「微生物」とは?

関連ニュース

【ロシア】オミクロン株対応ワクチンを45日間で完成へ - 11月30日(火)22:34  newsplus

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000236768.html オミクロン株対応ワクチンを45日間で完成へ ロシア ロシアの国立研究所がオミクロン株に対応した新しいワクチンを45日間で完成させると明らかにしました。  ロシアのワクチン「スプートニクV」を開発した国立ガマレヤ疫学・微生物学研究所は、オミクロン株に関する声明を発表し、オミクロン株に対応したスプートニクVの改良に着手したことを明らかにしました。  45日以内に大量生産の準備を整え、早ければ来年2月20日には国際的に流通させることが可...
»続きを読む
カテゴリー:

資生堂が紫外線によるシミ・シワなど肌のくすみのメカニズムの一端を解明、カギを握るのはTIPARP遺伝子 - 11月30日(火)17:04 

資生堂は11月29日、太陽光線による皮膚の老化現象「光老化」などの影響で肌がくすみやすくなるメカニズムの一端を解明したことを発表した。光老化は、太陽光に含まれる紫外線によって生じる「シミ・シワ」などの肌の老化現象を指し、肌老化の主要な原因とされる。 これにより、遺伝子「TIPARP」が光老化によりメチル化(遺伝子情報が読み出せなくなる現象)され、肌のくすみを抑制する情報が正常に伝達されなくなることが明らかになった。また、深海に棲息する微生物由来の抽出物がTIPARP遺伝子の発現を促進し、DNAのメチル化を防ぐこともわかった。 TIPARPは抗酸化因子のひとつで、黄ぐすみやメラニンの生成を防ぐ作用があるなど、肌の明るさに関連している。だが、一度メラニン化した遺伝子は元に戻らず、それ以外の遺伝子も使われていないとメラニン化してしまう。そこでTIPARPの発現を高めれば、常に使われている状態を保つことができ、「くすみにくい肌」を維持できる。 資生堂では、肌の光老化に関して広範囲な遺伝子の研究を行ってきた。2006年には、「DNAマイクロアレイ法」という手法を用いて、非露光部・露光部・シミ部位の肌の3万個の遺伝子情報を独自に取得し、それぞれの部位の遺伝子発現の違いを明らかにしている。その後も研究を進めて蓄積された知見と、公共のビッグデータを融合させた膨大なデータを解析することで、「より本...more
カテゴリー:

新型コロナ対策に必要な「換気」の基準がないと専門家が指摘 - 11月29日(月)17:56 

2020年初頭から世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)について、長らく感染経路は「飛沫感染」と言われてきましたが、それだけでは感染力の強さや屋内と屋外での感染の差を説明できないとして、「空気感染の定義を根本的に見直すべき」と提言されています。これに続くように、微生物学者や室内環境学者ら4人が、パブリックスペースの「空気の質」を問う論文を発表しています。
カテゴリー:

【ミリ波】新型コロナウイルスを2秒で死滅させる方法が見つかる イスラエルのアリエル大学の研究チーム - 11月28日(日)19:23  newsplus

イスラエルのアリエル大学の研究チームは、ミリ波を使って物の表面のコロナウイルスとポリオウイルスの99%を2秒で死滅させることができることを明かにした。研究論文がEnvironmental Chemistry Letters誌に掲載された。 研究チームは、波長が1ミリから10ミリの電波が感染に及ぼす影響を研究し、放射線が2秒で病原体を死滅させることができることを発見した。 論文の共著者モシェ・エイナト教授は、エルサレム・ポストの論評で「このタイプの放射はミリ波モードで動作する。これはミリ波の波長が約3ミリであることを意味している。比較...
»続きを読む
カテゴリー:

【オックスフォード大学】地球外生命体が宇宙船にくっついてきて地球を侵略する 最も発見するであろう生命体は微生物 - 11月27日(土)17:23  newsplus

2021年11月17日、アメリカ生物科学研究所に代わってオックスフォード大学出版局が発行する査読付きの科学誌・BioScienceで、「惑星のバイオセキュリティ:宇宙飛行による生物学的汚染を防ぐための侵略科学の応用」という学術論文が掲載され、地球外生命体による地球への侵略について論じられています。同論文では、宇宙開発の需要が高まるにつれ、地球外生命体が地球へやってくる可能性が高まっていると科学者たちは主張しました。 論文の筆頭著者は、カナダのモントリオールにあるマギル大学の侵略生物学の教授であるアンソニー・リッ...
»続きを読む
カテゴリー:

自己複製可能な世界初の生きている機械「ゼノボットMk3」を開発 - 11月30日(火)20:00 

Credit:Sam Kriegman et al . Kinematic self-replication in reconfigurable organisms . PNAS (2021) 全ての画像を見る生きている機械「ゼノボット」に自己複製能力が加わったようです。 米国タフツ大学(TU)とバーモント大学(UVM)で行われた研究によれば、カエルの細胞から作られた、生きている機械「ゼノボット」に自己複製能力が確認された、とのこと。 初期型の歩行能力があるゼノボットMk1、自律的に形態変化して遊泳するMk2に続き、Mk3ではついに効率的な自己複製能力が獲得されたようです。 生体機械技術の最先端では、いったい何が起きているのでしょうか? 研究内容の詳細は『PNAS』にて公開されています。 目次 ゼノボットはカエルの細胞から作られるゼノボットは細胞を集めてコネて子孫を作るゼノボットは多細胞生物の先祖返りした姿かもしれない ゼノボットはカエルの細胞から作られる Credit:PNAS 機械の構成パーツを細胞に置き換えるという発想は、かつてはSFの中にのみ存在していました。 ですが2020年の1月にカエルの筋肉細胞を3次元的に組み合わせることで歩行能力を持たせたゼノボットMk1が開発されます。 ゼノボットMk1は細胞が蓄えた栄養素を酸素呼吸によってエネルギーに変換することが可能であ...more
カテゴリー:

体の中を泳いで薬を届ける極小ロボット! ヒトデの「ある部分」を模倣して実現 - 11月30日(火)10:00 

スイス連邦工科大学チューリッヒ校の研究チームは、ヒトデの幼生の動きを真似する極小のロボットを開発しました。 マイクロロボットが医療を変える 多くの研究者は、マイクロ(極小)ロボットの実現が医療に革命を起こす可能性があるとして注目しています。 マイクロロボットは、私たちの体の中を泳ぐように移動し、特定の器官に薬を届け、最小の外科的処置を実行するように作られています。その設計には、バクテリアや藻類などの天然微生物が参考にされることがよくあったとのこと。 今回同大学が開発した新しいマイクロロボットの特徴は、独自の超音波システムを搭載しているという点。これは、ヒトデの「ある特徴」をロボットが模倣することで実現したといいます。 ヒトデの「繊毛」から着想を マイクロロボットが模倣したのは、ヒトデの表面に生えている揺れ動く細い毛。これは「繊毛」と呼ばれていて、ヒトデの幼生は、数十万本の繊毛に覆われています。 繊毛は並んで生えており、協調するように前後に揺れ動きながら、周囲の水に乱気流を作り出します。これらの繊毛が、新しいマイクロロボットを設計する上で重要な要素となりました。 研究チームはフォトリソグラフィという技術を利用して、繊毛の束を備えたマイクロロボットを設計。次に超音波を利用して、繊毛を振動させました。マイクロロボットの繊毛は、1秒間に1万回以上揺らすことができ、その速さはヒトデの幼生の約...more
カテゴリー:

プラスミドベクターをセルフリーで増幅 - 11月29日(月)13:00 

革新的DNA技術の提供を通しより良いバイオエコノミーの実現を目指すライフサイエンス企業、オリシロジェノミクス株式会社(本社:東京都文京区、代表者:平崎誠司)は、新製品 OriCiro® Cell-Free Switching Systemの販売を開始したことをお知らせします。この画期的な製品により、バイオ研究者は従来の大腸菌を使用することなく、既存のプラスミドベクターをシンプルな酵素反応により、たった1日で増幅できるようになります。   大腸菌を用いた細胞ベースのDNAクローニングは未だに標準的な手法ですが、一方で、煩雑なプロセスにより多くのハンズオンタイムを要すること、エンドトキシン除去プロセスの必要性、細胞毒性によりクローニングできない配列があるなど、バイオ研究を加速させる上で多くのボトルネックが存在します。 新製品 OriCiro® Cell-Free Switching Systemは独自の技術により、大腸菌等の細胞を使用することなくチューブ内(in vitro)で、DNA複製起点であるSS oriC 配列 (約300 bp)をプラスミドDNAに挿入し、そのままプラスミドDNAとして指数的に増幅します。     - プライマー設計は不要、プラスミド DNA をチューブに入れるだけ - 4-13kb サイズの pUC、 pET ...more
カテゴリー:

「三内丸山酵母パン」販売スタート/青森 - 11月27日(土)21:33 

青森県内外の有志でつくる「縄文有用微生物プロジェクト」(荒木佳子代表)が、青森市の三内丸山遺跡の土から採取した酵母菌の実用化に成功し、「三内丸山ユメカモス」と名付けた。27日、青森市油川のパン店「ひまわりベーカリー」(鈴木孝司代表)で、同酵母を使ったパンの販売が始まった。プロジェクトチームは2020年秋、県の許可を得て同遺跡の約4200年前の地層から土を採取。八戸工業高等専門学校の山本歩准教授の下で酵母菌の分離に成功し、県産業技術センターなどが実用化に協力した。ユメカモスには、酵母を使った食べ…
カテゴリー:

【新型コロナ】5GがCOVID-19を誘発、微生物を変異・変質させ病原に - 11月27日(土)15:45  newsplus

コロナウイルス症候群は、世界保健機構がCOVID-19と名付けた単なるウイルスではない。 実際には、医学界の権威が認識しているよりもはるかに複雑な病原微生物と疾病プロセスなのである。 5Gの集中展開とコロナウイルス症候群の発生には、直接的な相関関係があります。稼働している5Gシステムに関連する強力なエネルギーが、人間の免疫システムを弱めることは、すべての科学が証明しています。 したがって、「5Gデモンストレーションゾーン」に住む人々は、必然的に日和見性が高く病原性の高いCOVID-19に対してより脆弱になります。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる