「赤外線」とは?

関連ニュース

肉眼でも見える?ネオワイズ彗星が飛来中 - 07月11日(土)15:25 

AC0x01 曰く、2020年3月に発見され、7月3日に近日点を通過したネオワイズ彗星 (C/2020 F3) が当初の予想を大幅に上回る1等級程度の明るさとなり、日本から肉眼でも見える彗星となっているようだ(国立天文台の記事、 Soraeの記事、 朝日新聞の記事)。 ネオワイズ彗星は当初は3等級前後と予想されていたためあまり期待されていなかったが、ここ数日輝きを増しており、8日現在は1~2等級で観測されているとのこと。空が暗ければ肉眼でも淡い尾を引いたぼんやりした姿を見ることができ、市街地や薄明/薄暮の空でも双眼鏡や望遠鏡を使用すれば見える可能性がある。 7月前半は明け方の北東の低い空で、7月中旬以降は日没前後の北西の空で彗星を観測できる。ただし、7月前半は10度程度の低い位置にあり、また中旬以降は高度が上がる(編注: 日没前後の高度。日の出前後の高度は下がっていく)ものの、徐々に暗くなっていくため、狙って探さないと観測は難しいかもしれない。 C/2020 F3はNASAの広域赤外線探査衛星(WISE)のNear-Earth Object Wide-field Infrared Survey Explorer(NEOWISE)ミッションで3月27日に発見されたことから、NEOWISE彗星という愛称で呼ばれる。NASAは太陽探査機Parkerが7月5日に捉えた彗星の写真も...more
カテゴリー:

AI顔認識技術と赤外線カメラで瞬時に検温 公共施.. - 07月11日(土)04:58 

AI顔認識技術と赤外線カメラで瞬時に検温 公共施設で利用 大津 #nhk_news
カテゴリー:

京大など、「スーパーフレア」観測成功 太陽フレ.. - 07月10日(金)08:26 

京大など、「スーパーフレア」観測成功 太陽フレアの100倍規模、口径3.8mの大型赤外線望遠鏡で
カテゴリー:

スーパーフレアの観測成功 浅口の望遠鏡「せいめい」 - 07月10日(金)00:00 

 京都大付属岡山天文台(浅口市鴨方町本庄)にあるアジア最大級の口径3・8メートル光学赤外線反射望遠鏡「せいめい」が、恒星で起きる超巨大な爆発現象「スーパーフレア」の観測に成功した。短時間で大量の加速さ...
カテゴリー:

動物の第六感を使った「地震予知」に初成功! 科学がオカルトを証明する - 07月07日(火)19:00 

人類は長年、過去の人々の記した動物と地震にかかわる記録をオカルトだと決めつけていた/Credit:mdpi point 歴史上、動物の異常行動と地震を結び付けた多くの記録がある 動物の異常行動と地震の発生をはじめて科学的に検証され強い関連性が示された 動物の異常行動がはじまる時間と震源地からの距離の関係を利用して人類初の生物学的地震予知に成功した 現在の機械的な測量技術では、いつどこで地震が発生するかを予想できません。 専門家のなかには、地震の発生を正確に予測できるとする考え自体が間違いであると考える人もいます。 しかし、多くの目撃者が時代を超えて、巨大な地震の前に動物たちが異常な行動をとると報告しています。 最も古い文献では、紀元前373年のギリシャのものであり、伝えるところによれば、大地震が起こる数日前に、家からネズミ、イタチ、ヘビ、ムカデが逃げ出したとあります。 またポンペイの火山遺跡(西暦79年の火山噴火で壊滅)から見つかった絵には上の図(左)のように「落ち着きのない2匹の鳥」「興奮して暴れる蛇たち」「吠える犬」が描かれています。 さらに1976年に中国で発生した唐山地震の前には、2000を超える動物の異常行動が報告され、上の写真(右)のように犬が狂暴化し、ネズミが電線を渡って逃げていく様子も写されました。 そこで、マックスプランク動物行動研究所およびコンスタンツ...more
カテゴリー:

ネオワイズ彗星を沖縄で観測 NASAの赤外線探査衛星が発見 尾が伸び、ぼんやりとした輝き - 07月11日(土)11:01 

 今年3月下旬にNASAの赤外線探査衛星「ネオワイズ」が発見した「ネオワイズ彗星(すいせい)」が11日早朝、浦添市から観測できた。  北東の低い空に1~2等星ほどの明るさでぼんやりと輝き、尾が地平線に向かって伸びている様子が確認された。  ネオワイズ彗星は今月4日に太陽に最も接近し、活動がピークを...
カテゴリー:

フォードの主力ピックアップトラック「2021 F-150」で採用されたテクノロジーのすべて - 07月10日(金)12:09 

Ford(フォード)社は木曜日の晩、エレキギターのリフをバックに、ビデオの中から飛び出してくるような演出を用いて、フルモデルチェンジを果たしたF-150トラックの新型車を大々的に発表した。MCにはなんと、あの歯に衣着せぬDenis Leary(デニス・リアリー)を起用した。 もちろん、そんなことはどうでも良いことで、注目すべきは、フラグシップとして、また最も収益を望めるモデルとして、同社が改良を重ね、形にしてきた内容だ。前回のマイナーチェンジから実に6年が経過している。このまったく新しいF-150は、フォードトラックのファンが大いに期待してきた高い性能と豊富なオプションを備えている。例えば、フォードでは11のグリルオプションを提供している。 しかし、今回際立っているのは、組み込まれているテクノロジーと、マイルドハイブリッドを飛び超えて、いきなりフルハイブリッドパワートレインを採用したことだ。 新しいF-150で採用されたすべてのテクノロジーを以下に紹介する。まずは、インテリアと車載インフォテインメントシステムから。 コントロールセンター ベースバージョンとなる XL には、8インチのセンタータッチスクリーンディスプレイが標準装備される。しかし、XLT 以上のグレードでは、画面を分割できる12インチのディスプレイが装備されている。これにより、ナビゲーション、音楽、トラック機能など、複...more
カテゴリー:

「スーパーフレア」の観測に成功 大規模な恒星表面の爆発現象 京大など - 07月10日(金)00:00 

 恒星の表面で発生する大規模な爆発現象「スーパーフレア」の観測に成功したと、京都大などの研究グループが発表した。京大岡山天文台(岡山県浅口市)にあるアジア最大級の光赤外線望遠鏡「せいめい」を利用し、恒星「しし座AD星」を観測した。今回のスーパーフレアの規模は、太陽で発生する最大級のフレアの20倍に相
カテゴリー:

【速報】ソニー、「Xperia acro」を発売 おサイフケータイにも対応 - 07月09日(木)15:27  poverty

ドコモ向け「Xperia acro SO-02C」、7月9日に発売  NTTドコモは6月27日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia acro SO-02C」を7月9日に発売することを発表した。 あわせて、6月28日から7月8日まで、全国のドコモショップで事前予約を受け付ける。  SO-02Cは、ソニー・エリクソンが日本市場向けに開発した「Xperia acro」のドコモ向けモデルで、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信を利用できるのが特徴。 OSはAndroid 2.3を採用。ボディカラーはau向けacroと共通のBlackとWhiteに...
»続きを読む
カテゴリー:

「無線ガス検知の世界市場:製品サービス別、エンドユーザー産業別2025年予測」リサーチ最新版刊行 - 07月07日(火)13:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「無線ガス検知の世界市場:製品サービス別、エンドユーザー産業別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】無線ガス検知の世界市場規模は2020年の15億ドルから、2025年には19億ドルへと漸増が予測されます。当レポートでは、2025年に至る無線ガス検知の世界市場予測(市場規模US$)、無線技術別市場(Wi-Fi技術、Bluetooth技術、セルラー技術、ライセンスフリーISMバンド、その他)、製品サービス別市場(ハードウェア各種、ソフトウェア、サービス)、用途別市場(産業安全各種、国家安全保障/軍事安全、環境安全)、エンドユーザー産業別市場(石油ガス、化学/石油化学、ユーティリティ/発電、鉱業/金属、水処理/廃水処理プラント、商業ビル/公共施設、政府/軍、ディスクリート製造業、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業15社プロフィール動向などの情報も交えて、無線ガス検知市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】無線ガス検知の世界市場:製品サービス別、エンドユーザー産業別2025年予測Wireless Gas Detection Market with Covid-19 impact by Technology (Wi...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「赤外線」の画像

もっと見る

「赤外線」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる