「東京地裁」とは?

関連ニュース

子宮頸がんワクチンで新たに12人が3次提訴 国と製薬会社2社に賠償求め大阪・東京地裁に - 07月19日(金)17:32 

 子宮頸(けい)がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種で健康被害が生じたとして、患者らが国と製薬会社2社に損害賠償を求めた集団訴訟で、新たに12人が19日、大阪、東京両地裁に3次提訴した。訴訟の原告は全国4地裁で計132人となった。
カテゴリー:

東京地裁・第1回弁論 マイランEPD、女性社員が意.. - 07月19日(金)08:49 

東京地裁・第1回弁論 マイランEPD、女性社員が意見陳述 | 医薬経済社
カテゴリー:

【性的虐待】ジャニー喜多川、夜這いをしかけて複数の少年に肉体関係を強要 翌朝に数万円お小遣いを渡す【ジャニタブー】★4 - 07月17日(水)21:37  mnewsplus

■「週刊文春」が報じたジャニー氏のセクハラとは ジャニー氏の性的虐待疑惑については、タレントたちが暴露本で告発してきた。何冊も暴露本が出版されている。 だがすべては、公然の秘密のままだった。しかし、「週刊文春」は1999年から2000年にかけ、10回以上におよぶ追及記事を掲載した。 記事によれば、「合宿所」と呼ばれているジャニー氏の自宅や、コンサート先のホテルにジュニアのメンバーが宿泊する際、 夜中になるとジャニー氏が夜這いをしかけてきて、そのまま肉体関係を強要するのだという。 ジャニー氏はほとんど同...
»続きを読む
カテゴリー:

テレ朝村上記者の夫が名誉毀損で三浦瑠麗氏を提訴 - 07月17日(水)16:24 

テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」の司会を担当する同局政治部・村上祐子記者(40)の夫で、弁護士の西脇亨輔氏(48)が17日、国際政治学者の三浦瑠麗氏(38)を名誉毀損(きそん)で東京地裁に提訴したことを、マスコミ各社にファクスで発表した…
カテゴリー:

覚醒剤使用、逆転無罪 下着脱がせ検査「違法」 - 07月17日(水)13:05 

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(54)の控訴審判決で、東京高裁が懲役2年6月とした一審東京地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡したことが17日、分かった。高裁は、警察官が職務質問で男性の下着を脱がせたとし「手続きは違法だった」と認定した。判決は16日付。
カテゴリー:

子宮頸がんワクチン訴訟で追加提訴 大阪、東京両地裁で12人 - 07月19日(金)14:57 

 国が一時、接種を積極的に勧奨していた子宮頸(けい)がんワクチン(HPVワクチン)で神経障害などの重い副反応が出たとして、18~25歳の女性12人が19日、国と製薬企業2社に計1億8千万円の損害賠償を求め、大阪地裁と東京地裁に提訴した。
カテゴリー:

男「氏名で検索すると反社集団と関わりがあると表示される。削除して」→最高裁「ネット検索結果の削除認めず」確定する - 07月17日(水)21:41  newsplus

2019年7月17日 19:22 検索サイトの結果表示で名誉を毀損されたとしてグーグルやヤフーに検索結果の削除を求めた2件の訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は17日までに原告側の上告を退ける決定をした。16日付。削除を認めなかった一、二審判決が確定した。表現の自由や情報アクセスの確保の観点から検索結果の削除に慎重な姿勢を示した。 グーグルを巡る訴訟では、社名で検索すると「詐欺」などと表示されるとして会社側が削除を求めた。一審・東京地裁は「検索結果が真実でないとは認められない」として請求を棄却した。二審...
»続きを読む
カテゴリー:

「地面師」事件、3被告に実刑判決 東京地裁 - 07月17日(水)21:23 

 土地の所有者になりすました「地面師」グループが積水ハウスから約55億円の売却代金をだまし取ったとされる事件で、東京地裁(石田寿一裁判長)は17日、詐欺罪などに問われた秋葉紘子〈こうこ〉(75)、羽毛…
カテゴリー:

覚醒剤使用、逆転無罪 路上で下着脱がせ検査「違法」 - 07月17日(水)14:55  news

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(54)の控訴審判決で、東京高裁が懲役2年6月とした一審東京地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡したことが17日、分かった。  高裁は、警察官が職務質問で男性の下着を脱がせたとし「手続きは違法だった」と認定した。判決は16日付。  判決によると、男性は平成29年11月、警視庁築地署員から職務質問を受けた。  高裁の朝山芳史裁判長は、警察官が男性の下半身に触れ、路上で下着を脱がせたと認め「プライバシーや羞恥心への配慮を欠き違法」と判断した。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

地主役の女に懲役4年 地面師事件、初の判決 - 07月17日(水)10:52 

 積水ハウスが架空の取引で地面師グループに土地購入代金をだまし取られた事件で、詐欺などの罪に問われた地主役の羽毛田(はけた)正美被告(64)に、東京地裁(石田寿一裁判長)は17日、懲役4年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。事件では主犯格とされるカミンスカス操(みさお)被告(59)ら10人が起訴されているが、判決は初めて。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「東京地裁」の画像

もっと見る

「東京地裁」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる