「無罪判決」とは?

関連ニュース

【京アニ放火殺人犯】青葉真司の弁護士「容疑者は寝たきり状態なので勾留の理由や必要性がない」★2 - 05月29日(金)11:40  newsplus

 一方、青葉容疑者の弁護側が28日、寝たきり状態の容疑者について「勾留の理由や必要性がない」として、勾留の取り消しを求めて京都地裁に準抗告した。 全文 https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18331164/ 担当弁護士 京都弁護士会刑事委員会委員長の西田祐馬弁護士は「容疑者は勾留に耐えうるのか。逃亡の恐れや罪証隠滅の恐れがあるのか。担当弁護人から状況を聞き、会としてのサポートを検討する」と話している。  地裁によると、青葉容疑者の国選弁護人には、京都弁護士会刑事委員会元委員長の遠山大輔弁...
»続きを読む
カテゴリー:

京アニ・青葉先生、無料ガチャからSSR弁護士を引いてしまう - 05月28日(木)23:26  poverty

「勾留の必要性ない」京アニ放火容疑者の弁護人が準抗告 https://www.asahi.com/sp/articles/ASN5X77G5N5XPTIL00Q.html  36人が亡くなった京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、 京都府警に殺人などの容疑で逮捕された青葉真司容疑者(42)の国選弁護人が28日、 勾留決定の取り消しを求めて京都地裁に準抗告した。 青葉容疑者は大阪拘置所に勾留されているが「勾留の理由や必要性がない」としている。  青葉容疑者は全身にやけどを負い、一時は意識不明の状態に陥ったが、皮膚移植手術などを経て...
»続きを読む
カテゴリー:

【●裁判】よそ様の物置で排泄か? 村議に罰金を求刑 弁護側は「排泄物は、別の人物が持ち込んだものだ」と無罪主張・長野地裁 - 05月25日(月)12:46  newsplus

住居侵入の村議に罰金を求刑 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20200525/1010013576.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 野沢温泉村の村議会議員が4年前、村内の住宅の物置に侵入した罪に問われている事件の裁判で、 検察は「DNA型の鑑定結果などから議員が侵入したと認められる」などとして 罰金10万円を求刑しました。 一方、弁護側は無罪を主張しました。 野沢温泉村の村議会議員の富井走一被告(68)は、4年前の平成28年9月、 村内の住...
»続きを読む
カテゴリー:

検察黒川騒動で分かったんだが、安倍擁護者で三権分立を理解できてる奴、1人もいないぞ……汗 - 05月21日(木)09:46  news

検察は安倍首相を逮捕しない…「検察庁法改正」の根本的問題と今後 これは疑獄事件の一幕だ 日本における「検察の役割」 今国会での成立が見送られた検察庁法改正案――その議論において、高等な法律論が繰り広げられている。法律論として、これは全く正しいが、そもそも法曹で、この法案に賛成する者は特別な人である。 むしろ根本は、日本国のなかでの検察の役割の問題である。 福田赳夫、芦田均、田中角栄と、検察に起訴された首相は幾人もいる。その長い歴史のなかに、この疑獄事件を位置付けたほうがわかりやすい。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

補助金詐欺で無罪判決 札幌地裁差し戻し審 - 05月18日(月)14:13 

 会社役員の男らと共謀し、北海道から補助金約5900万円をだまし取ったとして詐欺の罪に問われた男性被告(72)の差し戻し審で、札幌地裁(島戸純裁判長)は18日、「補助金申請に反対する発言をしており、詐欺の意思連絡があったと認めるには合理的な疑いが残る」として無罪判決を言い渡した。
カテゴリー:

【弁護士ガチャ成功】青葉真司の国選弁護人が準抗告 - 05月28日(木)23:53  newsplus

京都弁護士会刑事委員会委員長の西田祐馬弁護士は「容疑者は勾留に耐えうるのか。逃亡の恐れや罪証隠滅の恐れがあるのか。担当弁護人から状況を聞き、会としてのサポートを検討する」と話している。  地裁によると、青葉容疑者の国選弁護人には、京都弁護士会刑事委員会元委員長の遠山大輔弁護士ら2人が選任された。遠山弁護士は、検察側が死刑を求刑した京都府舞鶴市の女子高校生殺害事件で弁護人を務め、高裁で逆転無罪判決を得た。今後、ほぼ毎日、接見を続けていくという。 https://www.asahi.com/sp/articles/ASN5X77G5N5XPT...
»続きを読む
カテゴリー:

【京アニ】「勾留の必要性ない」京アニ放火容疑者の弁護人が準抗告 - 05月28日(木)22:54  newsplus

 36人が亡くなった京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、京都府警に殺人などの容疑で逮捕された青葉真司容疑者(42)の国選弁護人が28日、勾留決定の取り消しを求めて京都地裁に準抗告した。青葉容疑者は大阪拘置所に勾留されているが「勾留の理由や必要性がない」としている。  青葉容疑者は全身にやけどを負い、一時は意識不明の状態に陥ったが、皮膚移植手術などを経て回復。ただ、自力で歩くことなどはできず、勾留先の大阪拘置所では28日、ベッドの上で取り調べを受けた。  京都弁護士会刑事委員...
»続きを読む
カテゴリー:

女児への暴行問われた男性の逆転無罪確定、カギは「証言の信用性」 - 05月22日(金)22:50 

交際女性の長女=当時(11)=に性的暴行を加えたとする強制性交罪に問われ、1審で懲役5年の実刑判決を受けた男性被告(38)に対し、大阪高裁が4月、逆転無罪判決を…
カテゴリー:

太陽光発電めぐる補助金詐欺事件 被告男性に無罪判決 北海道 - 05月18日(月)20:24 

 会社役員の男らと、道から補助金およそ6000万円をだまし取った罪に問われた男性の差し戻し審で、札幌地裁は無罪判決を言い渡しました。今日ドキッ!で放送2020年05月18日(月) 19時45分 更新
カテゴリー:

「検察庁法改正」の基本的疑問に答える~検察は、政権の意向を一層「忖度」しかねない - 05月17日(日)11:22 

「検察庁法改正案」が衆議院内閣委員会で審議入りしたことに対して、ネットで「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグで、900万件以上のツイートが行われ、多くの芸能人や文化人が抗議の声を上げ、元検事総長など検察OBが法案に反対する意見書を法務大臣に提出し記者会見するなど、国民が反対の声が大きく盛り上がった。与党は、5月15日に強行採決の方針と報じられていたが、野党側から、武田良太担当大臣の不信任決議案が出され、審議は打切りとなった。18日からの週の国会での動きに注目が集まる。国会審議に、多くの国民が関心を持ち、活発な議論が行われることは大変望ましいことだが、本来、多くの国民にはあまりなじみがない「検察庁法」の問題であるだけに、基本的な事項についての疑問が生じることが考えられる。この法案の問題点については、【検察官定年延長法案が「絶対に許容できない」理由 #検察庁法改正案に抗議します】で詳しく述べたが、想定される基本的な疑問について、私なりに解説をしておきたいと思う。  検察について基本的な疑問に答えるまず、第1の疑問として、今回、検察官の定年延長の問題が「三権分立」が問題とされていることに関して、安倍首相も言っているように、検察は行政機関でしょう。行政の内部の問題なのに、なぜ、立法・司法・行政の「三権分立」が問題になるの?という疑問があり得るだろう。それに対す...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「無罪判決」の画像

もっと見る

「無罪判決」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる