「今年度」とは?

関連ニュース

【将棋】藤井聡太七段 渡辺明棋王下し朝日杯2連覇達成! - 02月16日(土)17:04  mnewsplus

 第12回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント決勝が16日、東京都内で指され、前回優勝の藤井聡太七段(16)が渡辺明棋王(34)に128手で勝ち、連覇を達成した。朝日杯の連覇は、14年から3連覇した羽生善治九段(48)以来、2人目の快挙となった。  振り駒で先手となった渡辺が、準決勝に続き雁木という重厚な戦型を選択し、藤井も同じ戦型で応じた。駆け引きが続いた中盤、渡辺がやや消極的な手を指した一瞬の隙をこじ開けるかのごとく、藤井が解説陣も予想しないような手を次々に繰り出し、徐々にリードを奪って...
»続きを読む
カテゴリー:

「スイーツ甲子園」で優勝 熊本・慶誠高生開発のロールケーキ、19日全国発売 - 02月16日(土)09:30 

 今年度「貝印スイーツ甲子園」で優勝した慶誠高(熊本市中央区)普通科パティシエコースの生徒たちが開発に携わったロールケーキ(税込み210円)が19日、コンビニエンスストア大手のローソンで全国発売される。熊本県産晩柑(ばんかん)を使ったフレッシュな味わいが特徴。生徒たちは「県産食材の良さを広めたい」と
カテゴリー:

【ボクシング】亀田3兄弟いとこ京之介が新人王戦エントリー 優勝して“アンチ亀田”黙らせる - 02月15日(金)18:05  mnewsplus

「亀田3兄弟」のいとこ“浪速の狂拳”亀田京之介(20)=協栄=が15日、自身のツイッターを更新。今年度の東日本新人王戦にエントリーしたことを明かし、優勝宣言した。 京之介はトーナメント表を添付し、「新人王戦!決まりました!俺は逃げも隠れもしやんよ!誰が優勝候補か知らんけど 関係ないよ!1番盛り上げて最高な試合にしたる!」と意気込みを示した。 京之介のフェザー級は22人がエントリーする激戦区となっている。 「これでお前らも文句無いな?相手も選んで無いし これで優勝したるからこれで お前らも文句ゆ...
»続きを読む
カテゴリー:

東京都共助社会づくりを進めるための社会貢献大賞を決定 - 02月15日(金)17:15 

このたび、今年度の受賞団体を決定しましたので、お知らせいたします。また、東京都共助社会づくりを進めるための社会貢献大賞の贈呈式を行いますので、その概要をあわせてお知らせします。
カテゴリー:

南相馬小高病院に危機 市長と対立、唯一の常勤医が退職届 - 02月15日(金)09:18 

 福島県南相馬市立小高病院が4月以降、診療できなくなる恐れが出てきた。唯一の常勤医、藤井宏二医師(64)が6日、今年度いっぱいでの退職を届け出たことで、このままでは法律上、診療が認められないためだ。藤井医師はIT機器を使った在宅医療に力を入れており、同病院の入院機能再開を目指す門馬和夫市長との意見対
カテゴリー:

【悲報】キングコング梶原ことカジサックさん、登録者数の伸びが衰退。このままだとガチで芸能人引退へ - 02月16日(土)11:36  livejupiter

今月から全く伸びなくなってる 今年度までに登録者数100万人いかなければ引退 ...
»続きを読む
カテゴリー:

自転車シェアリング 10区で乗り捨て自由に 利便性向上、利用者も急増 - 02月15日(金)19:45 

 電動アシスト付き自転車を共有する「自転車シェアリング」が、東京都内で区を越えた広がりをみせている。1月には目黒区で事業が始まり、計10区内で借りた自転車を別の場所で「乗り捨て」できるようになった。利便性が向上するにつれて、利用数も急増しており、今年度はすでに2年前の3倍以上となる550万回が利用されている。今後は利用手順の簡易化などによりインバウンド需要取り込みも狙う。
カテゴリー:

【ボクシング】亀田3兄弟いとこ京之介が東日本新人王戦エントリー 優勝して“アンチ亀田”黙らせる - 02月15日(金)17:21  mnewsplus

「亀田3兄弟」のいとこ“浪速の狂拳”亀田京之介(20)=協栄=が15日、自身のツイッターを更新。今年度の東日本新人王戦に エントリーしたことを明かし、優勝宣言した。 京之介はトーナメント表を添付し、「新人王戦!決まりました!俺は逃げも隠れもしやんよ!誰が優勝候補か知らんけど  関係ないよ!1番盛り上げて最高な試合にしたる!」と意気込みを示した。 京之介のフェザー級は22人がエントリーする激戦区となっている。「これでお前らも文句無いな?相手も選んで無いし  これで優勝したるからこれで お前らも文...
»続きを読む
カテゴリー:

味の素の冷凍食品が大苦戦 水も油もいらない餃子をリニューアルするも客離れ防げず - 02月15日(金)13:40  poverty

味の素、「冷凍ギョーザ」の販売が冴えないワケ 市場拡大中にもかかわらず、冷凍食品が苦戦 味の素の冷凍食品が不振だ。同社にとって、チャーハンや空揚げといった冷凍食品は国内食品事業の売上高のおよそ3割を占め、これまで業績拡大の牽引役だった。 ところが、今2018年度に入って飲食店や中食向けの業務用は堅調ながら、「家庭用の冷凍食品は2ケタ近い減少が続いている」(味の素のIR担当者)という。 同社は1月31日に2018年度の冷凍食品セグメント見通しを下方修正し、売上高が978億円(前期比3%減)になるとした。同セグメントの下方...
»続きを読む
カテゴリー:

ふるさと納税「3割」守ったら…寄付額20分の1に衝撃 - 02月15日(金)08:26  newsplus

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM2D3FPZM2DUGTB003.html?iref=sp_new_news_list_n 返礼品競争が依然やまないふるさと納税。総務省は抑制策として「返礼品は寄付額の3割以内」とする通知を自治体に出したが、この通知に従った広野町では、寄付額が20分の1に激減した。通知に反した豪華な返礼品で寄付を集める自治体がなお存在し、本来、恩恵を受けられるはずの地方の町村が制度に翻弄されるという「ひずみ」が見える。 「お得感」で、今年度は「1万円で20キロのコメ」(返礼率52%)を用意。寄付を募集した昨年7~9月...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「今年度」の画像

もっと見る

「今年度」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる