「エアバス」とは?

関連ニュース

ボーイング737 MAX墜落の原因はたどるとエアバスA320neoの登場にあったという指摘 - 04月20日(土)15:00 

2018年10月・2019年3月と近い時期に起きた2度の旅客機墜落事故は、双方ともボーイング 737 MAX 8で運航されていました。事故の原因としては失速防止のために導入されたシステムが挙げられており、操作方法がパイロットに周知されていなかった可能性があるのですが、そもそもの原因をたどると、エアバスA320neoが登場したことがきっかけだったという指摘があります。
カテゴリー:

ANA、エアバス A380型機就航を記念した「ANAオリジナルCAリカちゃん ~Special Hawaii Set~」。4月22日予約受付開始 - 04月19日(金)15:43 

 全日空商事は4月19日、ANA(全日本空輸)が5月24日にエアバス A380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ:空飛ぶウミガメ)」を就航することを記念し、タカラトミーとコラボレーションしたオリジナル商品「<ANAオリジナル>A380就航記念オリジナルCAリカちゃん ~Special Hawaii Set~」を発売することを発表した。
カテゴリー:

ピーチ、井上社長が8年の歩みを振り返る。エアバス A321LRの中距離国際線は東南アジアへの就航を検討 - 04月19日(金)13:05 

 ピーチ(Peach Aviation)は4月18日、報道向けの説明会を開き、代表取締役CEOの井上慎一氏が2011年の会社設立から現在までを振り返った。
カテゴリー:

エティハド航空、2泊無料でアブダビの魅力訴求 業績改善、隣席確保などの新サービスも - 04月18日(木)18:17 

エティハド航空は、東京都内で初めてとなる記者懇親会を開催し、稲場則夫日本支社長が現状を説明した。 日本路線は現在、東京/成田〜アブダビ線と名古屋/中部〜北京〜アブダビ線の2路線を運航している。東京/成田線にはボーイング787-9型機、名古屋/中部線には今夏スケジュールからボーイング787-10型機を投入している。当面は新路線を開設せず、2路線の運航を継続する見通し。 子供向けのサービスを提供する「フライングナニー」や、「フードビバレッジマネージャー」といった資格を保有した客室乗務員が、必ず1名乗務する。日本へは投入していないものの、個室タイプの「ザ・レジデンス」では、サボイホテルでトレーニングを受けたバトラーがサービスを提供するなど、他社との差別化を図っている。 2018年度の搭乗率は、東京/成田線は74%、名古屋/中部線は79%。東京/成田線は主にアウトバウンド、名古屋/中部線は中国からの観光客の利用が好調だといい、名古屋/中部線では日本発の航空券の予約が取りづらい状況が続いており、機材を大型化した理由の一つとした。 2017年3月から、東京/成田の出発時刻を午後9時台から午後5時台に早めている。これにより、アブダビでの乗り継ぎ時間がより短くなる一方で、欧州には早朝時間帯に到着してしまうため、ビジネスマンを中心にアブダビで乗り継ぎ時間を開けて到着時間を調整するという人もいるとい...more
カテゴリー:

フィンエアー、広州〜ヘルシンキ線を通年運航へ - 04月18日(木)09:10 

フィンエアーは、季節定期便として運航している、広州〜ヘルシンキ線を通年運航する。 2016年より夏期の季節定期便として運航しており、今夏スケジュールからは、エアバスA350型機を使用して週4便を運航していた。今冬スケジュールでは週2便を運航し、通年化する。中国とヨーロッパ間での旅行需要高まりを受けたものだという。 また、広州の発着ターミナルはこれまでの第1ターミナルから第2ターミナルに移転し、中国南方航空との共同運航(コードシェア)便で、シームレスな乗り継ぎができるようになる。 フィンエアーは今夏スケジュールで、北京、上海、南京、重慶、広州、西安、香港の7都市とヘルシンキの間を、週42便体制で運航する。 ⇒詳細はこちら 投稿 フィンエアー、広州〜ヘルシンキ線を通年運航へ は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

エアアジア、エアバスA330-900neoの塗装の模様を公開 - 04月19日(金)16:53 

エアバスとエアアジアグループは、エアアジアグループが初導入する、エアバスA330-900neoのフランス・トゥールーズで行われた塗装の模様を公開した。 タイ・エアアジアXが受領し、6月にも運航を開始する予定。バンコクのドンムアン空港を拠点に、日本を含む中長距離路線で運航する。アジアでのエアバスA330neoの運航はエアアジアグループが初めてとなる見通し。 エアアジアグループは、2014年に55機のエアバスA330neoを発注し、その後に11機、2018年7月にも34機を追加しており、合わせて100機のエアバスA330-900neoを導入する計画。ロールスロイス製のトレント7000エンジンを搭載する。 クアラルンプールからロンドンなどヨーロッパへの運航も可能で、燃料消費量は同程度の旧世代機と比較して25%削減できる。中長距離路線を低コストで運航することができるようになる。 ⇒詳細はこちら 投稿 エアアジア、エアバスA330-900neoの塗装の模様を公開 は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

<空飛ぶウミガメ「FLYING HONU」A380就航記念!>ANAオリジナル CAリカちゃん ~Special Hawaii Set~ANAショッピングA-styleにて4月22日より予約受付開始 - 04月19日(金)15:00 

全日空商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西村 健)は、運営するANA公式ECサイト「ANA STORE(エーエヌエーストア)/ANA(エーエヌエー)ショッピング A-style(エースタイル)」(https://www.astyle.jp/)にて、株式会社タカラトミー(本社:東京都葛飾区、代表取締役社長:小島 一洋)の着せ替え人形「リカちゃん」とANAがコラボしたオリジナル商品『A380就航記念 オリジナルCAリカちゃん ~Special Hawaii Set~』を発売いたします。4月22日(月)10時より「ANA STORE/ANAショッピングA-style」にて予約受付を開始いたします。■ ANA機内で働くCAスタイルとリゾートを楽しむワンピーススタイル、2パターンをセットに5月24日よりANA便の成田=ホノルル間に世界最大の旅客機エアバスA380型機「FLYING HONU」(フライング・ホヌ)が就航いたします。このホノルル路線の就航を記念して、約5年ぶりに『ANAオリジナル CAリカちゃん』が登場いたします。今回のリカちゃんはリアルな客室乗務員をイメージして、ANAオリジナルCAリカちゃん初の前髪を流したダークブラウンのボブカットにCA風メイクを施し、赤色のリップで華やかさをプラスしました。着せ替えアイテムには、乗務スタイルと就航都市であるハワイにちなんだリゾ...more
カテゴリー:

長距離LCCのエアアジアXが6月に導入予定のエアバス A330-900neo型機の機体を公開 - 04月19日(金)06:30 

 エアバスとエアアジアグループは4月18日、エアアジアグループで長距離路線を運航するエアアジアXで使用する予定のエアバス A330-900neo型機の画像を公開した。
カテゴリー:

カンタス航空、札幌/千歳〜シドニー線季節定期便開設 12月16日から週3便 - 04月18日(木)12:15 

カンタス航空は、札幌/千歳〜シドニー線で12月16日より週3便を季節定期便として就航する。 過去5年間でオーストラリアから日本への旅行者数は2倍以上に増加し、直近12ヶ月でも50万人近いオーストラリア人が日本を訪れている。オーストラリア人旅行者にとって札幌の人気は高く、ニセコやルスツなどの人気スキーリゾートへのアクセスが容易になる。 運航日は月・水・土曜。新たに開設する札幌/千歳〜シドニー線を合わせると、日本とオーストラリア間は5路線に拡大する。出資するジェットスター・ジャパンを利用した周遊利用もできる。 機材は改装後のエアバスA330型機を使用する。運航期間は2020年3月28日まで。供給座席数は1万席以上となる。 ■ダイヤ QF40 札幌/千歳(20:05)〜シドニー(09:05+1) QF39 シドニー(09:30)〜札幌/千歳(18:35) ⇒詳細はこちら 投稿 カンタス航空、札幌/千歳〜シドニー線季節定期便開設 12月16日から週3便 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

JAL、VRによる航空機牽引訓練シミュレータを公開。ボーイング 747型機やエアバス A380型機も再現可能 - 04月17日(水)17:27 

 JAL(日本航空)グループで国内主要空港のグランドハンドリング業務を行なうJALグランドサービスと、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)/MR(複合現実)技術によるソリューションを提供するコミュニケーション・プランニングは、VRを使った航空機牽引訓練用シミュレータの導入を4月8日に発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「エアバス」の画像

もっと見る

「エアバス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる