「被告人質問」とは?

関連ニュース

【裁判】未就学女児に暴行「自分の好きなキャラクターに似ていた」 強制性交などの罪に問われた男、初公判で起訴内容認める…佐賀地裁 - 05月21日(火)20:59  newsplus

未就学女児に暴行の男 初公判で「間違いありません」と起訴内容を認める【佐賀県】 5/21(火) 19:00配信 今年2月、県の西部にある商業施設の女子トイレで、 未就学の女の子に暴行した男の初公判が開かれ、男は起訴内容を認めた。 起訴状などによると嬉野市嬉野町の無職の男(22)は、今年2月、県西部の商業施設の屋外トイレで 未就学の女の子に暴行を加えたとして、強制性交などの罪に問われている。 21日佐賀地裁で開かれた初公判で男は、「間違いありません」と起訴内容を認めた。 被告人質問で男は「わいせつな動画を見て興...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 はれのひ元社長、懲役2年実刑は重すぎると今さら主張 - 05月17日(金)16:21  poverty

はれのひ元社長、24日判決 昨年の成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(破産)が粉飾した決算書類で銀行から融資金を詐取したとして、 詐欺罪に問われた元社長篠崎洋一郎被告(56)の控訴審初公判が17日、東京高裁(栃木力裁判長)で開かれた。 弁護側は、一審判決の量刑は重すぎると主張。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は24日。 昨年12月の一審横浜地裁判決は懲役2年6月の実刑としていた。 被告人質問で、篠崎被告は「成人式を迎えられなかった人には、一生に...
»続きを読む
カテゴリー:

<裁判員裁判・東北の10年>第3部 模索の果て(上)誤算/被害感情共有評価と懸念 - 05月17日(金)09:42 

2017年に仙台地裁法廷で起きた刃物切り付け事件の裁判員裁判。同地裁で昨年8月にあった被告人質問で、殺人未遂罪などに問われた被告の男(32)は「この国の司法を信用できない」と述べ、検察官と裁判官の質問
カテゴリー:

1週間食事与えず、心愛さん母「取り調べの時気づいた」 - 05月17日(金)05:00 

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親の栗原なぎさ被告(32)。16日に千葉地裁であった初公判の被告人質問では、夫の…
カテゴリー:

心愛さん父 「やめて」と止める母に馬乗り 野田虐待初公判 被告人質問 - 05月16日(木)18:46 

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が親から虐待を受けて死亡した事件で、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)は16日、千葉地裁(小池健治裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
カテゴリー:

【はれのひ】元社長、24日判決 二審で量刑不当主張 - 05月17日(金)18:45  newsplus

https://this.kiji.is/502004470131000417 はれのひ元社長、24日判決 二審で量刑不当主張 2019/5/17 15:25 (JST)5/17 15:31 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社  昨年の成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(破産)が粉飾した決算書類で銀行から融資金を詐取したとして、詐欺罪に問われた元社長篠崎洋一郎被告(56)の控訴審初公判が17日、東京高裁(栃木力裁判長)で開かれた。弁護側は、一審判決の量刑は重すぎると主張。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は24日。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

冷水シャワー心愛ちゃんの母親、動かない心愛ちゃんに心臓マッサージ。 - 05月17日(金)11:36  poverty

母、動かぬ心愛さんに心臓マッサージ 「児相か家族に相談すれば」 野田虐待初公判 「いつも笑顔で明るい子だった」――。千葉地裁で16日に開かれた、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)への 傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)の公判。 検察側は女児が受けていた虐待の詳細や亡くなる前の家庭内の状況について説明した。 なぎさ被告は時折、涙をぬぐい、被告人質問では消え入りそうな声で娘について語った。 勇一郎被告は1月22日夜から女児を立たせ続けた。 さらに23日朝からは浴室内でその場で駆け足をしろと命令したり...
»続きを読む
カテゴリー:

母、動かぬ心愛さんに心臓マッサージ 「児相か家族に相談すれば」 野田虐待初公判 - 05月17日(金)06:30 

 「いつも笑顔で明るい子だった」――。千葉地裁で16日に開かれた、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)への傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)の公判。検察側は女児が受けていた虐待の詳細や亡くなる前の家庭内の状況について説明した。なぎさ被告は時折、涙をぬぐい、被告人質問では消え入りそうな声で娘につ
カテゴリー:

小4虐待死母被告人質問(3完)「旦那に怒られると思い、嘘書かせた」 - 05月16日(木)19:29 

 《千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が死亡した虐待事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親のなぎさ被告(32)の初公判は、弁護側の質問が終わり、検察側の質問に移った。証言台に立つなぎさ被告は、両手を震わせている》 検察側「大丈夫ですか」 被告「はい」 検察側「なぜ今、裁判を受けているのかわかる」 被告「はい」 検察側「(父親の)勇一郎被告(傷害致死罪などで起訴)の虐待を手助けしていたとわかりますか」 被告「はい」 検察側「いつ虐待していたと気がついたのですか」 被告「千葉に引っ越してすぐのころです」 検察側「当時、もう次女は生まれていましたね」 被告「はい」 検察側「次女への虐待はあったのですか」 被告「ありませんでした」 検察側「次女のことは、かわいがっていたということですか」 被告「はい」 検察側「心愛さんだけを虐待した理由を、あなたとしてはどう思っていますか」 被告「(沈黙の後)もう一度お願いします」 検察側「虐待する方としない方があるのはどうしてだとあなたはどう考える」 《再び沈黙するなぎさ被告》 検察側「思い当たるところはあるか」 被告「(沈黙の後)次の質問お願いします」 検察側「簡単に答えてくれたらいい。どんな虐待があったか、いくつか具体的に教えて」 被告「長時間廊下に立たせたり、お風呂場の前に立たせたり、あとは…」 検察側「例えば直接の...more
カテゴリー:

小4虐待死母被告人質問(2)「出て行っても連れ戻されると…」夫への恐怖、憔悴し一時休廷も - 05月16日(木)18:46 

 《千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が死亡した虐待事件で、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=が心愛さんに暴行を加えているのを知りながら制止しなかったなどとして傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親のなぎさ被告(32)。千葉地裁で16日開かれた初公判では、なぎさ被告に対する弁護人からの被告人質問が続く》 弁護人「(勇一郎被告から心愛さんへの暴力を)止めようとしたことはありますか」 なぎさ被告「あります。これ以上やらないで、やめてと言いました」 弁護人「通報すると言ったことはありますか」 なぎさ被告「それもあります」 《勇一郎被告が心愛さんに暴力をふるうのを「制止しようとした」と主張するなぎさ被告。だが、勇一郎被告は、暴力の矛先をなぎさ被告に向けてきたという》 弁護人「そうすると勇一郎被告はどうしましたか」 なぎさ被告「胸ぐらを捕まれて床に押し倒され、(勇一郎被告が)馬乗りになって…『苦しい』と言うと、口の中に膝掛けを押し込まれました」 弁護人「心愛さんを連れて出ようと思ったことはありませんか」 なぎさ被告「ないです」 弁護人「それはなぜですか」 なぎさ被告「出ていっても、行き先がばれたりして連れ戻されると思いました」 《連れ戻されることを恐れ、心愛さんとともに逃げなかったというなぎさ被告。被告人質問に先立ち行われたなぎさ被告の母親に対する証人尋...more
カテゴリー:

もっと見る

「被告人質問」の画像

もっと見る

「被告人質問」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる