「予備校」とは?

関連ニュース

2022年の通信講座人気ランキングを発表!子どもに関する資格講座が1位&2位独占 - 02月01日(水)11:00 

大学受験予備校「四谷学院」の手がける通信講座が、2022年の人気講座ランキングを1月26日(木)に発表しました。合格実績の高い保育士資格試験対策講座や、発達障害児支援士資格認定講座など、子育て経験をキャリアにつなげることのできる講座が上位にランクインしました。教育(予備校・個別指導教室・通信講座)を手掛ける、ブレーンバンク株式会社(所在地:東京都新宿区四谷、代表取締役:植野治彦)が展開する「四谷学院通信講座」が、2022年の年間人気ランキングを1月26日(木)に発表しました。四谷学院通信講座 年間人気ランキング【概要】ランキング対象期間:2021/1/1~2021/12/31ランキング対象:上記期間における申込数・資料請求数・問合せアクセス数ランキング結果ページURL:https://yotsuyagakuin-tsushin.com/ranking_year/________________________________________■トップ5は資格取得を目指す講座が多くランクイン1位 保育士試験対策講座2位 発達障害児支援士資格認定講座3位 宅建(宅地建物取引士)資格対策講座4位 ボールペン字講座5位 高卒認定試験(高認)対策講座-----上位5講座は、保育士や宅建などの国家資格の取得を目指す講座がランクイン。景気の変動に強い国家資格は根強い人気の中、全国平均の3.5倍(保...more
カテゴリー:

四谷学院の春期講習がオンライン校を含む全国32の校舎でスタートします! - 02月01日(水)10:00 

独自の「ダブル教育」システムによる、きめ細かい指導が特長の四谷学院(経営母体:ブレーンバンク株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:植野 治彦)は、2023年3月11日よりオンライン校を含む全国の32校舎で「春期講習」を開講します。 2月1日より先着受付開始!▼四谷学院 春期講習https://www.yotsuyagakuin.com/shortcourse/spring/■ 四谷学院の掲げる「春期講習の3つの目的」四谷学院では、(1)勉強の「指針」、(2)「勉強スタイル」の確立、そして(3)志望校合格に向けた「流れ」を作る、という3つを春期講習の目標として掲げています。■四谷学院の春期講習のテーマ四谷学院の春期講習では、「正しい勉強の仕方とは何か」をテーマに、学習プログラムを用意。学力が伸びるのにはそれなりのワケがあります。正しい勉強ができない人は、いくら努力しても時間を浪費するだけ。いろいろな問題に柔軟に対応できる本物の学力を身につけるためには、正しい勉強の仕方を行う必要があります。■スタートダッシュで差をつける勉強態勢を確立させる絶好のチャンスは「春」。新年度は、まずこれまでの自分を振り返り、問題点を洗い出し、目標に向かってまっしぐらに進んでいく『流れ』を作ることが必要です。この『流れ』をつかめば、今後、学力の伸びが加速させていくことができるというわけです。■春期講習プラ...more
カテゴリー:

野村昭嘉(佐賀市諸富町出身)回顧展 制作ノートから迫る発想の原点 - 01月31日(火)13:30 

太古の壁画のようなざらりとした絵肌が魅力的な早世の画家野村昭嘉(1964~91年)=佐賀市諸富町出身=の大規模な回顧展が佐賀市で開かれている。数々の作品や制作ノートなどから、未来と過去を融合させたような不思議な魅力に迫っている。 野村は佐賀北高を卒業後、画家を志して上京、美大受験予備校に入学した。東京の下宿先に隣接する工事現場の事故によって倒壊したクレーンの下敷きになり、26歳で亡くなった。 日本イラストレーション展で銅賞をとるなど、これからの活躍が期待されていた。
カテゴリー:

バレンタインはチョコレートに勉強プラス! オンライン学習教材「デキタス」が、2月4日より会員限定イベント『バレンタイン・ミッション』を実施します。 - 01月31日(火)13:00 

株式会社城南進学研究社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:下村勝己)が運営する小中学生対象のオンライン学習教材「デキタス」は、2023年2月4日(土)から2月13日(月)に、デキタス会員向けイベント『バレンタイン・ミッション』を開催いたします。『バレンタイン・ミッション』は、アバターや景品と交換できる「デキタポイント」を目標に、楽しく勉強に取り組めるイベントです。すべての教科をバランスよく勉強して、3日ごとに追加されるミッションをクリアすると、それぞれ100デキタポイントとキーワードがもらえます。もらったキーワードを並べ替えて極秘ミッションに挑戦し、それもクリアするとさらに300デキタポイントがもらえます。新型コロナウイルスの影響もあり、在宅で学習できるオンライン教材は普及が進んでいます。しかし、「楽しみながら学べる」教材は、そう多くありません。学校と違って誘惑が多いご家庭で集中して学習を習慣づけるために必要なのは、まず勉強を「楽しい」と思ってもらうこと。「デキタス」では、「苦手な問題がデキタ!」「難しい問題がデキタ!」など、子どもたちの「デキタ!」が日に日に増えて、「学ぶ楽しさ」を実感してもらえるイベントを定期的に開催し、お子さまの学習意欲を後押しします。【イベント開催期間】2023年2月4日(土)~2月13日(月)【イベント内容】下記期間内にすべての教科をバランスよく勉強して、...more
カテゴリー:

関西の私大、一般入試が本格スタート 関西学院大や立命館大など - 02月01日(水)10:10 

 関西大、関西学院大、立命館大などで1日、一般入試が始まり、関西の私立大は本格的な受験シーズンに入った。同志社大では4日から始まる。大手予備校によると、上位校の志願者数は堅調に推移。経済情勢などの不透明感から、成績上位層が難関大に挑戦する傾向が続いているという。
カテゴリー:

大学受験予備校の「四谷学院」新CMを2月1日よりスタート!WEBにて限定動画も公開中 - 02月01日(水)09:00 

「55段階個別指導」と「科目別能力別授業」の「ダブル教育」システムの大学受験予備校四谷学院(経営母体:ブレーンバンク株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:植野 治彦)は、2023年2月1日より新CMを公開開始しました。WEBでは限定動画も公開中です。■四谷学院新CMhttps://www.yotsuyagakuin.com/cm/四谷学院の卒業生が自分の言葉で語るCM。「四谷学院は、ここが違う。」をテーマに話してくれています。先輩方が四谷学院をどう活用し、どのように学力を伸ばしていったのか?実際に合格を勝ち取った先輩からの生の声をご覧ください。■今年のCMは全部で13人の生徒が登場!TVCMとWEB限定バージョンを含めて、全部で13人の生徒たちが登場します。東京大学文科二類に合格した大倉さんは、「55段階はニガテ発見器」と名付け、穴をなくして、受験に必要な学習範囲をすべてカバーできた!と語ってくれました。京都大学工学部に合格した角田くんは、面白いくらい成績が上がって「俺スゲー」と思ってしまったと教えてくれました。合格を勝ち取った先輩方の言葉や表情にぜひ注目ください。■四谷学院には「無料特待生制度」はありません四谷学院には、合格実績を上げるために成績よい生徒を集める「無料特待生制度」はありません(※資料1)。学習システムと指導力で生徒募集を行います。だから、四谷学院には「自分でも...more
カテゴリー:

「挑戦と安定」二極化くっきり 関西の私大入試、攻略の鍵は - 01月31日(火)14:00 

 関西の私立大は2月、本格的な入試シーズンを迎える。大手予備校の分析では、難関大志望者と浪人回避で推薦入試などで早めに進学先を決めたい層の二極化が今季も顕著という。実学志向で医学部や情報系学部の人気は依然として高い。社会的には「ウィズコロナ」が浸透しつつあるが、受験生の選択に影響はあるのだろうか。
カテゴリー:

東進ネットワークの中学受験の選抜制進学塾 四谷大塚 西新宿校舎を1月に開校 - 01月31日(火)13:00 

2023年1月31日 株式会社ナガセ 株式会社四谷大塚 幼児から社会人までの一貫教育ネットワーク展開する株式会社ナガセ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長 永瀬昭幸)は、グループ会社である株式会社四谷大塚の運営する小学生対象の選抜制進学塾『四谷大塚』西新宿校舎を2023年1月20日(金)、ナガセ西新宿ビル2~5階に新規開校いたしました。ただいまを入塾テスト・開校説明会・体験授業などの開校イベントを随時行っております。   ナガセ西新宿ビル   2階入り口     四谷大塚 西新宿校舎 概要 新宿西口すぐ     所在地:東京都新宿区西新宿1-6-10ナガセ西新宿ビル2~5階 受付2階 開校日:2023年1月20日(金) 新宿駅西口のペデストリアンデッキ直結、地下通路からも通塾可能で安心して通える環境です。隣の新宿エルタワー5階には東進ハイスクール新宿エルタワー校、同ビル10階には東進ハイスクール新宿校大学受験本科があります。   現在、入塾テスト・開校説明会・体験授業を実施しています。 お申し込みや資料請求は以下の西新宿校舎HPからできます。 https://www.yotsuyaotsuka.com/school_map/kousha.php?id=36 新規開校にあたり、今年度は新6年生の募集...more
カテゴリー:

“入学前”にAI教材で学習 神山まるごと高専にアタマプラス導入 - 01月29日(日)20:00 

atama plus株式会社は、2023年4月に開校する徳島県の神山まるごと高専に、AI教材「atama+(アタマプラス)」を無償で提供することを発表しました。 神山まるごと高専の入学生向けに、入学前教育として活用される予定です。 一人ひとりにあわせた学習カリキュラムを作成 アタマプラスは、AIが生徒の理解度や学習履歴を分析し、生徒一人ひとりにあわせた学習カリキュラムを作成するプロダクトです。 小学校高学年から高校生までを対象に、小学算数・小学英語・中高数学・中高英語・中学理科・中学社会・物理・化学・生物の11科目を提供しています。 2017年7月のサービス提供開始以降、全国の塾や予備校3200教室以上で活用され、「入学前教育」としては、学校法人立命館との「新しい高大接続と入試の在り方を考える共同研究会」の取り組みにおいて活用実績があります。 推薦入試で合格後、アタマプラスで数学を学ぶ atama plus社は、2023年1月より、神山まるごと高専に推薦入試で合格した生徒に、アタマプラスを提供することを明らかにしました。生徒は、自宅でアタマプラスを活用し、数学の指定単元を事前学習します。 atama plus社の社外取締役で神山まるごと高専理事長の寺田親弘氏は、「本校がスタートするのは、2023年4月からですが、推薦入試に合格した学生たちは今からでも学びをスタートすることができます...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる