「エース」とは?

関連ニュース

【水泳】池江璃花子のTDL楽しむ投稿にネットは喜びの声「回復してきてるんですね」「涙出た」 - 08月23日(金)03:54  mnewsplus

白血病で闘病中の競泳女子のエース・池江璃花子(19)=ルネサンス=が22日、自身のインスタグラムなどで前日の21日に 東京ディズニーランドを訪れたことを報告したのを受け、ネット上では喜びの声であふれかえっている。 池江はシンデレラ城をバックに撮影した1枚を掲載し「昨日ディズニーランドに行きました ずっと行きたかったので大満足の1日でした」とつづっている。 投稿されるとインスタグラムには約30分で3万を超える「いいね!」がついたほか、連動して投稿されたツイッターにも2万に迫る「いいね!」がつい...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】赤髪のシャンクス、ヨチヨチの実の未来予知人間だった - 08月23日(金)01:04  livejupiter

エースが死ぬ未来を見たシャンクス ロジャーがイーストブルーに転生する未来を見たシャンクス ルフィが世界を変える未来を見たシャンクス 世界の運命が変わった未来を見たシャンクス ...
»続きを読む
カテゴリー:

履正社主将・野口が決勝打 「奥川のおかげ」の初優勝 - 08月22日(木)22:51 

 日本一への思いが込められた打球が二遊間を抜けていった。星稜に3-3の同点に追いつかれた直後の八回。履正社は1死三塁で野口が相手エース奥川の151キロの直球をはじき返し、1点を勝ち越し。殊勲の一打に、主将は一塁で右の拳を突き上げた。
カテゴリー:

優勝チームが決勝戦で継投 薄まる「エース頼み」の風潮 - 08月22日(木)20:55 

○履正社(大阪)5-3星稜(石川)●=22日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・決勝)  履正社の初優勝が決まった瞬間、マウンドに立っていたのは2番手で登板した背番号17番の岩崎だった。決勝における投手の起用法に変化を感じた。
カテゴリー:

星稜・奥川、持ち味の制球乱れ 浮いたスライダー痛打 潮目変わった三回2死 - 08月22日(木)20:41 

○履正社(大阪)5-3星稜(石川)●=22日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・決勝)  150キロの直球が根負けしたように低めに外れた。1点リードの三回2死一塁、星稜のエース右腕・奥川が履正社の3番・小深田に投じた5球目。今大会初めて2者連続四球を与えると、直後に逆転中越え3ランを浴びた。
カテゴリー:

【朗報】咲-Saki-全国編決勝、過去最高の盛り上がりに - 08月23日(金)02:21  livejupiter

~~~作中最強~~~ S+白築慕 ~~~作中頂点レベル~~~ S 高鴨穏乃 松実玄 小鍛治健夜 ~~~トッププロレベル~~~ S-三尋木咏 瑞原はやり 戒能良子 片岡優希 ~~~プロレベル~~~ A 龍門渕透華(冷) 赤土晴絵 野依理沙 渡辺瑠音 宇野沢栞 藤田靖子 ~~~準プロレベル~~~ B 宮永照 荒川憩 辻垣内智葉  天江衣 園城寺怜 ネリー・ヴィルサラーゼ 愛宕洋榎 ~~~全国上位エースレベル~~~ C 大星淡 松実宥 メガン・ダヴァン 清水谷竜華 愛宕雅枝 雀明華 白水哩 熊倉トシ ~~~全...
»続きを読む
カテゴリー:

履正社・清水「星稜の流れに飲み込まれた」 エースが語った甲子園独特の雰囲気 - 08月22日(木)23:14 

 第101回全国高校野球選手権大会は第14日の22日、決勝で履正社(大阪)が5-3で星稜(石川)に勝ち、初優勝を果たした。大阪勢の優勝は前回大会の大阪桐蔭に続き2年連続。履正社の先発・清水大成投手は「星稜さんのムードの中でなんとか平常心を保って投げようとしたが、流れにのみ込まれてしまった」とマウンド
カテゴリー:

八村塁23点「強み出せた」強豪に電光石火ダンク - 08月22日(木)22:40 

日本代表八村塁(21=ウィザーズ)が、強豪相手に自慢の攻撃力をさく裂させた。20年東京オリンピック(五輪)の本番会場で、世界ランキング48位日本のエースとして、同5位アルゼンチンと対戦。12年ロンドン五輪4位の強豪に93-108で敗れた…
カテゴリー:

【高校野球】履正社が5-3で星稜との接戦制し初の全国優勝!大阪勢夏2連覇!★4 - 08月22日(木)20:53  mnewsplus

◇第101回全国高校野球選手権大会 決勝 履正社5―3星稜(2019年8月22日 甲子園) 第101回全国高校野球選手権大会の最終日は22日、甲子園球場で決勝が行われ、履正社(大阪)が5―3で星稜(石川)に勝利。 今春のセンバツ1回戦で零封負けを喫した星稜のエース・奥川(3年)に11安打を浴びせてリベンジし、春夏通じて甲子園初優勝を 勝ち取った。星稜は終盤に粘りを見せたものの、あと一歩及ばなかった。 初回、準決勝までの5試合すべてで第1打席に安打していた1番・桃谷(3年)は遊ゴロだったが、2番・池田(2年)が左翼線三...
»続きを読む
カテゴリー:

「誰かのために」がエースの信念、こみ上げた涙のわけ - 08月22日(木)20:17 

(22日、高校野球 履正社5―3星稜) 北陸勢で初となる甲子園の栄冠に届かなかった星稜(石川)。闘い終えたエースが泣いた。負けた悔しさからではない。「誰かのために野球をやる」との信念からあふれでた涙だ…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「エース」の画像

もっと見る

「エース」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

  • 該当データはありませんでした

ツイッター人気

こんなの見てる