「今年度」とは?

関連ニュース

改正入管法の施行 外国人受け入れで全国に交付金 - 12月16日(日)20:24 

 菅義偉官房長官は16日、福岡市で講演し、来年4月の改正入管法の施行に関し、全国約100カ所に設置する外国人の相談窓口のために計20億円程度の交付金を自治体に配分すると明言した。通訳の配置や翻訳システム導入の費用を想定している。窓口は生活相談を一元的に受ける。来年の通常国会に提出する今年度補正予算案
カテゴリー:

【小池知事】「地方分権は死んだ」 東京都の9200億円が地方へ 都民一人当たり3万円 税制大綱決定に怒りあらわ★7 - 12月15日(土)23:34  newsplus

自民、公明両党は12月14日午後、2019年度の税制改正大綱を正式に決定しました。これにより、東京都の9200億円が、国によって地方に配られることになりました。税制見直しに対し、東京都の小池知事は「地方分権という言葉は死んだ。これ以上、地方分権を阻害しないでほしい」と痛烈に批判しました。 . ■税制見直しで 東京の税収が地方に 小池知事が批判する理由として、この見直しで東京都の税収が大幅に減るとみられている点が挙げられます。税制改正大綱の柱の一つに「都市・地方の持続可能な発展のための、地方税制体系の構築」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【小池知事】「地方分権は死んだ」 東京都の9200億円が地方へ 都民一人当たり3万円 税制大綱決定に怒りあらわ★5 - 12月15日(土)14:11  newsplus

自民、公明両党は12月14日午後、2019年度の税制改正大綱を正式に決定しました。これにより、東京都の9200億円が、国によって地方に配られることになりました。税制見直しに対し、東京都の小池知事は「地方分権という言葉は死んだ。これ以上、地方分権を阻害しないでほしい」と痛烈に批判しました。 . ■税制見直しで 東京の税収が地方に 小池知事が批判する理由として、この見直しで東京都の税収が大幅に減るとみられている点が挙げられます。税制改正大綱の柱の一つに「都市・地方の持続可能な発展のための、地方税制体系の構築」と...
»続きを読む
カテゴリー:

新成人13人、出席見込めず成人式開催を断念 青森県西目屋村 - 12月15日(土)08:15  news

 青森県西目屋村が、今年度の成人式開催を断念したことが14日、わかった。新成人の出席が見込めないためで、県教育委員会によると、「少なくとも過去10年間で成人式を中止にした県内の市町村はない」という。  村教育委員会によると、同村は例年、夏場に成人式を実施している。  今年度は新成人13人が対象で8月11日に開催する予定だったが、出席者数の不足が懸念されたため延期、12~1月に再設定する計画を立てていた。  ところが、アンケート調査で新成人に都合の良い日程を尋ねたところ、最も多くの新成人が「...
»続きを読む
カテゴリー:

【小池知事】「地方分権は死んだ」 東京都の9200億円が地方へ 都民一人当たり3万円 税制大綱決定に怒りあらわ★3 - 12月15日(土)06:14  newsplus

自民、公明両党は12月14日午後、2019年度の税制改正大綱を正式に決定しました。これにより、東京都の9200億円が、国によって地方に配られることになりました。税制見直しに対し、東京都の小池知事は「地方分権という言葉は死んだ。これ以上、地方分権を阻害しないでほしい」と痛烈に批判しました。 . ■税制見直しで 東京の税収が地方に 小池知事が批判する理由として、この見直しで東京都の税収が大幅に減るとみられている点が挙げられます。税制改正大綱の柱の一つに「都市・地方の持続可能な発展のための、地方税制体系の構築」と...
»続きを読む
カテゴリー:

大学が構内を禁煙にするも周囲の路上での喫煙が目立ち構内分煙に戻す - 12月16日(日)19:04  news

キャンパス内を全面禁煙とするかどうかで各地の大学の対応が分かれている。全面禁煙にした結果、キャンパス周辺で学生が路上喫煙するようになったため 喫煙所を復活させた大学もあれば、禁煙を徹底するため、新入生に「たばこを吸わない」との誓約書を提出させる大学もある。学生の健康面だけでなく学校の イメージにも関わるだけに、大学側も頭を悩ませている。  ◆路上喫煙に苦情  中央大(東京都八王子市)の多摩キャンパス(同)には、「喫煙コーナー」と記した立て札のある階段脇のスペースに灰皿が並ぶ。立て札には「喫煙...
»続きを読む
カテゴリー:

【小池知事】「地方分権は死んだ」 東京都の9200億円が地方へ 都民一人当たり3万円 税制大綱決定に怒りあらわ★6 - 12月15日(土)21:04  newsplus

自民、公明両党は12月14日午後、2019年度の税制改正大綱を正式に決定しました。これにより、東京都の9200億円が、国によって地方に配られることになりました。税制見直しに対し、東京都の小池知事は「地方分権という言葉は死んだ。これ以上、地方分権を阻害しないでほしい」と痛烈に批判しました。 . ■税制見直しで 東京の税収が地方に 小池知事が批判する理由として、この見直しで東京都の税収が大幅に減るとみられている点が挙げられます。税制改正大綱の柱の一つに「都市・地方の持続可能な発展のための、地方税制体系の構築」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【小池知事】「地方分権は死んだ」 東京都の9200億円が地方へ 都民一人当たり3万円 税制大綱決定に怒りあらわ★4 - 12月15日(土)10:32  newsplus

自民、公明両党は12月14日午後、2019年度の税制改正大綱を正式に決定しました。これにより、東京都の9200億円が、国によって地方に配られることになりました。税制見直しに対し、東京都の小池知事は「地方分権という言葉は死んだ。これ以上、地方分権を阻害しないでほしい」と痛烈に批判しました。 . ■税制見直しで 東京の税収が地方に 小池知事が批判する理由として、この見直しで東京都の税収が大幅に減るとみられている点が挙げられます。税制改正大綱の柱の一つに「都市・地方の持続可能な発展のための、地方税制体系の構築」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】東京都さん、税制見直しで4200億の減収になり大発狂 「地方分権は死んだ!」 - 12月15日(土)07:02  poverty

「地方分権は死んだ」 小池都知事、税制大綱に怒りあらわ  自民、公明両党は12月14日午後、2019年度の税制改正大綱を正式に決定しました。これにより、東京 都の9200億円が、国によって地方に配られることになりました。税制見直しに対し、東京都の小池知事は 「地方分権という言葉は死んだ。これ以上、地方分権を阻害しないでほしい」と痛烈に批判しました。 税制見直しで 東京の税収が地方に  小池知事が批判する理由として、この見直しで東京都の税収が大幅に減るとみられている点が挙げら れます。税制改正大綱の柱の一...
»続きを読む
カテゴリー:

【小池知事】「地方分権は死んだ」 東京都の9200億円が地方へ 都民一人当たり3万円 税制大綱決定に怒りあらわ★2 - 12月15日(土)02:14  newsplus

自民、公明両党は12月14日午後、2019年度の税制改正大綱を正式に決定しました。これにより、東京都の9200億円が、国によって地方に配られることになりました。税制見直しに対し、東京都の小池知事は「地方分権という言葉は死んだ。これ以上、地方分権を阻害しないでほしい」と痛烈に批判しました。 . ■税制見直しで 東京の税収が地方に 小池知事が批判する理由として、この見直しで東京都の税収が大幅に減るとみられている点が挙げられます。税制改正大綱の柱の一つに「都市・地方の持続可能な発展のための、地方税制体系の構築」と...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「今年度」の画像

もっと見る

「今年度」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる