「同路線」とは?

関連ニュース

知多バス、岡崎中部空港線を8月4日をもって運休 - 07月12日(金)06:37 

知多乗合(知多バス)は、岡崎駅と中部国際空港を結ぶ空港バス「岡崎中部空港線」を7月4日をもって運休する。 同路線は、岡崎駅前と中部国際空港の間を、岡崎警察署、東岡崎駅、東名岩津を経由し、約80分で結んでいる。料金は岡崎駅~中部国際空港間が大人片道1,750円、東岡崎駅~中部国際空港が同1,650円。毎日19便を運行している。 岡崎駅・東岡崎駅ともに、中部国際空港へ向かう場合、電車では乗り換えが必要で、同路線は唯一の乗り換え無しで中部国際空港にアクセスできる手段だった。 ⇒詳細はこちら 投稿 知多バス、岡崎中部空港線を8月4日をもって運休 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

2匹の「ホヌ」で1,000人超がハワイへ ANA、A380型機の2機体制運航スタート - 07月02日(火)23:32 

全日本空輸(ANA)はきょう2日、エアバスA380型機の1日2機体制での運航を開始した。 ANAのエアバスA380型機は「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライングホヌ)」の愛称が付けられており、ハワイで神聖な生き物とされているウミガメをモチーフとして、3機それぞれに異なるカラーと表情のデザインが施されている。初号機(機体記号:JA381A)はハワイの空をイメージしたANAブルー、2号機(同:JA382A)はハワイの海をイメージしたエメラルドグリーンとなっており、2020年に受領予定の3号機(機体記号:JA383A)はハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジのデザインだ。 このうち初号機は5月24日、2号機は6月18日に運航を開始。火・金・日曜の東京/成田〜ホノルル線NH183便・184便に投入されており、7月1日からは他の曜日もエアバスA380型機での運航となった。それに加えて火・金・日曜の同路線NH181便・182便も同型機での運航となったことから、7月最初の火曜日である2日が、2機の同型機が同日に運航される初めての日となった。 成田空港では、初号機がNH182便として46番スポット、2号機がNH184便として45番スポットに駐機され、2機のエアバスA380型機が並ぶ姿が見られた。午後8時22分、まずはエメラルドグリーンのNH184便が出発し、そ...more
カテゴリー:

タイ国際航空、名古屋/中部〜バンコク線ダブルデイリー化1周年で記念運賃 バンコク往復3万円から - 07月02日(火)07:50 

タイ国際航空は、名古屋/中部〜バンコク線のダブルデイリー化1周年を記念し、同路線を対象とした「中部発TGスーパーディール タイランド 2名様以上運賃」の販売を7月1日より開始した。 エコノミークラス往復運賃は、バンコク行きは30,000円から、プーケット・チェンマイ・クラビ行きは36,000円からとなる。ビジネスクラス往復運賃は、バンコク行きは148,000円から、プーケット・チェンマイ・クラビ行きは158,000円からとなる。搭乗期間は7月15日から10月30日出発分まで、一部期間は対象外となる。燃油サーチャージや諸税は別途必要となる。 予約クラスは、エコノミークラスは「W・V・K・T」、ビジネスクラスは「J」。旅行期間は2日以上10日以内。予約変更や払い戻し、途中降機はできない。タイ国際航空のウェブサイトやアプリでのみ購入できる。販売期間は7月31日まで。 ⇒詳細はこちら 2019/07/01投稿 タイ国際航空、名古屋/中部〜バンコク線ダブルデイリー化1周年で記念運賃 バンコク往復3万円から は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

タイ・エアアジアX、福岡~バンコク線就航記念で片道8650円のセール - 07月04日(木)13:04 

 タイ・エアアジアXは、7月3日に福岡~バンコク・ドンムアン線の運航を開始したことを記念し、7月8日~14日にかけて同路線のチケットを片道8650円で販売する。
カテゴリー:

アイベックス、仙台-成田線再開 全日空便と合わせて1日3往復に - 07月02日(火)14:06 

仙台空港を拠点とするアイベックスエアラインズ(東京)は1日、運航休止していた仙台−成田線を再開した。同路線は既存の全日空便と合わせて1日3往復となる。同日、仙台空港で記念式典が開かれた。 人気が高い成
カテゴリー:

「同路線」の画像

もっと見る

「同路線」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる