「レーダー」とは?

関連ニュース

区分マンション12戸を購入してハッピーリタイアした私が本当に伝えたい7つのこと - 07月16日(火)02:14 

私は38歳だった2008年に初めて都内に区分マンションを購入し、区分マンション11部屋のオーナーとなり、その後4部屋を売却し、その売却益で都内に新築1棟アパートと区分マンションを新たにポートフォリオに加え12戸+1駐車場になり、“安定的な収入の確保” の目途がたったことで2018年に27年間勤めた会社をハッピーリタイアしました。 ハッピーリタイアして1年3ケ月たちましたが、その経験、感じたことなどをハッピーリタイアを目指しているサラリーマンの皆さまへお届けしたいと思います。 目次 サラリーマンを取り巻く環境が厳しさを増している 「ステレオタイプ」なハッピーリタイア像が流布している 自分が好きなことだけしかしない贅沢 「時間」は有限でもっとも大事なもの 会社以外の収入を確保し、永続的にお金が入る仕組み作りをする 不動産は資産運用では重要なポートフォリオのひとつ ただ 自由で楽しいことばかりではないハッピーリタイア生活 まとめ 1 サラリーマンを取り巻く環境が、厳しさを増している ここ最近、トヨタ自動車の豊田社長や経団連の中西会長が「終身雇用を維持するのは難しい」という内容の発言をしたことが報道されたり、老後には2,000万円が必要になるという金融庁のレポートが大々的に取り上げられたりするなど、サラリーマンを不安にさせるニュースが多くなっています。 金融審議会市場ワーキング・グルー...more
カテゴリー:

トランプ大統領はビットコインを禁止するのか?仮想通貨トレーダーが思考実験 - 07月15日(月)16:25 

仮想通貨トレーダーのアレックス・クルーガー氏が15日に一連のツイーの中で、トランプ大統領がビットコインを禁止するのか思考実験を行った。
カテゴリー:

【リテラ】イージス・アショア山口と秋田配備はやっぱり米国への貢物! 米シンクタンクが「日本列島が太平洋の盾になる」 - 07月14日(日)19:07  seijinewsplus

「安倍政権(首相)は、国民の血税と領土の一部を米国に献上するに等しい“売国奴的下僕外交(政治)”をしているのではないか」  こんな疑問が湧き上がってきたのは7月3日、山口県庁での謝罪面談を終えた岩屋毅・防衛大臣の会見での質疑応答のときのことだ。「グアムを守る、米国を守る前線基地になるというアメリカのシンクタンクの論文があるが、これで住民の理解は得られると思うか」との筆者の問いに、こう答えたのだ。 「その論文については私も拝見しておりますが、このミサイル防衛体制というのはあくまでも我が国の防衛のた...
»続きを読む
カテゴリー:

「15年間、月間ベースで負けなし」伝説のトレーダー、その手法を語る - 07月14日(日)08:31 

’04年から日経225先物取引を始めてから現在に至るまで、「15年間、月間ベースで負けなし」という驚異の成績を誇るMr・Hilton(以下、ヒルトン)氏。日経225先物のデイトレードの世界では誰もが知るレジェンドだ。
カテゴリー:

ミシガン大学の教授が作った配達ロボは低コスト雪道も走る - 07月13日(土)08:30 

新しい自律走行配達ロボットの会社Refraction(リフレクション)は7月10日に、ステルスモードでTechCrunchのイベント(TC Sessions:Mobility)に登場した。この会社は、配達ロボットを開発するほとんどのスタートアップが避けているエリアにチャンスを見出している。それは荒天気が多いエリアだ。 ミシガン大学の教授Matthew Johnson-Roberson(マシュー・ジョンソン-ロバーソン)氏とRam Vasudevan(ラム・ヴァスデヴァン)氏によって設立されたこの会社はREV-1という配達ロボを「自律車両ゴルディロックス」と呼んでいる。 この教授2人は自律車両と長い付き合いだ。ジョンソン-ロバーソン氏は2014年のDARPAグランドチャレンジへの参加でスタートを切ったが研究機関で研究を続け、その後ロボティクスを教え始めた。ヴァスデヴァン氏はFord(フォード)で雪や氷の上での自動走行オペレーションのコントロールアルゴリズムにしばらく取り組んだキャリアを持つ。そして2人はミシガン大学のロボティクスプログラムで一緒に働いた。 REV-1は軽量で低コストだ。高価なライダーやセンサーは搭載しておらず、自転車レーンを走行し、雨や雪でも走行するようにデザインされている、と共同創業者でCEOであるジョンソン-ロバーソン氏はTechCrunchに対し語った。 イベン...more
カテゴリー:

訃報: 計算機科学者のフェルナンド・コルバト氏 - 07月15日(月)17:26 

世界初のタイムシェアリングオペレーティングシステムの一つ、Comatible Time Sharing System (CTSS)の開発を率いた計算機科学者のフェルナンド「Corby」コルバト氏が12日、93歳で死去した。死因は糖尿病による合併症と伝えられている(MIT CSAILのニュース記事、 The Next Webの記事、 The New York Timesの記事)。 コルバト氏は1926年7月1日生まれ。17歳でテクニシャンとして海軍に入隊すると、レーダーやソナーのバグ除去で活躍する。除隊後はカリフォルニア工科大学で学士号、MITで博士号を取得。MITで開発されたCTSSは世界で初めてユーザーアカウントにパスワードを使用したシステムであることから、コルバト氏はパスワードの発明者として認識されている。CTSSに続いてコルバト氏が開発を率いたMulticsは、のちのUNIX系OSに大きな影響を与えた。1990年にはチューリング賞を受賞。あるプログラマーが一定時間内に書くことのできるコードの行数はプログラミング言語にかかわらず同じだとする「コルバトの法則」でも知られる。 すべて読む | デベロッパーセクション | プログラミング | サイエンス | 関連ストーリー: 米ニューハンプシャー州、プログラ...more
カテゴリー:

7月15日(月・祝) お出かけに傘がいるエリアは? - 07月15日(月)09:54 

2019/07/15 04:40 ウェザーニュースきょう7月15日(月・祝)のお出かけに傘が必要なエリアを解説します。» ピンポイント天気予報 大きい傘がいるエリア海からの湿った風が強く吹き付ける三陸地方は雨が降る状況が続きます。また、三重県でも雨の時間が長くなるため大きい傘があると良さそうです。» 雨雲レーダー折りたたみ傘がいるエリア関東は朝まで雨が降る状況が続くため、外出が早い場合は傘をお持ちください。静岡県や三重県は一日を通して雨が降るタイミングがあります。その他の地域は特に午後ににわか雨の可能性があるため、折りたたみ傘があると良さそうです。関連記事15日(月)の天気 西日本や沖縄で真夏日 東・北日本は梅雨空雨だけでなく汚れも防ぐ 防水スプレーの便利な使い方 梅雨だって楽しい!雨の日こその“映え”がいっぱいエアコンをうまく使いこなす術 ポイントは室外機にあった!長雨は体の不調の要因に… ツボで梅雨のだるさを解消 
カテゴリー:

崩壊の危険がある橋を宇宙から発見する! NASAと英大学が早期警戒システムを開発 - 07月14日(日)17:00 

2018年8月、イタリアのジェノヴァにあるモランディ橋が崩壊し、43人もの方が亡くなる大惨事となったことは記憶に新しい。 今回NASAと英バース大学の研究者が、この橋の15年間の衛星画像を精査して検証したところ、崩壊前の数カ月間、この橋が反りの兆しを見せていたことが分かった。 ・崩壊の危険にある橋を宇宙から発見 当研究チームが開発したのは、崩壊の危険にある橋を宇宙から発見できる衛星ベースの早期警戒システムだ。 衛星からのデータとアルゴリズムを組み合わせたこのシステムは、政府や開発業者が大規模なインフラプロジェクトの安全を保証する警告システムとして使用できる。1ミリメートル以下のデータを集めて正確なレーダー画像を作成できるという。 また、現在の構造物の状態監視技術は、構造物内のセンサーが置かれている位置の動きのみを検出するが、新しいシステムでは構造全体をほぼリアルタイムに監視できるのが特徴だ。 ・地下掘削の際の構造物監視にも利用可能 コスト面でも優れている。このシステムは従来のものと比較して安価で、より幅広く使用できる可能性を持つ。 さらに、この技術はトンネル掘削などの地下掘削が行われているときの構造物の動きを監視する際にも使用できる。地下プロジェクトでは地上レベルで大量のデータが収集されることが多いが、利用可能な構造物の測定値は少ない。この技術は追加情報を提供し、計画どおりに建設が...more
カテゴリー:

【天気】九州 非常に危険 線状降水帯発生中 - 07月13日(土)22:09  news

九州、危険な雨の降り方。発達した雨雲が同じような場所にかかり続ける、線状降水帯が発生中。熊本、鹿児島に警戒レベル4相当の土砂災害警戒情報発表。 2019年07月13日21:43 ポイント解説へ 同じ場所に滝のような雨 土砂災害警戒情報発表中 2週続けて大雨 同じ場所に滝のような雨 13日(土)20時30分現在、熊本県から鹿児島県にかけて、線状に活発な雨雲が連なる線状降水帯が発生しています。熊本県から鹿児島県の県境付近では、夕方から同じような場所で1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降り続いています。 1時間雨...
»続きを読む
カテゴリー:

高齢ドライバー事故防止 「自動ブレーキ」普及に時間 後付けの安全装置も - 07月12日(金)20:44 

 高齢ドライバーの事故防止策として関心を集めるのが、カメラやレーダーで車や歩行者との距離を測って衝突を回避する「自動ブレーキ」だが、普及にはまだ時間を要する。  国土交通省によると、2017年の自動ブレーキ搭載新車数は約315万台で、生産台数に占める割合は77.8%。11年度の1.4%(約4万700
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「レーダー」の画像

もっと見る

「レーダー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる