「初公判」とは?

関連ニュース

【福一】「原発事故は人災。適切な賠償をしてもらいたい」浪江町集団訴訟の初公判←壊された地域のつながり、長期に渡る避難や苦痛 - 05月20日(月)23:49  newsplus

「原発事故は人災。適切な賠償をしてもらいたい」浪江町集団訴訟の初公判 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000004-ftv-l07 2019/5/20(月) 20:15配信,YAHOO!JAPAN NEWS,福島テレビ  ※動画あり  福島県浪江町の住民が国と東京電力を相手取り損害賠償を求めた裁判。  6年前、浪江町は1万5千人以上の町民の代理人となり原発事故による月10万円の精神的慰謝料は不十分だとして原子力損害賠償紛争解決センターに和解仲介手続きを申し立てた。  原子力損害賠償紛争解決センターは月5万円の増額を認める和解...
»続きを読む
カテゴリー:

裁判員制度 開始から10年 「審理期間10日は長すぎる」半数超 - 05月19日(日)17:09 

「裁判員制度」が始まってから、今月21日で10年になります。NHKが行った世論調査で、もし裁判員に選ばれて初公判から判決までの平均の審理期間の10日間、務めることになったらどう思うかを尋ねたところ、「長すぎると思う」と答えた人が半数を超え、参加しやすさが課題となっていることが分かりました。
カテゴリー:

心愛ちゃんを虐待死させた父親の両親「息子は虐待などしないと思っていた。自分の息子を信じたい。あと嫁は息子の妻だとは見ていない」 - 05月18日(土)12:37  poverty

「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死 毎日新聞 2019年5月18日 07時00分(最終更新 5月18日 07時00分) 千葉県野田市の女児虐待死事件で、傷害ほう助罪に問われた母栗原なぎさ被告の16日の初公判では、 心愛さんを虐待した勇一郎被告が家庭内で支配的な立場にいた状況が浮かんだ。 祖父母ら周囲の人たちは女児を救うことはできなかったのか。 検察側は、勇一郎被告の両親、妹の供述調書を読み上げた。県柏児童相談所は2017年12月に女児の一時保護を解除し、 女児を児相から野田市内の勇一...
»続きを読む
カテゴリー:

元行員恐喝・逮捕監禁を4被告が否認 徳島地裁で初公判 - 05月18日(土)08:00 

女性に性的暴行を加えたとして強制わいせつ致傷罪で起訴された阿波銀行元行員の被告の男(23)=徳島市国府町日開=を監禁し、金を脅し取ったなどとして、恐喝と傷害、逮捕監禁の各罪に問われたバー店長の被告の…
カテゴリー:

「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死 - 05月18日(土)07:00 

 千葉県野田市の女児虐待死事件で、傷害ほう助罪に問われた母栗原なぎさ被告の16日の初公判では、心愛さんを虐待した勇一郎被告が家庭内で支配的な立場にいた状況が浮かんだ。祖父母ら周囲の人たちは女児を救うことはできなかったのか。【宮本翔平、町野幸、加藤昌平、秋丸生帆】
カテゴリー:

路上で男性殺害「無実です」 横浜地裁の初公判で被告 - 05月20日(月)19:22 

 相模原市南区の路上で平成29年12月、近くの男性が殺害された事件で、殺人の罪に問われた区内の無職、大石明彦被告(41)の裁判員裁判の初公判が20日、横浜地裁(田村政喜裁判長)であった。大石被告は「私は人なんて殺していません。無実です」と述べ、起訴内容を否認した。
カテゴリー:

心愛ちゃんママ「パパ! 心愛のやつが、私達が寝るのを見計らって勝手に飲み物を……お前何様? むかつく。」 - 05月18日(土)20:23  poverty

「毎日が地獄」 今年1月(2019年)に父親の栗原勇一郎被告(41)の暴力で虐待死した小学4年の心愛ちゃん(10)は、母親にこう訴えていた。 その訴えを無視し、傷害幇助罪に問われている母親・なぎさ被告(32)の初公判が、きのう16日(2019年5月)に千葉地裁で行われた。 検察側の「自分自身で(父親の暴力を)止めることは難しかったのか」という問いに、 なぎさは「はい」と答え、さらに「では、どうすればよかったと思うか」と聞かれると、 「警察に通知するとか、児童相談所や家族に相談していればよかったと思います」と述べた。 しかし...
»続きを読む
カテゴリー:

凄惨な虐待、最後は服ぬぐ力もなく…死亡直前の様子明らかに 千葉小4女児虐待死 - 05月18日(土)11:04 

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が自宅浴室で死亡した虐待事件をめぐり傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母のなぎさ被告(32)の16日の初公判で、検察側は、なぎさ被告の供述調書から死亡する直前の様子を明らかにした。
カテゴリー:

「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死 - 05月18日(土)07:30 

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が親から虐待を受けて1月に死亡した事件で、千葉地裁で16日に開かれた、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)の初公判。なぎさ被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑した。公判では、女児が死亡するまでに受けた虐待の詳細が明らかになった
カテゴリー:

【はれのひ】元社長、24日判決 二審で量刑不当主張 - 05月17日(金)18:45  newsplus

https://this.kiji.is/502004470131000417 はれのひ元社長、24日判決 二審で量刑不当主張 2019/5/17 15:25 (JST)5/17 15:31 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社  昨年の成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(破産)が粉飾した決算書類で銀行から融資金を詐取したとして、詐欺罪に問われた元社長篠崎洋一郎被告(56)の控訴審初公判が17日、東京高裁(栃木力裁判長)で開かれた。弁護側は、一審判決の量刑は重すぎると主張。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は24日。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「初公判」の画像

もっと見る

「初公判」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる