「発生源」とは?

関連ニュース

4月末までに新型肺炎の完全収束がなければ東京五輪は絶望的な訳 - 02月26日(水)05:00 

感染拡大に歯止めがかからない新型肺炎。政府は2月25日にようやく基本方針を発表しましたが、遅きに失した感は否めません。なぜ安倍政権の対応は、ここまで後手に回ってしまったのでしょうか。ジャーナリストの高野孟さんは今回、自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、このような事態を招いた根本に政権の「緩み」があったと指摘。さらに厚労省の医系技官がダイヤモンド・プリンセス号の「隔離失敗」の原因となったとして厳しく批判しています。 4月一杯に新型肺炎を完全終息させないと五輪開催が危うくなる!──なのに何の危機感もない安倍政権の緩みっ放し 東京五輪の開会式は7月24日で、その2カ月前の5月半ば、大型連休明けになってもまだ新型肺炎に収まりがつかず燻っているようであれば、五輪そのものの開催が危うくなる。 第1に、その時期には早くも、各国のチームが続々と来日し、ホストタウンとなる全国約480の市町区に散ってトレーニング・キャンプに入る。その前に安心して来日できる環境を整えておかなければ、急遽キャンプ地を自国かアジア近隣で新型肺炎から安全なところに振り替えるとか、それも難しいので五輪参加そのものを諦めるチームが出てくるとか、大混乱が始まる。 第2に、事前のキャンプ入りを予定していないチームや選手も、7月までに本当に収まっているのかどうか、正確な情報を得た上で参加するかどうかの判断を迫られる...more
カテゴリー:

サムスン強し。2019年通年のスマートフォン世界市場シェアを振り返る - 02月25日(火)16:00 

2020年のスタートから2ヶ月弱、5G対応や折りたたみ型の新機種発表でにぎわうスマートフォン業界。今回は、米国のIDC社の調査結果に基づいて、2019年通年のスマートフォン世界市場シェアを振り返る。 2019年通年におけるシェア1位に輝いたのは、韓国のサムスン。前年に引き続きシェア率20%超での戴冠となり、変わらぬ強さを見せつけた格好だ。次いで2位が中国のファーウェイ、3位が米国のAppleとなっている。 2019年におけるトップ3社の主な動き まずスマートフォン業界全体で見てみると、2019年通年の出荷台数として約13億7,100万台を記録。前年は約14億260万台を記録しているため、やや伸び悩んだ形となった。今年は、5G通信のような新しいテクノロジーに対して、業界全体の起爆剤としての大きな期待がかかる。 通年シェア1位のサムスンは、2019年全体で約2億9,570万台の出荷台数を記録した。約21.6%のシェア率を誇り、2019年に出荷されたスマートフォンのうち、実に5台に1台はサムスンのものとなる計算だ。前年のシェア率は約20.8%だったため、堅調に業績を伸ばしていることがうかがえる。 四半期ごとの好不調の波も小さく、安定した業績を残した。強さの要因としては、ハイエンドからローエンドモデルまで、幅広いラインナップの製品を取り揃えていることが大きいだろう。 2019年にサムスンが...more
カテゴリー:

株安連鎖「欧米でも一気に警戒感」 国内市場では冷静な見方も 新型肺炎 - 02月25日(火)11:21 

 世界的な新型コロナウイルスの感染拡大懸念が、楽観論に浸っていた国際金融市場を直撃した。24日の欧米市場に続き、25日の東京市場でも株価が急落し、世界同時株安の様相だ。新型肺炎感染の報告が発生源の中国や周辺のアジア諸国から、欧州、中東へと広がり、世界経済の先行き減速懸念が強まったためだ。
カテゴリー:

邀ウ荳ュ騾壼膚蜷域э縲∵眠蝙九え繧、繝ォ繧ケ縺ァ螟ァ縺阪↑蠖ア髻ソ蜿励¢縺夲シ晉アウ雋。蜍咎聞螳 - 02月25日(火)10:43 

[リヤド 24日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は、中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大で米中の「第1段階」の通商合意に大きな影響は出ないと述べた。ただ今後新たな情報が出てくるに従い、状況が変化する可能性はあるとの見解を示した。 ムニューシン長官は23日夜、ロイターのインタビューに応じ、新型ウイルスの感染拡大は「人類の悲劇」としたものの、世界経済や企業の供給網に対する影響について
カテゴリー:

中国スマホ販売、1月は前年比36%減 新型肺炎で消費圧迫 - 02月25日(火)04:01 

中国のスマートフォン販売台数が1月に前年比36.6%減少したことが中国信息通信研究院(CAICT)の統計で分かった。中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大で消費需要が圧迫されていることが示唆された。
カテゴリー:

不公平なチャーター機 「政府負担」は将来に禍根を残す - 02月25日(火)21:52 

 政府は肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの発生源となった中国湖北省武漢市へチャーター機計5便を飛ばし、同省滞在の邦人ら828人を帰国させた(中国籍の配偶者ら含む)。運航費などは政府負担とする一方、約8万円の運賃は個人負担とする方針だったが、与党幹部が相次いで異を唱え政府負担となった。
カテゴリー:

【悲報】 新型コロナ 去年11月時点でヒトヒト感染 武漢の海鮮市場が原因ではなかった - 02月25日(火)12:44  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 発生源 武漢市の海鮮市場ではない? 昨年11月にヒト-ヒト感染か 新型コロナウイルスについて、中国政府系の研究機関が、 発生源が武漢市の海鮮市場ではない可能性を示す研究結果をまとめた。 中国科学院などが、12カ国から集めたウイルスの遺伝子データを解析したところ、 複数のタイプが見つかり、それぞれの拡散状況などから、ウイルスは、ほかの場所で発生して、 その後、武漢市の海鮮市場で拡散した可能性があるとしている。 2019年12月8日と2020年1月6日の2回、大きな拡散があり、201...
»続きを読む
カテゴリー:

【イラン】新型肺炎感染急増 中東各国に拡散 - 02月25日(火)10:43  newsplus

 【カイロ=奥田哲平】イランで新型コロナウイルスによる肺炎(COVID(コビッド)19)の感染者が急増し、周辺国は往来禁止措置を取り始めた。地元メディアは二十四日、感染者は計六十一人で、感染の疑いがある人が七百人以上と伝えており、すでに米制裁で苦しむ市民生活や経済活動に打撃となる恐れが強まっている。  イランの保健省は「初期の死亡者の中に、定期的に中国とイランを往来する商人がいた」と説明。複数の地域で学校や宗教文化施設などが閉鎖された。  感染者の発生源となったのは首都テヘラン南郊の中...
»続きを読む
カテゴリー:

中国スマホ販売、1月は前年比36%減 新型肺炎で消費圧迫 - 02月25日(火)04:01 

中国のスマートフォン販売台数が1月に前年比36.6%減少したことが中国信息通信研究院(CAICT)の統計で分かった。中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大で消費需要が圧迫されていることが示唆された。
カテゴリー:

国民の命は二の次か?武漢パンデミックを後追いする日本 - 02月25日(火)01:41  newsplus

クルーズ船内の集団感染や下船者の陽性反応など日本国内の感染拡大は、「初期の武漢」を彷彿とさせる。 世界を恐怖に追い込んだ真犯人が習近平なら、日本を恐怖に追い込んでいるの安倍政権だ。国民の命は二の次か?(中略)  日本の場合 これに比べて日本の場合はどうなっているかというと、2月16日に開催された専門家会議で新型コロナウイルスへの感染を疑われる人が帰国者・接触者相談センターに相談する目安について、 「風邪の症状や37.5以上の発熱が4日以上(高齢者などハイリスク者は2日以上)とする」と決めたと、17日...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「発生源」の画像

もっと見る

「発生源」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる