー:

鳥栖市のがんサロン初会合 NPO「クレブスサポート」が開設、県内9カ所目 - 04月17日(水)18:00 

がん医療の発展やがん患者のサポートに取り組むNPO法人クレブスサポート(吉野徳親理事長、佐賀市)が鳥栖市に県内9カ所目となる「がんサロン」を設け12日、初会合が開かれた。 闘病しながら移動販売「ユキチャンキッチン」に取り組む秋吉由紀さん(46)=みやき町=が代表世話人となって運営する。初回は他会場の世話人らを含め10人が参加し、抗がん剤の効き方の個人差などについて体験談を話し合った。
カテゴリー:

<定義がわからん>地頭の良い子って結局どのような子?いつ頃から地頭が良いとわかる? - 04月15日(月)09:30 

「言葉を覚えるのが早い」「パズルが得意」などといったわが子の様子から「うちの子は頭がいいかも」と思ったことはないでしょうか。逆に理解が遅かったり、記憶力が悪かったりすると「頭がよくないかも」と不安になった人もいるでしょう。ママスタコミュニティにあるママから「頭の良さ」にまつわる質問が寄せられました。紹介します。 『うちの子は2人とも塾に行っていないのに、学校のテストはほぼ100点。学級代表もする子だから、周りのママさんからは頭が良いと思われているみたい。でも、地頭が良いわけでは絶対にないことは、母親の私が一番よくわかっています。ひらめきや勘の良さみたいなものは一切ない。地頭が良い子って、いつ頃からわかりますか?』 投稿者さんのお子さんは小学生。塾のサポートなしでテストの点数がほぼ満点とはすごいですね。しかも学級代表になるほどなので、人望もあるのでしょう。ただし、投稿者さんはわが子のことを「地頭がいいわけではない」と感じています。おそらくテストに向けて、お子さんが一生懸命勉強をがんばっている姿を見ているのでしょうね。ちなみに投稿者さんが考える地頭の良さは、ひらめきや勘の良さ。地頭の良さも人によって解釈が異なり、ママスタコミュニティでにぎわっていましたよ。ママが考える地頭の良さとは? ママたちの声を紹介します。 ママたちが考える地頭の良さとは? 『普段宿題以外の勉強をやってないのに、...more
カテゴリー:

激辛やホラー、絶叫マシンに快楽を覚える「良性マゾヒズム」とは? - 04月09日(火)12:00 

「人生楽ありゃ苦もあるさ」とはいうものの、できれば苦しみや悲しみ、恐怖や痛みは避けて通りたいものでしょう。 しかし中には、こうしたネガティブ体験を積極的に求める人たちがいます。 例えば、肉体的暴力や罵詈雑言を浴びることで性的快楽を覚える「マゾヒズム」がそうです。 ただマゾヒズム性向は過激になればなるほど、心身へのダメージが大きく、病的な精神疾患になりやすいものとして懸念されています。 その一方で、病的ではなく、むしろ精神にポジティブな作用を与える「良性マゾヒズム」というものが存在します。 これは例えば、ホラー映画を観たり、激辛料理を食べたり、絶叫マシンに乗ったりと、一般には不快な感情を誘発するものに対して快楽を覚える性向のことです。 これらは広く一般的に娯楽として受け入れられていながら、「絶対無理!」という人たちも存在します。そこには、その人が良性マゾヒズムかそうでないかという点が重要になってくるのです。 苦痛を受けるという点では性的マゾヒズムと同じですが、では良性マゾヒズムが性的マゾヒズムと一線を画す部分はどこにあるのでしょうか? 目次 良性マゾヒズムの核心は「安全圏」にあること良性マゾヒズムはどのレベルの感情刺激を好むのか? 良性マゾヒズムの核心は「安全圏」にあること 良性マゾヒズム(Benign masochism)とは、米ペンシルベニア大学(University of...more
カテゴリー:

<失礼な新米ママ?>お宮参りで義母に赤ちゃんを抱っこさせなかったら旦那が激怒。マズい対応だった? - 04月07日(日)19:25 

赤ちゃんが生まれて1ヶ月ほどになると、お宮参りをする家庭も少なくないでしょう。義両親や実両親に出席してもらうケースだと、ちょっとしたトラブルが起きてしまうこともあるようです。ママスタコミュニティのあるママからこんな投稿がありました。 『お宮参りのとき義母に赤ちゃんを抱っこさせなかったら、旦那に「お母さんが可哀想じゃないか」と言われた。神主さんに「おばあちゃん、抱っこしますか?」と聞かれたけれど、私が抱っこしたのが不満だったらしい。旦那には、生まれてから一度も抱っこさせていなかったんだからと怒られた。産後の気持ちが不安定な時期で、義両親を避けていたという事情もあるけれど、私の態度は間違いだった?』 赤ちゃんが生まれると、義両親や実両親も赤ちゃんを抱っこしたいと思うことでしょう。しかしママの気持ちが不安定になっていると、それを拒否したい感情が生まれてしまうこともあるのではないでしょうか。投稿者さんの場合も、お宮参りの際に義母に赤ちゃんを抱っこさせたくないと感じてしまったようです。ただ旦那さんとしては、その行動に納得できない部分があったのでしょう。このような場合、他のママたちはどう考えるのでしょうか。 産後のママの感情を優先してもよい! 『抱かせたくなければ抱かせなくてよい。抱いてもらいたいと思ってもらえる義母ではないということなのだから』 『私は我慢して抱っこさせたけれど、すごく嫌だ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる