「観客賞」とは?

関連ニュース

鍾孟宏監督の新作『陽光普照』、トロント国際映画祭で観客賞狙う - 08月15日(木)00:00 

台湾の映画監督、鍾孟宏(Chung Mong-Hong)氏の新作『陽光普照』(A Sun / Yang Guang Pu Zhao)が第44回カナダトロント国際映画祭(TIFF)で最高賞の観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)を争うことになった。鍾孟宏監督は台湾映画界における中堅の代表的な映画監督。初めての長編映画『停車』(Parking)で早くもフランスのカンヌ国際映画祭における「ある視点」部門にノミネートされた。また、台湾のアカデミー賞・ゴールデンホース・アワード(金馬奨)で最優秀監督賞を受賞した2作目『第四張画』(THE FOURTH PORTRAIT)以降は、『失魂』(SOUL)、『一路順風』(Godspeed)と、北米を代表する国際映画祭として知られるトロント国際映画祭に立て続けに入選を果たしている。   今年のトロント国際映画祭はこのほど、鍾孟宏監督の5作目『陽光普照』が同映画祭のコンテンポラリー・ワールドシネマ部門に入選したことを発表した。『陽光普照』は同映画祭で世界初上映されるほか、同映画祭の観客賞を争うことになった。観客賞は、観客のセンスを強調する同映画祭の最高賞。   『陽光普照』は、息子が罪を犯して少年院に入ったことで平凡な家庭が徐々に崩壊していく物語。鍾孟宏監督がプレスリリースの中で明らかにしているところによると、タイトルの『陽光普照』...more
カテゴリー:

『アジアフォーカス・福岡国際映画祭2019』【オープニング上映】【福岡観客賞授賞式&特別上映会】上映作品決定! - 08月09日(金)15:06 

[福岡市] [画像1: https://prtimes.jp/i/14713/48/resize/d14713-48-449713-1.png ] 9月13日(金)に行います【オープニング上映】と【福岡観客賞授賞式&特別上映会】の実施概要と上映作品が決定しました。 【オープニン...
カテゴリー:

オリビア・クック×アニヤ・テイラー=ジョイ「サラブレッド」9月27日公開決定! - 07月31日(水)12:00 

サンダンス映画祭(観客賞)、ゴッサム賞(脚本賞)、インディペンデント・スピリット賞(新人脚本賞)などにノミネートを果たした「Thoroughbreds(原題)」が、「サラブレッド」の邦題で9月2...
カテゴリー:

※8月1日(木) 12:00 情報解禁厳守でお願いします※ <ご紹介のお願い> 海外アニメ『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』日本語吹替え版キャスト発表 - 07月29日(月)10:00 

東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2016でグランプリ受賞後、3年越しで日本公開が決定した話題のフランス・デンマーク合作アニメーション『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』、この度、日本語吹替え版の制作と主要キャストが発表されました。 祖父を探しに北極圏を目指す主人公サーシャ役には、『ケモノフレンズ』のワシミミズク役で人気の上原あかり。困難に立ち向かい、周囲の人々に影響を与えながら、一歩一歩前進していく芯の強い少女という役に挑みます。  『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』はアヌシー国際アニメフェスティバルで観客賞を受賞、また米映画批評サイトRottenTomatoesにおいて、面白さの指標であるトマトメーター98%を獲得している作品です。日本語吹替版の登場で、より多くの皆様にご覧いただければと思います。
カテゴリー:

12年ぶり『時効警察』に新時代のクリエイターが集結!大九明子、今泉力哉、福田雄一… - 08月12日(月)12:19 

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、助手・三日月しずか(麻生久美子)と共に未解決事件を捜査するシュールな脱力系コメディーミステリー『時効警察はじめました』(2019年10月スタート)。12年ぶりの最新シリーズとなる今回、メイン監督・脚本を務める三木聡のもと、新時代のクリエイター勢が集結することが発表された。その顔ぶれは?©テレビ朝日『時効警察』史上初の女性監督として初参戦するのは、今注目の映画監督・大九明子。2017年に監督・脚本を務めた映画『勝手にふるえてろ』が、東京国際映画祭コンペティション部門・観客賞をはじめ数々の賞を受賞し大きな話題となった大九明子。今年公開された監督映画『美人が婚活してみたら』でも高い評価を得ている彼女が、『時効』で監督・脚本を担当し新しい風を吹かせる。◇また、WEBドラマ『午前3時の無法地帯』(2013年)でオダギリとタッグを組んだこともあり、“恋愛映画の旗手”との呼び声も高い映画監督・今泉力哉も参加。今年公開された監督映画『愛がなんだ』は口コミで大ヒットし、上映館が2倍以上に増加。9月公開予定の『アイネクライネナハトムジーク』への期待も高まっている今泉が『時効』でも監督としてその手腕を存分にふるう。◇そして、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズや『今日から俺は!!』、映画『銀魂』シリーズなどエッジの効いた大ヒット・コメディ...more
カテゴリー:

アドビ認定デザイン世界学生大会、ベトナム人高校生が観客賞受賞 - 08月05日(月)12:13 

 米ニューヨーク市で28~31日に開かれた「アドビ認定アソシエイト世界学生大会(Adobe Certified Associate World Championship=ACAWC)2019」決勝...
カテゴリー:

※8月1日(木) 12:00 情報解禁厳守でお願いします※ <ご紹介のお願い> 海外アニメ『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』日本語吹替え版キャスト発表 - 07月29日(月)10:00 

東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2016でグランプリ受賞後、3年越しで日本公開が決定した話題のフランス・デンマーク合作アニメーション『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』、この度、日本語吹替え版の制作と主要キャストが発表されました。 祖父を探しに北極圏を目指す主人公サーシャ役には、『ケモノフレンズ』のワシミミズク役で人気の上原あかり。困難に立ち向かい、周囲の人々に影響を与えながら、一歩一歩前進していく芯の強い少女という役に挑みます。  『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』はアヌシー国際アニメフェスティバルで観客賞を受賞、また米映画批評サイトRottenTomatoesにおいて、面白さの指標であるトマトメーター98%を獲得している作品です。日本語吹替版の登場で、より多くの皆様にご覧いただければと思います。
カテゴリー:

「観客賞」の画像

もっと見る

「観客賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる