「東京地裁」とは?

関連ニュース

【悲報】黒子のバスケ事件のアイツ、出所していたのに話題にならない - 07月11日(土)03:27  poverty

NEWS 2014年08月21日 17時32分 JST | 更新 2014年08月21日 17時44分 JST 「黒子のバスケ」脅迫事件、渡辺博史被告に懲役4年6カ月 東京地裁が実刑判決 人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる連続脅迫事件で、威力業務妨害の罪に問われた元派遣社員、渡辺博史被告(36歳)の判決が8月21日、東京地裁であった。前田巌裁判長は、渡辺被告に求刑と同じく懲役4年6カ月を言い渡した。 https://m.huffingtonpost.jp/2014/08/21/kuroko-hanketsu_n_5697121.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【河井克行前法相夫妻】「議員辞職」に安倍首相がやきもきの訳(東洋経済) - 07月10日(金)20:35  newsplus

2019年7月の参院選での選挙活動をめぐり、東京地検特捜部が7月8日、河井克行前法相と妻の案里参院議員(いずれも自民党を離党)を公職選挙法違反(買収、事前運動)で東京地裁に起訴した。 … 有罪が確定すれば議員失職に 起訴状などによると、克行被告は、自民党本部が案里被告を参院広島選挙区(定数2)での2人目の公認候補に決めた直後の2019年3月下旬ごろから選挙直後の8月上旬までの間、投票や票の取りまとめを依頼する趣旨で、関係者に合計約2900万円をばらまいたとされる。 東京地検特捜部は、現金提供の対象が広島県議や地...
»続きを読む
カテゴリー:

松本智津夫って30代で巨万の富とハーレムと自分を崇拝する信者を手に入れたのに何で殺人事件なんて起こしちゃったの? - 07月10日(金)19:42  poverty

無罪の元オウム信者、新潮に勝訴 東京地裁、33万円支払い命じる 7/8(水) 18:08配信 https://news.yahoo.co.jp/articles/4d71b756f2cc2a55e07e6e69ed35bb3b92a3dbc8  1995年の東京都庁小包爆弾事件で無罪が確定した元オウム真理教信者菊地直子さん(48)が週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、 発行元の新潮社などに165万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は8日、名誉毀損を認め、計33万円の支払いを命じた。  問題になったのは、2015年5月7.14日号の記事。  田中一彦裁判長は「不起訴になってから掲載まで...
»続きを読む
カテゴリー:

旧優生保護法を問う:旧優生保護法訴訟で原告側控訴 国に3000万円賠償求め - 07月10日(金)18:43 

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、東京都の北三郎さん(77)=活動名=が国に3000万円の賠償を求めた訴訟で、原告側は10日、請求を棄却した東京地裁判決(6月30日)を不服として東京高裁に控訴した。
カテゴリー:

コロナ影響で出張尋問も 河井夫妻の百日裁判、多数の証人見込まれ - 07月09日(木)23:27 

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反罪に問われた前法相の衆院議員、河井克行被告(57)と妻の参院議員、案里被告(46)を審理する「百日裁判」について、東京地裁が広島県在住の多数の証人に対応するため、広島地裁などでの「出張尋問」を検討していることが9日、関係者への取材で分かった。
カテゴリー:

課徴金命令で国逆転勝訴 海外から相場操縦 東京高裁 - 07月10日(金)21:54 

 海外から日本株を使って相場操縦をしたとして、金融庁から約2100万円の課徴金納付命令を受けた外国籍の投資会社「セレクト・バンテイジ」が国に命令取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は10日、命令を違法とした一審東京地裁判決を取り消し、同社の請求を棄却した。国側の逆転勝訴。
カテゴリー:

強制不妊手術、原告控訴 1審東京地裁は請求棄却 - 07月10日(金)20:28 

旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして東京都の男性(77)が国に3000万円の損害賠償を求めた訴訟で、男性側は10日、請求を棄却した東京地裁判決を不服として…
カテゴリー:

「現金受け取っていないのに」 検察の聴取22回で抑うつ症 元広島県議が提訴 - 07月10日(金)19:21 

 参院議員の河井案里被告(46)=広島選挙区=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、検察当局から繰り返し事情聴取を受け、精神・肉体的に損害を被ったとして、広島県尾道市の元県議、松浦幸男氏(77)が10日、国に500万円の賠償を求めて東京地裁に提訴した。公職選挙法違反(買収など)で起訴され
カテゴリー:

【裁判例が語る安全衛生最新事情】第348回 研修所転落事件 バルコニーの瑕疵による責任認めず 東京地裁平成29年8月28日判決 - 07月10日(金)05:01 

Ⅰ 事件の概要  原告Xは、勤務先の会社の1泊2日の研修で、被告Y健康保険組合が所有・占有する保養所に宿泊していたが、宴会で飲酒した後、3階の客室の窓の外に避難用に設けられたバルコニーに立ち入り、バルコニーの手すりの開口部(本件空洞部分)から誤って、2階客室のバルコニーの前にあるテラス部分のタイル面に転落し、左踝骨骨折、左肩打撲、両膝打撲などの傷害を負った。  本件客室から本件バルコニーに立ち……[続きを読む]
カテゴリー:

機密漏洩「報酬動機、酌むべき事情ない」 ソフトバンク元社員有罪判決 - 07月09日(木)18:35 

 機密情報をロシア側に漏らすためソフトバンクから不正に営業秘密を取得したとして、不正競争防止法違反に問われた同社元社員、荒木豊被告(48)に対し、東京地裁は9日、懲役2年、執行猶予4年、罰金80万円(求刑・懲役2年、罰金100万円)の判決を言い渡した。赤松亨太裁判官は「報酬を得ようとした動機に酌むべ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「東京地裁」の画像

もっと見る

「東京地裁」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる