「初公判」とは?

関連ニュース

「親兄弟に危害を加える」と脅されて…“ルフィグループ”熊井ひとみ(26)と藤田海里(24)“愛と地獄の逃避行”〈息を潜めて同棲、妊娠、強制送還〉 夫は被害者に「全額自分が弁済する」 - 10月01日(日)17:00 

 約2300件もの強盗・詐欺事件に関わっていたとされる特殊詐欺組織“ルフィグループ”。9月26日、フィリピンから詐欺の電話をかける“かけ子”として活動し逮捕された藤田海里(24)の初公判が行われた。逮捕…
カテゴリー:

コールセンター業務費を過大請求、近ツー支店元社員が起訴内容認める - 09月29日(金)21:17 

 静岡県掛川市と焼津市から受託した新型コロナウイルスワクチン接種のコールセンター業務委託費を過大請求したとして、詐欺罪に問われた近畿日本ツーリスト静岡支店の元社員大久保功被告(58)の初公判が29日、…
カテゴリー:

山上徹也 「よく考えてみたい」 - 09月28日(木)20:25  poverty

奈良地裁は28日、安倍晋三元首相銃撃事件で、殺人罪などで起訴された山上徹也被告(43)の第1回公判前整理手続きの期日が10月13日に決まったと発表した。 当初は6月に予定されていたが、不審な段ボール箱が届いたとして中止になった。 争点や証拠を絞り込み、公判日程を調整するとみられる。   関係者によると、初公判は来年以降となり、裁判員裁判で審理される。 整理手続きには被告も出頭できるが、弁護団によると、不審物騒ぎを受けて被告は「よく考えてみたい」と慎重な姿勢を示していたという。   6月12日...
»続きを読む
カテゴリー:

袴田巌さんの再審 初公判 10月27日に 静岡地裁 - 09月27日(水)20:28 

57年前、静岡県で一家4人が殺害された事件で死刑が確定した袴田巌さんの再審=やり直しの裁判の初公判が来月27日に開かれることになりました。
カテゴリー:

五輪組織委・高橋元理事「一切の証言を拒否」 証人として初出廷 - 09月27日(水)19:01 

 東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件の受託収賄罪で起訴されている大会組織委員会元理事の高橋治之被告(79)が27日、一連の公判で初めて証人として東京地裁に出廷し「一切の証言を拒否する」と述べてほぼ実質的な回答をしなかった。自身の初公判は12月14日に予定されている。
カテゴリー:

《激ヤセ保釈写真》ガーシー被告(51)が初公判に白シャツ“ほぼ標準語”で謝罪したウラ側「打たれ弱い側面も。実刑となれば…」 - 10月01日(日)11:00 

 無敵のユーチューバーとしての面影はなかった。ユーチューブで俳優の綾野剛ら4人を繰り返し脅迫したなどとして暴力行為等処罰法違反(常習的脅迫)などの罪に問われた前参院議員のガーシー(本名・東谷義和)被告(…
カテゴリー:

近ツー支店元次長、初公判で詐欺認める 業務委託費2.2億円 - 09月29日(金)19:30 

 新型コロナウイルス関連の受託業務で過大請求し、静岡県掛川市と焼津市から計約2億2000万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた近畿日本ツーリスト静岡支店(静岡市)の元次長、大久保功被告(58)=懲戒解雇=は29日、大阪地裁(矢野直邦裁判官)の初公判で起訴内容を認めた。
カテゴリー:

袴田巌さんの再審の初公判、10月27日に決定 姉「絶対に無罪」 - 09月27日(水)20:40 

 1966年に静岡県で一家4人を殺害したとして、強盗殺人罪などで死刑が確定した袴田巌さん(87)の裁判をやり直す再審に向けた検察側、弁護側、裁判所による第6回の三者協議が27日、静岡地裁であった。前回…
カテゴリー:

袴田事件再審、10月27日に初公判 24年3月に結審見通し - 09月27日(水)19:33 

 1966年6月に静岡市(旧静岡県清水市)で一家4人を殺害したとして強盗殺人などの罪で死刑が確定した袴田巌さん(87)のやり直しの裁判(再審)で、静岡地裁(国井恒志裁判長)での初公判が10月27日に開かれることが決まった。非公開で実施された地裁と検察側、弁護側の三者協議終了後、弁護団が記者会見して明
カテゴリー:

ガーシー被告の裁判でバレた芸能界の闇。綾野剛1本5000万円CMと“違約金”の生々しさ - 09月27日(水)17:26 

著名人らを脅迫したなどの疑いがあるとして、滞在していたUAEから帰国し逮捕されたガーシー被告の初公判が開かれました。今回の裁判で、芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さんが注目したのは、どうやら暴露の内容よりも、訴えた側の俳優・綾野剛の所属事務所会長による生々しいCM違約金の実態だったようです。 東谷“ガーシー”義和被告の裁判で見えてくる“芸能界の闇” ガーシー元参院議員こと東谷義和被告の初公判は、芸能記者にとって注目の裁判でした。 週刊誌記者駆け出しの頃の私は、記事に関連する裁判が開かれる度、傍聴席整理券を手に入れるため、朝早くから出掛けて行ったものでした。 同じ様に駆り出された他社の仲間と、抽選で当たるか当たらないかはとりあえず置いておいても 「何枚獲れた?」「うちは〇枚」「こっちは…」と一喜一憂したことを昨日の事のように思い出します。 傍聴席の女神(いればの話ですが…)が微笑んでくれれば、誌上で“本誌記者が目撃した…”というタイトルの、注目裁判傍聴レポート記事が掲載されるわけです。 東谷被告の裁判で私の耳が思わずダンボになったのは、綾野剛が所属する事務所『トライストーン・エンタテイメント』前社長で現・山本又一朗会長が被害内容を詳細に明かしたシーンでした。 山本会長が綾野のCM出演料が5,000万円と明言したのには正直驚きました。 いわゆるタレントのCMギャランテ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる