「需要増」とは?

関連ニュース

太陽誘電---大幅反落、割安感の解消などによって国内証券では投資判断格下げ - 最新株式ニュース - 11月19日(火)10:16 

<6976>  太陽誘電  2864  -129大幅反落。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」に格下げ、目標株価は2800円を据え置きとしている。株価の上昇によって極端な割安感が解消されたことを格下げの背景としている。また、21年3月期以降は、需要増に備えた増産投資の継続で固定費負担が増すことから、1ドル=105円の環境下では営業減益になると試算され、競合比で増益率は見劣りするとも指摘し
カテゴリー:

県と東北大 県南中核病院と刈田総合病院の医療機能分化を提示 - 11月14日(木)06:05 

県と東北大は13日、みやぎ県南中核病院(大河原町)と公立刈田総合病院(白石市)の医療機能を分化する方針を明らかにした。高齢患者の増加で需要増が見込まれる回復期の機能を強化するとともに、赤字が続く両病院
カテゴリー:

日本化学工業、チタン酸バリウム生産8割増 MLCC.. - 11月13日(水)09:02 

日本化学工業、チタン酸バリウム生産8割増 MLCC需要増で山口・徳山に新生産棟
カテゴリー:

ヘリウム危機、背景には需要増と供給減 - 11月07日(木)06:00 

日本物理学会などがヘリウムの安定供給を求める緊急声明を発表するとNHKが報じている。 ヘリウムの不足は過去何度か報じられているが(8月の記事、6月の記事、2017年の記事)、今回のヘリウム不足は米国でのヘリウム産出量の減少や中東情勢悪化によるカタール産ヘリウムの輸入コスト増加、そして世界的なヘリウム需要の拡大などが原因となっているようだ。 すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | テクノロジー | サイエンス | 関連ストーリー: 大陽日酸、ヘリウムを2~3割値上げ 2019年08月24日 JAXAなど研究機関でヘリウムの調達が困難に、大気中に捨てている産業用の回収・再生に向けた動き 2019年06月10日 カタール問題で国内のヘリウムが不足する可能性 2017年06月15日
カテゴリー:

【マイオリッジ】心筋細胞、低コストで提供‐医薬.. - 10月31日(木)11:30 

【マイオリッジ】心筋細胞、低コストで提供‐医薬品開発で需要増見込む|薬事日報ウェブサイト
カテゴリー:

需要増で決断、フリーランス技術者を1カ月未満か.. - 11月18日(月)12:19 

需要増で決断、フリーランス技術者を1カ月未満から派遣 #newswitch
カテゴリー:

出光興産/8万m2にインドネシア2か所目の潤滑油製造工場新設 - 11月13日(水)11:58 

出光興産は11月12日、出資子会社(90%)である出光ルブテクノインドネシアが、インドネシアでの高性能潤滑油の需要増加に対する供給能力強化を目的に、インドネシア ブカシ県内に、年間5万KLの生産能力を有する潤滑油製造工場 […]
カテゴリー:

「カタログを動画に」 低コスト動画制作サービス「カタログプラス」のご案内 - 11月12日(火)18:00 

SPツール・Web・動画の制作会社、株式会社アドップ(東京都千代田区、代表取締役:渡邊 和則)は、動画制作サービス「カタログプラス」の提供を11月15日から開始します。【サービスサイト】https://catalogplus.adop.cloud/「カタログプラス」は、カタログなどのオフライン販促ツールに使用されているグラフィックデータを元にアニメーション動画を制作するサービスです。カタログやパンフレットだけでは伝わりにくいサービスや商品も、動画にすることで理解度の向上に繋がります。カタログなどの制作データを動画に転用する性質上、新たにグラフィックを作成する作業が大幅に削減されるため、低コストでの制作が可能です。制作料金は10万円(税抜)~ ご相談内容に応じてお見積りいたします。※カタログ制作料が別途発生いたします。昨今の動画マーケティング需要増加にあたり、「コスト」・「制作工数」の両面で制作ハードルを引き下げ、より多くの企業様にお取り組みいただけるようなプランとなっております。今回はサービスのリリースを記念し、先着10社様限定で動画制作料は無料でご提供させていただきますので、是非この機会にお問い合わせいただけますと幸いです。配信元企業:株式会社アドッププレスリリース詳細へドリームニューストップへ
カテゴリー:

[注目記事]【マイオリッジ】心筋細胞、低コスト.. - 10月31日(木)14:48 

[注目記事]【マイオリッジ】心筋細胞、低コストで提供‐医薬品開発で需要増見込む|薬事日報ウェブサイト
カテゴリー:

【ソニー】3期連続最高益 4~9月期営業利益 半導体けん引 通期見通し上方修正 - 10月31日(木)11:22  newsplus

ソニーの業績が拡大している。30日発表した2019年4~9月期の連結営業利益は、前年同期比17%増の5098億円と、同期間として3期連続で最高益を更新した。CMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサーがスマートフォン向けなどで伸び、20年3月期の通期予想を上方修正した。ゲームや音楽などの安定した収益に半導体の成長が加わり、景気が減速するなかでも稼げるようになってきた。 「(半導体の)需要増加に対応する」。十時裕樹最高財務責任者(CFO)は決算会見でこう話した。長崎県内の新工場建設に踏み切るなど、21年3月期までの3年...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「需要増」の画像

もっと見る

「需要増」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる