「微生物」とは?

関連ニュース

脱プラ!環境にやさしい「バルカナイズドファイバー」を使ったカードの製造・販売を10月23日から開始。~優れた生分解性があり、プラスチックに近い強度をもったカードの商品化を実現~ - 10月22日(木)17:00 

プラスチックカード印刷を専門に行う株式会社研美社(本社:大阪府大阪市都島区、代表取締役社長:中田逸郎)は、優れた生分解性をもつ、環境にやさしい素材「バルカナイズドファイバー」を使ったオリジナルカードの印刷・製造サービスを10月23日から販売開始します。SDGs「14.海の豊かさを守ろう」であるように「脱プラ」が求められている昨今、プラスチックではなく、耐久性があり環境に配慮した素材のカードを作りたいというお客様のご要望にお応えしました。【バルカナイズドファイバーの主な特徴】原料となる紙を薬品処理しセルロースを解繊、強固に結び付けたセルロースナノファイバー材料の1つです。紙を原料とし、優れた強靭性により、粘り強く割れにくいバルカナイズドファイバーは、自然界の微生物により分解する特性を持ちます。また、バルカナイズドファイバーは、紙製品と同様に一般ごみとして処理することが可能な為、プラスチックの代替素材として環境に優しい素材として期待されています。用途:店舗のポイントカードや社員証などのIDカードなどに使用できます。「バルカナイズドファイバーカード」の商品URLhttps://www.kenbisha.com/selectcard/vulcanized/【商品概要】カードサイズ:85.6×54mmカード厚さ:0.8mm印刷方法:UVインクジェット印刷。仕上がり具合:インクが硬化した独特の...more
カテゴリー:

誰の指令か?「学術会議は諸悪の根源」というデマを流布する人間の正体 - 10月22日(木)04:45 

菅首相による日本学術会議の任命拒否問題が発覚し世論の反発が高まるや、突如として展開され始めた、議員や識者による同会議に対する批判。しかしそのどれもがデマや印象操作の類であり、誤った情報が拡散される原因となってしまいました。この流れについて疑問の目を向けるのは、人気ブロガーのきっこさん。きっこさんは今回のメルマガ『きっこのメルマガ』で、改めてデマや印象操作を検証しつつ、その「一斉射撃」がなされた時期から立てたある一つの仮説を提示しています。 デマによって延命を図る政権 10月17、18両日に実施された全国世論調査では、どの媒体の調査でも、菅内閣の支持率が10ポイント前後も大幅に下落しました。スタート時が「御祝儀相場」だったことを差し引いても、まだ所信表明演説も行なっていないのに、まだ国会も開催されていないのに、わずか1カ月で10ポイント前後も下落するなんて、これは異例中の異例です。 あたしの場合は、新しい首相が所信表明演説を行なう前に外遊へ行くという国民軽視の姿勢にも呆れていますが、今回の内閣支持率の大幅下落は、日本学術会議に対する菅義偉首相の任命拒否問題が主な原因です。今回の全国世論調査では、この問題に関する菅首相の説明について「十分だ」との回答が10%台にとどまった一方で、「不十分だ」との回答は70%を超えました。 そりゃそうでしょう。菅首相も加藤勝信官房長官も「総合的、俯瞰的に...more
カテゴリー:

【新型コロナ】ウン氏、便を使ったコロナウイルス検査法を開発 - 10月21日(水)10:33  newsplus

(略)  SARS-CoV-2のスパイクの構造は、ブドウ球菌腸毒素B(SEB)に似ている。これは細菌によって作られる最強の胃腸毒素の1つだ。  7月20日付けで医学誌「Gut」に掲載された研究において、ウン氏は、コロナウイルスが鼻、口、肺から消えたずっと後にも、消化管に残ることを証明している。氏はまた、便を使ったコロナウイルス検査法も開発した。 「安全な方法で、サンプルを集めるのも容易です」と、ウン氏は言う。香港では3月以降、感染リスクのある旅行者をスクリーニングするために、この検査を利用している。  5月に発表さ...
»続きを読む
カテゴリー:

アルコールベースの消毒剤市場-製品タイプ別;アプリケーションタイプ別;エンドユーザー別(病院および診療所、家庭)、住宅用洗面所、産業機関、研究所など)-世界の需要分析および機会の見通し2028年 - 10月20日(火)18:00 

Research Nester Private Limitedは、アルコールベースの消毒剤市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年10月 20日 に発刊しました。これは、アルコールベースの消毒剤市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。アルコールベースの消毒剤は通常、微生物やバクテリアを効率的に殺すために表面に塗布されます。これらの消毒剤は、基本成分としてエタノールを含み、機器の滅菌のためにいくつかの施設で広く使用されています。最も一般的に使用される消毒剤は、タンパク質を凝固させ、ほとんどの親油性ウイルスを破壊するエタノールとイソプロパノールです。消毒剤は効果的で安全です。アルコールベースの消毒剤市場は、2020-2028年までの予測期間中に約8%の大幅なCAGRを記録すると予想されます。消毒剤に関する意識の高まり規制機関による健康の改善のためのアルコールベースの消毒剤の使用に関する意識の高まりは、市場の成長を加速させています。さらに、医療施設での安全な環境の要求と、ソーシャルメディアでのパーソナルケアと健康的なライフスタイルに関する影響力の高まりにより、アルコールベースの消毒剤の使用が増加しています。新興経済国の衛生環境と病院の感染管理プログラムに対する政府の重点は、市場の成長を促進しています。塗料、化粧品、石鹸業界で...more
カテゴリー:

抗除菌機能を有するスプレータイプ。ワンプッシュで安心の抗除菌環境を作ります。 - 10月20日(火)16:00 

アイグローバル株式会社(本社:千葉県 代表取締役:山﨑良輝 以後弊社)は2020年10月よりiAMZ Virus Control Coat / Sprayを販売開始いたしました。http://iamz.jp/virus.htmliAMZ Virus Control Coat / Sprayとは、溶剤の主成分が90%以上のアルコールからなる、ウィルスや細菌 / 真菌にしその増殖を阻害または抑制する特殊第4級アンモニウム塩 ( 新型コロナウイルスに対しての有効性は経済産業省が認定済み ) が配合された、非常に強力な抗ウィルス / 抗細菌 / 抗真菌の機能を有する最新の特殊塗料です。[ 日本製 ]溶剤中に含まれる塗膜を形成する為の樹脂成分が少ない設計となっている為、抗除菌化合物である特殊第4級アンモニウム塩が塗膜上にダイレクトに集合配列をしており、結果非常に強力な抗除菌機能を有します。※iAMZ Virus Control Coat / Spray:アイムズ・ウィルスコントロールコート・スプレースプレー方式によりライトな感覚で施工が可能スプレー方式により非常にお手軽且つライトな感覚で施工が可能。硬化乾燥の速度が早く容易な施工が可能です。またアルコール主体の塗膜設計となっており環境性能にも優れます。一般のご家庭 / オフィス / 店舗等々、日常の生活で常に手に触れるモノ等々に対し抗除菌環境...more
カテゴリー:

【新型コロナ】 アビガンの効果解明 ウイルス増殖抑制の仕組み・・・群馬パース大大学院教授らの研究 - 10月22日(木)09:39  newsplus

新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、群馬パース大(高崎市)は21日、木村博一・同大大学院教授らの研究により、 アビガンが同ウイルスの増殖を抑制する仕組みを解明したと発表した。 アビガンは富士フイルム富山化学(東京)が開発し、新型コロナ治療薬として16日に厚生労働省に承認申請したことを公表している。 木村教授らの研究は、効果に関する医学的根拠を補強することになる。 木村教授と同大の佐田充講師らは高性能コンピューターで分子モデルのシミュレーションを行い、 、ウイルスのゲノム(全...
»続きを読む
カテゴリー:

花王、枯草菌によるタンパク質生産技術を感染症対策に応用へ - 10月21日(水)11:15 

2020年10月21日 花王株式会社 花王株式会社(社長・澤田道隆)生物科学研究所は、このたび、枯草菌※1によるタンパク質生産技術の感染症対策への応用のための研究を開始しました。花王は長年、酵素などのタンパク質の枯草菌による生産技術を開発してきましたが(図1)、その技術を、抗体など感染症対策に役立つタンパク質の生産に応用します。具体的には、新型コロナウイルス中和能を持つVHH抗体※2や、「顧みられない熱帯病」※3のひとつである土壌伝播寄生虫症(STH)の治療薬への応用が期待されているタンパク質の大量生産技術を開発します。 花王の枯草菌によるタンパク質生産技術は、2020年5月に発表※4された、北里大学、株式会社Epsilon Molecular Engineering(EME)との共同研究による、新型コロナウイルス中和能を持つVHH抗体取得にも貢献しています。また、腸内寄生虫を駆除するタンパク質の研究では、花王とPATH※5、マサチューセッツ大学医学部(UMMS)の共同プロジェクトが、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)の「マラリア、顧みられない熱帯病の新薬開発」案件として採択され、2020年10月1日からスタートしました※6。 花王は、枯草菌によるタンパク質生産技術の強みを活かして、感染症対策をはじめとする社会課題の解決に広く貢献していきます。 ...more
カテゴリー:

東工大発「aiwell」×東大発「イノカ」、海の環境保全に挑む! - 10月21日(水)09:00 

東工大発ベンチャーのaiwell株式会社と東大発ベンチャーの株式会社イノカがタッグを組む。目指すはSDGsの目標14「海の豊さを守ろう」の達成。今後は、両社の持つ知見をかけあわせ、海洋環境を保護するための共同事業に取り組んでいくようだ。 ちなみに、Techable(テッカブル)では以前、aiwellが共同研究中の未病を発見する「AIプロテオミクス」について紹介した。また、イノカ代表の高倉葉太氏にメールインタビューを行い、生態系を理解し再現する「環境移送技術」の開発理由などを伺っているので併せて読んでみてほしい。 未病をみつけるaiwellの技術 aiwellは、2018年10月より東工大 林宣宏研究室とともに「AIプロテオミクス」の共同研究に着手。2019年4月に東工大 大岡山キャンパス内に「東京工業大学・aiwell AIプロテオミクス協働研究拠点」を開設し、同年12月には東工大発ベンチャー認定企業となった。 「AIプロテオミクス」とは、二次元電気泳動法(タンパク質の分離方法のひとつ)から画像化した血中タンパク質のデータをAIで解析し病気や怪我の一歩手前の状態を発見する技術だ。微量な検体でも分析できることと、より多くの検体を扱えることが画期的なポイントのひとつ。 研究開始から1ヶ月後の2018年11月には、わずか3滴の血液で30項目の精密検査を可能にする微量採血キット「アイウェル...more
カテゴリー:

「レンネットの世界市場2020年:野菜、微生物、遺伝子組み換え」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 10月20日(火)16:00 

2020年10月20日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「レンネットの世界市場2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年10月20日に開始いたしました。レンネットの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:レンネットの世界市場2020年:メーカー別、地域別、種類・用途別■英文タイトル:Global Rennet Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025■発刊日:2020年9月30日■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容本調査レポートでは、レンネットの世界市場を広く調査・分析し、今後の市場展望をまとめております。レンネットの種類別市場規模(野菜、微生物、遺伝子組み換え)、用途別市場規模(食品用、非食品用)、地域別市場規模(北米、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、東南アジア、南米、中東、アフリカなど)、市場動向、メーカー別販売量と市場シェア、販売チャネルなどの情報を掲載してい...more
カテゴリー:

海底堆積物に多様な微生物 海洋機構など確認、世.. - 10月20日(火)12:46 

海底堆積物に多様な微生物 海洋機構など確認、世界40カ所調査
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「微生物」の画像

もっと見る

「微生物」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる