「部活動」とは?

関連ニュース

ボルダリングに青春を賭けるJKの汗と涙と尻の物語を描いた漫画「のぼる小寺さん」 実写映画化 - 05月23日(木)18:39  poverty

珈琲「のぼる小寺さん」実写映画化!ボルダリング女子を描く青春マンガ 珈琲「のぼる小寺さん」の実写映画化が決定した。 これは本日5月23日に発売された珈琲の最新作「ワンダンス」1巻の帯などにて発表されたもの。 2014年よりgood!アフタヌーン(講談社)で連載された「のぼる小寺さん」は、 ボルダリング部に所属するミステリアスな女子高生・小寺の部活動や日常を綴る青春マンガで、 単行本全4巻が発売中だ。映画のキャスト・スタッフなど、詳細は続報を待とう。 また実写映画化決定を記念し、マガジンポケットにて「のぼ...
»続きを読む
カテゴリー:

教頭「隠蔽する意図なかった」 市尼崎バレー部体罰で会見 - 05月22日(水)21:49 

 兵庫県尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部でコーチを務める男性臨時講師(28)が3年生部員にけがをさせた問題で、桑本広志校長は22日、記者会見し、「部活動を顧問に任せきりで、体罰が行われているとは思ってもいなかった。認識が甘かった」と謝罪した。一方、市教委は、けがをしたことを体育科担当の般若利博教
カテゴリー:

高校文化部ぜんぶ紹介(27)伊万里農林高・伊万里実業高(5部活) - 05月22日(水)14:07 

4月に伊万里農林高と伊万里商業高が再編統合され、伊万里実業高が開校しました。今回の紙面では、伊万里農林高の2、3年生と、農林キャンパスに通う伊万里実業高の1年生を紹介しています。▽生徒会長 緒方敦也さん 4月から伊万里実業高校農林キャンパスとして新たなスタートを切りました。これまでの伊万里農林高校の2、3年生と実業高校の農業系の1年生が、農林キャンパスで農業の学習に取り組んでいます。 特徴的な文化系の部活動として太鼓部を設置しています。
カテゴリー:

百石高校レストラン25日から4年目の営業 - 05月22日(水)12:30 

百石高校食物調理科の部活動・家庭クラブが運営する青森県内唯一の高校生レストラン「キッチンいちょうの森」は25日、おいらせ町の同校生徒会館で本年度の営業を始める。部員たちが19日、本年度の営業場所の一つ、酒造会社・桃川隣の「おいらっせ交流館」でプレオープンを行い、客を迎える準備を整えた。今年で4年目。プレオープンには保護者や学校関係者ら35人を招いた。25日にも販売する和食膳「結御膳(ゆいごぜん)」(税込み千円)の春メニューを提供しながら仕事の流れを確認。料理への評価は上々で、大きなミスなく乗り…
カテゴリー:

【バレー】「敗戦後、部員1人ずつビンタ」市尼崎高バレー部 「体罰を容認する空気があった。隠蔽という表現でいいと思う」 - 05月22日(水)07:42  mnewsplus

5/22(水) 5:55配信 神戸新聞NEXT  高校日本一に輝いた強豪クラブで、暴力による指導がまん延していた。尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部の体罰問題。21日に公表された市教育委員会の体罰調査結果は、学校や市教委が把握していなかった事例が相次ぎ、体罰の常態化をうかがわせた。市教委は「体罰を容認する空気が学校内にあった」と指摘。問題の根深さが浮き彫りとなった。  男性監督(51)は1990年に同校の男子バレー部監督に就任し、指導歴は30年に近い。兵庫県高校総合体育大会で10連覇を達成したほか、「春高バ...
»続きを読む
カテゴリー:

バレー部体罰「重大な人権侵害」謝罪、市尼崎高校長ら会見 - 05月22日(水)23:00 

 強豪で知られる兵庫県尼崎市の市立尼崎高校男子バレーボール部の体罰問題で、市教育委員会が体罰の常態化を指摘する調査報告書を公表したことを受け、桑本広志校長らが22日、市内で記者会見を開いた。「体罰は重大な人権侵害。反省している」と謝罪し、「顧問に部活動を任せきりだったことが体罰に気付けなかった原因」と釈明した。
カテゴリー:

高校文化部ぜんぶ紹介(28)敬徳 「倫理指数日本一」を - 05月22日(水)19:40 

■生徒会長・上田翔斗(かいと)さん 敬徳高校は宗門校であり、校訓「和顔愛語」のもと和やかな表情と思いやりの言葉で人と接することを心掛け、「倫理指数日本一」を目指してよりよい学校づくりに取り組んでいます。また、学科は自動車整備科と普通科(普通・キャリア・生活福祉・総合進学コース)があり、進路は多岐にわたります。 文化系部活動は、全国・九州総文祭の常連である文芸部や、本校独自の部活動であるエコノパワー部などを中心に、楽しく精力的に活動しています。
カテゴリー:

部員をぶん殴っていたバレー強豪校監督に対し保護者会「辞めないでほしい」 - 05月22日(水)12:33  poverty

高校日本一に輝いた強豪クラブで、暴力による指導がまん延していた。 尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部の体罰問題。 21日に公表された市教育委員会の体罰調査結果は、学校や市教委が把握していなかった事例が相次ぎ、体罰の常態化をうかがわせた。 市教委は「体罰を容認する空気が学校内にあった」と指摘。問題の根深さが浮き彫りとなった。 男性監督(51)は1990年に同校の男子バレー部監督に就任し、指導歴は30年に近い。 兵庫県高校総合体育大会で10連覇を達成したほか、「春高バレー」で知られる全国大会に2...
»続きを読む
カテゴリー:

尼崎のバレー部監督がビンタしまくって生徒を意識不明にさせた件。普段も試合に負けると部員を1人ずつビンタしていた。 - 05月22日(水)12:25  poverty

「敗戦後、部員1人ずつビンタ」強豪校の古い文化まん延 市尼崎高バレー部 市教委は会見で監督の体罰を認定。さらにコーチの男性臨時講師(28)の体罰が「常態化していた」と結論づけた。 「試合に負けた後、部員を1人ずつビンタした」 「練習でよくボールを選手にぶつけていた」。 問題発覚後の部員アンケートでは、回答した33人のうち、ほぼ半数の15人がこの講師の体罰を記述した。 市教委はそれらを把握できなかった。 松本眞教育長は「古い文化を引きずり、(同校の)体育科の部活動に体罰を容認する空気があった...
»続きを読む
カテゴリー:

「今どき大学生」 西九州大学・薙刀部 心身鍛え人格形成に - 05月21日(火)21:00 

薙刀(なぎなた)といえば、武蔵坊弁慶の大薙刀が浮かぶ。奈良から平安時代、寺院守護のために僧兵が使っていたが、江戸時代になって大薙刀所持が禁止され、「おんな薙刀」など専門流派も生んだ武芸としての技術存続となった。その後、大正から太平洋戦争にかけて競技武道の「なぎなた」となった。 西九州大学で薙刀部の代表を務める岩永莉渚さん(健康栄養学科4年)は、小学生から剣道を続けていたが、進学した高校の部活動にはなく、薙刀部に入った。
カテゴリー:

もっと見る

「部活動」の画像

もっと見る

「部活動」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる